2021年7月27日 (火)

withコロナで頑張ろう

東京の感染者(陽性者なんだけど)が増えているので、途中からでも中止すべきだという声が出てきました。

ツイッターなどでは(感染が増えたのは)「オリンピックのせいだ」「オリンピックのせいじゃない」という議論が盛んです。

でも今からオリンピック中止しても陽性者が減るとも思えず、まあとにかく死者・重症者は確実に減っているのですから、そんなに慌てなくても。

おうちでテレビ観戦しましょう。

 

男子ロードレース、すごい迫力だったそうで、動画がたくさんアップされています。府中の大國魂神社の境内をカーブして疾走する映像を見て「うわ、なんだこれ、こんな競技やってたのか」とびっくりしました。 https://twitter.com/spw48ba9/status/1418759634916053003

沿道で見ていた子供たちもあっという間に通り過ぎて行った自転車群に目を瞠っていたと。

夏休みの良い思い出になりましたね。

 

よろしくお願いします ⇒ 
人気ブログランキング

 

 

| | コメント (0)

2021年7月26日 (月)

頑張れ、日本

立憲民主党の蓮舫さんはずっとオリンピック開催反対を主張し続けていますが、次のようなツイートをしました。

≪堀米雄斗選手、素晴らしいです!
ワクワクしました!≫ 
https://twitter.com/renho_sha/status/1419155844952854530


やっぱりオリンピック楽しいよね。日本が勝つと誇らしいよね。
オリンピック中止を叫んでる人をも感動させてしまう。

しかし、中止を主張しながらこのツイートは矛盾の極み、との批判が集まったので、蓮舫さんは「選手への応援と政府の危機管理体制への姿勢は別です」と反論しました。
すると更に多くの人から「東京五輪が中止になれば、選手の皆さんは最大の活躍の場を奪われるのです。その場を奪おうとしていたあなたのツイートには違和感しか感じない」と指摘されます。

これは批判している人の方が筋が通っていると思います。

蓮舫さんは意地になって反論を続けるより、素直に「中止が最大の感染防止対策だと思っていたけれど、無観客という厳しい対策を講じたのだからやっぱりオリンピックやって良かったですね!」とでも言えば良かったのになあ、と思いました。 

 

ツイッター上には相変わらずこんな人がいます。→ https://twitter.com/granamoryoko18/status/1419127145410879489

≪何回でも言う
「日本の快挙」ではなく
「大橋選手の快挙」である

日本はスゴくない、
大橋選手がスゴイのである

以上 ≫

 

そもそも国ごとに分かれて競い合うからこそこれだけ盛り上がり感激するのに、「国」が嫌いな「市民」の皆さんは、どうしてもそれを認めたくないんですね。

国が嫌いというより、日本が嫌いなんだと思いますが。

 

もう日本人も世界の人々もごちゃごちゃ言わないでみんな一緒にオリンピック観戦して楽しみましょう!

 

よろしくお願いします ⇒ 
人気ブログランキング

 

| | コメント (2)

2021年7月24日 (土)

開会式長かった

オリンピック開会式、予定は23:30に終わるということでしたが、見終わったら24時。ちょっと長引いてしまいましたね。

いくつかのパフォーマンスは皆さんずっと練習してきたのでしょうから、省くのは良くないですが、橋本聖子組織委員長とバッハIOC会長の挨拶が長すぎたと思います。
聞いてると同じような言葉の繰り返しで、もっとコンパクトにまとめることができるのになあ、と思いました。

外国人のバッハさんはしょうがないとしても、できるだけ言葉を削ぎ落し、くどい説明抜きで感動を伝えることができる俳句の文化というものを持っている日本なのですから、橋本さんの挨拶は、もっと効率的にまとめることができたんじゃないかと思います。

今度から挨拶文の添削を俳人にやってもらうといいよ。

 

それはそれとして、飛び跳ねるようにして入場してくる選手たちがとても楽しそうで躍動感にあふれていて、ここまで漕ぎつけることができて本当によかったと思いました。

一方、反対派は相変わらずオリンピックやめろと騒ぎ続けていますね。

競技場の外では、オリンピック反対派が集合し密になって警察隊ともみ合っていたそうです。

閉幕まで叫び続けるつもりなんでしょうかねえ。

そうそう、エンブレムが地球に変わって空にぽっかり浮かんだドローンの演技はすごく良かった!

