« 理想を語って何が悪いか | トップページ | 「非情」は必然・・・じゃないですか? »

2005年8月10日 (水)

小泉首相の手法

小泉首相が記者会見で、「郵政民営化に反対の候補者は公認しない」と断言した翌日、夕方のラジオで、ある女性弁護士が怒りをあらわに次のように言っていました。

「独裁者ですよ。これは大変問題ですねえ。だいたい郵政民営化してどういうメリットがあるのか何の説明もないし、議論を詰めないまま強引に採決に持って行って、それで否決だからと一方的に解散し、民営化に反対する者は公認しないだなんて、ひどすぎます。こんな独裁を許していいのでしょうか」と、言葉は正確ではないけれど、こんな感じで、口を極めて批判していました。

私はよくわからないのですが、議論は尽くされて、それでも、反対する人が反対し続けてるんじゃないんですか?

そして、これらの、「反対派議員」というのは、これまでの自民党の利権構造、官僚主導政治を温存したいがために、強固に反対してるんじゃないんですか?

郵政民営化というのは、郵便局がどうのとか、田舎のおじいちゃんおばあちゃんが可哀想、とかそんな話ではなくて、日本のお金の使い方を根本的に改革するために、まずはやらなければならない突破口じゃないんですか?

私はそうだと思っていました。

そして、それは、話し合いだの妥協だの生ぬるいことをいつまでも続けていては絶対に実現しないことではないんですか?

だから、独裁的手法を小泉さんはとっているんじゃないんですか?

私はそうだと思っていました。

この女性弁護士は、旧態依然とした自民党の体質を温存するべきだ、財政再建は必要ない、と言っているのでしょうか。

なんだかよくわかりません。
たぶん何にでも反対したがる人なのではないかと思います。

公認されない八代英太前議員が、インタビューを受けながら、「いろいろありますねェ、人生は・・」などと言いながら涙ぐみます。

反対派議員たちがよく使う言葉、「私は自民党を愛していますから」。

あのね、そういった内輪の情念でもって政治やってほしくないのよね。「愛してる」ってなんですか。
浪花節や演歌の世界に浸ってる場合ですか。
国家を建て直せるかどうかの局面なんですよ。

反対なら反対で、そういう人で集まって新党でも何でも作って堂々と主張すればいいのにねえ。これが国家のためだ、と。

今度の選挙は、国民の意識が問われる選挙だと私は思います。
つまり、この日本国民がバカかどうかが試されるんです。

|

« 理想を語って何が悪いか | トップページ | 「非情」は必然・・・じゃないですか? »

コメント

robitaさん初めまして。もはやどうやってこちらに辿り着いたか覚えていないのですが、時々覗かせていただいております。
さて、今回の郵政民営化解散、私もrobitaさんと全く同じ事を思っていました。あれほど新聞等で取り上げられ、自分の理解度はともかくとしてちゃんと説明はなされていると感じています。
反対派の印象としては、ただ旧体制を崩したくないがために「説明が不十分!さっぱりわからん!」とだだっこしている輩という感じ。仕舞には「こんなことで解散して選挙だなんて税金の無駄使い」と言う始末。確かに税金はかかるけれどむしろ良い機会のような気がします。

また時々お邪魔させてください@

投稿: MON | 2005年8月10日 (水) 12時48分

>MONさん、
コメントありがとうございます。

>自分の理解度はともかくとして<

はい、私もそうなのです。
研究者じゃないので、そんなに細かいことまではわかりません。
でも、めざす方向は理解できるので、改革者を支援したいと思います。
今後もどうぞよろしくご贔屓に。

投稿: robita | 2005年8月10日 (水) 16時01分

論点のすり替えばかり
 「郵政の民営化」って何をするのか,竹中担当大臣の説明を聞いてもわからない.
小選挙区制だから,せいぜい1対1の戦いで,素人のマスコミなどは,首相の立場を利用して,一方的な情報を流して,反小泉勢力をけ落とす戦略.
 郵政公社がどうなるのか,明確にしないで民営化を進めても,結局,お役人様の思い通りで,クロネコや佐川サンに対抗できない郵便局を,米国の禿鷹ファンドに売ってしまおうとしているのが,竹中・小泉の民営化路線で,民族路線の自民党の郵政族とは,敵になるのはあたりまえ.

投稿: 玉川弱啓 | 2005年8月10日 (水) 16時32分

robitaさん、

>民営化に反対する者は公認しないだなんて、ひどすぎます。

イヤン、それでいて自民党公認されるだなんて、ひどすぎますぅ。大方の一般国民には選択肢が自民党以上に大所帯の「民主党」しかなくなっちゃうじゃないですか、ねえ。

TB送らせていただきました。ご迷惑だったらカットして下さいね!

投稿: kaku | 2005年8月10日 (水) 20時11分

 一つ前のスレッドについては一連のやり取りを見直しているところなのでいずれまとめて公表します。

 今回のテーマ「郵政〜」についてはTVを観る時間が無いので生の演説などで表情などを見る事は出来ないので残念ですが新聞やみなさんのブログなどを拝見した中で自分なりにまとめてみました。

 TBさせていただきましたのでよかったら採点して下さい。

投稿: 友郎 | 2005年8月11日 (木) 06時40分

玉川弱啓さん、はじめまして。

>米国の禿鷹ファンドに売ってしまおうとしているのが,竹中・小泉の民営化路線で<

えっ、ほんとですか。
小泉さんは国をつぶそうとしてるんですか。悪いやつだなあ。
何のためにそんな悪だくみをしてるんですか?

