« 感動の押しつけはいやだけど | トップページ | 地球の名前 »

2005年5月28日 (土)

首相の靖国参拝


めったにないことなのですが、主人が泊まりのゴルフで不在なのでこんな時間に書いています。
きのう、TBSラジオの「デイキャッチ」という番組で、「首相は靖国参拝をやめるべきか続けるべきか」というテーマで聴取者から意見を募集していました。

「やめるべき」とか「続けるべき」とかの意見が多数寄せられ、それぞれ理由を述べていました。
「続けるべき」の中にこういう意見を言う人がいました。

【続けるべきです。「やめるべき」という理由は主に経済的なことですよね。最大貿易相手国の中国を怒らせるのは経済的に良いことではない、という理由ですね。でも、見てください、いま日本は経済も安全保障もアメリカに依存しています。奴隷状態ですよ。そしてまた今度は中国の言うなりになるんですか。10年20年の豊かさのためより独立自尊の精神を持って長い目で見た国益を考えないとだめなんじゃないですか。たとえ靖国参拝をやめたって、中国は他のことで日本に文句を言うと思いますよ。】

こういう気持ちもわかるのですが、私は、中国が「靖国参拝をやめさえすればいい」と言っているのだから小泉さんやめてみたらどうかな、と思います。
やめたら気持ちよくつき合えるんだったら、やめればいいと思うんです。
靖国参拝やめてもまだ何か言うようだったら、やっぱり靖国は単なる口実で、中国は日本を押さえつけたいだけなんだということがはっきりします。その時こそ毅然たる態度をとればいいんじゃないかなあ。

小泉さん戦死者に哀悼の気持ちを表したいとか不戦の誓いをたてたいのなら、夜中に一人で参拝すればいいんですよ。

やっぱり経済は大事。貧乏では何もできません。
貧しくても独立自尊の精神を、というのはステキではあるけれど、腹がへっては戦は出来ぬ。豊かになって力をつけなきゃ。
力をつけてODAに励んで味方をいっぱい作って発言力を持って、国連改革、世界平和実現に一役買うぐらいの気概を持てば良いと思うのですがどうなんでしょう。

|

« 感動の押しつけはいやだけど | トップページ | 地球の名前 »

コメント

こんばんは
靖国問題も随分長いですよね・・・
誰かも同じような事を言っていた気もしますが、戦争関係者を神格化させ、神社なんかに奉るから絡まれるんですよね・・・正直、共同墓地に骨を移して、そこで手を合わせれば何も悪く言われる筋合いは無いと思われるのですが?

※自分が長いコメントを書かないのはめんどくさがっているわけではなく、単に文章力の低さを隠すためです;

投稿: ikki | 2005年5月28日 (土) 00時47分

初めてコメントします。いつもkakuさんのブログでコメントを読んでいます。

TBもさせていただきましたが、私は日本とアジアの対立は「文明の衝突」と見ています。詳細はTB先を参照して下さい。

ただ、靖国参拝は欧米も好意的ではありません。参拝を強行すれば、やはり日本はファシズムを払拭していないという印象を国際世論に与えかねません。となると彼らが暴挙に及んでも、国際世論では日本が不利になることが考えられます。

教科書問題を盛んに取り上げた中国自身が歴史を歪曲していた事実が明るみに出た今、どうにかして日本は欧米をはじめ国際世論を自分の味方につける必要があると思います。二国間では埒があきません。何せ「文明の衝突」なので。

投稿: 舎 亜歴 | 2005年5月28日 (土) 10時10分

ikkiさん、コメントありがとうございます。
 >共同墓地

靖国神社は一宗教施設に過ぎないので誰でも参拝できる国立追悼施設を作ることが必要だと思いますが、そこにA級戦犯の名も加えるということになると問題になります。
(ちなみに、靖国神社に納められているのは遺骨でも位牌でもなく、祭神名を記した名簿のようなものらしいです。)
「分祀」についてですが、これは神道の信仰上ありえないことだそうですよ。宮司の説明によると、「大きなろうそくから火を分けても、元のろうそくの火は残る。分祀しても、元の神霊は残る。もとの神霊も分霊もそれぞれ全神格を有する」のだそうです。

投稿: robita | 2005年5月28日 (土) 10時15分

靖国問題はいろいろな問題が絡み合って本当に複雑なので、国民一人々が関心を持って、少しずつ々ほぐしていくしかないんじゃないかと思います。
それとも、あまりに困難で解決のしようがないので、この問題にはフタをして一世代二世代後に何となく雲散霧消するのを待つほうがいいのでしょうか。

投稿: robita | 2005年5月28日 (土) 10時17分

舎さん、はじめまして。ご高名はかねがね・・。
ikkiさんに返信して反映させたら、舎さんのコメントを見つけ、びっくりいたしました。
これからTBの記事を読ませていただきます。

