« 熱 | トップページ | 「しょうがない」 »

2007年7月11日 (水)

国政選挙を考える

民主党の小沢代表が、今度の参院選には政治生命を賭ける、過半数をとれなければ政治家をやめる、と発言したそうだ。
長老の渡部恒三さんも同じ気持ちでいるとのこと。

民主党が負けて、代替わりするならば、つまり、次の世代に運営が任されて、党をすっきりした形にできるならば、それは民主党にとって、ひいては国にとって良いことなのではないか。

今のままの民主党であるかぎり、たとえ一時的に政権を取ったとしても、すぐにまた自民党政権に戻ってしまうだろう、というのは多くの人の指摘するところだ。そんなことになったら元の木阿弥で、結局時間とお金の空費を後悔するのではないだろうか。

民主党には良い政治家が何人もいる。彼らをこのままの民主党の中に埋没させてしまうのはなんとも惜しい。
現執行部の手法では(それも現状では仕方がないのかもしれないが)、彼ら優秀な若手の力が存分に発揮されない。渡部恒三さんは若手を応援しているようだ。
有権者の投票行動次第で民主党が変わるかもしれない。
たとえ今より人数は少なくなっても、納得のいく方向性を見せてくれれば国民の支持は得られると思う。民主党を育てたい。

また、自民党について言えば、安倍内閣をあまり小突き回すのはどうなのか、ただの感情論ではないのか、という思いが私にはある。

7/1の朝日新聞に、北海道大学教授山口二郎氏、東京大学教授御厨貴氏、評論家宮崎哲弥氏が「安倍内閣を点検する」でそれぞれ評論していた。

山口さんはただただ安倍さんをこきおろし、御厨さんは「当初は期待したが経験不足が弱み」と言い、宮崎さんの論は冷静だ。

【____純粋に安倍内閣がやってきたことだけを見れば、これほど失点の少ない政権はない、とも言えるのではないか。___略___短い期間に数多くの重要法案を成立させた。外交面でも、靖国問題を封印して中国、韓国との関係を劇的に改善し、アジア太平洋地域でのゆるやかな経済統合にも道筋をつけた。従軍慰安婦問題で米議会を刺激する不手際な発言をしたことが唯一の例外だ。皮肉な言い方になるかもしれないが、後になって振り返ってみると、評価のほうが高くなるに違いない。
それでは、何が安倍政権を窮地に追いやったのか。まず、参院選を席巻するテーマに浮上した年金問題だが、これは何代も前の政権から抱え込んできたカルマ(業)にほかならない。もっとも納付記録の不備は昨年6月の国会質問ですでに指摘されており、政府もかなり前から認識していたはずだ。ことの重大性を見抜く眼力がなかったことは事実だろう。
次に、閣僚人事の失敗である。___略___ が、松岡氏の入閣は小泉前首相からの引継ぎ案件とみるのが順当だろう。農林行政や郵政政局で松岡氏を使いまくったのは小泉官邸であり、その論功行賞が安倍内閣になってからだった、という経緯だったのだ。____略___
安倍首相は、良くも悪くも、小泉政治の遺産をどう引き継ぐかで揺れ続けた。「改革幻想」をどう持続させるか、というのも重要なテーマだった。だが、参院選の日程を当初の想定からずらしてまで公務員制度改革の端緒を開くのにこだわったことには、ひょっとしたら小泉首相を超えるかもしれない改革熱が感じられる。
郵政民営化で大衆の公務員バッシング志向を巧みに利用した小泉氏だが、長年の大蔵族であるだけに、官僚機構の本丸である財務省との対決姿勢には疑問符がつく。それに対し、財務官僚の反対を押し切って法案の処理を進めた安倍政権の「本気度」はかなりのものだ。
参院選後も政権が続いた場合には、秋以降に先送りされた公務員制度改革の本番で、「省あって国なし」の現状を打破し、真の官邸主導の行政を確立する制度を打ち出すことができるかどうかが問われることになるだろう。】

私はこういう冷静な見方をする人が大好きだ。
ある意味「表面的な」失点だけをあげつらって感情的にワーワーわめくのでなく、この内閣の実績や、これからやろうと努力していることをしっかりと見つめる冷静さを持たなければ、以後誰が政権を取っても政治はうまく運ばない。
宮崎さんの意見はいつも冷静で穏やか。視線は優しく時に厳しい。敬虔な仏教徒の品格というものか。

夕方、TBSラジオ「荒川強啓デイキャッチ」というニュース番組をよく聴く。
コメンテーターは右派左派と取り混ぜているようだが、司会のキャスターが左派なので、コメンテーターに左派が来ると、政権批判で大いに盛り上がる。実に楽しそうだ。
聴取者の寄せる意見コーナーになると、さらに宴もたけなわとなり、首相に対するからかいおちょくり侮蔑の言葉に、楽しくてたまらないという風にゲラゲラ笑いころげる。自国の宰相に対する敬意のかけらもない。

公けに悪口を思いっきり言えるなんて政治家ぐらいしかないし、そしてそれはいつの世も変わらないことだが、よほどフラストレーションたまっているのだろうなあ。
もちろん、こういった政治家批判はガス抜きとして大衆には必要なことなのだが、それはそれとして、冷静な人は冷静に政治をみつめたらいいと思う。

なんでもかんでも悪口につなげて、国の全体を見誤らないようにしたいものだ。
単に野党の議席を増やしてやることが野党を育てることになるのかどうか、よく考えたほうがいいと思う。
愛国とはそういうことではないか。

