« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月28日 (月)

「日本人の死に時」

私は40歳で末っ子を産みました。
育てながら、「この子のオムツが取れるまではどうか私を生かしてください」と信仰もないのに神様や仏様に祈りました。
体が弱くて死ぬんじゃないかという不安があったというわけではありませんが、人はいつ死ぬかわかりません。丈夫なように見えても、突然病気になるかもしれないし事故にだって遭うかもしれません。手のかかる乳幼児を遺して私が入院したり死んだりしたら、周りの人に大きな負担をかけることになります。

無事オムツが取れると、今度はせめて幼稚園に入るまではどうか生かしてください、と祈りました。入園式に母がいないのは不憫です。想像しただけで涙が出ます。

無事幼稚園も卒園し、小学校にも入学し卒業し、高校生になると「せめてお弁当は最後まで作ってやらないと、私が死んだら誰かが早起きして作らなければならなくなる」とまあ、こんな調子で、子供の成長に合わせて、節目節目に「通過点クリヤ」をなんとなく意識しながらここまでやってきました。

今は子供たち3人とも成人し、もう思い残すことはない、と言いたいところですが、欲というのはキリがないもので、今度は「娘の結婚式までは生きていたい。娘の最初の子供が生まれるまでは生きていたい。おばあちゃんの助けなしに子育てするのはさぞ心細いだろう」などと余計なことを考えてしまいます。

でもまあ、家族にとって「不便」という点においては、私がいなくなってもそれほど困らないだろうというところまできました。

母の介護が続いていますので、いま死ぬわけにはいかないのですが、それが終わったらもう安心です。

末っ子のオムツが取れるまで、と願っていたのが、よくぞここまで生かしてくださいました。

_______________

「日本人の死に時―そんなに長生きしたいですか (幻冬舎新書  久坂部 羊)」という本を読みました。  

見事なご本です。誰がこの著者の意見に反論ができましょうか。グウの音も出ないはずです。少なくとも私は深く感じ入り納得しました。

要するに「長生きは不幸だ」という考えを著したものなのですが、要約だけでは到底納得できないでしょうから、読むことをお勧めします。

老人が少なくなったり超長寿者を見かけなくなったりしては色々な面でバランスが悪いので、ぜひとも長生きしたいと思う人はそうしたらいい。
しかしおそらく、この本を読めばほとんどの人は意識が変わるのではないかと思います。(あるいは既に承知していることを更に強く確認するでしょう)

そしてその中の半数ぐらいの人はこの考えに基づいた生き方を始めるのではないかのではないか、いや、10分の一ほどの人がそうしたとしても、未来に少し希望が見えてきます。

未来は若い人のものです。
「老人は死ねというのか」と言って若い世代に負担を押しつける自分を鏡で見てみましょう。
「近頃の若いモンは」と文句を言うくらいなら、まずは自ら気骨を示さなければと後期高齢者予備軍の私は思います。

こういうことにこそ、憲法9条の精神を発揮すればよかろうと私は思うのです。すなわち、戦わない、抗わない、ということですわな。「死ぬ時節には死ぬがよく候」であります。

大事なことは、後に何かを遺すことだと思います。
誰もが何かを遺してこの世からいなくなるわけですが、人生でこれという実績もなかった私は言論をたくさん遺していこうと思います。
たいした言論ではないけれど、せめて家族はこれらを読んで何かを感じてくれるかもしれないし、もしかしたら彼らにとって人生が変わるほどの大きな価値を持つものであるかもしれません。
老いたる者はそうやって次世代に何かを遺しながら静かに消えていくのがいいのです。

・・・・・なんて言いながら、よれよれの100歳まで生き残ってたりしてね。

 ________

           
「日本人の死に時」を読んだ上で共感された方はどうか押してくださいませ →人気ブログランキング  
久坂部先生の思いをできるだけ沢山の人に知っていただきたいと思います。

.

| | コメント (14) | トラックバック (1)

2008年4月24日 (木)

どこもかしこもねじれてる

昨日の夕方、TBSラジオ「デイキャッチ」を聞いておりましたら、ゲストコメンテーターの鴻上尚史という人が映画「靖国」騒動についてこんなことを言っていました。
「政治色のある映画に助成金を出すのはおかしい、なんて騒いでいるようですが、全く政治色のない映画なんて面白くもなんともないんですよね。僕だって助成金をもらって作品を作ったことありますが、良い作品に国が助成金を出すのは当たり前のことなんですよ。こういう映画に税金が使われるのはおかしいと抗議する自民党議員はおかしい。」