月から見た地球の映像を思い出しました。

 

よろしくお願いします ⇒ 
人気ブログランキング

| | コメント (2)

2021年7月22日 (木)

祝 東京オリンピック・パラリンピック

オリンピックの開会式を明日に控えて、様々な問題解決のために関係者の人たちは準備に大わらわでしょう。ぎりぎりまであれこれ変更を余儀なくされ、今日は夜を徹して作業が行われることと思います。

この東京オリンピックは新型コロナとオリンピック反対派のせいで、足を引っ張られっぱなしでした。

組織委員会の手際の悪さもあったでしょうが、それ以上にオリンピックを小突き回し、足を掬い、嫌がらせをし続けた反対派のふるまいはまるで執拗なイジメのようでした。

東京オリンピックが成功することが許せず、どうしてもこいつを叩きのめしたいという並々ならぬ強い意志を感じました。

その勢力の誘導に乗ってしまった日本人もかなりいたことでしょう。オリンピックの悪口ばかり言う人が増えていきました。
その人たちは、世界的スポーツイヴェントをせっかく日本に誘致できたのだから、コロナに負けずみんなで協力して少しでも良い方向にもっていこうという気に、ついにならなかったのでしょう。

明日の開会式がどんな風になるのかわかりませんが、関係者の皆さま、頑張ってくださってありがとうございます。

とても楽しみです。

 

よろしくお願いします ⇒
人気ブログランキング

 

 

| | コメント (6)

2021年7月20日 (火)

どうせ奴らは反省しない

オリンピック・パラリンピックの開会式の楽曲を担当したミュージシャンの小山田圭吾氏が、学校時代のいじめ行為が公になり、辞任しました。

子供の頃にいじめをしたというだけなら、これほど問題にはならないと思いますが、小山田氏の場合その内容があまりにもひどい。
刃物で刺すより残酷なことではないかと私は思ってしまいます。

しかも、大人になってからそれを武勇伝のように雑誌のインタビューで笑いながら語っていたというんですね。
それは自分の行為がどんなに相手を傷つけたかわかっていないということです。

 

ほとんどの人がそうでしょうが、私もいじめに激しく腹が立ちます。

いじめについてたくさん書いています。

同じことをしてやれ、と思ったのがこれ。→「体罰」 

弱い者いじめをして楽しむことができる子がまともな大人になるのだろうか、とも思います。女子なら母親にならないでほしいと過激なことも書きました。→「ムーブメント」 

 

私が子供の頃は今のような陰湿で残酷ないじめは、少なくとも子供たちの間ではそんなになかったと思います。

豊かさのせいなんでしょうか。道徳教育がバカにされる時代になったからでしょうか。

 

よろしくお願いします ⇒ 
人気ブログランキング

 

 他にも:  「殴れ」 

       「卑怯は許さぬ」 

       「戦うべき時は戦う」 

        「正当な怒りを示すのが悪いことであるはずがない」 

 

 

| | コメント (0)

2021年7月18日 (日)

バッハさん頑張って!

オリンピック大会の有観客を、とIOC会長のバッハ氏が菅首相に要望しこれからも働きかけていくそうです。

そのとおり。無観客で東京オリンピックの失敗を招くより、半数でも3分の一でも観客入れた方が良いと思います。満場のほうが良いに決まってるけど。

ワクチン接種が進んでいる国々の状況を見ればいいのです。
感染者が増えていても、重症者や死者は減っています。
みんな競技を楽しんでいるじゃありませんか。

当初から感染者・重症者・死者がケタ違いに少ない日本でも、かなりのスピードでワクチン接種が進んでいるのだから、もう怖がらずに観客を入れるべきだと思います。

無観客を決めたのは、尾身茂分科会会長のアドバイスを受けた小池百合子都知事ですが、菅総理に決断力と押しの強さがあればそんなもの覆せたんじゃないでしょうか。

国民の多く(どれぐらいか知りませんが)が感染爆発を怖がって無観客を容認してるのだから、確かに意志を通すのは難しいと思います。

でも「オリンピックの感動を若い人に」と訴えたのは総理自身じゃありませんか。国民の反発を怖がらず決断すればよかったと思います。

どうか、勇気を出して「やっぱり有観客にします」と言ってください。

金まみれのIOCの長であるバッハさんを嫌いな日本人は多いですが、今はそんなことより、東京オリンピックを成功させることが先決です。

今日の迎賓館での歓迎晩さん会、お酒出しても別に構わないじゃありませんか。暗くならずに明るく話を盛り上げて「観客を入れよう!」で合意してください。

SNSなどでは「ワクチン2回接種済みの人を無料招待すればいい」というアイデアが出ています。
それもいいですが、子供たちを招待したらもっといいのではないかと思います。

競技場で、生で、アスリートたちの戦いを子供たちに見せてあげましょうよ!

