« 一体化幻想 | トップページ | もう時間の問題 »

2005年4月17日 (日)

中国人は悪くない

俳優の中井貴一氏が、映画「ヘブン・アンド・アース」に主演、中国ロケでの体験を日記として表し、その中にこういうことが書かれているそうです。

 【中国の女優と共演者として意思の疎通をはかろうとしたがそっけなくされ戸惑った。しかし、長期ロケが終わった時、彼女に声をかけられた。「私は子供のころから学校で日本人は極悪非道な民族だと教わってきたので、日本人はみなそうだと信じてきました。でも、今回の仕事で日本人にも良い人がいるということがわかりました。あなたもスタッフもみな良い人でした」】

このことについてあなたはどう思われますか?

この女優が特別だということではなく、中国々民の、特に若い世代のほとんどが反日教育によってこのような印象を日本に対して持っているのでしょう。

およそ、通常の知性を持った人間ならば、一つの国の人間全員が悪者であるなどという短絡的な思考をするはずもなく、私たち日本人にとってはまったく驚くべきことです。

中国では、独裁政権によってそういう短絡的な思考をする人間を大量生産し、自ら考えることができなくなった大衆を扇動し一体化することが国益と考えているのでしょう。
国際社会での熾烈な生存競争に躍起になるのもわかりますが、そのためとはいえ、隣国をこうまで貶めることにいかなる理がありましょうか。
このような姿を世界にさらすことこそ、国益をそこなうとは考えないのでしょうか。

ひるがえって、日本では、政府が何を言おうと、国民はみずから考え意見を述べることは自由です。考えないことも考えることも自由です。日の丸君が代の押し付けはだめだ、と抗議することもできるし、その抗議に抗議することも自由です。
私は世界を知りませんが、大国と言われる国の中、こんなに豊かさや自由や平和をバランスよく保持している国はないかもしれません。

これはすごいことではないでしょうか。
そういうすごい国を作り上げた先人の知恵と努力に、kakuさん同様、私は敬意を表したいと思います。

朝日新聞の天声人語が、また、フジTV「報道2001」で竹村健一氏が、日中国交回復の時の周恩来さんの言葉を紹介していました。

 【周首相は日中国交正常化の20年近く前に述べた。「最近の六十年の歴史では、中日両国の関係はよくありませんでした。しかし、これは過ぎ去ったことであり、また過ぎ去ったこととしなければなりません……われわれの子孫に、このような歴史の影響をうけさせてはなりません」(『新編 周恩来語録』秋元書房)】

尊敬すべきこのような立派な指導者の言葉を思い起こすにつけ、現在の異常事態は中国国民のせいではなく、国の体制によるものだと思わずにはいられません。

|

« 一体化幻想 | トップページ | もう時間の問題 »

コメント

robitaさん、取り上げていただき有難うございます。

中国国内では、日本国内で中国人への報復が起こっているtと言う報道が目立つみたいです。それに伴って、もう10年以上在日している中国人の友人の奥様が、旧正月に一時帰国したまま日本に戻りたくない、と言い出しこのまま別居するかはたまた彼が中国へ帰るか…と言う状態に。

それは日本社会に対する怖さと同時に、先の文化大革命のごとく、こういう自体の中で「親日」のレッテルを張られた時の恐怖がある様です。国の事情に個人が翻弄される悲しみを感じますね。その為にも、個人は強く、自立していなければいけないのだ、と強く思います。

それにしても、こういう話題になるとやはり反応が減りますね…主婦仲間でもこういう話を振っても、場が凍りつくだけだからなあ。

投稿: kaku | 2005年4月18日 (月) 14時00分

kakuさん、こんにちわ。

 >中国国内では、日本国内で中国人への報復が起こっているtと言う報道が目立つみたいです。<

お友達の方、たいへんですね。
日本のメディアも多分におかしなところがありますが、中国のおかしさには比べようもありません。中国のニュースでキャスターが平気な顔して「町村外相は過去の日本の残虐行為について謝罪反省しました」と言っているのを見てのけぞりました。

投稿: robita | 2005年4月19日 (火) 11時43分

>それにしても、こういう話題になるとやはり反応が減りますね…主婦仲間でもこういう話を振っても、場が凍りつくだけだからなあ。<

そうですね。でも、みなさん、家族内ではある程度こういう話はしているとは思いますよ。
ただ自分の意見を述べるとなると、色々なメディアから情報収集しなくちゃなりませんよね。けっこうめんどくさいかも。
でも私は誰かが読んでくれてるんじゃないかと期待しながら買いてます。
kakuさんと掲示板やってた頃、何人かの主婦が「書かないけど読んでます」と言ってくれてましたよね。それだけでもいいじゃないかと

