« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

2005年4月27日 (水)

新天地はもうないのか

松島菜々子の「生茶」のCMで流れている「大いなる西部」のテーマ曲、ドラマチックな旋律に雄大なアメリカの大地が目に浮かんでくるようです。みぞおちのあたりがうずくというか、胸がキューンとなるというか、そうだ、あの頃の若者の心には間違いなく「希望」ってあったんだよねー、なんて、懐かしさでいっぱいになります。

私が中学生の頃、高度成長期に入り東京オリンピックに向けて日本が着々と豊かさを築いていったあの頃。
映画やテレビの中に見る豊かなアメリカの輝かしさに憧れ、その豊かさを築いた精神の礎となる開拓の歴史を描いた西部劇は全盛で、大人も子供も夢中になったものです。
新天地を求めて西へ西へと進む幌馬車隊、
「悪者」のインディアンをやっつける頼もしい騎兵隊や酒場で暴れだす無法者を取り締まる保安官、
牛の群れを率いて長い旅を続けるカウボーイたち、
森林を切り開いて丸太小屋を建て畑を耕す開拓民、
一攫千金を当てこんで金鉱に群がる山師、
そんな中で布教に励む牧師や子どもを集めて学校を作る牧師の妻、
駅馬車で町々を巡り、もめごとを裁く巡回判事、
なんだかもう人生のすべてが網羅されていて、今思えば子どもたちにとって人間社会を学ぶ結構な教材でもあったような気がします。

「新天地」の響きは気分を高揚させ、希望や憧憬の念を育ててくれました。 ところで、某ブログではいじくられまくりの渡辺淳一先生ですが、執筆中の小説は読むにたえない代物としても、週刊誌のエッセイなどではなかなか興味深いこと仰います。
『アルジェリアには行けず』と題して、 
【アルジェリアはフランス人の息抜きの場所、逃れていく場所であった。映画「望郷」や「外人部隊」にみられるように祖国フランスで食いつめたり犯罪を犯した者たちの逃避地であり、再生の場所でもあった。フランス人にとっては、アルジェリアに行けば何とかなる、という最後の希望の土地でもあった。同様にかつての日本では、農家の二男三男や一旗組などが大きな夢を抱いて満州へ渡った。だから植民地があればいいなどと言う気はないが、】 と、若者たちの逃避し再生する場所がないことを嘆いておられます。
端折って写したので誤解される向きもあろうかと思いますが、言わんとするところはわかりますよね。
内地で挫折しても、大陸に行けばなんとかなるさ、海の向こうでひとはた上げてやる、そんな開拓心、冒険心を今の若者の心の中に育ててやるにはどうしたらいいのでしょう。
今の時代の若者にとっての新天地はどこにあるのでしょうか。
今、若者が何かを求めて海外へ出て行く、といえば、バックパック貧乏旅行か、NGOや青年協力隊のような真面目な活動だろうと思うのですが、海の向こうでひとはたあげてやる、という気持ちとは、もっとギラギラとした「野望」ともいうべきものだったでしょう。
この若者の特権である「ギラギラ感」が失われたのは、果たして良いことなんでしょうか、悪いことなんでしょうか。 ホリエモンさん、教えてください。

.
      よろしくお願いします →人気ブログランキング


_____________________________________

引越しの際の名残です。ご放念ください。
         ↓


.

続きを読む "新天地はもうないのか"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月26日 (火)

国家って何、なんて考えたことあります?

kakuさんのブログで「ナショナル・アイデンティティ」についての論議が活発です。興味のあるかたはご覧になってみてください。

論客のひとり、真魚さんは仰います。
 【右派が主張している日本のナショナル・アイデンティティとは、きわめて偏った日本イメージです。】

続きを読む "国家って何、なんて考えたことあります?"

| | コメント (24) | トラックバック (0)

2005年4月25日 (月)

中国が民主化されると

「ドイツは苦悩する」という本に、東西の統一以来、ドイツがいかに苦労しているかが描かれています。
 【壁が崩壊し、人々は次から次へと入ってくる東の同胞を熱狂的に歓迎し涙を流して抱き合った。あの興奮を今ではいまいましく思い出すだけだ。】
こんな感じです。

続きを読む "中国が民主化されると"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年4月20日 (水)

もう時間の問題

中国の騒乱状態がいったい何なのか、見えてきたと私は思うのですが。

中国政府がこの反日デモという名の暴動を抑えることができず、しかも、民衆の反発を恐れて日本に対して謝ることができないでいる・・・、これはかつて民主化運動を軍事力で押さえ込んだ強引さの明らかな衰えと言っていいのではないですか。

今回のデモを画策したグループが存在すると報道されてましたが、そのグループの本当の標的は日本ではなく、現政権じゃないのでしょうか。

中国に近く大規模な民主化運動が起こり、共産政権は瓦解するのでは・・・・、普通に考えれば、自然な流れではありますが、それがいつ本格的になるか、ですよね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年4月17日 (日)

中国人は悪くない

俳優の中井貴一氏が、映画「ヘブン・アンド・アース」に主演、中国ロケでの体験を日記として表し、その中にこういうことが書かれているそうです。

 【中国の女優と共演者として意思の疎通をはかろうとしたがそっけなくされ戸惑った。しかし、長期ロケが終わった時、彼女に声をかけられた。「私は子供のころから学校で日本人は極悪非道な民族だと教わってきたので、日本人はみなそうだと信じてきました。でも、今回の仕事で日本人にも良い人がいるということがわかりました。あなたもスタッフもみな良い人でした」】

このことについてあなたはどう思われますか?

