« 小泉首相の手法 | トップページ | 「自由」とは、「自分たちで政府を作る自由」だそうです。 »

2005年8月13日 (土)

「非情」は必然・・・じゃないですか?

kakuさんに教えていただいた竹中大臣の説明を読んでみました。(前半だけで充分わかりました)

加えて、ワイドショーに出演した竹中大臣の説明でもよーくわかりました。(コメンテーターが反論していましたが、一視聴者の私には竹中さんの気迫のほうが本物に思えました)

「わかりました」というのは、国家財政の専門的な事柄が理解できた、ということではなく、政府をスリムにして行かないとこの国は破綻する、ということがわかった、ということです。

反対派議員も「民営化には賛成。しかし、その中身が問題」と言いますが、誰一人として対案を出していない、と竹中大臣は言います。
対案を出さずに、ただ「反対」と言い続けているわけです。

反対派議員は、「小泉首相の手法に反対」とも言います。

しかし、このやり方以外に、反対派議員を駆逐する手法があるなら教えていただきたいものです。

要するに、「反対している人は排除するしかない」のではないですか。

「国がつぶれても議員でいたいのか。国がつぶれても既得権益にしがみついていたいのか」ということです。

郵政民営化、是か非かという問題は、もはや国をどういう形にするのかという問題ではなく、国をつぶすのかどうかという問題である、という観点から、今度の選挙を考えないといけないのだな、と思います。

そういう意味で、国民がバカかどうか問われるというのは、やはり、まちがっていない、と思うのですが・・・、どうでしょう。

私はこう考えます。

小泉内閣というのは、「国をつぶそう」と思っているのでなく、「国のために良かれ」と思ってやっているわけです。

反対している政治家の中にもそれなりに国のためを思って論戦を張っている人もいるでしょう。

でも、どちらが正しいのかは、実際何年かたたなければわからないことです。

それなら、「やってみる」しかないのです。

現状維持のまま、ずるずるとただ崩壊に向かうより、当初は混乱が起きるかもしれないけど「思い切ってやってみる」ことのほうが、建設的だと私は思います。堂々巡りの議論をいつまで続けていても事態は良くなりません。

だって、「改革」の必要性って、もう何年前から言われ続けているのか知りませんが、もういい加減「断行」してもいいんじゃないでしょうか。

「殺されてもいい」と首相は言ったそうですね。
こういう覚悟のある人物でなければ改革は無理でしょう。

ある評論家が言いました:
【今、一番喜んでいるのは(首相の出身校創立者の)福沢諭吉でしょうね。福沢は、「“独立自尊の精神”は“非情”の裏打ちがなければ成り立たない」と言っています。つまり、小泉さんは慶応義塾の優等生だということです。】

よく、「小泉さんの手法がうまい」とか「大衆の心をつかむ技に長けている」とか言われますが、私は特に「うまい」なんて思わないです。
前に進むために当然のことをやっているだけで、その当然のことを今までプロの政治家ができなかっただけなのだと思います。いえ、プロの政治家だからこそできなかったのでしょう。
いわば「しろうとのやりかた」であり、そうでなければできないことなんだと思います。
私は今回、大いなるしろうとに賭けてみようと思います。

私は竹中大臣が主婦向けのワイドショーに何回でも出て、何回でも同じ説明をすればいいと思います。
もう、経済の細かい話はいいです(どうせそんなこと何回説明されてもピンとこないんですから)。「国がつぶれてもいいのか」これだけで充分。

・・・・・

と、ここまでは、私が単純に考えて思いつくまま書き連ねてみました。
しかし、民営化反対の人たちが、ただ、「既得権益」や「票」のためだけにあんなに頑張っているとも思えません。
評論家の先生方の中にも、「既得権」や「票」に関係ないのに、反対している人がいます。

なぜなんでしょう。

色々な人が色々な理由を挙げて、郵政民営化賛成とか反対とか主張します。

でも私たち国民には本当のところどうなんだかわかりません。
日々の生活も犠牲にして研究すればわかることなのかも知れないけれど、そんな気力も時間もありません。

もうこうなったら直感で決めるしかないんじゃないですか。

既得権益死守組も確かに存在すると思います。
政治屋ではない竹中大臣が「これは日本の官僚主導政治を突き崩すための一里塚なんです」と言うなら、それを信じるしかないじゃないですか。

「直感」もよし、「各候補者の政策をていねいに精査する」もよし、とにかく、有権者が票を入れてみることだと思います。
そして、その結果もたらされることに対して、国民自身が責任を負う、ということだと思います。
責任を政治家だけに押し付けるのはもうやめないと。
小泉さんを選んだのは、私たち自身なんですから。

でも、一番の関心事は、この選挙で政界再編が起きるかもしれない、ということなんですけど。
民主党の中にも、民主党にしておくのは惜しい人たちがいますから。

|

« 小泉首相の手法 | トップページ | 「自由」とは、「自分たちで政府を作る自由」だそうです。 »

コメント

主婦の為のブログ立ち上げましたので、参加しませんか?
今なら2000円分の商品券が当たります!
http://yome-log.jp/yomelog/
ここで、日頃のストレスを解消しませんか?
姑や旦那の悪口を言ったり・・・普段、言えない事、何でも書いてOKです!まだ、立ち上げたばかりのブログですので、何かとご不便をおかけすることもあるかも知れませんが、皆さんと一緒に成長していければと思います。
是非、「よめろぐ」に参加してみて下さい。

投稿: よめろぐ管理人 | 2005年8月15日 (月) 21時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「非情」は必然・・・じゃないですか?:

« 小泉首相の手法 | トップページ | 「自由」とは、「自分たちで政府を作る自由」だそうです。 »