投稿: robita | 2005年5月28日 (土) 10時24分

>貧しくても独立自尊の精神を

うーん、最近、“独立自尊”の言葉をよく見かけますが、この言葉を吐いた福沢翁の真意が再び誤解されて行くのではないか、と心配です。独立自尊の為を口先だけでなく実現する為には、国が“豊か”で“強く”なければならない、それが彼の主張の核なんだと私は思います。その為に個々人が独立自尊すること=学問(勉強ではない)のススメ、なのでは。

投稿: kaku | 2005年5月28日 (土) 19時21分

robitaさん、

こういうことを書くと、どっかからなにか言われるかも知れませんが・・・・。

靖国の英霊たちは、自分たちの存在が、結果的に今の日本と中国の間に不和をもたらしてしまっていることをどう思っているだろうかと考えることがあります。英霊たちは、日中不和など望んではいないのではないでしょうか。もし自分たちの存在が、後の世の日本に混乱をもたらすことになるというのならば、英霊たちは自分たちを祀ったり拝んだりすることをやめてくれと言うのではないでしょうか。

投稿: 真魚 | 2005年5月29日 (日) 22時30分

>kakuさん

そうですねえ。豊かで強くなれば優しくもなれる、と私も常々思っているのですが・・。
どんな国になってほしいかといえば、「穏やかだけど、時々すごく良い意見を言い、実行もするので、みんなから一目置かれている」
ただ、そうなるためにはやはり、力をつけて強くならなければなりませんね。

投稿: robita | 2005年5月30日 (月) 09時48分

>真魚さん、

英霊たちの思いはきっとそうだと信じたいですね。
私、前に真魚さんのブログで書いたことがあると思うのですが、ご遺族のかたがたや靖国神社に対してもそんな風に思います。
こういう意見はタブーなのですか。それともそういう問題ではないのですか。
私は日本人みんなが戦争はもういやだと思ってるし、戦争で亡くなった人たちに対して心からの哀悼の気持ちを持っているのは確かなのだから、その気持ちを忘れないで生きていくことが一番大事なことだと思います。
それは何も靖国にこだわることだけで証明できるものではないと思います。

投稿: robita | 2005年5月30日 (月) 09時51分

お葬式やお墓なんかもそうですが、慰霊と言うのは残された側の為のものと言うのが大きいんじゃないでしょうか。
私は、身近に靖国で毎年お約束のごとく泣き崩れる親族の姿を見ているので、「手を合わせる場所」を否定するのはあまりに残酷だ、と思うくちです。

当の英霊たちだって敗戦したからといってその場を消滅させる、なんて話を後世の子孫がしていると知ったら…。以前から日本人は他国に対して残酷だと思っていましたが、身内にも残酷だったんだなあ、と。こういうオトナの姿を見て育てば、愛国なんて生まれるはずがないですね。「国のため、なんて馬鹿馬鹿しい」と思って当然。

投稿: kaku | 2005年5月30日 (月) 10時35分

>kakuさん
ああ、そうですねえ。kakuさんの仰ることもよくわかります。
でも、国立の慰霊の場所を作るということで決着はならないものでしょうか。
そこにA級戦犯の名を加えないということをご遺族のかたがたに納得はしていただけないでしょうか。
戦争を正当化しているらしい靖国のスタンスはやはり問題なのでは。
または、「分祀」は神道の教義上不可能ということはさておいて、「分祀」という儀式をあらたに創設したらどうなんでしょう。全ての人に残酷でないように配慮するためにそれぐらいのことすればいいと思うのですが。
それともkakuさんはあくまで中国に納得してもらうよう、議論を続けるべきだと思われますか。

投稿: robita | 2005年5月30日 (月) 11時53分

 日本は負けた国です。「もう許して!」と乞う事は出来ても「もうすんだことだろ!」と開き直るのはもう一度ケンカを売っているかもしくは後悔していないんじゃないかと相手国には思われます。それらを承知の上での言動ならばそれはそれでありだと思いますが一政治家の考えと国民の考えに隔たりがあるとするならば、まず歴史の再認識をするべきだと思います。その作業は慎重にせねばならないのですが。

 靖国問題は日中摩擦を引き起こしていますが日本ばかりが国益を考えるのではなく中国も長い目で見て真の国益を考えてもらいたいものです。僕から見れば両国ともケンカをふっかけているようにしか見れません。どんなに正当であろうとケンカになるようではそれは通らないと他の方法を模索すべきでそれが大人と言うものです。

投稿: tomo | 2005年5月30日 (月) 13時57分

kakuさん、

武というのは、矛を収めるという意味もあります。別にこちらに非はなくても、争いを避けることができるのならば、自ら進んで身を引く。それが侍というものです。そんな価値観や美学は、他民族には通じないとしても、通じなくてもいいんです。通じるとか、通じないとかのためにやっているわけではないんです。アメリカ映画の「ラストサムライ」を見てもわかるように、他の国の人でも「わかる人」は「わかってくれるんです」。それで良しとするのが侍であり、日本人の美学なんです。