続きを読む "中国人は悪くない"

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2005年4月15日 (金)

一体化幻想

中国の反日デモや政府見解にうんざり、みなさんそう思ってますよね。
あれこれコメントするのもめんどくさい。

靖国や教科書をあげつらって、中国は日本のことを「過去の悪行を反省していない」と責め立てるけれど、結局、それもこれも、自国が生き延びるためなんですね。12億の人民を食わせていかなければならないんです。そのための政権維持に必死なんです。

今朝の朝日新聞に藤原和博さん(民間企業から中学校の校長先生になった人)の言葉。
 【そもそも、国家はある種の「一体化幻想」で成立しているものだ。】

中国も韓国もアメリカも、そして日本も、どの国も、食っていかなきゃならないんです。

前から書こうと思っていたことを藤原先生、実に簡潔な言葉で表現してくださいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月13日 (水)

笑いの感覚

このあいだ、「男の魅力」について書きましたが、若かりし頃「結婚の条件」として、「同じことで笑える人」というのがありました。で、これは若い女性としては割とポピュラーな感覚だと思うのですが、当時、父には理解してもらえず、「あのなあ、お前、人生ゆうのはずうっと笑って暮らせるもんやないんやぞ。」と諭されましたが、同じ独身の友人と「うちの父も同じこと言うの。キャハハハ」と笑い合ったことがあります。

ま、さんざん人生の辛酸をなめてきた年配男性としては当たり前の説教だとは思いますが、それでも、「笑いの感覚」は、価値観の共有にも匹敵するほどの重大事項だと私には思えたし、今もある程度そう思っています。

だいたい男性にかぎらず、女性でも、「そんなに面白い?」と私には思えることに笑い転げる人がいたり、逆に「なんだその反応は。面白くないのか」とこっちが思うことも多々あります。

続きを読む "笑いの感覚"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年4月12日 (火)

国を愛するってどういうことか

「日の丸君が代」について書いた文章にロストさんというかたからコメントをいただきました。
私の返事が長すぎてコメント欄に載りませんのでエントリーします。

続きを読む "国を愛するってどういうことか"

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2005年4月11日 (月)

ダンス!ダンス!ダンス!

クラシックも好き、ジャズもしっとりしたバラードも好きだけれど、うきうきするようなリズミカルな音楽も大好きです。特にダンスが加わると、更に嬉しいですね。
先日、ビートたけしと志村けんのお笑い番組を見ました。
コントは昔のドリフものみたいでなんの新味もなかったのですが、番組の最後にたけしのタップダンスと志村の津軽三味線のコラボレーションがありました。これがなかなか良かったのです。

続きを読む "ダンス!ダンス!ダンス!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月 2日 (土)

男の魅力

kakuさんとの往復書簡みたいな様相を呈してきてますが、「ニッポンを生きる!」でのご意見をコピーします。  【人生を賭けられる程魅力的な日本男性が余りにも少ない、日本社会の少子・晩婚化の大きな原因は、こんなことではないのだろうか。】

私もこのことを「負け犬の本音」で指摘したのですが、その後、「お見合い」で書いたように、「風采はあがらない、セクシーじゃない、でも誠実で味のある男性」は、きっと、目立たないけれど恋愛市場の片隅で遠慮がちに陳列されているはずだ、とも思います。

この間、アイドルの上戸彩ちゃんがテレビで「どんな男性と結婚したいですか?」と聞かれて、「優しくてえ〜、思いやりがあってえ〜、頭が良くてえ〜、男らしくてえ〜、ユーモアがあってえ〜、働き者でえ〜・・・・」とかなんとか、思いつく限りの条件をニコニコしながら並べ立てていたのですが、キャスターの辛坊治郎さんが私が思ったのと同じことを言いました。
「大丈夫ですよ。そういう男性はたっくさーんいます。肝腎なのは、そういう男性を見分ける目を持つことですからね」

しかし、若い女性にとって、男性に求めるものは、そういうことプラス「どきどきさせてくれる何か」であるのもまた事実でありまして、「くらたま」こと、漫画家の倉田真由美さんが、週刊誌にこんなエッセイ書いてました。

 【あるTV番組で見たのだが、ラサール石井はとてもまめだ。エプロンして甲斐甲斐しく家事をしている姿を見ると、働く女性にとっては夫としてまことに頼もしい存在であるにちがいないと思う。しかし、女はラサール石井と結婚したいとは思わないんだよね】(要約)

ラサール氏はたしかに優しそう、頭も良い、ユーモアのセンスもある、生活力ありそう、・・・しかし、この人と恋に落ちなさい、と言われたって、そんなご無体な(ラサールさんごめんなさい)、という女性の気持ちもわからないでもありません。

結婚して数年でわかることですが、若い時の風采だのセクシーだののたぐいは、添い遂げるという観点から言うとあまり意味のないことです。

そりゃあ、両方兼ね備えていれば言うことはありませんが、セクシーな要素を求めるのであれば、むしろそれは熟年に向かって夫婦で作り上げていくものと考えたらどうでしょう。そこはそれ、妻の腕のみせどころですがね。(勘違いなしね、床上手の重要性を説いてるんじゃありませんから)
この女を守るぞという気にさせるのが妻の腕のみせどころじゃないですか。

この女と子どもを守るぞぉ、という気概を持った時、男ってセクシーになるんじゃないんですかね。
それは、若造のセックスアピールとは異なるもっと持続性のあるものなんじゃないですかね。(実はよくわかりませんけど)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »