« 栗原はるみさん | トップページ | サーヤ »

2004年11月11日 (木)

家族の居間


2.3年前に書いた小文です。

2・3年後の今もあまり変わらないな、と思います。

_____________________________


我が家の居間は雑然としている。
3人の子どもたちが、それぞれ自分の部屋に置くべき私物を持ち込むせいである、と私は思っている。
お気に入りの漫画、着替え、身づくろいのための雑貨。中学生の末っ子などは通学カバンや学用品まで置きっぱなしにすることさえある。

雑誌やテレビの「お宅拝見」の類に登場する、余計なものをいっさい排除した趣味の良い居間を目にするたび、雑多に物が置かれた自宅と比べ、あこがれの気持ちが募る。
時々は子どもたちを叱って物を引き取らせるが、三日とたたないうちに元の木阿弥になってしまう。

とはいえ、子どものせいとばかりも言えず、私自身、居間でほとんどの作業をするため、関連する「モノ」がすべてそこに集まり、雑然感はいやがうえにも高まる。

しかし、それは、家族がそこに集うという幸せなにぎわいの証しでもあるのかな、と感じることもある。
大学生の娘が、遅い朝食をとる私の横で登校前のお化粧をしながらあれこれ語ってくれるのも、末っ子が新聞を読む兄に教えてもらいながら食卓で宿題をするのも、今だけの貴重な時間かもしれない。

居間がすっきりと片付くのは、子どもたちが巣立ち、老夫婦二人きりになった時であろうと考えれば、今の状態をもう少し楽しむべきかな、などと思うのである。
きれい好きの夫に言ったら、「言い訳を考えるのがうまいなあ」と返されそうだけど。

________________________________


全然関係ないのですが、こんなサイト見つけました。たぶんネット上をかけめぐってとっくにご存知のかたも多いでしょうが。
グッときませんか。

|

« 栗原はるみさん | トップページ | サーヤ »

コメント

Bemusedさん、トラックバックありがとうございます。
そちらのブログにコメントしようと思ったのですが、パスワードが必要なようでよくわかりません。

「君はよく頑張った」なんて、鉄道マニアの人が書いたんでしょうか。
でも、マニアでなくても、けなげな電車だなあ、なんて感動してしまいますね。

投稿: robita | 2004年11月12日 (金) 15時19分

 いえいえ。かえってお気遣いいただきまして、ありがとうございました。自分のブログにはコメントしたことがないので、どうやればいいか分かりません。すんませんでした。

 いいものを見させてもらったと思って、robitaさんには感謝しています。今後もよろしく。

投稿: Bemused | 2004年11月12日 (金) 18時24分

robitaさん、上越新幹線のサイト見ました。
こうした、つまり人でもなく生き物でもなく、機械に対しても感謝ができる感性はいいですね。

投稿: 真魚 | 2004年11月14日 (日) 01時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 家族の居間:

» とき325号は頑張った [Bemused]
縁側で日向ぼっこさんのエントリーで見つけた。 確かに既に多くの人が見ているかもしれないが、私も載せたくなった。 ご覧あれ。上越新幹線とき325号は頑張った。 すべての新幹線で、この教訓は生かして欲しい。すべての鉄道に、そして世界に。 分かったデータ robitaさん、上越新幹線のサイト見ました。 こうした、つまり人でもなく生き物でもなく、機械に対しても感謝ができる感性はいいですね。 [続きを読む]

受信: 2004年11月11日 (木) 13時18分

» 著作権を教える [大学教員の日常・非日常]
いいフラッシュなのに、公開しちゃダメって… 著作権って何? robitaさん、上越新幹線のサイト見ました。 こうした、つまり人でもなく生き物でもなく、機械に対しても感謝ができる感性はいいですね。 [続きを読む]

受信: 2004年11月26日 (金) 12時42分

« 栗原はるみさん | トップページ | サーヤ »