私はこの問題についてあまり詳しくはないのですが、この人は何か勘違いをしているのではないだろうかと思いました。
この問題は、マイケル・ムーアが自国の大統領をからかう映画を作って面白がるのとはわけが違います。

映画「靖国」は中国人の監督が作り、製作スタッフもほとんど中国人だそうです。日本で作られてはいるけれど中国の考え方で作られていると言ってよいものなのでしょう。
中国の靖国否定を正当化しているとか反日目的で作られているかどうかは、見ていないのでわかりませんが、少なくとも国会議員が、日本の政府出資法人が助成金を出すにふさわしい作品かどうかを見極めるために試写会を要求した、というのはおかしな行動とは思えません。

靖国問題は、ご注進マスコミが種を蒔いて以来、中国の我が国に対する内政干渉問題として長年にわたって我が国をひどく悩ませてきました。

その中国の強弁が有利に働くような映画に助成金として税金が使われるというのなら、我々はそれがいったいどんな映画なのか知る必要があると思います。

日本はとても良い国で、言論の自由、表現の自由があります。
どうぞ、靖国批判でも反日映画でも作ったらいい。しかし、そういうものに税金が使われることには反対する、という簡単な話であると思います。

鴻上氏の、「何を騒いでいるのだ、(助成金は)当然のことじゃないか」という自信たっぷりの意見が放送されて、純朴な人たちがそうだそうだと納得してしまうとしたら、日本の国としてはちょっと困ります。

話変わってチベット問題ですが、善光寺が聖火リレースタート地点を辞退したことや、チベット国旗を掲げようといった静かな抗議行動は良いことだと思います。

でも、日本政府としては福田首相的あいまいな態度で通し、あまりあからさまに中国批判をしないほうがいいんじゃないでしょうか。

私は、靖国問題でさんざん悩まされてきた可哀想な日本を考える時、このチベット問題が今回白日の下に晒されたことは本当に良かったな、と思うのです。

中国が「内政干渉だ」と言い張るその強引な姿勢が、靖国に対する干渉の異様さを浮かび上がらせることになるだろうと思うからです。

まあ中国はそんなダブルスタンダードは百も承知でやってることかもしれませんし、日本に対する高圧的な態度を改めるなどということはないでしょうが、一般中国人はどうでしょうか。日本国内の反日勢力はどうでしょうか。少しでも考えてくれるんじゃないですか。

なにより、世界中の人々が中国のチベット弾圧を知ってしまったのですから、その中で日本が中国に同情的な態度で(というより、オリンピックはオリンピックと割り切って)聖火リレーを淡々とこなすことは、中国に貸しを作ることにはならないでしょうか。日本という国が、中国と違っていかに穏やかで物分りが良いかを見せることは、国益上悪くないんじゃないかと思うんですけどどうでしょう。

それとも、そういう態度が、国際社会では日本の評価を下げる、というなら、ここは、「民族浄化」という国際社会にとっての非常識に毅然たる態度を示すべきなのでしょうか。

何に対して抗議をしたいのかするべきなのか、それを私たちはわかっているはずなのですが、「得をとるか」か「筋を通す」かということになると、何がなんだかわけがわからなくなってきます。

そのわけのわからなさが、近頃の左翼や右翼の主張の複雑怪奇なねじれ現象を引き起こしているのでしょうかねえ。

筋を通すのは、とても難しい。

     
             よろしくお願いします →人気ブログランキング

.

| | コメント (7) | トラックバック (1)

2008年4月18日 (金)

海ゆかば

海ゆかば
水漬く屍
山ゆかば
草むす屍
大君の
辺にこそ死なめ
かえりみはせじ

     大伴家持 作詞
     信時 潔 作曲

________

寝たきりの母に少しでも慰めをと、母が若かりし頃はやった歌のCDを何枚か買って、時々枕元で流しています。
ほとんど反応がなくなってしまった今となっては、聞えているのかどうかもわかりませんが。

戦前戦後の歌謡や、戦中に歌われた戦意高揚ものなどです。

その中に、これは軍歌というのとは違うのでしょうが、私が大好きな歌「海行かば」があります。
鎮魂歌というのでしょうか。
泣きたくなるほど胸に沁みます。

この世は醜い。生きるのは辛い。人間はみなずるくて、他を踏みつけにしないまでも、自己存続のために他者より自分を優先する。だから不幸なことは決してなくなることはない。
なくそうとする努力は必要だけれども、不幸のない世界を信じることは生き方の土台にはならないでしょう。
たぶん、人間はいつまでたっても争うことをやめないだろうし、世界平和は宇宙人が攻めて来ないかぎり実現しないでしょう。

