« 政界再編の起こし方 | トップページ | 6ヵ国協議での日本はカッコ悪い・・かな »

2005年7月25日 (月)

男はなぜ頑張るか

前回、「政界再編というのは、具体的にどんな局面でどんな経緯で起こるのか」、という疑問を発してみましたが、どなたもコメントしてくださらない(さびしい)理由は三つ考えられます。
① 政界再編がどのようにして起こるのか誰にもわからない。
② あまりに質問が愚かしいのでコメントする気にもならない。
③ 件の記事を読んだ人がいない。

それはさておいて、今日は「男の頑張りのモチベーション」について書きます。

過去の記事「チョコレートにくるみなさい」で、V6のちょっとトウのたったアイドルいのっち君の連載エッセイについて書きました。せいぜい4.5回の連載だと思っていたら、まだ続いています。がんばれいのっち。
6回目のは、「学校へ行こう!」というTV番組で、「女の子にモテたいからダンスがうまくなりたい」と練習に励む全国有数の進学校の高校生たちをサポートした、という話でした。

「僕は『モテたい』やつの味方なんです」と。

この「学校に行こう!」という番組は昔見ていて、あまりにヤラセっぽいので、しばらく見ていなかったのですが、灘高の受験生のダンスユニット、というのに興味を持って、最近また見るようになりました。
秀才クンたちもホント変わってきましたよねえ。
つまるところ、これは女性がそのように動かしたということなんでしょうけど。

話は変わりますが、長男が中学生の頃、「なんのために勉強するか」という話をしていて、私が、「要するにね、イイ女をゲットするためにはイイ男にならないとだめでしょ。そのための勉強でしょ」と言って、息子に「なに言ってんの」と苦笑されたことがありました。
こちらとしては、真理を述べたつもりでしたが、純粋な男子中学生は母親の奇異な発言に戸惑ったのでしょう。

ひと昔も前の会話を覚えているかどうか、ヤツは大学を卒業後も、今に至るまで働きもせずひたすら勉学に励んでいます。

しかし、いつの時代も、男が何のために頑張るか、といえば、「モテたい」「イイ女を獲得したい」、まあだいたいそんなもんです。普通はそうです。そしてそれはとても健全なことです。

だから、神を信じてテロリズムに走る男たちに言いたい。その狂信を「女性」に向けたほうがいいんじゃないですか、って。

人気blogランキングへ

|

« 政界再編の起こし方 | トップページ | 6ヵ国協議での日本はカッコ悪い・・かな »

コメント

えー、どれでもありません;
④ちょっと記事が難しすぎて口を挟めなかった

ヘタにコメントをすると自分の常識の無さが見事なまでに露呈されるハメになるので・・・;
そんなことを怖れていては成長もありませんが、見栄を張りたい年頃なのです(笑)知識はrobitaさんの文章を初め、こーいった探究心のある方の主張を覗き見ながら少しずつ手に入れていこうと思っている次第です(セコい;)

さて、男は何故頑張るか?
健全な動機とおっしゃいますが、確かにテロの例よりは健全とは思えますがあまり綺麗な物ではないと思うのですが
まー、格言う僕も例に漏れずそーいった動機で動く典型的な男の一人であるわけなんですが、最近はそんな自分に嫌気が差して落ち込みっぱなしです。
もっと人間は綺麗になれないのか?
ふとした疑問ですが、誰も答えは教えてくれないのです
自分で見つけろという事ですか・・・?
まぁまだ人生長いですが・・・ね

投稿: ikki | 2005年7月25日 (月) 15時06分

>ikkiさん、
私も政治についてはよくわからないのですが、一つの党が長く政権に居続けると癒着が定着してしまうので、2大政党が拮抗して、政権交代可能な状態にすることが大切だ、ということぐらいはわかるのです。
で、そうなる上で、二つの政党にポリシーの違いがないと意味がないですよね。
今、自民党は改革派と既得権益死守派(そんなに単純なものではないかもしれないけど)に分かれているし、最大野党の民主党も、旧社会党から来た人たちや西村慎吾氏のような極右の人が混在していて非常にヘンです。
もう一度バラバラにしてもう少しすっきりと二つに分けられないものでしょうか。