           

        よろしくお願いします人気ブログランキング  

この記事は下記の記事にトラックバックさせていただいています。

Roverさんの「非難のための非難をする人たち」  

single40さんの「やぶにらみ参院選」     http://blogs.yahoo.co.jp/singleandover40/48709307.html

無党派さんの「一党支配からの脱却のために」   

        「国会議員の選び方」   

|

« 熱 | トップページ | 「しょうがない」 »

コメント

民主党は、今回が千載一遇のチャンスでしょう。

それにしても思うのは、民主党はあまりにも短いサイクルで党首が替わりすぎているのじゃないか、と。
選挙に負けたら交代、年金不払いで交代、偽メール問題で交代(笑)と、実にせわしない。そのたびに、同じような人が出てくる。それなら最初から続投しとけよ(苦笑)なんて思ってしまうのですね。

ま、安倍首相もおっしゃるように「再チャレンジ」は良いことでしょう。ね、小沢さん!(笑)

ビジネス社会でいいますと、日本では、一度会社をつぶした人は駄目ですね。米国では、チャレンジして失敗した人を評価します。「何もしなかった人」よりはマシですから。それに、事業とは「運」もあってうまくいくもので、実力だけではないという認識があります。日本は逆に「結果がすべて」という思想なんですね。実力があれば必ず報われるとか、正義は必ず勝つとか。戦後に特有なのかしらん?これは信仰だろうと思います。

民主党は今度は勝利するでしょうけど、勝負は何が起こるかわかりません。仮に負けても、だから辞めるというのじゃ、いつまで経っても「失敗から学ぶ」人は育たないのじゃないか?と思うのです。反省する余裕がない。
もっと長い目で考えないと、なんだか世の中がギスギスするじゃないか、と。一度ダメだったら辞めろという思想は「格差社会」を助長するんじゃないかな。
「負けていいわけ」できるほうが、いい世の中なんじゃないかと思ったりするんですなぁ。(毎度毎度、関係ないお話ですみません)

投稿: single40 | 2007年7月11日 (水) 13時19分

こんにちは。
TB有難うございました。

民主党は、今回のこの状況で政権交代につながるような大勝が出来なければ、永遠に政権与党にはなれないでしょう。
現在のままの民主では、安倍政権への批判票は集められても、積極的に民主支持という国民はそれほど多くは無いかも?と思いますが。
与党を過半数割れに出来なければ、小沢氏はじめ、菅、鳩山両氏も辞任を口にしています。いっそここは、この3人に退いてもらって若手の中から優秀な人たちが出てくる、というような解党的出直しになるような選挙結果になる方が、長い眼で見て民主党のためかもしれませんね。

メディアは年金問題でも、不安を煽るばかりで政府の対策への評価は全く無い等々、報道機関の責任は全く果たしていない状態ですし、政権批判をしていれば「楽に」「イイ格好」が出来るから、訳の判らんコメンテーターどもが活躍する。国民は、それらに惑わされること無く、冷静に考えて欲しいですね。その上での安倍政権否定なら構わないのです。

投稿: Rover | 2007年7月11日 (水) 14時05分

>single40さん、

>それにしても思うのは、民主党はあまりにも短いサイクルで党首が替わりすぎているのじゃないか、と。<

私もそう思うんですよ。なんで「責任とる」ということは「やめる」ことなのかと。
何度か失敗して、これじゃあだめだ、となったらやめざるをえないでしょうけど。

小沢さんの場合は、これまで何度か党を作っては失敗しているので、これが最後、と思っているのでしょうね。
世代交代して思い切った党改革を視野に入れるなら、今度の選挙で自民党を過半数割れに追い込むことができなくても長い目で見ればそんなに悲観することはないんじゃないかと思います。

「負けていさぎよくやめる」「負けて言い訳する」
どっちも良い面悪い面ありますね。要するにまわりの温かい目が必要なんですけど。

投稿: robita | 2007年7月12日 (木) 13時56分

>Roverさん、

>いっそここは、この3人に退いてもらって若手の中から優秀な人たちが出てくる、
というような解党的出直しになるような選挙結果になる方が、長い眼で見て民主党のためかもしれませんね。<

私もそう思います。
民主党はもうだめだ、なんてそんな冷たいこと言って突き放さないでまわりが応援する気持ちを持たないと。

>メディアは年金問題でも、不安を煽るばかり<

これは誰かを責め続けたって解決する問題じゃないんだから、みんなで考えましょう、という姿勢が必要ですよね。そういう提案をマスコミこそがするべきだと思います。
自民党や民主党の悪口を言うだけなら簡単ですよね。
(マスコミは大衆を面白がらせるのが仕事だから無理か)

>国民は、それらに惑わされること無く、冷静に考えて欲しいですね。その上での安倍政権否定なら構わないのです。<

仰るとおりと思います。

投稿: robita | 2007年7月12日 (木) 14時04分

robita様。こんにちは。
年金問題について思う事を、ブログ記事にしてみました。宜しければご一読下さい。
『「年金検証100人体制」について。』です。

*TB差し上げれば良いのですが、TBやリンク方法がイマイチよく判っていないもので(御免なさい)、お手数ですが幣ブログより、お探し頂ければ幸甚です。

投稿: Rover | 2007年7月12日 (木) 17時06分

>Roverさん、

読ませていただきました。
記事に同感です。

投稿: robita | 2007年7月13日 (金) 10時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国政選挙を考える:

« 熱 | トップページ | 「しょうがない」 »