一知半解男さんが『言霊(コトダマ)②「なぜ日本人は契約下手なのか」』と言う記事の中で、夏目漱石の「草枕」を引用した山本七平の文章を紹介なさっています。

「越す事のならぬ世が住みにくければ、住みにくい所をどれほどか、くつろげて、束の間の命を、束の間でも住みよくせねばならぬ。ここに詩人という天職が出来て、ここに画家という使命が降る。あらゆる芸術の士は人の世をのどかにし、人の心を豊かにするが故に尊い。」(夏目漱石「草枕」より)

「人間はきっと、束の間に感動を覚えるためにこの宇宙に配置されたのだ」、私は昔から人間の存在をそんな風に考えていましたけれど、夏目漱石の言葉の意味が同じなのかどうかわかりません。

でも人間は、ただ生まれて死ぬだけのために存在せしめられたのでもなさそうです。

「天皇のおそばに命を投げ出す」ので、「大っ嫌い」というかたもいらっしゃるでしょうが、60数年前、国のために命を捧げたかたがたを想いながらこの歌を聞く時、護憲改憲論議の喧騒が何か遠くにぼやけた景色のように思えてくるのです。

                
           よろしくお願いします →人気ブログランキング

.

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2008年4月14日 (月)

老人vs.非老人

「後期高齢者」という呼称がお年寄りを傷つけるものだということで、一応「長寿」という呼び方に変えたようです。

昭和の激動の時代を生き抜いてこられた心身ともにたくましい方達が、呼称ごときでいちいち傷つくはずがない、いったい誰がそんなことで文句を言っているのだ、と私は思っていたのですが、いらっしゃいました。single40さんのお父上はいたくご立腹の由。→「当然の帰結」

ははあ、私には老人の気持ちがわからないということなのか、ということは、私も還暦とはいえ、まだまだ若者の部類に属するのか、と変な喜び方をしてしまいました。

それはともかく、わが国は大変な時代を迎えようとしてるのはたしかです。

逆ピラミッドの恐怖はひたひたと押し寄せてまいります。

若い世代は高齢者を4人も5人も背中に背負わなければならなくなります。

一方で、お年寄りたちの「医療費負担が増えて大変だ」「何の希望もない」「老人は早く死んでくれというのか」「年寄りいじめだ」という悲痛な声がメディアで報じられます。

しかし、自分の取り分が減ることや、負担が増えること(同じことか)を嫌がっているだけでは何も解決しないのも明らかです。

昨日のフジTV「報道2001」で、その問題が取り上げられていました。

評論家の三宅久之さんが、「こうなったら、国民福祉税でもなんでも導入して広く国民からお金を集めるしかないですよ。それから、徴兵制じゃないけど高校生に半年くらいの介護体験を義務づけるとか、国民みんなでこの問題に対する意識を高めていくことが重要です」と言うと、西川厚生労働副大臣が、わが意を得たりとばかりに「先生のようなかたにそう言っていただくと本当に助かります。私たち行政側の人間がそれを言うと『責任回避だ、国民に負担を押し付けるのか』と言われますから」と答えていました。

たしかに、もう「政治が悪い政治が悪い」と文句を言ってるだけでは事態は良くならないのですよね。

国民の意識改革が一番重要だと思います。

single40さんの記事にありますように「問題は、選挙である。老人は投票率が高いし、そもそも人口も、少子高齢化で多くなるのである。だから、老人に不利な政策を行っては選挙に勝てない。」←このことを若い方々はしっかり認識して、選挙に行ってくださいね。

「選挙」さえなければ良い政治ができる、と思うことがあります。
選挙があるから、不本意なことを言わなければならなくなるし、かといって当選しなければ政治ができないし。

だから、国民が賢くならなければ国は良くならないんです。

最後の一行、「わざわざ損をしたがる者がいるわけがない。当たり前のことである。」というsingle40さんの言葉は、それはそうなのだけれど、この世はテレビのインタビューに出てくる「希望のないお年寄り」ばかりなのでしょうか。

「国の財政が破綻するのは国民にとっての不幸だ」という当たり前のことをちゃんとわかっているお年寄りもたくさんいると思います。

あとさきも考えず目先の自分の利益だけで投票する人がいるなら、世代間地域間の戦争になりますね。

しかし、国内で戦争して何の得があるって言うんです?