投稿: robita | 2005年7月26日 (火) 14時11分

対立軸となるポイントはいくつかあると思います。
・大きな政府(国が地方の面倒も見るし口出しもする)か、小さな政府(中央政府は外交と防衛に専念する。地方分権。)
・改憲か護憲か。
・環境重視か経済発展か。

これらは政党の政策として明確には分けられるものでもありませんが、ある程度は色分けできるかな、と。

投稿: robita | 2005年7月26日 (火) 14時13分

>もっと人間は綺麗になれないのか?<

女性のために自分を磨く、、なんと綺麗ではありませんか。
少なくとも、「ぼかァ、人類の平和のために頑張る」などと公言する男よりはずっと信用できますよ。
若者は悩むのです。若きウェルテルも悩んだのです。
悟り方を教えられるより、自分で散々悩みながら階段を上がってください。ご法度は「絶望」、これだけです。
・・・という私もikkiさんの少しだけ上を上ってる最中です。(「上」と言うところが図々しいんだけど、年がいってる分だけ)

投稿: robita | 2005年7月26日 (火) 14時15分

そうですね〜この記事とはずれますけど、民主党はせめて党の主張を一つにまとめて欲しいですよね。みんなまとまりが無いんですから;だから結局はバランスの取れている自民党のワンマンになってしまっているわけで・・・(とは言っても昨今の法案云々で随分空中分解したみたいですけど?)

政界再編といったってがらりと面子を変えるだけじゃ本当に張りぼて政治しか出来ないでしょうし・・・変えた後の事、どう変えるかをちゃんと考えた上で、それが現状よりもいい未来を生み出すという場合のみに適用されるべきなんですよね、多分;

投稿: ikki | 2005年7月27日 (水) 02時46分

>ikkiさん、
よくわからないけど、もし解散して選挙になって、60%ぐらいの投票率になれば政界は様変わりするんじゃないでしょうか。

投稿: robita | 2005年7月27日 (水) 10時35分

政界再編にコメントしなかった理由?

それは自分のブログ記事で手一杯だったからです。25日にアメリカとインドの首脳会談について書きました。インドは核とテロという大きな問題で役割を担える国なのですが、欧米人はイスラム過激派に、日本人は中韓に、といった具合で注目度が今ひとつです。

もう少し注目すると面白いと思うのですが。

投稿: 舎 亜歴 | 2005年7月29日 (金) 21時46分

>舎さん
お忙しい中、コメントありがとうございました。
インドもたいへんなんですね。
世界中でたいへんなことが沢山起こっているのですね。

投稿: robita | 2005年7月30日 (土) 13時28分


EMAIL:
IP: 211.131.245.65
URL:
DATE: 07/25/2005 06:04:43 PM
ブログ開設おめでとうございます!

アクセス数を上げるために当コミュニティサイトに登録しませんか?
http://profile.zmapple.com/cgi-bin/profile.cgi
より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。

参加するにはこちらからが便利です
http://profile.zmapple.com/cgi-bin/profile.cgi?mode=edit&title=%8DK%82%A9%95s%8DK%82%A9%90%EA%8B%C6%8E%E5%95w&address=http%3A%2F%2Fblog%2Elivedoor%2Ejp%2Frobita_48%2F


お問い合わせはコチラから
http://profile.zmapple.com/cgi-bin/fmail/cmfmail.cgi

投稿: みんなのプロフィール | 2006年2月17日 (金) 12時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男はなぜ頑張るか:

« 政界再編の起こし方 | トップページ | 6ヵ国協議での日本はカッコ悪い・・かな »