« ととさんへ | トップページ | 続・ととさんへ »

2005年9月20日 (火)

どうしても政界再編したい私

今日は二連発で書いちゃいます。
先週金曜日にメモしておいたこと、どうしても書いておきたいので。

「政権与党だって、野党に気を配って国民が選択しやすい二大政党制を作る義務があるはず」と私が言うと、
主人は「政治は権力闘争なんだ。そんな他の党のことなんか知ったこっちゃないよ」と言います。

ちがう、ちがう、そういうことじゃなーい!

政権交代可能な状況を作ることによって、政治のダイナミズムを得ることができるのなら、政治家はそういうことも視野に入れないといけないんじゃないの。
与党だって、こんなに議席増やしちゃったんじゃ、戦い甲斐もないでしょう。

そして、これは民主党がだらしがない、というより、あるべき姿に与野党が分かれていないから、ということなんだと思いませんか?

小泉さんが民主党を小バカにするようなことを言うたびに私は、「あんたのせいで、こんな野党しかできなかったんじゃないの、あほ」と心の中で毒づいていました。

政界を一度バラバラにして、お箸でつまんで選り分けてやりたい気分です。これはこっち、これはあっち、って。

そんなこと思ってたら、自民党参議院議員の山本一太さんが、ワイドショーで、「与野党の数が拮抗していなければ政界は健全じゃない」みたいなことを言い、同じ参議院議員の舛添要一さんも別の番組で、「自民党は公明党のおかげでこんなに当選を増やしたんです。いまや公明党なくして自民党は政権の座につくことができないんです。民主党も単独政権を目指すなんて言ってないで、社民党との連携も考えたらどうか」などとアドバイスしていました。
やはり、参議院議員は衆議院議員とは意識がちがうんでしょうか。

ところで、先日ラジオで、首都大学の宮台先生が言ってたんですけど、自民党の政治家のタイプとして「汚れた鳩」と「きれいな鷹」というのがあるそうです。

【汚れた鳩】
・野中、鈴木宗男など
・利益配分型、弱者保護
・平和主義

【きれいな鷹】
・岸、福田、小泉など
・金持ちの御曹司が多いので金に汚くなくて済む
・平和に対する思い入れがそれほどではない

きれいな鳩ときれいな鷹に分かれるのが一番いいんでしょうか。
国民のほうで、理念の違う政党を二つ用意して議員を配分することができたらねえ。
でも、真魚さんのブログで、「アメリカの共和党にも左派的な人がいるから、二大政党制ってこんなもんなんでしょう」、というコメントなどを読むと、あまり政界再編にこだわることもないのかなあ、などと思えてきます。

ドイツでは1960年、憲法改正にあたって、与野党大連立をし、改正後、政界再編がなされたそうですね。
やはり、政界再編は憲法改正が俎上に載るまで待たないといけないんでしょうかね。

|

« ととさんへ | トップページ | 続・ととさんへ »

コメント

robitaさん、

以下は、とあるブログで僕が書いたコメントです。コピペします。

「議会制民主主義は、多数派のみが正義を知っていることを、証明するためのシステムではない」というのはその通りだと思います。民主主義とは、多数派の意見を正論とするシステムではなく、異なる意見や少数派の意見を排除せずに残存させるシステムだと思います。もちろん、ひとつの決定はしなくてはなりませんので、多数派の意見が選択されることになります。しかしながら、これは、その決議に反対する少数派の意見の価値を否定するものではありません。

投稿: 真魚 | 2005年9月20日 (火) 22時57分

(続き)

民主主義の利点とは、いかなる判断も、常に反論者の意見と照らし合わせて考えていこうとするチェック・アンド・バランス機能を持っているということだと思います。この機能があるからこそ、多数派の意見も、そして少数派の意見も、(ヘーゲルの言葉を借りれば弁証法的発展のプロセスによって)より良きものになっていくと思います。本来、政治の言論のダイナミズムというのは、ここから生まれていくものです。今の政治には、これがありません。

投稿: 真魚 | 2005年9月20日 (火) 22時57分

(続き)

