« ダンス!ダンス!ダンス! | トップページ | 笑いの感覚 »

2005年4月12日 (火)

国を愛するってどういうことか

「日の丸君が代」について書いた文章にロストさんというかたからコメントをいただきました。
私の返事が長すぎてコメント欄に載りませんのでエントリーします。

日本人の大半は「日の丸君が代は好き」だと思います。
だからこそ私は「なぜ一部の人たちによってこれほど嫌われているのだろう」という疑問を提示して、「どうしても過去の過ちを許すことはできませんか」と問いかけてみました。
しかし、目立たないブログのせいか、どなたからもご意見はありませんでした。
ロストさんに書いていただき、たいへん嬉しく思います。

 >しかし、くだんの東京都教育委員会の通達に対しては
 個人的に違憲性を疑っています。
 どう思われます?<

国旗掲揚国歌斉唱の時、起立しない教職員は処分するということですが、これ、逆に考えれば、もし起立しない人を処分しないとどうなるでしょう。この人たちは国旗国歌拒否の態度を続けることになります。

国旗や国歌を法律で制定したということは、このことをもって子どもたちに日本の国民であることを自覚させ、祖国を愛し誇りを持ってその発展のために勉学に励ませる、という意味がこめられていると思います。これは思い上がりのナショナリズムでもなんでもなく、どこの国も普通にやっていることです。

私は、国を想い、国の発展を願う教育はぜひとも必要だと思います。そうでなければどうして国民ひとりひとりが幸せになるでしょうか。
国旗国歌を忌み嫌う教師の姿を見て、子どもたちはいったい何を思うでしょうか。

過去に過ちを犯したのなら、その事実だけを教えればいいことであって、日の丸君が代を憎むのは筋違いだと思います。

個人の思想の自由の保障という観点からは、「違憲」という言葉が出るのもわからないではないですが、やはり、日本という国の公教育に携わる人であるならば、個人としての思想は思想として持っていても(日本はまことに結構な国じゃないですか。どんな思想を持つことも自由なのですから)、子どもたちには国旗国歌に敬意を表することの大切さを教えてやってほしいのです。教え導く人として。

|

« ダンス!ダンス!ダンス! | トップページ | 笑いの感覚 »

コメント

ご丁寧なレス感謝します。

懸念はたぶん共有できると思います。

反対を表明する手段として
「不起立」を行うことを
私は積極的には容認できません。


東京弁護士会が重大だと指摘する

『生徒に対して、思想良心の自由の説明をした教師に対して「厳重注意」がなされている点である。思想良心の自由に関する説明を許さず、国旗に向かっての「起立」や「国歌斉唱」の指導に従うのが当然と、心理的に強制する指導方法が強要され、生徒から思想良心の自由の行使の機会を奪うことが適切な指導とされているからである。』

都の通達が適切だと感じない
違法性が高いと考える人もいます。

法解釈上は議論が分かれる問題です。

投稿: ロスト | 2005年4月12日 (火) 17時29分

「当たり前だから敬意を」ではなく
「敬意を表すに足るからこそ」
という所を見せるべきではないでしょうか?
#「権利ばかりで義務がイヤなら日本から出て行け」なんて
言説がまかり通ると国旗国家が好きでもイヤになるんですよ。

権利:right、人権:human right
正しい、当たり前なことが権利であり人権です。

#起立しない生徒達を国家斉唱中に
「携帯で撮影」していた都議がいる
なんて聞くと国旗国歌に敬意を
払っていないのは誰だと思ってしまうんですよね。

長々と大変失礼しました。
無礼なコメントにもかかわらず
お付き合いいただき感謝します。

投稿: ロスト | 2005年4月12日 (火) 17時30分

ロストさん、お返事ありがとうございます。

 >『生徒に対して、思想良心の自由の説明をした教師に対して・・・(中略)・・・思想良心の自由の行使の機会を奪うことが適切な指導とされているからである。』<

私は現場を見ていないので、両者の対立がどんな様子であったのかわかりませんが、この記述から受ける印象は、「きわめて良識的な教師が冷静に生徒たちに正しいことを教え、そのことを説明しているのに、まったく話を聞こうともしない頑迷な都教委」となりますが、それでよろしいですか。
だとしたら、それは都教委が悪いと思います。こういう輩はこらしめてやらねばなりません。
話を聞こうとしない、とか話し合おうとしない、ということが一番悪いと私は思います。

投稿: robita | 2005年4月13日 (水) 10時54分

つづき

しかし、もしかしたら、その「話し合い」を始めてしまうと、終わりなき論争が延々と続くことを懸念しているのかもしれません。みなさんお忙しいからそうなってしまうのを恐れたのかもしれません。
私なら相手になってあげたんだけど。

たしかに落としどころをみつけられない人たちにとっては議論はこわいし、なるべく避けたいという気持ちもわかります。
思い込んだら命がけの人と議論なんか始めた日にァ、えれェ目に合うということは何度も経験しておられるのかもしれません。

投稿: robita | 2005年4月13日 (水) 10時57分

またまたつづき、(まったくどうしちゃったんでしょう、コメント欄の容量制限されちゃったみたいですね。不便きわまる)

 >「敬意を表すに足るからこそ」
 という所を見せるべきではないでしょうか?<

「見せる」というのはどういう意味でお使いになったのかわかりませんが、「人に見せてもらう」ものでなく、国を誇りに思う気持ちは自分で発見すべきなんです。子どもに対しては「日本はこんなに良い国なんだ。誇りを持っていいんだよ」と、具体的に、世界中の他の国に比べてもこんなにいいところが沢山ある、と教えてやればいいんです。

 >無礼なコメントにもかかわらず
 お付き合いいただき感謝します。<

いえいえ、まったくそんなことはございません。とても紳士的ですよ、あっ、淑女でらっしゃいますか。

投稿: robita | 2005年4月13日 (水) 11時00分

robitaさん、こんにちは。早速TB送らせていただきました。

以前も別の場所でお話ししたかと思いますが、私が受けた公的教育において、音楽の授業ではテキストの一番後ろに必ず掲載されていた「君が代」を一度たりとも習うことはありませんでした。それゆえ私は、高校に入るまで国歌を歌えませんでした。

また、各種の式では起立どころか国歌斉唱さえも行われていませんでした。日本人なのに国旗・国歌を恥じる雰囲気…そういう時代、確実にあったことをお伝えしておきましょう。

投稿: kaku | 2005年4月13日 (水) 16時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国を愛するってどういうことか:

» 愛国心、そして報国心 [ニッポンを生きる!]
こんな馬鹿馬鹿しい騒ぎ、ゼッタイゼッタイ、無視してやるぞ・・・と決め込んでいた中 robitaさん、こんにちは。早速TB送らせていただきました。 以前も別の場所でお話ししたかと思いますが、私が受けた公的教育において、音楽の授業ではテキストの一番後ろに必ず掲載されていた「君が代」を一度たりとも習うことはありませんでした。それゆえ私は、高校に入るまで国歌を歌えませんでした。 また、各種の式では起立どころか国歌斉唱さえも行われていませんでした。日本人なのに国旗・国歌を恥じる雰囲気…そういう時代、確実にあったことをお伝えしておきましょう。 [続きを読む]

受信: 2005年4月13日 (水) 16時03分

« ダンス!ダンス!ダンス! | トップページ | 笑いの感覚 »