アイドルの渋谷凪咲さんが今日の「ワイドナショー」で「観客席に誰もいないところで踊った時『私いま何してるんだろう』と思ってしまいました。アスリートの皆さんがそんな気持ちになったら・・・」と語ってました。

サッカーの吉田麻也さんも昨日のスペイン戦の後のインタビューで訴えました。
≪五輪をやるにあたって、国民の税金がたくさん使われていると思うんです。なのに国民が見に行けないのは、じゃあいったい誰のための、何のための五輪なのか。アスリートは当たり前ですけどファンの前でプレーしたい。今日もそうですけどあと10分、苦しい時にサポーターの方々のエネルギーは確実に僕らの助けになる。僕らはトップトップじゃないので、その助けを必要としている。
JOCの山下会長もオンラインの壮行会でおっしゃっていましたけど、自分が小さい時に見たオリンピックでものすごく感動したと。僕らが子供たちにできることは、ただ家の中に閉じ込めて友達と会わずに事が過ぎるのを待つだけじゃないと思うし、もっともっとできることがあると思う。

僕も娘がいるし、僕の娘はたぶん僕のプレーを覚えてないと思うけど。そういう子供たちに絶対にいろんなものを与えられると思います。時差がなくてオンタイムで試合を見られるのは、僕が2002年W杯(日韓大会)の時にそうだったように、やっぱりものすごい感動と衝撃を受けるし。そのためにこそオリンピックを招致したんじゃないかなと個人的には思ってるので。
ソーシャルワーカーのみなさんが毎日、命をかけて戦ってくれているのは重々理解しているし、オリンピックができるだけで感謝をしないといけない立場にあるのは理解しています。でも忘れないでほしいのは選手たちもサッカーに限らず命をかけて、人生をかけて戦っているからこそ、この場に立てている。もっと言うとマイナー競技でこの五輪にかけている人はもっといると思う。そのためにも、なんとかもう1度真剣に(有観客開催を)検討していただきたいと思う。・・・ 
みなさん(報道陣)が発信してくれることを願います。≫
 

https://www.nikkansports.com/m/olympic/tokyo2020/soccer/news/amp/202107170001323.html?__twitter_impression=true

これが演者や競技者の本音だと思います。

ネットでは吉田選手の意見を絶賛する声が大きいのですが、「言いにくいことをよく言ってくれた」というんですね。

言いにくい? 無観客を望む声に圧されて自分の意見を言うのが言いにくいだなんて、日本は韓国みたいな国になってしまったの?

声が大きいだけの人々に合わせないといけないのですか?

サイレント・マジョリティの皆さん、声を上げましょう。

 

よろしくお願いします ⇒ 
人気ブログランキング

 

関連記事:「何に投資したいですか」  

     「希望を持つことを『空疎な精神論』とは言わない」  
       
     「このままではきりがないんじゃないかってずっと思ってた」  

     「すごく楽しかったね、と分かち合える思い出」
  
     「国政政治家の視座」 

     「ふざけるな」 

| | コメント (5)

2021年7月17日 (土)

一生懸命なお婆さんなんです

前記事より続く> 

日本のこういう変なところを直さないと、いつまでたっても日本は甘く見られ、発展の邪魔をされ続けるだけです。それは国家の損失です。国が損をすると国民も損失をこうむります。

「国の名誉」「日本人のプライド」などという考え方が嫌いな人は、そういったところに着目したらどうでしょうか。理不尽な相手にはちゃんと立ち向かわないとすごい損をする、って。

事実、国民の多くが勘違いをしていると政治が停滞し、国民が実害を被ります。

どういうことかというと、野党やマスコミが余計なことで政府を攻撃し、本当に大事なことが話し合われないからです。

日本のプライドを取り戻そうとし、韓国にも中国にも戦後初めて毅然たる態度を示した安倍前首相は、野党やマスコミから謂れのないことで執拗に攻撃され続けましたね。(「謂われがない」のはちゃんと事実を知ればわかります)
ずいぶんと政治の停滞を招きました。国民がしっかりしていればあんなことにはなりませんでした。

