« 美しい生き方 | トップページ | 哲学の時間 »

2004年11月 1日 (月)

祖父母の孫育て

年齢を重ねると誰でも思うようになることかもしれませんが、子育てには祖父母の知恵が時には必要だなあとよく思います。

この年になって(つまり、子どもが大きくなってしまって)つくづく思うのですが、人生の要(かなめ)のようなものがわかるのは普通中年以降です。
人間の一生とはいったい何なのか。人生で見落としてならないものとは何なのか。目標とはどんな生活の中から湧き上がるものなのか・・・。そんなことがわかってくるのは40、50になってからだと思いませんか。
そして、そういうことがある程度わかってからなら、子育てというものはずいぶんと安定し、楽しくもなるのではないでしょうか。

斉藤孝明大教授のエッセイ「説教名人」に宮大工の西岡常一についてこんなことが書かれています。

【常一は家業を継ぎ大工になることを決定づけられていたにもかかわらず、祖父から農学校に行くよう命じられた。つまり、人間の生きる上での基本として土、木を学ぶべき、ということだったらしい。】

私も、今でこそ「土と格闘することは若者を心身ともに鍛え上げる」とか「生の基本は農業である」などと思うのですが、実際子どもを育てている時には「ただ育てる」そのことにせいいっぱいで「生の基本」なんか考えたこともありませんでした。

別に農業でなくても、政治家にしようとか、学者にしようとか、音楽家にしようとか、夢はいっぱい広がりましょうが、こどもにどのようになってほしいかと考える時、おじいちゃんおばあちゃんは人生を長く生きてきて、いったいどのようなことに思い至ったのかに耳を傾けることは無駄なことではないような気がします。

もちろん、若い親世代が子育ての上で踏み外し、悩み、考え、紆余曲折を経ること自体が人生に意味を与えるのでしょうが、少子化の今、このように祖父母の知恵を借りてよい子を育てるべく無駄のないようにとりはからうのも一つの道かもしれません。

確かに、じいさんばあさんが子育てに介入してくるとウルサイです。だから、誰でも口出せばいいというものではないけれど、大事なことは、ひとりよがりの老人にならないよう常に自分を鍛え続け、その上でアドバイスをすることでしょうか。しんどいけど。

その上で「おばあちゃん余計なこと言わないで」なんて言われたら、そん時ァ、勝手にせい。

|

« 美しい生き方 | トップページ | 哲学の時間 »

コメント

こんにちは

robitaさんが > 〜40 50になって...< とは きっと人生 佳境の入り口の気がします。

もうその域きに達せられたんですね。これからいろんな事がよく見えることでしょう。

年を重ねると その間雑多な経験がインプットされます。

これからの種々の事柄を過去の事象に照らし合わせて その違いを検証できます。

世の中 「違いがわかる」って結構楽しいことです。

それと robitaさんには お孫さんはまだですよね。期待されている様子が うかがえて何よりです。

私はこの年齢になってみて 結婚を何故するかと問われる時いつも「孫をみるためさ!」と答えることにしています。

孫を見るのは 本当に(大部分の人は可愛いと思うでしょう)面白いですよ。

孫を見ていて 子育ては若いときでないと出来ないんだが実感です。

猫の首に紐を結んで散歩している人に出会って驚きました。

猫も躾ければ散歩する。人も躾ければ それなりになったかも しかし手遅れです。子供も孫も...投げ入れ自然の生け花でどちらを向いているやら それでも向きがあるとは 不思議です。

良く聞く話ですが 新婚生活よろしくまた二人で暮らすようになります。そこで孫が遊び来ないか待っています。来た時の嬉しいこと... 帰るときは やれやれもっと嬉しい。

この心境 やがてrobitaさんも味わうでしょう。でも急ぐことはありません。孫のいないつかの間もエンジョイしてください。

robitaさん流国家論では そこの若いの早く結婚せい と言うことになるのでしょうか。

 

投稿: kutinasi1 | 2004年11月 4日 (木) 13時47分

kutinasiさん、こんにちわ。

 >もうその域きに達せられたんですね。これからいろんな事がよく見えることでしょう。
年を重ねると その間雑多な経験がインプットされます。
これからの種々の事柄を過去の事象に照らし合わせて その違いを検証できます。
世の中 「違いがわかる」って結構楽しいことです。<

きたぞきたぞ〜。
孫育てって大変ですよー、ですね。
孫は来てよし帰ってなおよし、ですものね。

kutinasiさんからみると私はまだまだわかってないんだろうなあ、と思います。
まだまだ未知の世界が待ち受けているということですね。老いちゃいられません。

投稿: robita | 2004年11月 4日 (木) 14時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 祖父母の孫育て:

« 美しい生き方 | トップページ | 哲学の時間 »