« 子供は増えない | トップページ | 党首選 »

2006年4月 7日 (金)

民主党の再生

民主党の党首選に向けて、ワイドショーもにぎわっています。

民主党は数合わせで集まった党だから理念が一致していなく、だから支持されないんだと、よく言われます。

「どうしても政界再編したい私」でも書いたことがありますが、2大政党が望ましいと思うのであれば、なぜみんなでその方向に持っていこうとしないんでしょう。

民主党はだらしないだの情けないだの、悪口を言って叩いてるだけじゃ2大政党なんてできませんよ。

マスコミ、あんたが悪い。民主党の悪口を言うだけのブロガーも悪い。

首都大学の宮台真司先生によると、【 2大政党にするのであれば、「市場主義、自己責任型」と「社会主義的利益配分型」、おおまかな分け方ですが、あえて乱暴に言うと、こういう分かれ方しかありません 】 だそうです。

自民党と民主党を眺めていると、どちらにも両方の型の人が入っていて、これはやはり早くすっきりと分かれるべきだと思うのですが、どうでしょう。

自民党の中で、反小泉のくせに自民党を離れない人たちが一番ずるいんではないですか。

亀井さんや綿貫さんたちは、追い出されたかたちではあったけれど、筋が通っていますよね。小泉さんも、あの人たちを追い出したことは、その意味では筋が通っています。

とにかく、元々をたどれば小泉さんのせいで、民主党はあんな寄せ集めの困った政党になってしまったと私は思っているので、もう少し納得のいく2大政党の流れができるよう、国民も民主党をバカにするようなことばかり言ってないで、ひとつ自分たちで育ててやろうじゃないか、ぐらいの気概を持ったらどうかと思うんですよね。

民主党をアホバカ呼ばわりすることなら誰にでもできます。
でも、民主党がどうなってほしいかという国民の考えを積極的に表さなくては、民主党も動けません。

これは一政党のお家騒動なんかではなく、日本の健全な政治のありかたの問題なんだから、ただ「民主党には任せられない」とか言って放置すればいいような問題ではないと思います。

その意味で、真魚さんととさんの記事には「民主党、こうしたらどうか」という真摯な思いがあふれていて好感を持ちました。

私の考えとしては、民主党がどうしても理念で一本化できないんだったら、分裂すりゃあいいじゃないかと思うのですが、どうでしょう。

それじゃあ政権はとれないじゃないかと言われるかもしれないけれど、そんなにあせる必要はあるんですか?

分裂したとしても、それぞれが毅然とした態度で国家観を打ち出せば、小さくても強い政党の基盤ができるんじゃないですか。

人数が多くても政治理念がバラバラというより、数は少なくても筋が通っていて毅然としている党のほうが国民は支持するんじゃないですか?

民主党が理念を語ることができないのは、全然違う理念の人たちが寄り集まっているからですよね。私はそういう民主党を見ていて、気の毒と思いこそすれ、バカにする気など全然ありません。

分裂しちゃだめですか?

「また分裂したのか。いったい何やってるんだ」などとお決まりのセリフを言う人たちがいるからですか?

いま、「政権を取りに行く」必要はあるんですか?

長い目で見ていては間にあわないんですか?

小泉さんが9月にやめて、後継者が誰になるかによって自民党の支持率はぐんと落ちるとか言われますが、その時が政界再編のチャンスなんでしょうか。

その前に民主党分裂してもいいような気がするんですけど・・・・。

     よろしくお願いします人気ブログランキング

|

« 子供は増えない | トップページ | 党首選 »

コメント

私なぞのエントリーに好感を持っていただき,誠にr(^ω^*)))テレマスナ・・・って感じです.

ところで今日の投票では,小沢さんが党首になられましたね.これは広報的には助かる選択です.初の党首選で選出された党首ですから,メディアに持っていくには効果的です.
あとは,小沢さんのお手並み拝見.
私としては,もっとスピード感を感じさせて欲しいです.抽象的な言葉を繰り返すだけでは,飽きられます.人事の話に終始するメディアを驚かせるくらいのことやって欲しいと思います.