安倍氏の流れを継いだ菅政権についても同じです。
菅総理は、制約の多い日本の制度の範囲内で一所懸命やっていると私は思うのですが、「予約システムが悪い!」「感染者が増えている!」「ワクチンが停滞している!」「病床が足りない!」等々、全て政府への攻撃材料に使われ、菅政権はグダグダだ、という印象にみんなが乗っかってしまっています。

しかし他の誰かがリーダーだったらほんとにすんなり事が運べたでしょうか? →「誰のせいでもない」 

「政府の対応が悪い」「なぜできないのか」と文句ばかり言う人が多いですが、政府の手足を縛っているのは当の国民でもあるのです。

 

このブログは2004年から続けていますが、ずっと同じようなことを書いてきました。

日本人はGHQのWGIP(戦争への罪悪感を日本人の心に植えつける宣伝計画)の洗脳から抜けきっていないので、「愛国心を持つと戦争をしたくなる」とか「国が一致団結すると戦争に突き進む」とか思い込んでいる人が実に多いのです。

いや、私は洗脳などされていない、私は極めて正常だ、と思い込んでいる人も、こういった国家単位でものを考える話になると自分はどうなのか、よく考えてみてほしいと思います。

日本は民主主義国家ですから、国の命運は国民一人一人がどう考えどう行動するかで決まります。

「民主主義国家では国民はみずからの程度に応じた政治しか持つことができない」とか「民主主義は『バカは正しい』という思想だ」とか言われるのはそういうことです。

 

しかしながら、いくらブログでこういうことを訴えてもなかなか分かってもらえません、というより、政治ブログなんか皆さん読まないのです。

多くの人はテレビのワイドショーか池上彰さんの左偏向した解説番組などで情報を得るだけではないかと思います。

それで、鬱陶しがられてるかなあと思いつつも、穏やかに日々の暮らしを語る人たちが集まる「70代日記」のカテゴリーに身を置いています。

少しずつでもわかってくださる方が増えていくことを願って。

 

よろしくお願いします ⇒ 
人気ブログランキング

 

関連記事:くどいようですが
     
     「海外に発信するためにまず」  
  
     「パール博士の言葉」 

     「高齢世代の大事なお仕事」 
  
     「アイデンティティ」 

     「こうなったら外国人の力を借りよう」  

     「改憲しても平和憲法であることに変わりはないのに」 

     「アメリカに言われちゃった」  
  
     「責任の所在」 

     「毎年繰り返されること」 

     「反日で反米な人々」 

     「日本が好き」  

     「責める相手が違う」 
   
     「安倍首相辞任表明」 

 

     

 

| | コメント (0)

2021年7月15日 (木)

普通の国になりたいだけなのに

前記事からの続き>

NHKをどうやって動かすか、そのためには国民が大きな声を上げなければなりません。

政府は政府で対外的に事実を発信すべきだけれども、まず国民がこういう問題に関心を持って声を上げることが必要。その声が政府を動かすからです。

本来はジャーナリズムがその役割を果たすべきなのに、日本の言論界はとても歪んでいて日本の名誉にかかわる問題を無視します。

わずかに産経新聞、BS放送の一部、保守系言論誌などが頑張っている程度で、それらは一般国民の耳目にはほとんど届かず、多くの国民は無関心のままです。

あるいは知っていても「右翼の過激思想」とか「ネトウヨのたわごと」としか受け止めないようです。

私のような一般人が、世界に流布されたデマを正さなければとSNSなどを使って一所懸命に訴えても、そういう人たちは「何をそんなに必死になってるの」とでも言いたげに冷ややかな目で見るだけです。

明らかに日本攻撃のための歴史捏造であるにもかかわらず、「ぜひとも真実を知ってもらいたい」と思う人と、そう思わない人との違いは、(確信的な反日勢力は別にして)GHQ、日教組、マスコミの洗脳から目覚めているかいないかの違いでしょう。後者はデュープスと言われる人々です。
≪共産主義者でもなく、共産党員でもないのに結果的に共産党やソ連と同様の主張をしてしまい意図せず共産主義者の味方をしてしまう人たち、そういう芸能人、アスリート、学者、政治家、文化人などのことをDupes(デュープス)と言う。≫


この地球上に、明らかな嘘を流布されて母国を辱められているのに抗議しない文明国家が一つでもあるでしょうか。私はそんな国はひとつもないと思います。

この点で日本は明らかに変なのです。


    <続く>

 

よろしくお願いします ⇒ 
人気ブログランキング

 

 

| | コメント (0)

2021年7月14日 (水)

NHKを如何にせん

自民党の山田宏参議院議員のツイートです:
≪朝鮮人労働者めぐる軍艦島展示に「遺憾」決議へ ユネスコ - 産経ニュース https://sankei.com/article/20210712-AGVKXUZE5VMXJIN4DMHZGZY4EA/
慰安婦問題:吉田清治の嘘→朝日新聞→韓国が利用→河野談話→クマラスワミ報告。
軍艦島:強制労働の嘘→NHKの映像利用→国連報告。
同じ構図だ。速やかにNHKは「緑なき島」のねつ造映像を削除すべき。≫

 

「明治日本の産業革命遺産」は2015年に世界遺産に登録されていますが、軍艦島などで強制労働させられた朝鮮人の受難の展示が十分でない、と韓国がユネスコの世界遺産委員会に働きかけ、委員会がそれを酌んで日本に遺憾の意を表明したというんです。

従わなければ登録取り消しもあり得るんでしょう。

それならそれでいいとも思うのですが、捏造をそのままにしておいてはいけません。

言っておきますが、韓国が言っているような強制労働の事実はありません。
炭鉱労働が過酷だったのは事実ですが、それは日本人労働者も朝鮮人労働者も同じです。
むしろ、熟練した日本人労働者が危険な作業を引き受けていたと言います。

日本人も朝鮮人も同じ現場で汗を流し、同じ近代的アパートに住み、子どもたちは同じ学校に通い、祭りなどの行事ではともに楽しんだと、当時の住民が証言しています。写真もたくさん残っています。

日本はとても悪い国だったということにしたい韓国が、賃金も払われず奴隷のように働かされた、という嘘を世界に広めユネスコを動かしたのです。

そういう嘘が流布され一向に訂正されないのには日本にも原因があります。

NHKが昭和30年に放映した軍艦島(端島)ドキュメンタリー「緑なき島」で使われた炭鉱の映像が、「端島ではない」と当時端島に住んで働いていた人々が証言しているにも関わらず、NHKはそれを訂正しようとしません。
狭い坑道でふんどし一丁で腹ばいになって作業しているその映像は他の地域の小さい炭鉱で撮られたもので、作業員も日本人とのことです。
それなのに韓国はこのドキュメンタリー映像を利用して「朝鮮人がこんな過酷な労働を強いられた」と日本を非難しているのです。
詳しいことはこちらでわかります。→ https://news.yahoo.co.jp/articles/eae81c08e85a3e75ce7026e00f68abef56b84018?page=1

日本がはっきりと抗議しないからなのか、真実が全く広がらないのです。慰安婦問題と同じ構造です。

 

ネットで交流のあるさなえさんと今日、この問題についてツイッターで少しやり取りしました。 https://twitter.com/robita_48/status/1415164753245212672

さなえさんNHKは、軍艦島に関するねつ造映像を削除するだけでなく、真実をその根拠となる文書や写真、証言を併せて真実が理解されるまで何度か広く国民に知らせる義務を負っていると思う。

robitaNHKはいくら言ってもきかないので、日本政府がユネスコにしっかり説明すべきでは。

さなえNHKがねつ造の映像を流したのであればNHKが撤回すべきかと。
    そうでなければ、後になって、政府が勝手にNHKの作品を曲解して公権力を行使して強引に言論の自由、表現の自由を国民から奪ったとか言い出しかねないのでは?
    NHKに自ら訂正、謝罪させるのは難しいけど、軍艦島の真実を旧島民などの証言を基にNHKに認めさせ、放送したものが真実でないとNHKから発表させるようにもっていけないかしら。
    それがダメならNHKが虚偽を国民に流布し惑わせたとして訴えるとか出来ないかなあ。

 

さなえさんの仰るようにすべきだと私も思います。
これを読んでくださってるみなさんは、どうすればNHKを動かすことができると思いますか?