投稿: robita | 2005年4月19日 (火) 11時44分

【 先日ドイツのシュレーダー首相が、「日本はドイツのように反省をしなければ近隣諸国の理解を得ることはできない」などと発言していましたが、やはりみなさん事情をご存知ないのです。
 「無知」は物事を混乱させます。無知は罪ですね。
  週刊誌で福田和也氏の「闘う時評」を読みました。日本とドイツとでは殺戮の状況がまったく違うということだけでなく、どこに責任があるかという判断に基づく戦後処理の流れを眺めれば同列に議論できないことぐらいすぐわかると思うのだが・・・」と呆れ気味の文章です。】

  ↑
上の文を真魚さんのところに書こうと思ったけれど、その前のエントリを読んだら詳しいコメントが沢山つけてあったのでやめました。
私のような普通の主婦も少し頑張って勉強して少しでもわかったことを書いていったほうがいいなと思いました。

投稿: robita | 2005年4月19日 (火) 11時47分

>私のような普通の主婦も少し頑張って勉強して少しでもわかったことを書いていったほうがいいなと思いました。

robitaさんは普通の主婦ではありませんが…いやいや、この際そんなことはどうでもいいのですが、是非、私の所でもお言葉を下さいませー。

愛国心について書けば「愛国心って何!」と。「強要されるもんじゃない!」と。私としてはこれぞ嫌国教育の典型的な反応だと思うのですが、今ある自分を振り返り、その全てに感謝して慈しんでそれをまた子供たちへ伝えていく…私に言わせりゃこんなシンプルな事を一から論議しなくてはいけないのはやっぱり辛いなあ、と思うのであります。

投稿: kaku | 2005年4月19日 (火) 17時20分

kakuさん、
 >私に言わせりゃこんなシンプルな事を一から論議しなくてはいけないのは<

そうですね。とてもシンプルなことだと私も思いますが。
あれですよ、あれ、「ご先祖様あっての自分」っていうか・・・、それとも、ちょっとちがうかもしれないけど、ホーキング青山(身障者お笑い芸人)との対談で、北野たけしが言ってた、「戦争反対なんて言ってるけどさ、今生きてる人間はみんな戦争やって勝ち残った奴の子孫なんだよね」
あー、話がそれてきたかも。すみません、当たり前すぎてうまく言えない・・・。所詮飯炊き洗濯女ですから。
やはりkakuさんがご自分のブログのコメントのしめくくりで仰ってることに尽きると思います。

投稿: robita_48 | 2005年4月20日 (水) 10時59分

愛国心って何に近い反応をしたものです(・´ω`・)ノ


『私としてはこれぞ嫌国教育の典型的な反応だと思うのですが』


思うのはご自由ですよ、はい。
しかし読む限り、たいした根拠はなさそうですが?

『今ある自分を振り返り、その全てに感謝して慈しんでそれをまた子供たちへ伝えていく…私に言わせりゃこんなシンプルな事を一から論議しなくてはいけないのはやっぱり辛いなあ、と思うのであります。』

シンプルであり非常に大事なこと
ですが、それは


あなたがそう「思っている」というだけの話ですよね?

投稿: ロスト | 2005年4月20日 (水) 12時54分

愛国心を語る上で


あなたが「思っていること」
を伝えるのが辛いって、図々しくないですか?


それとも、私以外の多くの日本人は
「愛国心について書く」
とは
「今ある自分を振り返り、その全てに感謝して慈しんでそれをまた子供たちへ伝えていく…」
と瞬時に理解でき、また多くの
「愛国心について」書かれているものは
同様であると思っていらっしゃるんですか?


私は、お二人のことは尊敬しております。
しかし
世に出回る「愛国心について」語られるすべてのものが
「今ある自分を振り返り、その全てに感謝して慈しんでそれをまた子供たちへ伝えていく…」
こういった、素晴らしいものばかりではない事を知っています。

投稿: ロスト | 2005年4月20日 (水) 12時55分

私はあなたのいう
「嫌国教育の典型的な反応」をしました。


しかし、私は私なりに国を愛しております。


今自分がここにいるのもご先祖様と土地のおかげ
という気持ちも持っております。


『今ある自分を振り返り、その全てに感謝して慈しんでそれをまた子供たちへ伝えていく…』


「嫌国教育の典型的な反応」をした私は
上の文を素晴らしいと感じますが


愛国心を語る上で
あなたが「思っている」ことです。


伝えるのが辛いっておかしくないですか?

投稿: ロスト | 2005年4月20日 (水) 12時55分

ロストさん、

おおおお、そうですか、今度は「辛い」と言う単語が気になりますか…OK、これについては私のblogでご説明しときます。議論の本筋で無い部分で話を反らしてしまうのはrobitaさんに申し訳なく、私メの本意ではありませんから。

投稿: kaku | 2005年4月21日 (木) 21時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国人は悪くない:

« 一体化幻想 | トップページ | もう時間の問題 »