投稿: 真魚 | 2005年5月30日 (月) 23時39分

国際社会に対して、弁をもってなにが正か邪かを論じることも必要ですが、時として無言の行動によって、その意とするものを伝えることもあるのではないかと思います。本当に間違っているのはどちらの国なのか。「わかる人」は「わかります」。日本人は中国が間違っていると思いながらも、争いを避けるために黙って身を引いた、さすが侍の国は違うと世界の心ある人々は思うのではないでしょうか。というか、世界がそう思うようにもっていくんです。

投稿: 真魚 | 2005年5月30日 (月) 23時40分

本居宣長は、敷島の大和ごごろを、朝日に匂う山桜花にたとえています。一面に咲く桜を見ながら、国のために死んでいった者たちを想う。それだけでいいじゃあないですか。侍であった英霊たちも許してくれますよ。なにも靖国神社を永久になくそうというわけではないです。国立の追悼施設を作る必要もないと思います。

投稿: 真魚 | 2005年5月30日 (月) 23時40分

もちろん、その一方で、東京裁判も含めた歴史の再認識の作業を行なうべきです。これじゃあ、ムカッ腹が納まらないというのであるのならば、今年は日露戦争100周年ですから、203高地か旅順か奉天で式典でもやって、日露戦争で日本が負けていたら、中国東北部と朝鮮半島はロシア領になっていた、という共同声明みたいなものを日中露で出すようにすると。中国がそんなことはないと言うのならば、なにがどう間違っているのか中国に説明してもらいましょう。

(あーコメントの字数制限はめんどう)
(段落で分けました)

投稿: 真魚 | 2005年5月30日 (月) 23時41分

robitaさん、

靖国神社に固執するのは、一見、愛国的心理であるかのように見えますが、それでは靖国神社に参拝すればそれでいいのかと思います。「参拝」が目的ではないはずです。本当に国のことを考えているのならば、自衛隊の予算を上げろとか思います。

結局、国とか戦争とかいう話になると、日本は戦前から変わっていないんですね。靖国神社もいつのまにか、憲法上どうであろうと実質的に「日本国家の神社」みたくなっています。戦後の日本国は、本来はそうではなかったはずです。

投稿: 真魚 | 2005年5月31日 (火) 00時08分

tomoさん、はじめまして。(ですよね? )
そうですね、けんかにならないようなんとか考えることが大事だと私も思います。
真魚さんにもご意見をいただいていますので私の思うことをまとめて書きたいと思います。

この問題は色々なことが絡み合っていて、私など考えているうちに何が何だかわからなくなってくるので、とりあえず、今、日中間で平行線になってしまっていることには、日本は引いてみたらどうかと思います。これ以上「日本人の死者に対する気持ち」を言い続けても中国が納得しないのは明らかだからです。

投稿: robita | 2005年5月31日 (火) 11時25分

靖国が心のよりどころだと思う人は大いに参拝すれば良いし、靖国神社の厳かな雰囲気も私は大好きなので、日本のために亡くなられたかたがたの霊が宿る大事な場所として敬意を表するのにやぶさかではありません。
しかし、靖国神社の考え方やA級戦犯が祀られている場所だということで中国がとてつもなく不快になる、というのなら、国を代表する首相はそこに行かないほうが良いと思うのです。
これは「屈する」ということとは違うと思います。

毅然とした態度を取るべきもっと大事な事柄は他にいくらでもあるではないですか。

投稿: robita | 2005年5月31日 (火) 11時27分

tomoさんも真魚さんも歴史の再認識が必要だと仰っていますが、
 >中国がそんなことはないと言うのならば、なにがどう間違っているのか中国に説明してもらいましょう。<

あっはっは、スカッとします。
そうですよね、こんな風に一つ一つ両国で精査し議論していけばいいんですよね。

「さすが侍の国は違うと世界にそう思わせる」
真魚さんのこの言葉がとても大事で、私たち日本人はやっぱりそういう国を作るべく子供たちを育てていく義務があると思うんです。
それは子供たちが幸せになる、ということにつながるからです。

投稿: robita | 2005年5月31日 (火) 11時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 首相の靖国参拝:

» 文明の衝突:日本vs.アジア [グローバル・アメリカン政論]
このところ日本とアジアの間で第二次大戦に関する歴史認識をめぐる対立が激化している tomoさんも真魚さんも歴史の再認識が必要だと仰っていますが、  >中国がそんなことはないと言うのならば、なにがどう間違っているのか中国に説明してもらいましょう。< あっはっは、スカッとします。 そうですよね、こんな風に一つ一つ両国で精査し議論していけばいいんですよね。 「さすが侍の国は違うと世界にそう思わせる」 真魚さんのこの言葉がとても大事で、私たち日本人はやっぱりそういう国を作るべく子供たちを育てていく義務があると思うんです。 それは子供たちが幸せになる、ということにつながるからです。 [続きを読む]

受信: 2005年5月28日 (土) 09時58分

« 感動の押しつけはいやだけど | トップページ | 地球の名前 »