「個人の権利」より「国家」が優先する場合もあるってことです。

        

         よろしくお願いします →人気ブログランキング

   

.

| | コメント (8) | トラックバック (2)

2008年4月11日 (金)

「岳」

2004年2月、関西学院大学ワンダーフォーゲル部が福井県の大長山で遭難しました。

全員が無事救助されたものの、「冬山の厳しさへの認識の甘さ」とか「救助のコスト」だとか「みんなに迷惑をかけた」だとかの批判もメディアに載りました。

あの事故の時に思ったことを「青春」という記事に書きました。  

【 何年か前、関西学院大学のワンダーフォーゲル部が遭難したことがあって、無事帰還はしたがあの時彼らに対する評価が二分したのを覚えている。
天候が悪くなるのを予想できたのにも関わらず山に登り、遭難して迷惑をかけた、ということが批判者の言い分だった。

体が回復した部員がマスコミのインタビューに答えて「天候に挑戦してみたかった」という意味のことを言った。
私は、若者の冒険心は「無謀」の要素を大いに含んでいると思うので、「それでこそ若者だ」と思ったのだが、「天候を無視して遭難し、迷惑をかけておいて何という言い草だ」と思った人も多かったろう。

最近、大学の山岳部は部員が激減して存亡の危機に見舞われているところが多いそうだ。厳しい訓練や細かい規則などを窮屈に感じる学生が増えたため、というその理由を新聞で読んだことがある。

危険なことには近づかないのが一番だ、苦しいことは極力避けたい、冒険などして死んだらどうするのだ、だれが責任取るのだ、・・・そういう風潮の中、「悪天候を試したかった」と厳しい表情で語った学生に、私は今の時代めったにない新鮮さを感じた。】

敢えて危険な場所に出向いて死の危機に見舞われるくらいなら、家の中でじっとしているほうが安全に決まっているのですが、「安全」を確保することは鍛錬の場をも失うことでもありますから、人間の悩みは尽きません。

漫画雑誌「ビッグコミック」で愛読している「岳」(石塚真一)が、書店員を中心に漫画好きの有志で選ぶ「マンガ大賞2008」の第一回大賞に選ばれました。

山岳遭難救助ボランティアの物語ですが、なぜ人は山に登るのかという疑問などより、人が死ぬことの軽さと重みを同時に感じながら毎回読んでいます。

         よろしくお願いします →人気ブログランキング

.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年4月 9日 (水)

お受験ママの結末

産経新聞で、ノンフィクション作家久田恵のこんなエッセイを読みました。まずはお読みください。→「子育て終え気付く現実」 
_______

【 実は、どこかでみな「過剰な頑張り」や「過剰な教育費の投入」って、無駄かもしれない、少なくとも「母親である私の人生を幸福になんかしない」と気付いているにちがいない。】

そんな納得の仕方より、「お国に役立つ優秀な人材を一人育て上げた」と思えば、ちっともムナシクなんかならないだろうになあ、と私は思うのですけれど(笑)。

           

   よろしくお願いします →人気ブログランキング  

.

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2008年4月 8日 (火)

歌舞伎町とか九龍城とか

先日、ラジオで「昔の歌舞伎町は汚くて危険だったが、それだけに面白くエキサイティングな街だった。ワクワク感の中で存分に遊んだ。今の歌舞伎町に行く気はしない」というリスナーの発言を耳にしました。

きれいに整備され、治安も良くなった、それはそれで大変喜ばしいことですし、女子供も安心して過ごせる場所を増やしていくのは大いに歓迎すべきことではあるのですが、「それが面白くないのだ」という感覚はよくわかります。

以前東京郊外のニュータウンに住んでいました。
とてもきれいな街で、自動車道路と人の歩く遊歩道とはきっちりと区別されて安全この上なく、植栽は住宅都市整備の計画通りに、並木道は四季折々に住人の目を楽しませ、高齢者事業団の人たちによって団地のまわりは常に掃き清められ、居住棟は白亜に輝いていました。

快適ではあったけれど、その風景や空気が清浄過ぎて、と言いますか、何か面白みがなかったのも事実です。

以前、こういう記事を書きました。 →「昔はもっと薄汚かった」

昭和30年代の猥雑な町の雰囲気、もっと遡れば、終戦直後の焼け跡闇市の喧騒は、惨めな時代の象徴であるにも関わらず、そのつぎはぎだらけの雑然とした空間は今から思えばなんと魅力的だったことか。

