« われわれに本当の自由なんてない | トップページ | 男の魅力 »

2005年3月30日 (水)

恋におちて

夕方、よくTBSラジオ聞きながら御飯の支度してるんですが、「荒川強啓デイキャッチ」という番組に週一回社会学者の宮台真司さんがコメンテーターとして出演します。このかたはたいへんに頭が良く、自信に満ちあふれ、どこから突っ込まれてもびくともしない理論家です。 しかし、時々、「そんな言い草ないでしょ」と反論したくなるコメントを威勢良く発します。

ずいぶん前ですが、こんなことを言っていました。

 【娘の婚前交渉にうろたえるような人は親になる資格はありません】

また、早稲田のスーパーフリーの事件が起きた時、
  
 【経験不足の「おぼこい子」が免疫がなく、そういう被害に遭いやすいので、「貞操教育」などもってのほかです】

ええ、たしかにそう仰いました。
限られた時間内でインパクト性のある言葉を発しなければと頑張っておられるのかもしれませんが。

私はこの人の本を読んだことがないので、よく知りませんが、援交やブルセラを奨励するようなことを仰っているようですね。

つまりいわゆる「性の乱れ」というのはたいしたことではない、というお考えのようなのです。

学者というものはそもそも多かれ少なかれ偏向的ではあると思いますが、人の価値観は多様です。

貞操を守ることはとても大切なことだという美学を持ち、できたらそれを自分の子供にも伝えたいと願う人だっているはずです。人それぞれ美しいと思うものが違うし、その美しさを最大のよりどころとして生きている人々だっている、ということぐらい、賢い宮台さんならわかるはずなのにな、とコメントを聞きながら思ったものです。
この人はもしかしたらこの年になるまで、育ちの良いしっかりとしたお嬢さんというものに接したことがないのかもしれない、とも思いました。

ところで、あれからどのくらいの月日が過ぎたでしょうか、つい先ごろ、宮台さんは、クリスチャンファミリーに育った可愛らしいお嬢さまと恋におち、結婚なさいました。おめでとうございます。

「事実婚」派の宮台さんが、お相手の父上から「うちはクリスチャンですから離婚はできませんよ」と念をおされ、「もちろん添い遂げます」と確約し、入籍も果たしたそうです。

さらに、女性の貞操など何ほどのものか、と笑い飛ばしていた彼が「彼女の、異性に対するスキをみせない堅いところ」に好感を持った、というようなことを言っています。

私は「話がちがうじゃないか」などと言うためにわざわざこんなことを書いているのではありませんで、要するに、恋のチカラというものは、人の思想をかくもあっさりと転換させるものすごいエネルギーを持っているのだなあと、ほほえましく思った次第です。

宮台さんのところにお嬢さまがお生まれになったら、その思想転換はさらに強固なものとして定着することでしょう。

どうか、温かいご家庭をお築きになり、学者としての円熟味を加えられ、ますますのご発展を遂げられますよう。

「ニッポンを生きる!」の、「負け犬かオニババか」の記事の最後につけられたkakuさんのコメントを読んで、ふとある学者の近況を思い出したのでございます。

        

             よろしくお願いします→人気ブログランキング

                                       

                                                                                       .

_____________________________________

.

.

            .

    .

   

                       .

ずいぶん前ですが、こんなことを言っていました。  【娘の婚前交渉にうろたえるような人は親になる資格はありません】 また、早稲田のスーパーフリーの事件が起きた時、     【経験不足の「おぼこい子」が免疫がなく、そういう被害に遭いやすいので、「貞操教育」などもってのほかです】 ええ、たしかにそう仰いました。 限られた時間内でインパクト性のある言葉を発しなければと頑張っておられるのかもしれませんが。 私はこの人の本を読んだことがないので、よく知りませんが、援交やブルセラを奨励するような説を唱えているようですね。 つまりいわゆる「性の乱れ」というのはたいしたことではない、というお考えのようなのです。 学者というものはそもそも多かれ少なかれ偏向的ではあると思いますが、人の価値観は多様です。 貞操を守ることはとても大切なことだという美学を持ち、できたらそれを自分の子供にも伝えたいと願う人だっているはずです。人それぞれ美しいと思うものが違うし、その美しさを最大のよりどころとして生きている人々だっている、ということを、賢い人ならわかってもいいのにな、とコメントを聞きながら思ったものです。 この人はもしかしたらこの年になるまで、育ちの良いしっかりとしたお嬢さんというものに接したことがないのかもしれない、とも思いました。 ところで、つい先ごろ、宮台さんは、クリスチャンファミリーに育った可愛らしいお嬢さまと恋におち、結婚なさいました。おめでとうございます。 「事実婚」論者の宮台さんが、お相手の父上から「うちはクリスチャンですから離婚はできませんよ」と念をおされ、「もちろん添い遂げます」と確約し、入籍も果たしたそうです。 さらに、女性の貞操など何ほどのものか、と笑い飛ばしていた彼が「彼女の、異性に対するスキをみせない堅いところ」に好感を持った、というようなことを言っています。 私は「話がちがうじゃないか」などと言うためにわざわざこんなことを書いているのではありませんで、要するに、恋のチカラというものは、人の思想をかくもあっさりと転換させるものずごいエネルギーを持っているのだなあと、ほほえましく思った次第です。 宮台さんのところにお嬢さんが生まれたら、その思想転換はさらに強固なものとして定着することでしょう。 どうか、温かいご家庭をお築きになり、円熟味のある学者としてますますご発展を遂げられますよう。 「ニッポンを生きる!」の、「負け犬かオニババか」の記事の最後につけられたkakuさんのコメントを読んで、ふとある学者の近況を思い出したのでございます。

|

« われわれに本当の自由なんてない | トップページ | 男の魅力 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 恋におちて:

» 少子社会の明るいニッポンの未来〓:惜しみなく愛は… [ニッポンを生きる!]
敬愛する真魚さんの3月28日の記事続・世界の民主化をやるわよで、こんな問いかけが 何をおっしゃいますやら。おほほほ。 どうお返事かえしていいかわかりませんわ。 おほほほほほ。とりあえず、笑っておきます。 [続きを読む]

受信: 2005年4月 2日 (土) 00時02分

« われわれに本当の自由なんてない | トップページ | 男の魅力 »