投稿: robita | 2005年8月11日 (木) 10時52分

>kakuさん、
kakuさんの記事読ませていただきました。
民営化か否かというのは、苦しくても国民が自立するか、それとも、日本型社会主義をいままで通り続けて国に面倒をみてもらうかの違いなんですか?

私は、郵政で集めた莫大なお金を無駄遣いするのをやめよう、という財政再建のためのとっかかりなんだとばっかり思っていました。
そんな単純なことではないんですね。
なんだ、バカなのは私じゃん。

投稿: robita | 2005年8月11日 (木) 10時55分

>友郎さん、
 >TBさせていただきましたのでよかったら採点して下さい。<

いやですよぉ、採点だなんて。
私、民営化の意味もよくわかってないみたいです。

でも、本当に改革しようと思ったら、「非情」は必要でしょうね。
友郎さんも苦労なさってるんですね。

投稿: robita | 2005年8月11日 (木) 11時05分

robitaさん、この問題が単純かどうかは分かりませんが、少なくともrobitaさんがご自身をバカと思うためにTBしたのではあまりません、念のため。

私は、竹中大臣の話が一番整理されていて、“法案が完璧じゃないと遠まわしに反対するエリート”ではない一般市民にとって一番親切だと思います。ご参考までに。

http://takenakaheizo.cocolog-nifty.com/takenaka/2005/08/post_e3c8.html

投稿: kaku | 2005年8月11日 (木) 20時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小泉首相の手法:

» かくしてバトンは国民に渡された! [ニッポンを生きる!]
始めに言っておくと、私は今回の解散に法的正当性は無い、と思っている。今回の「郵政 robitaさん、この問題が単純かどうかは分かりませんが、少なくともrobitaさんがご自身をバカと思うためにTBしたのではあまりません、念のため。 私は、竹中大臣の話が一番整理されていて、“法案が完璧じゃないと遠まわしに反対するエリート”ではない一般市民にとって一番親切だと思います。ご参考までに。 http://takenakaheizo.cocolog-nifty.com/takenaka/2005/08/post_e3c8.html [続きを読む]

受信: 2005年8月10日 (水) 19時51分

» やっぱり争点は郵政民営化 [依存症の独り言]
郵政民営化は、それほど重要な政治課題ではない。もっと大事な政治課題がある」という声を聞く。果たしてそうであろうか。郵政民営化は、国営企業を株式会社に変えるというような単純な問題ではない。私は、我が国の将来を左右する極めて重要な問題であると考える。 外交、安 robitaさん、この問題が単純かどうかは分かりませんが、少なくともrobitaさんがご自身をバカと思うためにTBしたのではあまりません、念のため。 私は、竹中大臣の話が一番整理されていて、“法案が完璧じゃないと遠まわしに反対するエリート”ではない一般市民にとって一番親切だと思います。ご参考までに。 http://takenakaheizo.cocolog-nifty.com/takenaka/2005/08/post_e3c8.html [続きを読む]

受信: 2005年8月11日 (木) 00時09分

» 小泉さん [R氏への手紙]
 勉強不足な私なりの思うことを。 >引用です。  「自民党をぶっ壊す」との小泉首相の“公約”が、今回の解散で実現するかもしれないが、政治評論家の森田実氏は「ぶっ壊すというなら離党してから言うべきだ。党公認候補として選挙で選ばれ、首相になった小泉氏に... robitaさん、この問題が単純かどうかは分かりませんが、少なくともrobitaさんがご自身をバカと思うためにTBしたのではあまりません、念のため。 私は、竹中大臣の話が一番整理されていて、“法案が完璧じゃないと遠まわしに反対するエリート”ではない一般市民にとって一番親切だと思います。ご参考までに。 http://takenakaheizo.cocolog-nifty.com/takenaka/2005/08/post_e3c8.html [続きを読む]

受信: 2005年8月11日 (木) 06時31分

» 恐怖政治でいいのか? 自爆テロ解散の分析 [虎視牛歩]
恫喝・脅迫による自民党内の恐怖政治、デタラメ解散、やけくそ解散(亀井静香)、八つ当たり解散(福島瑞穂)意味不明解散(加藤紘一)の紆余曲折から小泉首相の本性を探る robitaさん、この問題が単純かどうかは分かりませんが、少なくともrobitaさんがご自身をバカと思うためにTBしたのではあまりません、念のため。 私は、竹中大臣の話が一番整理されていて、“法案が完璧じゃないと遠まわしに反対するエリート”ではない一般市民にとって一番親切だと思います。ご参考までに。 http://takenakaheizo.cocolog-nifty.com/takenaka/2005/08/post_e3c8.html [続きを読む]

受信: 2005年8月11日 (木) 16時54分

« 理想を語って何が悪いか | トップページ | 「非情」は必然・・・じゃないですか? »