« 謝る謝らないの問題でなく | トップページ | トップランナー日本 »

2007年11月14日 (水)

湯島本郷界隈

秋の一日、娘と東京散歩を楽しんだ。
明治大正昭和初期の和洋折衷の建物が好きなので、湯島の旧三菱財閥岩崎邸にまず足を運んだ。

地下鉄千代田線の湯島駅で降りると、迷うことなく1.2分で岩崎邸に着く。
門を入ってから明治神宮の参道に似た砂利道を上って行くと、写真でよく目にする建物正面の威容が現れ、まずは最初の感動だ。
修復工事中で、足場が組んでなければもっと良かったのに、と思う。

いくつもある部屋の重厚さに圧倒されながら見て歩く時、この家に暮らした人々の幻影を追い求めようとしたが、映画のCGのようには現れず、また想像力も思うように働かず、ひたすら憧れの気持ちだけをつのらせて和館の方へ移る。
子供たちがこの廊下を走り廻って遊んだ日々はあったのだろうか。
お嬢様はこの玄関から馬車か人力車で学校へ通ったのだろうか。
六角形の婦人用応接間では着飾った奥様方が上流の会話を交わしていたのだろうか。
冬の寒い日にはこの暖かそうなサンルームで家族はお茶を楽しんだことだろう。
芝生が広がる庭園ではしばしば園遊会が開かれたに違いない。

こういった豪華絢爛な構築物を見るたび、私は富豪の存在を有難いと思う。
彼らがいなければこんな邸宅は端から建てられることもなかっただろう。
富豪は普通の人々にはできないことをやって見せてくれる。→「富豪のつとめ」
後世の人間はそれを見て胸苦しいような、なんだか泣きたいような感動を覚えるのである。

岩崎邸を出て、横山大観記念館へ。
大観が住んだ家だそうだが、豪華ではないものの、落ち着いたたたずまいの純和風住宅。
門から玄関までの小道や庭も風情があって、心が落ち着く。
せっかく日本人に生まれたのであれば、こんな家に住んで、誰も見ていなくても着物など着て慎ましい生活をしてみたいものだと思う。無理だけど。

お腹が空いたので、近くの老舗中華料理店に入る。
本当は上野精養軒に行くつもりだったのだが、不忍池の向こう側にあり、時間もおしてきたので、そうした。
7階にあって、窓際の席は不忍池が一望に見渡せ、素晴らしい景色で気分は爽快。食べたラーメンは・・・・、ちょっと味が薄かったかな。

そこを出て、本郷方面に向かう。目指すは東京大学。
不忍池方面から歩くと東大はすぐだが、正門は反対側なのでぐるっと一回り。
初めて見る赤門に感激し、娘が恥ずかしがるのにも臆することなく背景に入れて写真を撮ってもらう。

部外者が入っていいものだろうかと守衛さんに確かめると、校舎内に入らなければ自由に散策いただいて構いません、ということだった。親切な守衛さんは、三四郎池に下りる道はいくつかありますが足場の悪いところもありますので足元にお気をつけて、と言葉を添えてくださった。

暖かい日だったが、池のあたりの空気はひんやりとしている。紅葉の始まった木々が美しい。
時折すれ違う人々の会話にハングルや中国語を聞き分ける。留学生だろうか。
歴史の重みが感じられる建物は明治以来のものなのだろうか。京都大学の古びた校舎も魅力的だが、東大も良い。

そしてあの画像でしか見たことのなかった安田講堂の前に出る。これがあの・・・・、そうか、ここだったのか。しばし感慨に浸る。
前の芝生で子供たちが遊んでいた。近くに若い母親たちが立ち話をしている。

さては子供らを東大に入れるつもりだな。
よおし、「○○(娘の名前)の子供を東大に入れようではないか」と高らかに宣言した。
「そんなに張り切らないでよ」と娘は笑うが、お婆ちゃんは本気じゃ。
まだ見ぬ孫に、東大脳を授けてやろう。どうやって授けるのかわからないが、とりあえず、色々なことに関心を持つ子供にするために昔話をしてやったり一緒に散歩に行ったり、簡単な勉強ぐらい見てやるとかそんなことではないか。
好奇心を持つことが「東大脳の基礎」と「ドラゴン桜」に書いてあったぞ。

頑張った者だけが手にすることのできる栄光と飛び切りの勉学環境。
金持ちの子女だけが東大に入れるなんて嘘だということを証明しちゃる。
むふーっ、俄然鼻息が荒くなってきた。
還暦間近にしてようやく負けじ魂が芽生えてきた。いくつになっても情熱はほとばしるもんだ。

まだ見ぬ孫よ、迷惑なんて言うな。ばあちゃん、頑張るけん。

銀杏並木を通って、正門を出る。東京大学よ、しばしの別れだ。

本郷通りを渡って6丁目に向かう。

まだ、続きはあるが、長くなるので、いったんおしまいにする。

      

        よろしければ →人気ブログランキング 

|

« 謝る謝らないの問題でなく | トップページ | トップランナー日本 »

コメント

>色々なことに関心を持つ子供にするために昔話をしてやったり一緒に散歩に行ったり、簡単な勉強ぐらい見てやるとかそんなことではないか。
>好奇心を持つことが「東大脳の基礎」と「ドラゴン桜」に書いてあったぞ。

 なんか、とても良いなぁ!と感じました。
 もしかしたら、娘さんご懐妊ですか?
 そうであったら、「本当におめでとうございます!」
 (勘違いなら申し訳ありません....。)