  <続く>

 

よろしくお願いします ⇒ 
人気ブログランキング

 

| | コメント (2)

2021年7月13日 (火)

酔拳には正拳

石平さんのツイート https://twitter.com/liyonyon/status/1414546817950224384

香港のスター、ジャッキー・チェンは中国共産党に媚びまくり、映画で演じているような反権力の英雄とは正反対の人間である、と。

一方、日本でも、政権を少しでも擁護しようものなら「権力に媚びている」とか責めてくる人々がいます。
左翼マスコミや芸能人など、「反権力」を気取って酔いしれている人たちも多いですね。

そういう人たちには酔いを覚まして中国政府と日本政府の明確な違いを考えてみてほしいと思うのですが、彼らは全く聞く耳を持たない。
こちらから見ると酔っ払いが周りにおかまいなくクダを巻いているようにしか見えません。

こういう人たちが結構な力を持ってしまっているので、政府もなかなか大変なことと思います。

今の政権の悪いところは、そういう人たちにおもねって、まともな支持者の意見をないがしろにしてしまっていることだと思います。

菅首相の当初の頼もしい正拳突きを復活させてください。酔っ払いなんか相手にしなくていいんだよ。

 

よろしくお願いします ⇒ 
人気ブログランキング

 

関連記事:「反骨の人」 
       「凡庸な『反権力』」 
       「民主国家の中心で反権力を叫ぶ」 
       「村西監督は表現の自由のために権力と戦った」 
       「蘋果日報の受難」 

| | コメント (2)

2021年7月11日 (日)

愚かな政治家を生む民主主義

熱海の土石流災害の惨状を受けて小泉進次郎環境大臣が「山林開発などで災害を招く恐れのある太陽光発電所の立地規制を検討する考えを示した」というんですね。

いまごろ?

こんなことずいぶん前から一般人の間でも危惧されてましたよね。

「脱炭素」が正義と信じてその方向に邁進するあまり、それが引き起こす数々の弊害に思考が至らないなら良い政治家とは言えません。

こういう人物がいつも総理候補の人気ランキング上位に上がるのは、わかってない国民が多いからでしょう。

「脱炭素」は間違いなく政治危機を招く、と杉山大志氏(キャノングローバル戦略研究所)が繰り返し警告を発しています。
 
小泉環境相は≪脱炭素を目指し、30年度には13年度比でCO2を46%削減するとしている≫と張り切っていますが、1%の炭酸ガスを削減するのに毎年1兆円かかるので、「消費税率を20%に上げるのと同等の国民負担になる」というのです。

政府はどれだけの負担が国民にかかるのか明言しませんが、海外では負担が明確になるにつれ脱炭素への反対意見が強まってきたそうです。

 

小泉大臣はCO₂46%削減を打ち出した時「グリーン産業で成長できるのです。それが今や世界の潮流なのです」と得意満面で主張していましたが、そんなあいまいな言い方でなく、本当に成長産業であるならきちんと試算し、海外の状況も精査した上で国民に示すべきでしょう。

「報道ステーション」のキャスターだった古舘伊知郎氏も脱炭素運動の胡散臭さについて語っています。こういう発言ってなかなかテレビで取り上げられないけど。→ https://news.yahoo.co.jp/articles/5d249f2da64e50c9810d656332a4f65f4533c39e

つまり小泉大臣の言う「世界の潮流」とは、蟻が甘いものに集まるがごとく、金もうけ話に世界中の欲深い人々が乗っかってきているというだけのことだと思います。そんなの環境を守る話でもなんでもありません。

環境活動家グレタさんの「あなたたち大人はよくもそんなことができるわね!」という怒りの言葉に、小泉大臣がいたく感動していたのを思い出しますが、こんな単純な人物に国のエネルギー政策を左右させていいのか。

なぜこんな若造くん一人を他のベテラン閣僚たちが制御できないのでしょうか。

 

国連でうまく立ち回った中国はCO₂削減の義務を負わず、一人高笑いだそうです。

「地球を守れ」の世界のバカ騒ぎを尻目に太陽光発電パネルや電気自動車の市場制覇を目指す中国の企てが見えてきます。
それが何を意味するか、そのうち世界中が知ることになるでしょう。

日本ははしごを外される前に降りた方がいいと思いますけどね。

 

よろしくお願いします ⇒ 
人気ブログランキング

 

進次郎関連記事:「国のために身を捨てる政治家」 
      
            「日本の弱体化に加担する日本人」  

 

期待していた頃もあった:「小泉進次郎」 

 

| | コメント (2)

2021年7月 9日 (金)

