« 未来は明るいもんだろが | トップページ | どこで出会うの »

2008年5月23日 (金)

吸い取られる前に

5/22(木)産経新聞 くにのあとさき」】「学力劣化に耐えられず」(湯浅博) を読んで、いったい日本はどうしたらいいのかなあ、と思いました。

「先端技術の講座を持つ主要な大学院では、院生のおよそ半分が中国人留学生に占められているのだという。留学生たちは学業に貪欲(どんよく)だから知識、技術の吸収が早い。彼らが帰国して米国や欧州の留学組に合流すると、世界最強の技術が生み出されることになる。」

こういうのを読むと、外国人留学生を安易に受け入れてもいいのかなあ、と思うし、そんなことを心配するより先に、日本の子供たちを貪欲にさせるにはどうしたらいいかを考えるべきだ、とも思うし。

今朝の産経新聞にも曽野綾子さんが「小さな親切、大きなお世話」でこう書いています:

「教育の荒廃は、戦後の日本で最大の失敗だと思うことがある。今すぐ大手術をしても命を取り戻すのに間に合うかどうかとさえ思えるほど、多くの日本人は不勉強になり、利己主義になった。」

国が生き残るためにはやはり教育が最も重要でしょうから、このことだけは「なるようになる」などと言って楽観視していてはいけないと思います。

しかし、今さら日本の子供たちを、学業に貪欲にさせることなどできるのでしょうか。

フィンランドの教育が優れているから真似すればいいとか、東京都杉並区の和田中学のやり方が効率的だとか、色々なことが言われますが、日本の実情に合わないとか校長の独断が民主的でないとか、これまた色々な批判が出てきます。

ああでもないこうでもないと議論している間にも、中国人留学生にすべて吸い取られてしまうような気がして心配になりませんか。

それとも、中国は日本の技術をただ搾取しているのでなく、協力し合い、共に発展していこうという好ましい構想を持っている国なのでしょうか。

そこのところはわかりませんので、とにかく日本では子供たちに勉強させることからやり直さなければなりません。

教育だけは、民主主義などどこかに置いといて、誰かが「こうすればいい!」と即決してくれないかしら。

         
        よろしくお願いします →人気ブログランキング

.

|

« 未来は明るいもんだろが | トップページ | どこで出会うの »

コメント

そうですね。
二流どころの大学では、中国人がなくては成り立たないのでは?
大学教授になっている友人、去年の同級会での話。
広義の合間、休み時間の廊下は中国語が飛び交っているよ。とのこと。
大学教授夫人の友人から聞いた話。
ご主人は工学系。以前の中国人留学生は偉い人の息子って感じで、取り立てて優秀とは思わなかったけれど、昨今は凄い優秀な子供(学生)が多くなった。食事に連れ帰った学生たちは、奥さんとの会話でも日本語上達のために、しきりと話しかけてきて、日本語の上達振りも早くてびっくり。
少し前にも、優秀な学生をスカウトするために、中国も内陸部へ教授が出向た、とも友人からききました。

かつては、日本人が欧米で必死に学び、今、近隣のアジアから学びに来ている。
ケチらないで、民度アップや文化度アップの一助になったらいいのではないでしょうか。
日本の学生が、豊か過ぎて切迫感がないのが問題ですけれど。

投稿: 街中の案山子 | 2008年5月26日 (月) 16時34分

★街中の案山子さん、

>ケチらないで、民度アップや文化度アップの一助になったらいいのではないでしょうか。<

これを書いた湯浅さんは別にケチってるわけでなく、中国の貪欲さに日本が負けて国益を失うことへの警鐘を鳴らしているんだと思いますよ。もし中国が日本の先端技術をただ搾取しているのでなく、協力し合い、共に発展していこうという素敵な国なのであれば、日本にとっても良いことなのですから、ケチる必要はないでしょう。
【最先端技術であるほど容赦なく、かつ合法的に流出していく】←日本の損失となる頭脳流出と同じようなことですね。

>日本の学生が、豊か過ぎて切迫感がないのが問題ですけれど<

まさにこれを問題視しているわけです。

中国には警戒を怠ってはならないと思いますが(なにしろ共産主義独裁体制ですから)、その他のアジア諸国からの留学生を受け入れ、知識や技術を習得してもらって共に発展することができればいいですね。

投稿: robita | 2008年5月27日 (火) 09時20分

聞いた話ですが、企業の○芝とか○立とかの研究関連部門では、ベトナム人やインド人はいるけれど、中国人は避けているっていう話、耳にしたことがあります。
企業秘密漏れに注意しているのでしょうね。
勿論、○芝と○立の合同会議様なもののときでも、相手企業に余分な情報が漏れないように、資料等の片付けには抜かりはないそうですよ。
そして、日本のグローバルな最先端企業ではアジア諸国の有能な人材なくして成り立たなくなってきているようです。

投稿: 街中の案山子 | 2008年5月27日 (火) 10時01分

★街中の案山子さん、

>中国人は避けているっていう話、耳にしたことがあります。
企業秘密漏れに注意しているのでしょうね。<

知的財産は守らなければね。
ただ、人的交流は大事だと思います。
日本に留学して、日本や日本人の良さを知ってもらえばきっと自国のおかしな点にも目がいくようになるでしょうから。
案山子さんが仰るように「民度アップや文化度アップの一助になる」、というのはその通りだと思います。
以前、こういう記事を書きました。→  「中国人は悪くない」 
お互いに知り合うことが大事。それはきっと中国の現体制にとっては甚だ都合の悪いことでしょうが。

>日本のグローバルな最先端企業ではアジア諸国の有能な人材なくして成り立たなくなってきているようです。<

特にIT産業におけるインド人技術者でしょうか。

投稿: robita | 2008年5月27日 (火) 15時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 吸い取られる前に:

« 未来は明るいもんだろが | トップページ | どこで出会うの »