投稿: とと | 2006年4月 8日 (土) 00時38分

前原辞任で「若いヤツはダメだ」というわけで、また年取りのメンツに戻ったわけですが。小沢さんは、なんかすごい武闘派みたいなイメージだけがあって、さて実際の手腕の方はどうなのか誰も見たことがないわけです。さてこれからどうなるかですね。

しかし、あくまでもその手腕というのは政治的な手腕であるわけで、政策的な能力はやはり民主党のワカイモンがやっていかなくてはならないと思います。それが、今回の前原辞任で若手が叩かれているのではないかと思います。もし僕が民主党の政策スタッフだったら、政治的なゴタゴタは、それじゃあ小沢党首におまかせして、全部あの人にやってもらって、若手は若手で有権者の若者層(前回の選挙では、この層が自民党に票を入れました)に対して、つながりを持つ活動をしていくんですけどねえ。今政権を取るとか、どうとかいうのは、小沢さんや菅さんに勝手にやってもらって、こっちは5年ぐらい先を目安にしてやっていくんです。

今国民が求めているのは、政権をとる政党ではなく、品格のある国家を作ることができる政党なのではないでしょうか。そうした政党であれば、別に政権をとろうと策を弄することもなく、国民が判断して政権党として選択します。

投稿: 真魚 | 2006年4月 8日 (土) 01時51分

小沢さんの「筋が通っていて公正な社会にしたい」というコメントには好感がわきました。
民主党は何年か前、管・鳩山・野田・横路だったかな。ここらへんが党首選やってたころぐらいまでは演説聞きにいったりして興味があったのですが、最近は自分の中ではさっぱりでした。

政治家も顔は重要といわれているらしいのですが、小沢さんと小泉さんなら小泉さんの方がスッキリした顔つきで個人的軍配は小泉さんですが、小沢さんと安倍さんならルックス勝負はイーブンかも? なんてくだらない視点で見てます。
僕みたいな学のない人間を果たして小沢さんはひきつけられるのでしょうか。

投稿: コウイチ | 2006年4月 9日 (日) 17時08分

>ととさん、

>抽象的な言葉を繰り返すだけでは,飽きられます.人事の話に終始するメディアを驚かせるくらいのことやって欲しいと思います.<

靖国問題では小沢さんずいぶん具体的なこと言いましたね。「分祀すりゃいいんです」って。
でも、ポリシーがバラバラの政党だから、具体的なことを明言するのは難しいでしょうね。同情します。まあバラバラは自民党も同じなんですが。

(ところで、ととさんの文章の「態勢」で自分の間違いに気づきました。「体制」って書いちゃいました。直しておかなくちゃ。)

投稿: robita | 2006年4月10日 (月) 12時01分

>真魚さん、

小沢さんの政治的手腕というのは本当のところどうなのかな、と思ったりもします。
野村サッチーを候補者に仕立て上げた時は「人を見る目がないな」と思ったし、国会で座り込みとが審議ボイコットとか指示してましたよね。ああいうことをやらなきゃいけないのか、くだらないことなのか、私にはよくわかりませんが、余計な小細工はしなくていいから誠実なところを見せてほしいな、と思います。
石原都知事が「彼は信用できない」などと言ってますが、せっかくみんなで民主党を盛り上げようとしてるのに、なんでああいうこと言うかなあ。

都知事の石原さんはともかく、国民である私たちが今しなきゃいけないのは、民主党に勢いをつけてあげる、ということだと思うんです。
それをしないと、2大政党にならないですよね。
小沢さんには問題もあるのかもしれないけれど、批判ばっかりして突き放すのでは政治は良くなりません。
小泉自民と小沢民主のどっちが良いか、というところからとりあえず離れて、野党を育てる、これぐらいのこと国民だって考えるべきだと思います。

