« 民主党にやってもらいましょう | トップページ | 特殊で愛すべき日本 »

2007年6月12日 (火)

優しい人たち

母が入浴のお世話になっている事業所の介護スタッフの人たちは本当に優しくて一所懸命です。
コムスンで働く現場の人たちもきっとそうだと思います。
こういう地味で大変な仕事についている人たちが、激務や低賃金で辛い思いをしないようになんとか制度を整えてください。お願いします。

      お願いします→ 人気ブログランキング

|

« 民主党にやってもらいましょう | トップページ | 特殊で愛すべき日本 »

コメント

本当にそう思います。ぼくは伴侶を26年間介護しました。
65歳以下は介護保険を使えないので独りで介護しました。
辛くなかったといえば嘘になります。

投稿: angelcats | 2007年6月14日 (木) 04時05分

>65歳以下は介護保険を使えないので<

えっ、そんなことはないと思うのですが。
介護保険開始前のことだったのでしょうか。
26年とは気が遠くなるような長さですね。
ご苦労なさったんですね。
なんとなくお若い方かなと思っていたのでびっくりしました。
私の母は今は入院中なので、自宅介護は中断中です。
近く退院ですので、また始まります。今度はまったく寝たきりで喋ることも食べることもできません。
介護保険に頼りつつ、妹と協力してやっていきます。

投稿: robita | 2007年6月14日 (木) 10時52分

65歳以下は特別な15疾病でないとだめなんですよ。
伴侶は膠原病でしたのでだめでした。
伴侶の介護で封印していた作家活動を26年ぶりに
再開しました。(昨年の秋に伴侶は透析中の医療ミスで
亡くなったのです)
最初のコメントの名前のangelcatsが赤い文字になって
いますが、クリックするとぼくのHPに飛びます。
お暇なときにお寄りください。これからもよろしく
お願いいたします。

投稿: angelcats | 2007年6月14日 (木) 20時46分

>angelcatsさん、

>65歳以下は特別な15疾病でないとだめなんですよ<

そうなんですか。
65歳以下でも、私の母のように脳梗塞で寝たきりになると介護保険適用になるんですよね。
大変さは個々のケースで違うのに疾病によって分類するのは何か変ですね。
本を出していらっしゃるんですね。
ご健闘をお祈りします。


投稿: robita | 2007年6月15日 (金) 10時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 優しい人たち:

« 民主党にやってもらいましょう | トップページ | 特殊で愛すべき日本 »