« 銀杏並木が美しい | トップページ | 事の本質 »

2007年11月30日 (金)

「お坊ちゃん政治家の時代」

日下公人さんが執筆者の一人になっているサイトに行ってみた。「『お坊ちゃん政治家』の時代」を読んだ。 

嘘をつかない、金に汚くないお坊ちゃん首相を、国民自身が選ぶ時代になった、という。

記事につけられたコメントの中に「いじめに耐えかねてやめてしまった安倍さん」という風な表現をみつけて、ちょっと考えた。

「いじめに耐えかねて」・・・・、う~ん、これはいったい何だろう。

そもそもなぜいじめる必要があるのだろうか?

安倍さんが官僚組織に手を突っ込もうという意欲を持っていたことは事実だろう。たとえお坊ちゃまだろうが頭が悪かろうが(そのように表現したがる人がいるから)、そのつもりはあっただろうと思う。

で、なぜ、いじめてつっつきまわしてそれを邪魔したのだろう?

政官業癒着構造を変えたくない勢力が首相批判をしてそれを阻止しようとするならわかる。野党が政権与党のイメージダウンを図っているならわかる。しかし、いじめていたのは主にマスコミではなかったのか。
そしてそれに乗っかった国民ではなかったのか。

官僚の汚職に対してマスコミや国民は現に怒っているではないか。

守屋がゴルフやカラオケを業者にねだったと言って怒っているではないか。

省庁の腐敗というのは、個人個人が清廉を心がけても構造自体を根本的に変えないとどうにもならない、ということを耳にタコができるほど聞いている。
天下りをやめられない官僚の問題点もイヤというほど挙げられている。
そういう構造が国民の血税を無駄遣いしていると、連日、いや、ずっと昔から誰もが批判する。

その構造の改革を本格的にやろうとしたのではなかったのか、小泉安倍改革路線というのは。

で、なぜ、その人をいじめて、やめろやめろ、と大合唱したのか私にはわからない。

頭が良くて優秀でも、大改革をやろうという気のない人より、それほど明晰な頭脳の持ち主でなくても国を良くしたいという志のある人を国民が支えればいいのではないか。

もう、復興や高度成長の時代ではないからこそ、やり手政治家でなくても、きれいな政治をしてくれるお坊ちゃん政治家を国民が望んだのだろう。

やり手で志があって豪胆で清潔で、なんて無理だと思うよ。そもそも、国のために命をかけて尽くそうなんて人間をこの国は育ててこなかったのだから。

だから、これから人材を育てる教育も大切だけれども、それが育ち上がるまでは、せめて国民がリーダーを支えるくらいの度量の大きさがなければ、政治は混乱するばかりだと思う。

野党やマスコミが、改革をやろうとする政権を小突き回すのを、なぜ国民は阻止できないのか。なぜ首相を応援できなかったのか。

今になって、「福田さんになって官僚が力を盛り返してきた」などとのんきなことを言う。

私のような主婦には政治というものがわかってないのかもしれない。政治とはそういうものではないのかもしれない。国民はいつもいつも政治に文句をつけるものなのかもしれない。そういうものなのかもしれない。

でも、一連の流れを見ていると、国民はいったい何を望んでいるのかわからなくなる。

単に、人間とは誰かをいじめずにはおれない生き物だ、ということがわかっただけなのかもしれないなあ、と思った次第である。

    

       よろしくお願いします →人気ブログランキング

_______________________

この記事をあちらにトラックバックしようと思ったらもう受付終了になっていた。
もっと早く読めばよかった。

|

« 銀杏並木が美しい | トップページ | 事の本質 »

コメント

 日下公人さんは3年前にとあるセミナーでお呼びしてお話を直接伺ったことがあります。(とはいってもその他大勢のごまの蠅でしたが)
 当時、日本全体が沈滞ムードで自信を失っていた時機に、今世界を席巻している新しい思想や潮流は日本初のものが大量にあり、日本の文化輸出・日本的な思想は世界から評価されつつある。日本の文化輸出は、史上最大規模のものだ。
 サマワでの自衛隊の活動が世界の見本となっており、現地からもっとも評価されている軍隊だ。
 などのお話を伺い、「マスコミから一方的に流れてくる情報との違い」「視点の斬新さ」「納得できる論理構成」に目を見張った記憶がよみがえります。

 個々の意見の中には気になるものもありますが、斬新な視点には良い刺激をいただいています。

投稿: 山本大成 | 2007年11月30日 (金) 11時38分

「正論」屋山太郎
>残念ながら安倍氏の真意を古手の政治家や閣僚が理解していたとは言い難い。「官僚をうまく使うのが政治家の手腕」「官僚を痛めつけてはいけない」と、麻生太郎幹事長も与謝野馨官房長官もいう。官僚と政治家の関係を改めてこそ、民意に沿う政治が行われると知るべきだ。選挙の洗礼を受けない官僚が政治をやるとは言語道断なのである。新総裁はこの道理を自覚して、是非とも公務員制度改革を実現してもらいたい。<

自民党内部ですら、対選挙用に彼を担いだ感が否めないのに
結果があれですからね。

"賢い敵は怖くない 最も怖いのは愚かな味方"

投稿: ルイージ | 2007年11月30日 (金) 12時06分

★山本大成さん、

山本さんはセミナーの企画などにも携わっていらっしゃるんですね。日本人に活気を与えるお仕事、陰ながら応援します。
日下さんの書いたものはほとんど読んだことがないと思いますが、ユニークな発想を持ったかたですね。

>「マスコミから一方的に流れてくる情報との違い」「視点の斬新さ」「納得できる論理構成」<

私も及ばずながら、こういうことに気をつけて情報に接したいと思います。
(あのサイトは日下さんのブログでなく、色々な人によって執筆されている日経のHPのようです。訂正しておきます)

投稿: robita | 2007年11月30日 (金) 13時48分

★ルイージさん、

>"賢い敵は怖くない 最も怖いのは愚かな味方" <

やっぱり政治は「敵とか味方」という構図でしか成り立たないものなんですね。一つの国を良くしようという一点でまとまるものではないのですね。
「敵」や「味方」には色々な場面で色々な意味があると思いますが。
政治は一筋縄ではいかない恐ろしいものなんですね。

「官僚をうまく使うのが政治家の手腕」「官僚を痛めつけてはいけない」と言っておられる麻生さんや与謝野さんが首相になるとうまくいくのであれば、次はこのお二人を応援したいと思います。

投稿: robita | 2007年11月30日 (金) 13時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「お坊ちゃん政治家の時代」:

« 銀杏並木が美しい | トップページ | 事の本質 »