今回の選挙の結果を、民衆はアホだみたいに論じている書き込みがネットでは多いですが、これは民意を「絶対的に正しい」と思っていることの裏返しですね。民主党もそうです。しかし、「民意は絶対的に正しい」という根拠も保証もありません。むしろ「民意だって間違えることがある」という前提であるべきです。だからこそ、民意に基づく民主主義は、いくつものチェック・アンド・バランス機能を持っていなければならないわけです。

(コピペ終わり)

このように、民主主義には異なる意見が必要です。異なる意見が共存すること、その異なる意見の対話から、より良き意見を創り出すこと。これが、独裁制にはない民主主義の強さです。(理想はこうで、現実はこうはいかないんですけど)

投稿: 真魚 | 2005年9月20日 (火) 23時02分

「よごれた鳩」の「よごれた」というのは一般的には「利権」を意味するのですが、元々は選挙区に公共事業を誘導して地元の活力を向上させようと尽力しているわけですから、立場を変えれば必ずしも「汚い」ということにはならないと思います。
一方の小泉首相に代表される「きれいな」方は、地元に冷淡なので(それでも知名度があるから当選する)、地元からみれば必ずしも「よい政治家」とは言えません。

ただ、長らく地元に公共事業を誘導していれば、癒着・賄賂・談合も起こりますし、借金を沢山かかえた日本の現状をみれば、公共事業に依存した活性化は限界であるのは明らかです。「よごれた鳩」が「古いタイプの政治家」と評されるのはそのためだと思います。

投稿: よろずもめごと論 | 2005年9月21日 (水) 12時15分

この分類はどこまで信頼できるのか?まず「汚い鳩」の弱者保護という語ですか、弱者って誰ですか?これは社会の弱者ではなく、既得権益で不当な歴を挙げている業界を意味するのではないでしょうか?

弱者保護というと耳ざわりは良いのですが、その真の意味によっては国民への圧迫になります。

また資金の心配があるかないかで政治家を分類するのも気がかりです。宮台教授はまさか世襲政治を肯定してはいないでしょうが、金の心配があるなしでの政治家の分類には疑問があります。誰にもチャンスがある。これが本当の「弱者保護」です。

投稿: 舎 亜歴 | 2005年9月22日 (木) 08時50分

>真魚さん

私たちはいろいろなメディアを通して思考のバランスをとっていますよね。その中でインターネットは誰でも気軽に発信できるので政治に興味のない人やよくわからない人も勇気を出して疑問を出して行くことが大事だと思います。私も「今さら聞けない初歩的な疑問」を沢山抱えているので、今後ともどうぞよろしくお願いします。

投稿: robita | 2005年9月22日 (木) 10時49分

>よろずもめごと論さん、
コメントありがとうございます。
国会議員の役割が変わりつつあるということでしょうね。
そのうち、よろずもめごとさんのブログも読ませていただきます。

>舎さん、
宮台さんは、自民党にはもともとこういう人たちが混在していた、と言っただけで、政治家のタイプの分類をしたわけではないんです。私の書き方がまずかったですね。
だってリベラル派と言われる人たちはこのどちらでもないんですよね。
実は私は「リベラル派」ってどういう考えなのかよくわからないんですけど。「今さら聞けない疑問」です。

投稿: robita | 2005年9月22日 (木) 10時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/30899/736067

この記事へのトラックバック一覧です: どうしても政界再編したい私:

» めざせ4大政党制? [よろずもめごと論]
 民主党ギライには3通りある。1つは労働組合に支えられた「護憲・平和」の旧社会党的なところがキライだというもの、もう1つは憲法を改正し軍隊をもって自衛すべしというところがキライだというもの。最後は両方が同居しているから節操がないというものである。 >よろずもめごと論さん、 コメントありがとうございます。 国会議員の役割が変わりつつあるということでしょうね。 そのうち、よろずもめごとさんのブログも読ませていただきます。 >舎さん、 宮台さんは、自民党にはもともとこういう人たちが混在していた、と言っただけで、政治家のタイプの分類をしたわけではないんです。私の書き方がまずかったですね。 だってリベラル派と言われる人たちはこのどちらでもないんですよね。 実は私は「リベラル派」ってどういう考えなのかよくわからないんですけど。「今さら聞けない疑問」です。 [続きを読む]

受信: 2005年9月20日 (火) 21時40分

« ととさんへ | トップページ | 続・ととさんへ »