誰のせいでもない

オリンピックを目前に控えて緊急事態宣言を出した政府が激しく批判されています。

一方で、感染者が増えているのだから、宣言発令は仕方がないと思う人もいるでしょう。

どっちの意をくむのか、何が正しいのか、政府も決定にはずいぶん悩んだことと思います。

その苦悩は理解しますが、無観客とか飲食店の営業制限とか、オリンピックが盛り上がらないのは明白です。どうしてくれるんだ。

ワクチン接種も進んでいるし、重症者も死者も減っているし、病床数も余裕が出てきたことを考え合わせて、批判を覚悟で盛り上げる方向に決断できなかったものでしょうか。

かといって、分科会の専門家が「もっと締め付けなければ必ず感染が広がり医療が逼迫する」と政府に迫り、マスコミが「今日の感染者は・・・増えています」と連日報道する中で、他の誰が首相であっても強引に有観客にしたり飲食店を自粛から解放したりできたかどうかはわかりません。岸田さんだったら、石破さんだったら・・・と考えても、そういう賭けのようなことはできなかったでしょう。

きっと首相は「専門家やマスコミがそう言うんだから仕方ないじゃないか」とでも言いたいかもしれませんね。

自民党の総理候補と言われる人たちはこんなものですが、それでも野党には任せられない。

いまここで自民党に腹を立てて次の選挙で落としてやろうなどと早まれば、2009年の政権交代の愚を繰り返すことになります。

 

立憲民主党の支離滅裂ぶりは幹事長福山哲郎氏のこんなツイートに如実に表れています。

≪今日、7日の東京都の新型コロナウイルスの感染者は920人。
明日は、このままなら議院運営委員会で、政府はまん延防止等重点措置の延長を決めると言われているが、本当に単なる延長でいいのだろうか。
緊急事態宣言の再発令をすべきではないのか。オリンピックは目前である。≫

同じ日にまた政府批判ツイート

≪報道によれば、東京の感染拡大を受けて、明日、政府は4回目の緊急事態宣言の発令方針を固めた、とのこと。
期限は8月22日まで。「緊急事態宣言下のオリンピック」が現実になってしまった。
最悪のシナリオ。まさに「政府は追い込まれた」としか言いようがありません。≫

 

どっちなのよ。

 

よろしくお願いします ⇒ 
人気ブログランキング

 

 

| | コメント (0)

2021年7月 8日 (木)

ふざけるな

緊急事態宣言が発出され、若者が楽しみにしていたイベントや子供たちの学校行事のあれこれが中止になりました。

オリンピックができるのになぜ私たちが楽しみにしてる行事はやっちゃいけないの?という子供たちの疑問は当然です。

これでは、オリンピックが開かれても、当時はただただ残念で悲しく腹立たしい思いばかりだった、という記憶しか残らないんじゃないですか。

菅総理は「オリンピックに感動した思い出を子供たちに残してあげたい」と言ったと思うのですが、若い世代にとって東京オリンピックは「いろいろなことを我慢してちっとも楽しくなかった年」ということになってしまいます。

いったい国民の何割が緊急事態宣言を望んでいるんでしょうか。

選挙が近づいているから、おそらく地方選出議員が「緊急事態宣言を出して人流を制限しないと高齢者票を失う」と首相を突き上げているのかもしれません。

ワイドショーに煽られた人たちがコロナを怖がって緊急事態宣言を歓迎しているのかもしれません。

でも、そういう(主に)高齢者たちの思惑だけで世の中のことが決まってしまうのはあまりにも理不尽です。

総理大臣は日本で一番権力を持っているんじゃないんですか。

「日本の感染状況はさざ波だ。重症者も死者も極めて少ない。通常の生活に戻します」ってなんでバシッと決められないんですか。

 

もう発令しちゃったから仕方がない。

前倒しで解除されることを切に願います。

(タイトルはロックバンドRADWIMPSの野田洋次郎さんの怒りのツイートに乗っからせてもらいました。https://news.yahoo.co.jp/articles/2851a6d81ba867fefd5006feff9698c3e339c13b

 

拡散していただけますか ⇒ 
人気ブログランキング

 

 

| | コメント (0)

2021年7月 7日 (水)

どこまで続く泥濘ぞ

≪豊洲市場付近のビアガーデンに “ノーマスク外国人” 殺到≫ だそうです。 https://news.yahoo.co.jp/articles/f22a709f10b3abb57b45a3bb41a922f1206acd94

