« 熱くなる | トップページ | 大学生になるということ 2 »

2006年2月23日 (木)

世の中は清廉潔白になるだろうに

先週の朝日新聞の「私の視点」にこんなことが書いてありました。

要約: 【最近、建築学を学んだ学生が、就職先として建設会社を選ばなくなった。彼らに人気が高いのは、設計事務所、住宅メーカー、不動産開発・企画会社などである。
理由は、①建設会社のイメージが低下している。②工事現場が「3K職場」と見られている。③建築技術者の待遇改善が進んでいない。
企業、大学、学生、それぞれの姿勢を自ら省みて改善への努力をすべきではないか。】(明治大学教授・荒川利治)

高度成長期には花形として学生の憧れの的だったあんな有名な会社こんな大きな会社が、今は敬遠されているんですね。
優秀な学生を取り込むことができなくては大企業の土木建築技術の継承はどうなってしまうのでしょう。

ゼネコン関係者によると、「日本の優れた土木建築技術を維持継承していくためには、道路だのダムだの橋だのを作り続けることが大事なんだ。作ることで技術に更に磨きがかかる。しかし、公共事業も激減している今、ゼネコンの仕事場は海外に移っている。」

ふーん、そうなんですか。

しかし、国際競争で生き抜くのも大変そうだなあ。

公共事業で、政官業の癒着が起きやすくなったりする一方で、地方の経済が活性化されたり、技術が磨かれたり、の利点もあるということですね。

世の中のしくみとは本当に理不尽なものです。

その理不尽さが生み出す平和や豊かさの上に私たちは、生き、暮らし、時に正義感に燃えて政治を批判するのです。(私もよく正義感に燃えてムラムラとなるのです)

前にも書いたと思いますが、コラムニストの故山本夏彦の言葉をよく思い浮かべます。

「世の中は清廉潔白になるだろうに、しないのは、我々が皆、グルだからだ」

去年8月の記事「人間には慈悲の心がある」で引用した「大人の言うことを聞きなさい」の一節と同じ意味ですね。

_____

関係ないけど、自ブログ内で上の記事を探していて、「あっこれだった」という記事を偶然みつけました。
ちょっと前、ある人に記事の内容で誤解を受けたのでそうじゃないということを説明する時、引用しようとしたけれどみつからなかったものです。

|

« 熱くなる | トップページ | 大学生になるということ 2 »

コメント

>ゼネコン関係者によると、「日本の優れた土木建築技術を維持継承していくためには、道路だのダムだの橋だのを作り続けることが大事なんだ。作ることで技術に更に磨きがかかる。しかし、公共事業も激減している今、ゼネコンの仕事場は海外に移っている。」<

これは嘘ではないでしょうが、話半分くらいに思っていた方が良いのでは?誰しも自分自身や自分の属する団体の立場で意見を主張します。別に悪いことではありません。

ただ、やたらにインフラを造るよりも、既存のものを安全なものに改修することに力を注いだ方が良さそうに思えます。老朽化した新幹線トンネルの壁が剥がれ落ちたり、橋脚が崩れたりなど、こうしたところをしっかり補修するなら無駄な公共工事とは誰も言わないはずです。

他にも自然災害で埋まってしまいそうな道路や鉄道は全国各地にあります。新潟地震で親子が車ごと埋まった事故もありました。

こうした補修・改修工事は大規模なインフラを新しく建造することに比べると地味ですが、土木業界の信頼を回復するには必要だと思われます。

投稿: 舎 亜歴 | 2006年2月26日 (日) 11時29分

>舎さん、
仰ることはその通りです。使いもしない無駄なものを貴重な税金を使って「ただ作る」というのは、誰しも反対だと思います。

ただ、一面の事実というのもまたあるわけで、「技術が磨かれる」という点においては、しろうと考えですが、「補修・改修」ということと、「橋やダムをゼロから作る」ということでは、派生する新技術がまったく別のものであろうと思うわけです。
大規模なインフラ整備においては、完成に至る工程の一つ一つに技術革新が期待できるということではないですか。

補修・改修工事で得られる結果というものもたいへん貴重だと思いますが、別の問題なんじゃないでしょうか。

いずれにしても、日本国内ではもう、ダムも道路もいらないわけですから、海外で大いに日本の技術を発展させていただきたいものです。

当然、このゼネコン関係者も「国内にもっと作りたい」とか「作るべきだ」と言ってるわけでなく、「日本ではもう仕事がなくなったから、海外で事業展開している」という現状を述べているだけだと思うのですが・・・。

投稿: robita | 2006年2月27日 (月) 09時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世の中は清廉潔白になるだろうに:

» 粉飾決算失敗? [国際航業株式会社についておしえて!]
自社株を応用地質に売却か、 確か日本工営も持株してるよな、 これで来年度からは、 営業は大変だ、 応用地質と日本工営と一緒には指名に入らない様になるよな。 [続きを読む]

受信: 2006年3月 7日 (火) 00時09分

« 熱くなる | トップページ | 大学生になるということ 2 »