« 「美しい国へ」 | トップページ | 慶祝 »

2006年8月31日 (木)

年上の女

娘が勤め始めて数ヶ月。
特別辛いこともなく何とかやっているようだ。
アフター5はなかなか楽しいらしい。
学生時代のグループだけでなく、同期入社の同輩や先輩と食事したり飲んだり、給料のほとんどは交際費で消えてしまうようだ。
でも、良い投資の仕方だなと思う。できるだけ多くの人と知り合い語り合ってほしい。

帰りが遅くなると、駅まで迎えに行き、短い時間だが、世間話などする。
「やっぱり男の人って一度は年上の女の人と付き合わなきゃだめだなあって思う」と娘は言う。
男性を見ていると、みんな良い人だけど、30歳ぐらいでも、どこか幼さが抜け切れないのだと。「年上の女性に鍛えてもらえばもっと大人らしさが身につくんじゃないのかな」
娘だってついこの間まで学生だったし、人よりずっと幼いくせによう言うわとは思うが、自分のことはさておいて、客観的総合的に今の男性を評価するに、そういうことになるのだと言う。

そんな話をしながら十八代目中村勘三郎を思い浮かべた。
勘三郎は、勘九郎時代のまだ19歳ぐらいの頃、年増の(といっても今思えば30代後半の若さであったろう)女優、太地喜和子と付き合っていた。
結婚前で男女関係の機微などまるでわからなかった私はその交際に何か不純というか道に外れた所業のような不快な感じを持った。熟女がうぶな梨園の御曹司をもてあそんでいるような図が思い浮かんだ。

交際もやがて終わり、太地喜和子はその後、海で溺死する。
のちに勘九郎は「彼女には人生のすべてを教えてもらった」と語った。

十八代目中村勘三郎はすごく魅力的な男だそうだ。
人間味に溢れ、飽きさせない話し方に人は惹きつけられると言う。
エネルギッシュで、昔ながらの芝居小屋の建設など、歌舞伎振興のための努力を惜しまない。
きっと「いい男振り」なんだろうと思う。
大人の女に仕込まれた成果なのだろうか。
この場合の「いい男」は、「頭が良い」とか「教養がある」とか「行いが正しい」とかそんなこととは無関係に、人間的面白さや男性として女性を魅了する何かがあるということだろう。

(「大人の男」の話が「面白味のある男」の話になってしまった。これについても思うことがあるがまたの機会に。)

以前、「料亭文化」という記事で、「男が遊ぶこと」によって派生する文化には味のあるものが多い、と書いた。
加えて、そういうところのプロフェッショナルな女性たちの「女振り」にも注目したい。
花柳界や遊郭の女性などによる男の成長は物語などにも見ることができる。
大人の女が大人の男を育てるのだろう、たぶん。
すると、「この若造を男にしてやろう」という「奇特な女性」が少なくなった現代では、やはり、「大人の男」は生まれにくい、ということなのか。

男女同権の世界では、「男が遊ぶんなら、こっちだって遊んでやるわよ。不公平じゃないの」ということになる。

フェミニズムは、だから、正しいことではあっても、「薄っぺら」の印象を免れない。

フェミニズムは嫌い、と言いながら、どうしてもその「薄っぺらさ」を容認しながら物を言うしかないのが現代人のジレンマとも言える。

男が気ままに外で遊んで、女はそれを耐え忍ぶ、なんて構図はやっぱり許されないのだ。

娘には、「それじゃあ、男の子を産んで責任もっていい男を育てなさいよ」と言いたいところだが、残念ながら「いい男」を育てるのはどうも母親ではないようだ。
.

                   よろしくお願いします →  人気ブログランキング 

.

 

|

« 「美しい国へ」 | トップページ | 慶祝 »

コメント

この間、塩野七生さんの「海の都の物語」を読んでいたら
18世紀のベネチアに存在した「奉仕する騎士」という制度の話がのっていました。

曰く「古今東西、出来る男は家庭にいる時間がない」
つまりは当時のベネチアにおいても出来る男は貿易商として世界をかけまわり、または戦場において指揮をとり、家にいる暇はなかった・・で、家に残された妻の相手をするのに
うら若い男性が「奉仕する騎士」として「夫人の身支度にたちあい、今日はどんな服をみにつけるか、宝石はどれにするかなどということに優しく助言をし、婦人が協会のミサにいきたいといえばそれに同行し、散歩するときはエスコートし、食事にもしばしば同席し、サロンでの会話には生き生きと応対する・・」「騎士役をつとめる若い貴族にとっても、単なる無料奉仕の機会だけに終わらなかったであろう。こうも毎日オンナとマジかに接すれば、とかく若者が異性に対していだきがちの無用の幻想から、早々に免疫になれたにちがいないからである」と記述がありました。

これはrobitaさんのおっしゃるところの「年上の女性が男性を育てる」というよりは、若いときに「女性への幻想ではなく実質をしる・・」ということのようでしたが・・

大地喜和子さんは本当の意味での「大人の女性」であっただろうなあと、思います。

私など「夫のように自分本位の幼児性の強い男性は年上の女性だとうまくいったかもしれないなあ」と思っていたので、
(それは、年上であれば男性の幼児性をほめて育てることができるかもしれないから)男性が年上の女性に良い意味で育てられるとなると、その女性自身がかなりの本当の大人でないと、単に若い男性をあまやかし、幼児性を助長するということにもなりかねないですよね?

