« 巨象に立ち向かう | トップページ | 63年経った »

2008年7月31日 (木)

エネルギー革命はなぜ起こらないの

石油がこんなに高くなるずっと前から、石油依存の経済構造を変えなくてはいけないとか、大気を汚さないクリーンエネルギーに転換しなくてはいけないとか、さんざん言われてきたのに、なぜ、いつまでたってもエネルギー改革は行われないのか私にはわかりません。

太陽光とか風とか水素とかメタンハイドレートとか、エネルギー源は身の周りにたくさんあるようなのになぜなんでしょう。

先日ラジオでちょっと耳にしたのは;

「実用化するには技術的にまだまだ難しいものがある。しかしこの問題は研究を重ねればクリアできるものだ。問題は、変化を受け入れない日本人の国民性かもしれない。(これはたぶん、太陽光発電装置を取り入れたりすることになかなか踏み切れない、というようなことだと思います)」

もう一人の人が言うには;

「管轄の役所である経済産業省の問題ではないか。この役所自体、企業を保護する役割がある。既存のエネルギー産業を保護する一方で、新しいエネルギーを奨励するという矛盾を抱えてしまう。これは役所の問題だと思う」

ということです。

私も考えますに、革命には痛みが伴うのでしょうから、石油から他のエネルギーに移行する過程で、産業界にひずみが生じ、それが我々庶民の生活に影響してくるとなると、なかなか思い切ったこともできないのかなあと思います。

「革命」は我々国民の覚悟があって初めて実現する、と言えるのかもしれません。

もう一つ、アメリカが、日本のような技術先進国の代替エネルギー開発を妨害する、なんていう話も聞きます。石油業界が打撃を受けるからということで。
それ、本当なんでしょうか。
本当だとしたら、具体的にどのような妨害の仕方をするんでしょうか。
「新しいエネルギーの開発なんかしたら、ただじゃおかねえからな」とかなんとか恫喝するんでしょうか。

具体的にどんな言葉で脅すのか、日本のどんな弱みを衝いてくるのか知りたいものです。

日本はその弱みを克服できるのでしょうか。

まさか、「アメリカの言いなりにならない」とか「言うべきことをちゃんと言う」とか「毅然たる態度を取る」とか、そんな単純で抽象的な言葉を羅列していれば済むという話ではないとは思いますが。

.   

      いつもありがとうございます。 少し順位上がりました 人気ブログランキング

.

|

« 巨象に立ち向かう | トップページ | 63年経った »

コメント

同感です。
石油のように偏頗に分布しているものに引っ掻き回されることがなくなれば、どんなにいいか。
中東などの産油国では、ただ石油が出るというだけで超お金持ち国、石油がないということで、莫大なお金を支払わねばならない・・・。むむむ、悔しいじゃありませんか。
太陽光発電とか、風力発電とか、代替燃料とかを、日本の技術革新でドンドン効率化して、産油国をギャフンと言わせたーい。
なんて、浅はかな夢かしら。
自動車会社も、風向きが変わってきたようですし、今の原油高騰が代替エネルギーへの転換のチャンスかも。
技術立国日本!と影ながら応援しています。

投稿: 街中の案山子 | 2008年7月31日 (木) 22時12分

★街中の案山子さん、

>むむむ、悔しいじゃありませんか。<

そうなんです。クヤしいです!

>産油国をギャフンと言わせたーい<

言わせたいです。

>技術立国日本!と影ながら応援しています。<

影ながらじゃなくて、声を大にして言っていかなくてわっ。

こういうことをもっともっと発言してまいりましょう。

一人ひとりが「クヤしい!」とか「何とか変えなくては」とか思わなければ何も変わりませんから。

投稿: robita | 2008年8月 2日 (土) 09時39分

robitaさん、

世界のエネルギーは基本:

1.石油系
2.石炭系
3.原子力系(電気)
4.水力系(電気)
5.ガス系
6.その他

簡単に、安全にもって運べるエネルギーで大量に対応できているのは石油系(ガソリン、ジェット、ディーゼルなど)です。日本では液化ガス系の車が走っていますが、日本以外では流通網が確立されていません。

電気を溜めて、車を走らせるにはもっと新しい技術が必要です。

その他のエネルギー源は持ち運びができない、場所に依存する、など問題が多い。

これまでの石油コストは税金を持って高くされてきました。ビジネスが投資して新しいエネルギー源を作るには、税金によるコスト高ではなく、今見られているように、市場がコスト高を作る環境が必要です。

このまま、$100/バロンレベルが維持されれば、10年以内に石油に代わるエネルギーと流通網が作られると思います。

政府や政治がメインになって新しいエネルギー源はつくられません。だから温暖化を使った政治は悪い結果のみを作ります。

MikeRossTky

投稿: MikeRossTky | 2008年8月 2日 (土) 21時32分

★Mikeさん、

私はこの頃よく思うのですが、私たちはそもそもエネルギーとは何なのかよくわかっていないために、リサイクル無用論や京都議定書の理不尽さが理解できないんじゃないかと。

私も頭を少し整理するために、エネルギーについて、こうじゃないかと自分が思っていることを書いてみます。

今の世の中、ほとんどのものが「電気」で動いています。その「電気」を作るための燃料(エネルギー資源)というものが必要なので、石炭、石油、天然ガスなどの化石燃料のほか原子力がそのために使われます。

