« もう時間の問題 | トップページ | 国家って何、なんて考えたことあります? »

2005年4月25日 (月)

中国が民主化されると

「ドイツは苦悩する」という本に、東西の統一以来、ドイツがいかに苦労しているかが描かれています。
 【壁が崩壊し、人々は次から次へと入ってくる東の同胞を熱狂的に歓迎し涙を流して抱き合った。あの興奮を今ではいまいましく思い出すだけだ。】
こんな感じです。

旧東独という重たい「お荷物」を抱え、ドイツの経済の低迷はかなり深刻、なんだそうです。
人間というのは現金なもので、口では「平和がなにより。仲良きことは美しきかな」なんてことを言いながら、こんなに生活が大変なら統一なんてしなきゃよかった、なんて思うんですね。
冷戦はなくなり平和にはなったけれど、お金がないことはいがみあいをかえって作り出します。
豊かに暮らしている国に難民が入ってくるということはそういうことです。

以前掲示板やってた時に、「北朝鮮は崩壊するしかない」という話になって、ある人が「武装難民が流出して大変なことになる」と書いたので、私は素朴な思いでこんな文章書いたことがあります。

 【「武装難民」というのは何を求めて国外流出するんですか。北朝鮮が崩壊すれば韓国軍なり中国軍なりが進駐してとりあえずは場をおさめるんでしょうけど、難民が流出しないように大きなメガホン持って呼びかければいいんじゃないですか。「みなさーん、危ないですからあわてないでくださーい。落ち着いてくださーい。食料はなんとかしてあげますから。そこにとどまってくださーい」とかなんとか。  】

革命も敗戦も経験したことがない私には政権崩壊によって何がどのようになってどんな混乱状態になるのか想像もつきませんが、人々は右往左往、上を下への大騒ぎで足の踏み場もなくなっちゃうんでしょうか。

7・8年前に韓国に亡命した元北朝鮮高官の黄長菀氏が、先日、「北の政権が崩壊したら難民が流出するのでは」、という質問を受け、「悪い政権が崩壊したのに何故逃げ出してくる必要がありますか。そこにとどまっていればいいのです」と言ってました。アメリカや周辺国の支援があるという前提ですね。

中国の場合はどうなるんでしょうね。共産党政権が崩壊したら、指導部を入れ替えれば済むというわけにはいかないのでしょうか。ソ連崩壊後や戦後の日本のようになんとかかんとかやれないものなんでしょうか。共産党だけが崩壊して、苦しいけど何年かかけて新しい国を作るというわけにはいかないんでしょうか。
その際、中国の工場は稼動しなくなるし、購買力が落ちて日本は打撃を受けるということなんですか?
中国が民主化されても、日本が経済的にダメージをうけるのはいやですよね。

真魚さんのコメント
 >難民が大量に発生し日本にも波及します。<

現在でさえ、中国で食いっぱぐれた人々が大量にやってきて凶悪犯罪起こしてくれますよね。これはほとんど難民問題じゃないですか。中国の政治体制に問題あるからこういう事態を引き起こすんですよね。

中国、早く民主化して国際的な常識が通じる国になるべきだと思います。でも、日本経済に悪影響が及ぶのは困るし、・・・あーっ どうしたらいいんでしょう。


それにしても、私思うのですが、今まで、中国や朝鮮半島にシンパシーを持ち、日本はだめだだめだと言い続けてきた人たち(俗にサヨクといわれる)もようやくおわかりになったんじゃないでしょうか。

私だってわかりましたよ。「こんなに平和でおとなしい国にいったい誰が攻めてくるというのか」と長いあいだ思っていたけれど、中国のあの強引さ(尖閣諸島にぐいぐい入り込んでくる件にしても台湾の件にしても)から判断すると、こりゃあ、チャンスさえあれば攻め込んで来かねないなあ、なんて心配になります。

かわぐちかいじ「太陽の黙示録」という漫画が連載中です。
日本列島が、東海、南海、東南海地震の同時発生によって琵琶湖あたりで分断され無政府状態の大混乱に。その機に乗じて中国が支援の名目で北エリアに侵攻して支配する、という筋なんですが、荒唐無稽にみえて、実は可能性なきにしもあらずだなあ、と近頃思います。
(中国々民のみなさんごめんなさい 。批判の対象は中国政府ですから)

|

« もう時間の問題 | トップページ | 国家って何、なんて考えたことあります? »

コメント

robitaさん、

民衆の人々がそこに留まっていれば難民にはならないというのは、確かにそうですが、しかし、なかなかそうはならないと思います。結局、どのような形で内部崩壊するかということですね。上海や大連といった先進的な地域が、共産党支配から独立するという形をとるか、あるいは貧困の大陸内部から内乱が起こり、全土に広がるか。さまざまなパターンが考えられます。

経済的混乱についても新政府が、なるべく被害を少なくするようにするか、あるいはそうしたことはぜす、ただひたすら混乱するのか。これも様々に考えることができます。

あと、中国の経済発展で考えなくてはならないのは、地球環境の問題です。ただでさえ問題である環境破壊や温暖化が、さらに悪化するということになります。しかしながら、だからといって中国に経済発展してはいかんとは言えないわけでして。

投稿: 真魚 | 2005年4月27日 (水) 02時29分

真魚さんコメントありがとうございます。
政権崩壊もいろいろなパターンがあってどういう状況になるのかは一概に言えないということですね。
でも、見てみたい、国が崩壊するありさまを。あっ、こっちにも被害が及ぶのか。
経済発展に地球環境問題、人間ってなんて多くのジレンマを抱えているんでしょうね。

投稿: robita | 2005年4月27日 (水) 10時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国が民主化されると:

« もう時間の問題 | トップページ | 国家って何、なんて考えたことあります? »