« 彼の事情 | トップページ | 彼の事情3---両親--- »

2008年6月14日 (土)

彼の事情2

物事が自分の思い通りにならないと人はイライラする。
不景気な世の中では人は暗くなり、不満を腹にためる。

イラつき、ムカついて、
悪口を言ったり、些細なことで喧嘩をしたり、
少しでも得をしようとずるいことをしたりする。

そんなことは誰でも知っているし、
あらためて言うまでもない。

しかし、秋葉原で起きたような大量殺人を、
「派遣労働者の不満の象徴的現象」ととらえるのは間違っている。

これは明らかな異常行動であり、政治の不手際とは別の問題である。
 
派遣労働者に聞いてみると良い、
「自分たちの苦しみを代弁してくれたと思いますか」と。
「よくやってくれたと思いますか」と。

.

        よろしくお願いします →人気ブログランキング

.

|

« 彼の事情 | トップページ | 彼の事情3---両親--- »

コメント

思いません。
(派遣労働者だったりします)

投稿: さじった | 2008年6月14日 (土) 14時01分

この事件に関する掲示板を見てみると「この犯罪に対して同情する余地は無いが気持ちはわかる」との意見もありました。
犯人の親は「大学に進学」を望んでいたようですが、周りに彼の希望を認めてあげ、それにはこんな方法もあるよとアドバイスしてあげる大人がいなかったことが不幸だったと思います。

投稿: M | 2008年6月15日 (日) 10時09分

むかついたりしたら人を殺していいのか!って感じですね。
世の中ちょっとおかしくなってきていて怖いです・・・

ブログ応援していますのでこれからも頑張ってくださいね。
役立つ情報を紹介しています(只今お試し期間中です)
良かったらどうぞ。

投稿: kuma | 2008年6月16日 (月) 13時14分

★Mさん、

はじめまして。

>「この犯罪に対して同情する余地は無いが気持ちはわかる」との意見もありました。<

そうですね。そのように言う人もいます。
でも、それがこの事件について論評する人々の頭の混乱を表していると思います。
「人殺しはいけないが、世の中の生きにくさは事実だ」、という意味だと思うのですが、この2項は分離して考える必要があると思うのです。

まず、「人殺しはしてはならない」。これは法律で禁じられていていますし、犯せばそれ相応の罰を受けることになります。それ以前に人の道にはずれています。

それから、「今の世の中は生きにくい」。これは色々な意見があると思いますが、困窮している人たちの状況がなかなか改善されないことを考えると、「生きにくい」のでしょう。

この二つは結びつけて考えると間違うのですが、それぞれ別の問題です。

だから私は、今回のこの短い記事の冒頭、「うまくいかなければイライラすることもある」と書き、「うまくいかないからといって無差別殺戮を犯すのは特殊な現象だ」と書きました。

>犯人の親は「大学に進学」を望んでいたようですが、周りに彼の希望を認めてあげ、
それにはこんな方法もあるよとアドバイスしてあげる大人がいなかったことが不幸だったと思います。<

それは私たちにはわからないことだと思うのですよ。
もしかしたらアドバイスする人はいたのかもしれません。
本人の性格上、そのアドバイスに耳を傾けることをしなかったのかもしれません。

かりに、何か適切なアドバイスがあって、彼が希望通りの学校なり、職場なりに行くことがあったとしても、そこでまた、「彼女ができない」とか「上司のやり方が気にくわない」とか「まわりのやつらが俺の悪口言ってる」とか、そんな不満をつのらせ、悶々として自分だけの世界に引き込もり、何かのきっかけで暴発したかもしれません。

要するに、彼は狂気の人だということです。以前こういう記事を書いたのですが、お読みいただければ。 → 「脳と犯罪」   

「彼の気持ちはわかる」ということは、自分もそれをしたかもしれない、ということで、そういう人が少なからずいるというのであれば、これはもう派遣工だとか不景気だとか小泉改革の間違いとかの問題なんかではなくて何か別の深刻な問題が起こっていると考えるのが妥当だと思います。

つまり、「派遣労働者で不当な目にあっていたから無差別殺人を起こした」という解釈は違うだろうと思うのです。

投稿: robita | 2008年6月16日 (月) 13時32分

★kumaさん、

はじめまして。
応援ありがとうございます。
よろしくお願いします。m(_ _)m

投稿: robita | 2008年6月16日 (月) 13時35分

★さじったさん、

>(派遣労働者だったりします)<

そうでしたか。
正社員雇用を増やすためには労働者派遣法というのを改正するか廃止すればいいのでしょうか。
早く対策を実行してほしいですね。

Mさんへのレスを読んでいただければと思います。

投稿: robita | 2008年6月16日 (月) 13時37分

いや、改正されたり、廃止されると、失業しちゃいます♪

前から不思議に思っていたのは、
「派遣」と報道されてしまうこと。
「会社員」でいいのに、と思ってしまう。
報道・社会がそういったところに気づかないのが
問題を違う方向へ持っていっているんだと思います。


個人的には、
「ネット社会」という報道も違うのではと思ってます。
自分たちが理解できないものを、
「別社会」として報道し、
「対岸の火事」として自分たちが安心している。
と感じています。
ネット社会であろうが、学校社会であろうが、
いずれも、すでに現実社会の一端なのです。

投稿: さじった | 2008年6月16日 (月) 18時42分

★さじったさん、

>いや、改正されたり、廃止されると、失業しちゃいます♪<

すみません。労働者の権利を守るための法律でしょうから、廃止されると困っちゃいますね。
でも、中身が不備だから諸々の問題が起こっているのだと思っていました。
派遣の人を雇うほうが企業にとって得だから、派遣社員は不当な扱いを受けながらもその身分で働き続けなくてはならないし、悪徳派遣業も成り立つんじゃないんですか。
そして、法律の不備がそういう構図を作ってしまったのだと思っていました。
その構図は直さなきゃいけないんじゃないんですか。
だって、正社員のほうが安定して収入もいいんでしょう?

>ネット社会であろうが、学校社会であろうが、
いずれも、すでに現実社会の一端なのです。<

そうですね。すべて現実にこの社会で起こっていることですよね。
色々な分野(社会)の集合体が大きな一つの社会です。
ただ、人はそれぞれに小さな社会に属しているわけですから、便宜的に「自分の属する社会」という言い方をします。
そして自分の置かれた立場から、別の社会を眺めてあれこれ言うわけです。
そういうもんだと思います。
時々別の立場の人が自分の立場に対して色々言うと「わかってないな」と思ったりするんですよね。
でもわからないのは当然で、人間全てを経験するわけにいかないですから。


投稿: robita | 2008年6月17日 (火) 14時33分

今の派遣法に不備があるのは事実なのですが、
その改正論議に派遣社員の意見が見えてこないのが。。。
いや、実際の社員でなくて、派遣会社でもよいのですが、
その議論の中に見当たらないのです、社員よりの発言。

派遣社員を雇う会社は安く付く、というのは
そういったイメージが先行しているのは事実です。
(実際、実労働系ではそういった感じ)
でも、ソフト業界とかに派遣されている人ってのは、
そんなに大差ないですよ。
かつ、自分の時間をそこそこ大切にできる、気がする。
(自分はソフト業界ではありませんが)

悪徳…、ってどこのことかイメージできちゃいますが、
日雇い系は厳しいですね、実際。
だけど、日雇いで無いとできない派遣系の仕事も
ありますしねぇ。(イベントとかのお手伝い系とか)
どこで、どのように線引きするのか難しいですね。

ただ、どっかの政治家の方が言われていた気がしますが、
「派遣が問題なのでなく、今の仕事のあり方が問題」
のような気がします。

投稿: さじった | 2008年6月17日 (火) 19時21分

★さじったさん、

「派遣社員」というのをひとくくりにするのが間違いなんですね。
「派遣」という働き方が自分のライフスタイルに合っていて満足してる人も沢山いるということですね。

>その議論の中に見当たらないのです、社員よりの発言。<

その人たち、もっと発言すればいいのにね。
今、「派遣 自由 満足」で検索したら、こんなところがみつかりました。 → こちら  

それぞれの個人の立場で、その形態を進んで選択する人も多いことを知りました。

やっぱり問題なのは、その日暮らしのような生活をせざるを得ない人たちの雇用問題ですね。

投稿: robita | 2008年6月18日 (水) 10時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 彼の事情2:

« 彼の事情 | トップページ | 彼の事情3---両親--- »