« コレだけなんです | トップページ | 熱 »

2007年6月28日 (木)

つないでください

無党派さんの 「慰安婦決議の意味するもの」を読みました。

【日本のマスコミも、批評家達も皆内弁慶で、日本ではテレビや新聞、雑誌では喧しく言うが、外国での持論を展開した話は前記の石原さんや、ソニーの故盛田さんなどを除いて殆ど聞いたことはない。そう言う私も英語の読解力はそこそこでも、書くほうはさっパリで、英文で書かれた間違いだらけの慰安婦問題の新聞記事やブログなど見ると何度悔しい思いをしたか判りません。】

無党派さんがこう書かれていること、まさに、昨日家族で話したばかり、同じ内容です。

私たち家族が話すことといえば日常のこととかバカ話がほとんどですが、時に、時事問題を語ったりします。
中でも「日本人は何故、外国からの非難や干渉に毅然とした態度で対応することができないのか」については、結論はいつも同じにしろ、よく話題に上ります。

子供の世代(20代)はそんな話題になってもそれほど熱心に意見を言うということはありませんが、われわれ年配世代、つまり、夫や兄や妹たちはこういう話題になると熱が入ります。

従軍慰安婦などという形での軍部による強制連行が本当になかったのなら、なぜ事実でないことを認めて謝らなければいけないのか、なぜそのことを国際社会にうまく説明できる人がいないのか。

戦争中は他の国のほうがもっとひどいことをしていたのだから日本は謝る必要はない、などと言っているのではありません。
事実を検証すること、誰の意図で日本ばかりがいつまでも責められる構図になってしまっているのかということ、事実と違うことはきちんと国際社会に向けて説明すること、これらに真剣に取り組まなければ、いつまでたっても日本人は屈辱感や焦燥感から解放されることはないのではありませんか。

アメリカ在住で、今、母(寝たきりで自宅介護中)の見舞いに来ている兄が言います。
「日本人は外交戦術がない。まず喋れない。たとえば知識人などは国内では説得力のある話し方をするが、外交交渉の場でそれを駆使できる人材がいない。英語だけ喋れてもだめだ。英語力と説得力、これを両方備えていなければ外交はできない。日本はそういう人材を育てる教育をしていない。外交で負けるのは当然だ」

というわけで、結論は「教育」、というところに落ち着きます。

そういえば、例えば中国の人は喋りますねえ。英語も上手ですねえ。いや、中国人だけではないでしょう。日本人だけではないですか。こんなにお喋りが下手なのは。

もし、このことが「国民性」ゆえであるとしても、品格ある説得力を身につけることは教育によって可能になると思います。
お喋りが得意でなくても、言うべきことはきちんと相手に伝わるように言う。
そして、なにより「言うべき言葉(内容)を持つ」、このことが一番大事ではないかと思います。

これはぜひとも教育でやらなければならない、そうじゃありませんか。

もうひとつ;

戦争中のことでいまだに日本を責めているのはいくつかの外国ですが、これらの国の人たちが言うのはまだわかるのです。自国のための外交戦術ですから、そういうやり方もありかなとは思えます。
しかし、解せないのは、国内の左翼の人々です。
この人たちは、数は少ないのに声がやたら大きいため、こういった問題の論点をよく知らない善良な日本人のかたがたはその言説をなんとなく信じてしまう、そのことが私は恐ろしい。

日本人でありながらなぜわざわざ、自国を悪者にして国際社会で窮地に陥らせるようなことをし続けるのか。度し難い。

いや、しかし、こういう人たちは、いても別に構わないのです。そういった反日意見も封じてしまうのは良くないことです。
色々な意見があるにしろ、国としての考えをきちんと対外的に説明して国際社会にわかってもらえればそれでいいのですから。

ですから、やはり、教育を根本的に構築しなおすことを真っ先にしなければいけないんだ、と私いつも言ってるでしょう。

私は家事と介護の合間にパソコンを開くわけですが、ぜひともみなさんに考えてほしい、そう思うからちょっとの時間でもあればこうやって書き溜め、発信しています。
世直しタイプのブログをやっている人は忙しい中みなさんそういう気持ちでやっていると思いますが、普通の主婦が読んでくれるようなブログを運営している者として、どうかみなさん、考えてみてください、と言わずにおれません。

無党派さんのようにいろいろな新聞を読み比べて論点を整理するという作業はできませんが、物事の全体像から判断して、こういうことではないのか、と思うことを書き続けています。

大事なことを次世代につないでいかなければ死ぬに死ねない。
やむにやまれぬなんとやら、ってやつでしょうか。

    

      よろしくお願いします m(_ _)m →人気ブログランキング

この記事はこちらのブログにトラックバックさせていただきました。

「無視しましょう!~愚かな従軍慰安婦決議 」  

「都合の良い時だけ、アメリカ支持に回るな!」

|

« コレだけなんです | トップページ | 熱 »

コメント

robita様。はじめまして。
コメント送信失敗しました。御免なさい。
幣ブログにTB頂き、有難うございました。
仰るような「左翼」のことを「左巻き」と呼ぶ方もおられます(笑)。
彼らは、自分達の主張の正当性を通すためになら何でもやる、という人々です。←左翼陣営が主張してきたことは、今や歴史的にそのほとんどが、正当性を失っていると思うのですが。