冒険で鍛えられる人間が、存分に遊べた時代も今は昔。

不潔より清潔、雑然より整然、不便より便利、危険より安全、貧しさより豊かさ、人間はそのために努力するわけですが、いざ手に入ると、なんかつまんないなあ、って、わがままっていうんですかね、こういうの。

       よろしくお願いします →人気ブログランキング

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年4月 7日 (月)

とりあえずのお花畑の上で

「反転-闇社会の守護神と呼ばれて」(田中森一)という本の書評を某ブログで読みました。

怖いからそっとしておいたほうがいいのでしょうけど、前に書いたことはこういうことではないかと思うので、一応貼り付けてみます。

「特殊で愛すべき日本」 のコメント欄と「人生の転換戦争」という記事にこういうことを書きました。

【この日本はとても豊かで平和で、国民は飢えることなく人権も守られ(他国に比べても大変良いほうだと思います)、おおむね幸せです。
でも、時として、役人や政治家の不祥事が発覚し暗い闇の部分が垣間見えることがある。
その暗く汚い部分を引きずり出してすっかり洗い直そうと試みるや、そこには国の根幹を揺るがす得体の知れない何かがあることに気付いて、いじらないほうがましだ、とあわててフタを閉じてしまう。
汚泥の上の華麗な蓮の群生のような世の中で我々が生きているのであれば、国家崩壊で棄民となることも臆せず根こそぎ綺麗にするその覚悟が我々国民にあるのか。
近代国家というものはどこもこのようなものなんじゃないか。】

【そこに手を突っ込んだら、底のほうに国家の土台が崩れるほどの何かがあるんじゃないか、芋づる式にぞろぞろ出てきて土台までも崩壊してしまうんではないか、などと思います。
もちろんそれは、「正体ともいえる何か特定の勢力」というのでなく、長年かけて色々な要
素が複雑にからみあってできた国の土台そのもの(国家運営のしくみでなく、その更に底にあるもの)であって、そう考えるとこれは「巨悪」などといったたぐいのものではないようです。
でも、表面的に出てくる「悪事と見えるもの」(たとえば今回のような不可解なできごと)とは、結局国自体がそういう土台の上に立っているからこそ、吹き出物のように時々顔を出すんじゃないか、と。

だから、表面的に出てきた「悪事」だけをチョンと切って、我々のお花畑はとりあえず安泰ということにせざるを得ない。】

一般庶民はとりあえず、身の回りの雑事を片付けることなどいたしましょうか。
桜も終わったことだし。

        

       よろしくお願いします →人気ブログランキング  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 4日 (金)

景気づけに一杯!

美容院で読んだ女性週刊誌にこんな記事がありました。

「B型人間は『マイペース』『わがままで気まぐれ』『移り気で興味がころころ変わる』『他人に興味がない』など、欠点を指摘されることが多いが、先行き不透明な今の時代、そういう気質は、言い換えれば『臨機応変』『まわりの意見に振り回されない』『立ち直りが早い』などの長所として、見直されている」

「こつこつ真面目に」のA型、「狩猟民族型」のO型に比べて、「遊牧民族型」のB型人間は、何ごともフレキシブルに対処し、規則遵守の面では間違っていることも、「ルールに縛られるより、その時の合理的判断」をして家族や仲間を守るのだそうです。

血液型性格分類の是非はともかく、B型人間的生き方が求められる時代かもしれませんよ。

とにかく、愚痴と不景気ヅラは不景気を倍増させる。

だいたい、国の政策で不景気って治るもんなんですか。

昨日の朝日新聞の夕刊にこんなことが書いてありました。

【 金利を上げれば政治家が「景気が悪くなる」と怒り、下げたら預金者が「利息を減らす気か」とうらむ。何をしても文句を言われるから、日銀総裁は、果敢に決めなくてはならない 】

これは、どうすれば景気が良くなるのか実はよくわからない、という意味ではないのかなあ、と思います。

「元気を出せ、日本人!」と、ここは言っておきましょう。

「将来不安が・・」とかいう心配はとりあえず置いておいて、少し余裕のある人は今の生活をもっとパァーッと楽しくすることを考えたらどうでしょう。
節約や貯蓄ばかりで人生が終わってしまってはつまらない。

こんなこと言うと「貧しい者の現状を知らないのかっ」と叱られるのが関の山かもしれませんが、お金が廻らなければ景気は良くならないんだったら、廻すしかないですよね。

春爛漫、みんな元気を出して仕事に遊びに恋愛にがんばりましょう。

私も、セールの時に買っておいた桜ワイン、今日飲むんだァ。

       
        よろしくお願いします →人気ブログランキング

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »