« 世の中は清廉潔白になるだろうに | トップページ | 笑いの偏差値 »

2006年2月28日 (火)

大学生になるということ 2

誰も彼もが大学に進学するようになって以来、「なぜ猫も杓子も大学に行くのか。大学で特に学問に励むわけでもないのに。高校しか出ていなくたって、頑張れば生きる道はいくらでもあるのだ。」という論が常にある。

私もそう思う。レジャーランドと化した日本の大学に一応籍を置き、「ほとんど授業に出ず、雀荘に入り浸っていたが卒業した」などという軽口が武勇伝として自慢げに語られるのもありきたりの光景である。
特に研究したいこともないのに大学に行く、この摩訶不思議な日本的現象について、我が家の息子の例を挙げて少し書いてみる。

ネット上にあまり詳しく私生活を書くのは趣味ではないし、知らないところで題材にされる本人に対しても申し訳ないことではあるが、世間の狭い主婦としては、取材活動をするわけでもないし、多種多様な文献を精査研究する学者でもないので、身近なことを例とするしか論理展開の手段がないのである。

末息子、現在高校3年生17歳は、大の勉強嫌いである。努力することも面倒くさがる。

しかし、いい子なのである。

「知ってる人に会ったらきちんと挨拶しなさい」と躾けてきたせいか、近所ではすこぶる評判が良い。
「**くんはきちんと挨拶するわねえ」と褒められることが多い。愛想が良いというのではないが無骨ながら挨拶だけはしているようだ。

友だちにも恵まれているし、家庭でも明るく優しく、母のことを「クソババア」などと罵倒したりすることはない。

もちろん、思春期の少年らしい不機嫌さというものは時として現れるが、そんなものは近頃のキレやすくわけのわからない少年に比べたらへでもない。

とにかく、これからも結構ハッピーな人生を送るだろうなあ、と予感させる「憎めないヤツ」なんである。

ただ一つ、勉強が苦手。

中学受験などは始めから考えていなかったし、高校を出たら、無理して大学など行かず、専門学校へ行くとか、何か手に職をつけるなどして生きる手立てを考えれば良いのだ、と私などは思っていた。

しかし、この日本はどうもそんな道を進むのがとてつもなく難しいしくみになっているらしい、ということに気づき始めた。

いや、たしかに、そんな道はあるし、その道を進んだって一向に構わないのだ。一生厳しいものを抱える覚悟があるなら。

私はこのことを、夫、長男、担任の先生に指摘された。

日本では、大学を出てさえいれば、そこそこの就職は期待できる。しかし、高卒の人間がどんなに苦汁を舐めているか、その世間の実情を知らないことを私は指摘された。
とにかく大学だけは出たほうがいい、と世間を知る男たちは口を揃えて言う。

しかも、近年、専門学校生などは、そんじょそこらの大学生よりよほど頑張るし、そこで何かを身につけるのは大学を卒業するよりはるかに難しくなっているとのこと。

たしかに、大学など出なくたって、何か技を磨き、誰にも負けない、と誇りを持てるものを身につけることができれば文句のつけようはないが、そのことがどれほど困難を伴うか。それほどの努力と忍耐ができる者であれば、始めから、なにをやっても成功する人なのだ、と。

「じゃあ、頑張ればいいじゃないか、死に物狂いで頑張ればきっと何かをつかむはずだ、自分が頑張るのがいやだから安易な大学でも入っておこうと言うのか」、と厳しい人々からお叱りを受けそうだが、そういうことは承知しつつも、これが、今の日本の大学入学事情というものではないだろうか。

私は、「負けん気」のある人もない人も、一生のうち何回かは、必死で頑張る時があるものだと思う。

でも、それはたぶん、人に言われてすることでなく、身のうちから自然に湧き上がるものだ。

何によって人はエンジンを始動させるのか。情熱に火がつくのか。

それは、「感動」、これに尽きると思う。

だから、私は子どもたちに本を読んでほしい。映画を見てほしい。テレビも見てほしい。いろいろな人とつき合っていろいろな経験をしてほしい、と思う。

辛いことだってあるさ。泣くことだってあるさ。

そういうたくさんの経験をして、ゆっくりでいいから大人になっておくれ。

手始めに大学とやらいうところに行ってみる、それでもいいじゃんか。 →(大学生になるということ

親は、そのために身を削って教育費を貯めてきたのだよ。

文句あっか。

.
        よろしくお願いします →ブログランキング

|

« 世の中は清廉潔白になるだろうに | トップページ | 笑いの偏差値 »

コメント

スタジオジブリの宮崎駿監督は、アニメファンの高校生から、大学へ行くべきか、それともいますぐアニメーターになるべきかと尋ねられると、「なんでもよいから大学へ行きなさい。大学へ行き、4年間、大学生活をエンジョイしながら、絵の勉強をしたいならするのがよろしい」と答えると書いています。ここの箇所、僕の好きな箇所なので、少し長くなりますが引用します。

