« 日本ってほんとに長いんだ | トップページ | ブログランキング »

2005年7月 8日 (金)

「電車男」

昨日始まったテレビドラマ「電車男」。
本も読んでいないし、映画も見ていないので、比較さえもできませんが、素直に、よくできた作品だと思いました。世間の評価はどうだかわかりませんが、私は「うまい」と唸らせてもらいました。(特に2ちゃんねる住人の描き方、登場のさせ方が秀逸)

と同時に、やっぱり人間、捨てたもんじゃない、とつくづく思ったのです。

私たち大人は、ネットにはまる昨今の若者たちのこと、「こんなに現実から遊離してしまって大丈夫か」、「虚構の世界に浸りすぎて健全な精神が育まれないんじゃないか」などと心配しますよね。

どっこい、人間たちは、そういう虚構の世界で築きあげられたものを、脚本や演出や映像という技術を使って、こうしてお茶の間にいる生身の人間を喜ばせてくれるという、まさに「現実世界」を構築するわけですよ。

そしてその「現実」は、ネットにはまる若者たちに打ち返され、彼らに生きていく上でのなんらかの判断材料を与えていくのだと思います。

人間はえらい。

願わくは、尻すぼみにならないで、このままのテンションで無事最終話まで持っていってほしいものです。ありふれたハッピーエンドは望んでいないから。

「頑張れ」っていう言葉はあまり言っちゃいけないらしいけど、やっぱり良い響きじゃないですか、「頑張れ、ワカゾー」

そして今日はTBS系列で「ドラゴン桜」が始まるのです。
良いの見せてください。頼みます。

|

« 日本ってほんとに長いんだ | トップページ | ブログランキング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「電車男」:

« 日本ってほんとに長いんだ | トップページ | ブログランキング »