年齢は人間を成長させるけど、単に年齢を重ねただけで
成長しいていない人もいるでしょう。

だから、単に「年上」というのではなく、「年相応の大人の女性」であれば若い男性を「鍛える」ということも可能かもしれないですね。でも、そういうふうになれる男女は数少ないだろうなあと、両者ともに良い素材でなければ、なりたたないだろうなあ・・と思いました。


投稿: naomi | 2006年8月31日 (木) 20時26分

>naomiさん、
お久しぶりです。
HPは時々拝見していますよ。
naomiさんの文章、とても素敵で好感を持っているのですが、コメント欄がないのが残念。

>「奉仕する騎士」<

興味深い話ですね。おもしろい。

>「こうも毎日オンナとマジかに接すれば、とかく若者が異性に対していだきがちの無用の幻想から、早々に免疫になれたにちがいないからである」

うん、なるほど、とは思うのですが、でも、年を重ねて経験を重ねても、相変わらず、男は女に幻想を抱いていると思うんです。というか、お互いさまで、女のほうも男に対して幻想を抱き続けていて、だからこそいくつになっても人間って「恋愛」ができるんじゃないでしょうか。
「若者の恋愛」と「大人の恋愛」は違う、と言われますが、基本的には恋愛感情は同根ではないのかなあ。・・・いやいや、恋愛経験一回ぽっきりの私が恋愛論などやめておきましょう(笑)。

>でも、そういうふうになれる男女は数少ないだろうなあと、両者ともに良い素材でなければ、なりたたないだろうなあ・・と思いました。<

結局、人間には「もってうまれたもの」が厳然とある、ということですかね。

ただ、記事の中で但し書きで書いたのですが、「大人の男」と「人間的面白味のある魅力的な男」とは違いますよね。

勘三郎は魅力的かもしれないけど、もしかしたら、怒りっぽいかもしれない、わがままかもしれない、とは思います。

naomiさんはTVドラマ「結婚できない男」を見ていらっしゃるかどうかわからないですが、あの中で、30代後半のヒロインが初めてお見合いをします。
その相手は45歳で外見的に芳しくなく会話も盛り上がらない。でも、たぶんとても良い人で、真面目に働いて家庭を大事にする大人の男だと思うのです。
一方で、ヒロインが心惹かれている建築家の男は、皮肉屋で薀蓄ばかりたれて、自分本位で、まわりの善意の人々のサポートによって辛うじて社会的スタンスを保っている、という「お子ちゃま」です。結婚したら奥さん毎日イライラしそう。

で、ヒロインは、お見合い相手には全く心が動かず、「私、ただ結婚したいんじゃなくて、やっぱり恋愛がしたいんだと思うんです」と告げます。
お見合い男性は、微笑みながら「頑張ってください」と言います。 あぁ、良い人だぁ

へそまがりの私は、この二人の容貌・雰囲気が逆転してたらどうなのか、なんて考えます。
目を閉じて想像してみると・・・・、なんだなんだ、やっぱり見た目かよー、なんて思わずお行儀の悪い言葉が出てきてしまいました。わはは。

投稿: robita | 2006年9月 1日 (金) 09時21分

>「若者の恋愛」と「大人の恋愛」は違う、と言われますが、基本的には恋愛感情は同根ではないのかなあ。・

ふむふむ。私が若い頃に想像していたよりは、はるかに「同根」のようです。父が長く入院していたとき、久しぶりに両親とよく会い、話をしたり、またお見舞いに来てくださる方々と話をしたのですが70を過ぎても「人を好きになる気持ち」に変わりはないのだ・・!とその時、つくづく思いました。

>「大人の男」と「人間的面白味のある魅力的な男」とは違いますよね。

ここのところ、自分にとってはどうだろうか??と考えてみました。私にとってはたとえ人間的に面白みがあっても、わがままで怒りっぽい人は「魅力的」ではないと考えました。

「結婚できない男」見てなくて残念。
話題にのぼっていることは知っていたのですが・・

>なんだなんだ、やっぱり見た目かよー

あはは。私はバイオリニストの「葉加瀬太郎」さんが好きなのですが、彼の「みため」はどうでしょう?
もし、写真でしか知らなかったら「すきくない」タイプかとも思うのですが、トーク聞いていると「魅力的」って思ったことあります。