そりゃあ、外国人からすれば日本の感染状況見たら「重症者も死者もこんなに少ないのだから、通常の生活をして当然だろう」って思いますよね。

でも感染者が増えたのを理由に、日本政府はまた緊急事態宣言発令だそうです。

感染者が増えると国民は怖がり、緊急事態宣言を出すことに賛成で、出さないより出す方が選挙対策になるんだそうですね。

つまりワイドショーに煽られた選挙民におもねって全国民に不自由を強いてるということですか。

緊急事態宣言もあまり意味がないどころか弊害の方が大きいということをわかってる国民も多いと思うのですけどねえ。

感染者数というのは「陽性反応を示した人数」というだけのことで、ほとんどは無症状や軽症なんだから、いちいち発表しないでいいのに。

こんなこと続けていたらきりがないと思います。

ワクチンの効力は1年ぐらいだそうですね。

ワクチンが行きわたったとしても、最初に受けた人から、また順番にワクチン打っていかないといけないのでしょうか。来年も再来年もその先もずっと。

やっぱり共存しかないと思うのですがねえ。

日本がつぶれる前に決断した方がいいのではないでしょうか。

 

よろしくお願いします ⇒ 
人気ブログランキング

 

| | コメント (0)

2021年7月 6日 (火)

国政政治家の視座

昨日のプライムニュース:

立憲民主党の長妻昭氏と共産党の小池晃氏がタッグを組んで、自民党下村政調会長と公明党高木国対委員長ら与党側を「国民を命の危険に晒してまで何故オリンピックやるのか」と延々しつこく責める責める。

司会の反町さんがたまりかねて「もう続々と選手団の皆さんが日本に入ってきてますよ。7月の開幕から9月のパラリンピック閉幕までずうっと共産党、立憲民主党は『オリンピックやめるべきだ』と言い続けるわけですか」と野党連合に聞きました。
問われた小池さんは「そんなこと僕らに言うんじゃなくて、政府に言ってくださいよ。」なんて答えにならない言葉を返していたのが動揺を表してるようで可笑しかった。
https://twitter.com/FreeTweet000/status/1412046322417340418

その他、共産党の痛いところ(連合政権を作ったところで数々の矛盾が表出するのは避けられない)をチクチクというよりズバズバ突いていたのが痛快でした。これだからプライムニュースはやめられない。

 

「こんなにオリンピックに反対している国民が多いのになぜ政府は開催に向けて突き進むのか」という意見が少なからず見られますが、政府が中止を考えていない理由はだいたい次のようなものでしょう。

・国際オリンピック委員会(IOC)に権限があり日本が勝手に中止を決められるわけがない。
・政府も国際社会も、日本の新型コロナ感染状況はさざ波だと思っている。事実その通りである。
・外国人が大勢入ってくるが、日本の衛生観念は優れており爆発的な感染は防げる。
・ワクチン接種が進んでいる。
・変異株は感染力は強いが発症しても軽度で済む。
 (いちいち感染者数を発表しないこと。重症者数と死亡者数、その年齢だけを発表すれば良い。シンガポールやイギリスは既にその方向に舵を切った)

 

そしてこれが日本政府と世界の自由主義陣営にとって非常に重要なことだと思うのですが → https://www.jiji.com/jc/article?k=2021022600825&g=pol

≪東京で五輪開催を断念した瞬間、「新型コロナに打ち勝った証し」としての五輪は、2022年2月の北京冬季大会に移ることが濃厚となる。
 曲折の挙句に民主主義国家ができなかった大イベントを、中国が達成して世界にアピールする―。多くの日本政府関係者が、そんな展開を危惧している。≫

つまり、中国にお株を奪われることのデメリットです。

「なんだ、そんなことか」と軽視するなかれ。

これは昨日のプライムニュースで高木国対委員長も視聴者の意見に同意していましたが、日本政府はそのことを重視しています。

単に中国においしいところを持っていかれる、といった軽い話ではありません。
中国が世界に君臨することは絶対に阻止しなければならないというのは世界の民主主義陣営の共通の意志です。

共産党や立憲民主党は「国民の命とオリンピックのどちらが大切か。命に決まってるじゃないか」という「為にする議論」に陥っていますが、共産主義独裁国家の増長を抑えることは、世界の安全にとって非常に重要だと思います。

 

よろしくお願いします ⇒ 
人気ブログランキング

 

 

| | コメント (2)

«すごく楽しかったね、と分かち合える思い出