投稿: Rover | 2007年6月29日 (金) 18時36分

>Roverさん、

私には検証能力はありませんが、一介の庶民なりに見聞きしてきたさまざまな意見から判断して、左翼の主張は広く受け入れられないだろうなあと思うようになりました。

Roverさんの「非難のための非難をする人たち」 http://3616.at.webry.info/200706/article_13.html という記事にも心より同意します。溜飲の下がる思いです。私も自民党支持者ではありませんし、悪を擁護する気など毛頭ありませんが、Roverさんの仰る通りだと思います。
だから私はいっそ民主党が政権担当してみればいいと思っているのです。 →「民主党にやってもらいましょう」 http://robita-48.cocolog-nifty.com/blog/2007/06/post_56fe.html

投稿: robita | 2007年6月30日 (土) 09時54分

robita様。こんにちは。
現在の日本で、「心底から」自民党支持の人はかなり少ないでしょう。皆BestではなくBetterな政党ということで、自民党を選択しているに過ぎないと思いますよね。

私自身も、民主党が信頼できるのなら政権を任せても良い、とは思っているのですが、今の民主党では…。

社民や共産にやらせてみる、というのも1つの手かな、とは思います。そうすれば、彼らの「オイシイ話」や「耳ざわりの良い」話に引っかかる人は激減するでしょうから。但し、国内は滅茶苦茶になるでしょうが(笑)。

投稿: Rover | 2007年6月30日 (土) 12時17分

robita様
はじめまして、このブログにうん、うん、そう!と思うことが多くて、私も始めました。仲間に入れていただけたら光栄です。今度の選挙は民主党も嘗ての社民党のように「何でも反対の政党になってしまいました。責任ある党になって欲しかったのですが。

投稿: 葉月 | 2007年6月30日 (土) 15時03分

>Roverさん、

>Betterな政党ということで、自民党を選択しているに過ぎないと思いますよね。<

そうですね。

>但し、国内は滅茶苦茶になるでしょうが(笑)。<

国を構築し直す、という観点からいくと、喜ばしいことかも。焦土作戦(笑)。

投稿: robita | 2007年7月 2日 (月) 09時17分

>葉月さん、

はじめまして。
読んでくださってありがとうございます。
民主党も一度政権についてみればいいんじゃないでしょうかねえ。
そして国民もやたら批判ばかりするのじゃなくて、「民主党を育てる」くらいの覚悟で応援してあげれば、民主党も分裂という「血を流す」覚悟を決めるんじゃないでしょうか。
でもそういう政界の混乱がせっかくの景気回復に水をさすんでしょうかねえ。だから「覚悟」は難しいんでしょうか。私にはよくわかりません。
ブログ拝見しました。
産経新聞の情報、これからもよろしくお願いします。

投稿: robita | 2007年7月 2日 (月) 09時18分

こんばんは。
教育についてはrobitaさんのところのように家族で団欒を持って身近な時事問題について語れるような環境であるのが一番効果があるのかもしれないですね。

投稿: コウイチ | 2007年7月 5日 (木) 22時00分

>コウイチさん、

お久しぶりです。コメントありがとうございます。
別に家族で会議するわけじゃないですけど、食事時にニュースなんか見てますと、そんな話になることがあります。
そのせいかどうか、選挙権のある上ふたりの子供は未だ棄権したことがありません。
一度選挙に行ってみれば、その結果が気にもなるし、政治にも興味が湧いてくるんじゃないかと思います。

コウイチさんのブログはちょっと見ないでいると、沢山たまってしまいますね。
「ゴーマニズム宣言9」と「AKIBA」はとても面白かったです。

投稿: robita | 2007年7月 6日 (金) 13時14分

>誰の意図で日本ばかりがいつまでも責められる構図になってしまっているのかということ

誰のの意図でもないですが、そういう意味でいうと、日本政府の意図って事になりますね(笑)
なぜ、日本だけ責められるのか?それは、日本「だけ」が戦後保障をしっかり行ってないからです。だから未だに言われるのです。無責任な政策をとってきたのです。

そもそも、そんな事実はなかった。そういう人たちがほとんどですね。そして、生き証人の言葉すら、捏造だと黙殺する。だからでしょ。じゃ、なければ、彼女たちの話にも耳を傾けてあげてください。
それを、外交戦術って言い切ってしまうのは、どうなんでしょう?


いろいろ読ませていただいていますが、基本、右な考え方ですね。

投稿: 別にサヨじゃないよ。 | 2007年8月17日 (金) 11時16分

>別にサヨじゃないよさん、

コメントありがとうございます。
長くなりそうなので、記事として書きます。
しばらくお待ちください。

投稿: robita | 2007年8月17日 (金) 16時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: つないでください:

» 従軍慰安婦の最近のニュース [ニュース一番館]
ニュース一番館より最新ニュースをお届けします!2007年6月27日のヒトとナリ慰安婦:米下院外交委で可決した慰安婦決議の全文 | Chosun Online | 朝鮮日報; 従軍慰安婦:対日謝罪要求決議案を可決 米下院外交委今日の話題:MSN毎日イ... [続きを読む]

受信: 2007年6月28日 (木) 16時30分

» 従軍慰安婦 [時事ネタあれこれ]
従軍慰安婦商品価格:720円レビュー平均:5.0従軍慰安婦問題で米下院外交委員会が公式謝罪を決議のブログ:従軍慰安婦問題についての米野郎の態度自分の先祖が起こした戦争やねんから それの正義ぐらい信じろよっ 自分の先祖を悪人呼ばわりするヤツはこの国から消えうせろ! ...... [続きを読む]

受信: 2007年6月29日 (金) 04時00分

« コレだけなんです | トップページ | 熱 »