「なぜ、そういうのかといえば、4年間早くこの道にはいることが、それだけ早くアニメーターとして完成することにならないからだ。この道にはいれば、ワッと仕事が押し寄せてきて、もはや、自分自身のために勉強する時間などとうていなくなってしまう。絵というものは、一生懸命かいていれば、ある程度、じょうずになる。だから、この世界に飛び込む以前に、つまり、自分の時間があるうちに、あれこれと勉強して、ものの見方や考え方といった基礎的な分野をかためてもらいたいのである。さもないと、自分の人生を"消耗品"のごとく扱われるにすぎなくなってしまう。
(中略)
ひとたび、アニメ制作の世界にはいってしまうと、次々と作品をつくりあげていくが、あまりに、本を読んで勉強したり、すぐれたイメージを創作するヒマすらもない現実だ。となると、なんのためにアニメーションをつくるのか、ただ食うために作るのか---というところにまでいってしまう。そうならぬためにも、くり返していうが、皆さんには勉強してもらいたい。」(宮崎駿『出発点』徳間書店)

僕は30近くまで学生を続けていましたが、学生時代、まさか後の人生は、これほど働くだけの毎日になるとは夢にも思っていませんでした。しかし、今現在、そうした働くだけの毎日になっても、くさることなく、ただ食うために働いているわけではないという気持ちで日々を過ごすことができるのも「大学時代」があったからだと思います。

よく世間では、大学教育は実社会で役に立たないと言われていますが、それは当然です。実社会に役立つ知識や技術をすぐに学びたいという人は、専門学校へ行った方がいいです。大学というのは、そうしたところではありません。そして、そうした「実社会で役に立たないもの」が、実は、実社会で役に立つものの土台になり基礎になっているんですね。自由な時間の中で、本を読んだり、映画を見たり、音楽を聴いたり、演劇を見たり、人と会ったり、旅行をしたりすることが、どれだけ価値のあることであったか。今、つくづく感じます。

投稿: 真魚 | 2006年3月 2日 (木) 01時50分

>真魚さん、

悩める母親(ちっとは悩んでるんです)が発信し、どなたかがご意見を書いてくださり、「そうだよね、そうだよね」と思わせてくれる。
ブログの醍醐味ですね。
なんかすごく納得です。
長男を見てても、大学でたくさんの良い友人ができたし、そこで考えたことを元に、卒業後、茨の道を選びましたが、励まし合いながら勉強しているようです。
大学とは、何かを探すための場所の一つなんでしょうね。
だから、kakuさんが仰るように、入学しやすくしたほうが良いのかもしれませんね。

投稿: robita | 2006年3月 2日 (木) 17時42分

>だから、kakuさんが仰るように、入学しやすくしたほうが良いのかもしれませんね。

その代わり、出るのをtoughにしなければ、その地位と価値が国際的な視点から見ると下がります。地位と価値が下がると言うことは、自ずと頭脳流出につながります。私は、米国の大学生を見て、一二年で遊んで、三四年で成熟してゆく形が確かに合理的だと感じました。

なーんて、私なんぞに指摘されんでも、今時の大学ももう、そういう方向にシフトし始めているんでしょうね。これからは少子化だから、単位の互換性(大学の移動や提携大学間での単位取得)やdistance-learning(キャンパス外での授業受講)と言った柔軟性も出てくるでしょう。いいなあ、イマドキの大学生!

確かに人生、「チャンスは一回きり」だけど、あくまで「その」チャンスはもう無いだけで、「別の」チャンスは絶対にある。だから、「これに落ちたらオシマイだ」なんていう、変な塾の洗脳からフリーになってほしいと思います。「チャンスはいくらでもある」。そのことを知る方が強いです。あ、キャリア官僚になりたい人は別よ。

投稿: kaku | 2006年3月 2日 (木) 21時12分

>kakuさん、

そうですね。「また別のチャンスがあるさ」、そういう気構えでいることが大切ですね。苦しい思いをすることは必要だけど、絶望だけはしちゃなんね。
私たち年配者の役割は、若者をそういう目で見てあげることなんだと思います。

投稿: robita | 2006年3月 3日 (金) 10時49分

>私たち年配者の役割は、若者をそういう目で見てあげることなんだと思います。

そうじゃのぅ…って、私ももはや年配者ですかね(冗談ですよ)。

先ほどメール送信させていただきました、ご確認いただければ幸いです。

投稿: kaku | 2006年3月 3日 (金) 20時52分

>kakuさん、
>>私たち年配者の役割は<<

「私たち」にはむろんkakuさんは含まれていません、・・と律儀に答える。(笑)

息子、後期日程の合格通知が来ました。
しかし、ヤツはなんだか浮かぬ顔。なんでだ。

投稿: robita | 2006年3月 4日 (土) 13時52分

robitaさん、

昨日2回目のメール送信しましたが、到着していますでしょうか?前回と異なるメールアドレスから送信しました。

>息子、後期日程の合格通知が来ました

わー、おめでとうございます!!!
照れてたんでないの?違うか。


投稿: kaku | 2006年3月 7日 (火) 12時35分

>kakuさん、
すみません。届いてます。
すぐ返信します。

息子は第一志望に行きたかったんでしょうね。
でも、受かったところも学力相応で悪くないと思うんですけど。
浪人して苦労すりゃいいんだ、なんて建前では思っていても、予備校費用だの一年間浪人をかかえるうっとうしさを考えると、ここで決めてほしいな、と母親としてはやはりホンネが出ます。
長男は、「行きたいと思う大学に行ったほうが絶対良い。一年本気で勉強すれば、絶対入れる」なんて言いますが、その「本気」が出るかどうかが問題なんですよね。

投稿: robita | 2006年3月 7日 (火) 15時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大学生になるということ 2:

« 世の中は清廉潔白になるだろうに | トップページ | 笑いの偏差値 »