投稿: robita | 2006年4月10日 (月) 12時04分

>コウイチさん、

 >演説聞きにいったりして<

すごい。かなり政治に興味がおありなんですね。

>小沢さんと安倍さんならルックス勝負はイーブンかも? なんてくだらない視点で見てます。<

くだらなくないと思いますよ。見た目で人心は動かせるらしいですから。
小沢さんはよく顔が怖いと言われるので、むやみと穏やかな表情を作ろうとしているように見えます。
私は、やるべきことやるのであれば、仏頂面で一向に構わないと思うんですけどねえ。あの顔で無理に笑うほうがこわい。
しかし、女性(特に主婦)の支持を得るためには笑わなきゃならないそうで。やっぱ女はバカなんだろうか。

投稿: robita | 2006年4月10日 (月) 12時05分

>ととさんの文章の「態勢」で自分の間違いに気づきました。「体制」って書いちゃいました。
↑ん?
私もわかんなくなってきました。これって「体制」のほうが正解かも。だって人事の話がいつも出てくるもの。私が勝手に「態勢」って思ってしまいました。

民主党が主張しているのは、挙党体制なのか挙党態勢なのかどっちなのでしょうね。

投稿: とと | 2006年4月10日 (月) 21時19分

野党を育てる、という理念には賛成ですが、この発言はどうでしょう?
新華社はずいぶんと評価しているようですが、私などはこの小沢氏の言葉で「彼は政治家ではなく政治屋」だと確信しました。
>「そもそも、あれ(A級戦犯)を祭るのが間違い。(分祀は)できます。簡単にできます。政権とったら、すぐやります」
矢張り民主党は信用出来ない、というのが現在の見解です。
この問題を書くと長~~くなりますので、今日はここまで。

投稿: ねこっち | 2006年4月11日 (火) 09時48分

>ねこっちさん、

>この問題を書くと長~~くなりますので<

そうですね。長~~くなっちゃいますね。

私はとにかく政界再編をしてほしいという一心で、あんまり小沢の悪口を書かないで、というスタンスでしたが、それでも、考えます。
果たして、大衆は政界再編に一役買う必要があるのか。大衆はただ、自分の考えを率直に述べれば良いだけなのではないか。

こうやってみんなで小沢批判をすれば、小沢さんも民主党もそれを受けて自分たちの姿勢を律することになるのだから、それでいいのではないか。などと考えます。

今朝の「みのもんたの朝ズバ!」というワイドショーにハマコーさんが出てきて、メチャクチャ小沢さんの悪口を言ってました。もう他のコメンテーターが口をはさめないくらい。あのみのもんたがどう突っ込んでいいか戸惑っていたほどでした。

ああいうの見てお茶の間の純情な奥様方はどう思うんだろうか、民主党の支持率下がったんじゃないか、と心配になりました。

たぶん、ねこっちさんも私も、そして世の中の人も、「大衆というものをどう見るか」で、意見が違ってくるんじゃないかと思います。

話変わりますが、その番組でハマコーさんが;
「分祀は靖国の宮司の一存で決まるのだから、私は彼に土下座して頼みました。『どうか分祀してください。そして、分けたものをどこに祀ったかは言えません、で通してください』。この問題の解決方法はそれしかありません。」と言っていました。

この話は初めて聞いたのですが、賢い人だなあと思いました。「それしかない」と。
解決を望むなら、落としどころを捻出しなければなりませんもんね。


投稿: robita | 2006年4月11日 (火) 11時19分

>ととさん、

おぉっとー、レスしてなかった。

体制→ 持続的、統一的な仕組み

態勢→ 一時的、部分的な身構え、対応

だそうです。

民主党はとりあえず「挙党態勢」で頑張ったらどうでしょうか。

ところで、今日のととさんの記事、今読ませていただいたのですが、小泉さんって、何か考えてやっているようには私には見えないんです。いろいろ策を練るほど頭が良いようにはどうしても思えません。「一途」「一念」、そういう気持ちだけでやってて、それが自然にああいう形になってしまっているような気がするんです。でも、実はそういう「一途」や「一念」が一番やっかいなんですよね。

投稿: robita | 2006年4月13日 (木) 10時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 民主党の再生:

« 子供は増えない | トップページ | 党首選 »