PS.
 前の記事、論点はもう出そろったと思いコメント欄を見ずにいたら、すごいことになってますね....。
 論点の提示はもうだいたい終わっているので、後は平行線のような気がしています。
 私個人としては、参戦しなくて良かった....。

投稿: 山本大成 | 2007年11月15日 (木) 14時36分

★山本大成さん、

あはは、ああいう書き方だと誤解されて当然ですね。すみません。
娘はまだ就職二年目で、結婚どころか彼氏もいません。
でも子供が沢山ほしい、なんて言うんですよ。

好奇心が「知の始まり」だと思うので、できるだけ色々な経験をさせてやるのがいいと思います。何もお金をかけなくてもできることですよね。
リスクを伴うこともあるかもしれませんが、子育ては「賭け」と心得て親も勇気を奮い起こすことが大事・・・、と、これは私の子育ての反省からきてます(^_^;)
少子化の中でお爺ちゃんお婆ちゃんの役割は重要だと思うので、以前こんな記事も書いたことあります。よろしければお読みください。
そんなに都合よく近くに住むようになるとは思えませんが、地域の人間としてみんなで子育てをする、という意味合いも含めてそういうことを考えています。

>参戦しなくて良かった....。<

そうですねえ、平行線ですねえ。
私としては、そんなに強い主張があるわけではないのですけど、反論を受けて答えていくとああいうことになってしまうのです。

投稿: robita | 2007年11月16日 (金) 10時55分

 BLOG「株式日記と経済展望」で、10月25日のrobitaさんの記事「独立宣言」が紹介されていて、その余波で私の書いた記事「米軍は何故、日本に駐留しているのか?」のヒット数が私のBLOGの通常のアクセス状態を大幅に上回る状況で、昨夜より急激に伸びていて驚きました。
 robitaさんのところはいかがでしょうか?


「右翼も左翼も、アメリカは日本から出て行けと言い、国民の総意とも言える 」株式日記と経済展望
http://blog.goo.ne.jp/2005tora/d/20071118

 

投稿: 山本大成 | 2007年11月19日 (月) 08時35分

★山本大成さん、

お知らせありがとうございます。
今アクセス解析見てみましたが、普段の平均アクセス数は120程度なのですが、昨日は異常なほど少なく、わずか4
でした。
あとでまた、ご紹介の記事もゆっくり読んでみたいと思います。

投稿: robita | 2007年11月19日 (月) 10時44分

山本大成さん、

>>「右翼も左翼も、アメリカは日本から出て行けと言い、国民の総意とも言える 」

これは間違っています。確かに極右と極左はこのように言います。しかし思い返して下さい。アヘン戦争以来、日本の知性と良心を代表してきたのは親米/親西欧派だけです。

近代国家日本は惰眠を貪るアジア人を尻目に西欧化、近代化、啓蒙化に邁進してきました。そして今、日本はオーストラリアなどとともにNATOへの加盟さえ模索しています。アメリカとの関係を切ってはこのような構想は水泡に帰します。極右と極左の意見に従っていては、日本人は暗黒時代に逆戻りです。

良心と知性に基づく限り、日本人はこれからもアメリカ人、ヨーロッパ人とともに世界の運営者であり続けるでしょう。

投稿: 舎 亜歴 | 2007年11月19日 (月) 12時51分

★舎亜歴さん、

コメントありがとうございます。
http://blog.goo.ne.jp/2005tora/d/20071118
     ↑
こちらの記事のコメント欄に私の考えを書かせていただきましたので、お読みいただければ幸いです。

投稿: robita | 2007年11月19日 (月) 13時13分

 robitaさん、
 BLOGの持ち主を通さずコメントを付けた人同士のやり取りになるとBLOGが荒れる元に成る例が多いので、自分自身はそのようなことをしないように戒めておりますが、ご指名でのコメントなので応答させていただき、失礼いたします。


 舎亜歴さん、
>>「右翼も左翼も、アメリカは日本から出て行けと言い、国民の総意とも言える 」

と書いていらっしゃるのは、「株式日記と経済展望」の持ち主である2005toraさんであって、私ではありません。

 私が自分の記事で書いているのは、オリジナルの記事を読んでくださると解っていただけると思いますが、「在日米軍の意味をちゃんと考えて欲しい」「防衛問題をもっと現実的な思考で考えて欲しい」との意で書いているつもりです。

 出来れば私のBLOGの方にコメント下さった方が、元記事の本質から外れる問題でもしも荒れてしまった場合にrobitaさんの大切なBLOGを汚す可能性も低く、ご迷惑をお掛けすることもないと思います。
(掲示板のようなコメント欄の使い方をされていらっしゃるのを望まれているケースもあるようなので、一概に何とも言えないようですが、そんな経緯をたどって荒れてしまうBLOGを幾つか実際に見て、私自身はそうしているとの意です。)


PS.
 robitaさん、私の方は今のところ500ヒットくらいの閲覧数の上乗せがありそうです。

投稿: 山本大成 | 2007年11月19日 (月) 14時48分

★山本大成さん、

お気遣いありがとうございます。

>500ヒット<

すごいですね。
私のところは、いま見てみたら、昨日は普段の倍近くでした。220ほど。
でも、株式日記さんのところからのアクセスは一件だけ。
一昨日は皆無でしたので、山本さんに教えていただかなければ気づかなかったかもしれません。

投稿: robita | 2007年11月20日 (火) 10時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 湯島本郷界隈:

« 謝る謝らないの問題でなく | トップページ | トップランナー日本 »