投稿: naomi | 2006年9月 1日 (金) 11時57分

>naomiさん、

葉加瀬太郎ですかァ・・・、外見云々より、わたくしとしては「男性」感じないなァ。
「魅力的なキャラクター」であったとしても、恋愛対象であるかどうかが問題だと思うんですが、naomiさんにとっての理想の男性というのは、「同志」として分かり合えるような人なんでしょうね。
私は例えば、今話題になっている「ハンカチの君」ね、あの子より、駒苫の田中君のほうが魅力的なんですね。そういう女性結構多いと思う。

今、夜中の一時過ぎ。こんな時間にPC開くことはまずありません。
今日は、主人、泊りがけのゴルフなんです。帰って来ないなんてめったにないのでなんだかとっても開放的な気分。
ま、たまにあることだからこそ、そういう気分を楽しめるんですけど。


投稿: robita | 2006年9月 2日 (土) 01時26分

>葉加瀬太郎ですかァ・・・、外見云々より、わたくしとしては「男性」感じないなァ。

あはは、そうでしたか??。私はTVで拝見したときに、そのエネルギッシュな話し方と生き方に男性を感じました。
でも、渡辺謙さんや真田裕幸さんも好きです。
一貫性がないようにも思いますが、説明できないです。
「結婚できない~」のご出演の阿部寛さんには男性を感じません。

>今日は、主人、泊りがけのゴルフなんです。

実は私のところもです。北海道なので2泊です。
のんびりのびのびの週末です。(笑)
もっとも我が家では、全ての祝祭日休日の7割はゴルフなので日常的です。(^_-)-☆

投稿: naomi | 2006年9月 2日 (土) 07時26分

>naomiさん、

>そのエネルギッシュな話し方と生き方に男性を感じました。<

ああそうか。やはり話してみないとわからないのですよね。
やっぱり私も見た目で判断してますね。

>阿部寛さんには男性を感じません<

男というより、少年に近いような淡白な感じがするからかな。

>のんびりのびのびの週末です<

厳しいとか小うるさいとかそんなことはないのに、なんだか主人がいると緊張します。
もっともこの緊張がなくなったらおしまいかも。

投稿: robita | 2006年9月 2日 (土) 14時28分

本題から離れますが、外見と女性からの人気という点で意外に思ったことがあります。それは、横綱・北の湖(現理事長)の人気。

私は、巨人・大鵬・卵焼き(←子供に人気のあるものの例)の向こうを張って、当時、「阪急・北の湖・ソ連」(強いけれど、人気のないものの例)が好きでした。

特に、阪急・北の湖のよさは「女子供にはわかるもんか」、と。そして、新聞もTVも週刊誌も「強いけれど人気は今ひとつの(←本当は「今∞」の)北の湖」と言っていた。やっぱ、大関・貴ノ花でしょう。大関・若島津、横綱・(二代目)若乃花には黄色い声が浴びせられているでしょう、と。

ところが、北の湖が引退してから、私の母親が「北の湖は無愛想だったが、稀ににこりとする表情がよかった」と言った。なぬ? 

また、結婚前に時々、横綱が飲みに行っていた小料理屋の娘さんだった北の湖夫人が、「横綱(=北の湖)は、ホステスさんや芸者さんだけでなく、芸能人や芸術家、大学の先生、お医者さんや会社の女性重役とかからも凄い人気でもてていたから、なんで私の店なんかに時々とはいえ来られるのか不思議に思っていた」と徹子の部屋でおっしゃった。なぬ?

更に、仕事で仲良くなった高砂部屋後援会や花篭部屋後援会の方から聞くと、三保関部屋後援会(←北の湖が所属していた部屋の後援会、多分)では、若い女性ファンは取り立てて多いわけではないが、一角の大人のファンが凄いので、(後援会も頭が上がらない彼女達から)「北の湖と食事をセッティングしてくれ」という依頼を裁くのが本当に冗談抜きに大変らしいと聞いた。なぬ?

要は、北の湖は女子供受けする「巨人・大鵬・卵焼き」ではないものの、さりとて、玄人好みの男性だけが応援する「阪急・北の湖・ソ連」でもなかったということです

失礼しました。

投稿: KABU | 2006年9月 3日 (日) 09時09分

>KABUさん、
私も北の湖はモテる、と聞いたことがあります。
気は優しくて力持ちなところが良いのか、会話が楽しいのか、話しているところを見たことがないのでわかりませんが。
わかる人にはわかる、ということですかね。
でも、ハンカチの斉藤君やヨン様に熱を上げるオバさまたちもいいな、と私は思うんです。
ああいう現象はたぶん「祭り」だろうと思います。本気でどうのこうの思ってるわけじゃなく、ま、一種の「無礼講」とでも言いましょうか。怪我人の出ないお祭り騒ぎ、日本人って健全だなあ。

投稿: robita | 2006年9月 4日 (月) 09時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 年上の女:

« 「美しい国へ」 | トップページ | 慶祝 »