これらを使って、「電気」が作られ、それがあらゆる機械を動かすための動力として使われます。(自動車や飛行機は直接石油で動きます)

「電気で動く自動車」も、その電気は燃料を使って作られるので、どっちみち石油(または原子力)は消費されます。

例えば「水素」はエネルギーになると言っても、エネルギーとして使用可能な状態にするためには莫大な電力が必要で、そのためには「石油」はどうしても必要になる、ということになります。(以前  「日本が夢の技術先導」  という記事で書きました)
たしかに、物質=エネルギーですから、物質であれば何でもエネルギーに転換できると言えます。でも、そのために「燃料」が必要だということなんですね。

・・・・というのが、科学に弱い私の頭で考えたことなのですが、間違いでしたら直してください。根本的な理解をしてないかもしれません。

で、石油を使わずに発電するとなると、原子力以外だったら、太陽光が一番効率的ではないでしょうか(あくまでも印象ですが)

だから私はわからないなりに太陽光発電をもっと研究してどんどん推進すればいいじゃないかと思ってるんです。
水素エネルギーだって、太陽光を利用して安価に作れるようになるかもしれません。
(水素は物質の中で最も分子が小さく、どんな容器もすり抜けてしまうので、今のところ仰るように運搬や貯蔵が極めて難しいとのことですが)

>市場がコスト高を作る環境が必要です。<
>このまま、$100/バロンレベルが維持されれば、10年以内に石油に代わるエネルギーと流通網が作られると思います。<

こういうのが私にはよくわからないのですが、石油が高値を続ければ、自然に代替エネルギーに転換していくだろう、ということですか?

>政府や政治がメインになって新しいエネルギー源はつくられません<

エネルギーのような社会の根幹に関わる問題に国家戦略は必要ないのでしょうか?
仮に市場が勝手に動くとしても、肝心の人材は勝手に育つのでしょうか。
代替エネルギーの研究開発には、科学的頭脳の育成が不可欠です。

二酸化炭素排出をできるだけ抑えなければいけないとして、私たちは日々さまざまなエコ活動に励んでいるわけですが、エネルギーがどのようにして私たちの生活に供給されているのかの基本がわからなければ、自分たちがやっていることの意味も理解できず、なんだかアクセルとブレーキを同時に踏んでいるのではないかという不安にかられてきます。
武田邦彦さんの「環境問題はなぜウソがまかり通るのか」は読んだのですが、私にはまだまだわかりません。
続編も読んでみようかと思っています。

投稿: robita | 2008年8月 4日 (月) 10時10分

Robitaさん、

<<たしかに、物質=エネルギーですから、物質であれば何でもエネルギーに転換できると言えます。でも、そのために「燃料」が必要だということなんですね。

私の理解も同様です。問題はいかに効率的に、経済的に物質からエネルギーを作り出して、そのエネルギーを流通させるかです。電気や石油製品は現在流通の面では効率よく、経済的に行われています。昔は石炭がアメリカの大都市では直接ビルの地下室に運ばれる流通システムがありましたよね。今ではそれが無くなり、石炭が幾ら安くても、庶民が使える形では使えなくなり、発電所などでしか使えなくなっています。

<<太陽光が一番効率的ではないでしょうか(あくまでも印象ですが)

太陽光の問題は:
1.夜は発電できない
2.日中も強い日差しや大洋発電の基盤を動かさないと効率が高い形での発電ができない
3.場所を沢山使う
などです。

今有る電気の流通システムでは電気を貯める事ができません。だから、雨が降ると、太陽光からエネルギーを得ていた消費システムに対して石油や原子力から供給が必要です。ある記事では太陽光システムの発電量の90%を石油や原子力でバックアップしないと太陽光は使えないと読みました。

水素は安価に作れるかも知れませんが、安全に保管・流通させるのが難しいのでは?でも今、何万台もの車がガソリンタンクを積んで走り回っているわけですから…

<<こういうのが私にはよくわからないのですが、石油が高値を続ければ、自然に代替エネルギーに転換していくだろう、ということですか?

はい。石油のコストがあがれば、他のエネルギー源が経済的に有効になります。誰も、高いコストのエネルギーを無理して使うことはしないでしょう。

<<エネルギーのような社会の根幹に関わる問題に国家戦略は必要ないのでしょうか?
仮に市場が勝手に動くとしても、肝心の人材は勝手に育つのでしょうか。
代替エネルギーの研究開発には、科学的頭脳の育成が不可欠です。

戦略は必要かも知れませんが、石油・石炭・原子力と民間で行っていますよね。太陽光を推進するために税金で補助していますが、補助はコスト転換しただけで、実質経済的に使えないエネルギーを作っている事になります。政府はこのような矛盾を作っているので、頭脳を持った人ががんばっても、政府から補助金が出なければ製品化できない環境を作ってしまいます。

<<二酸化炭素排出をできるだけ抑えなければいけないとして、私たちは日々さまざまなエコ活動に励んでいるわけですが、エネルギーがどのようにして私たちの生活に供給されているのかの基本がわからなければ、自分たちがやっていることの意味も理解できず、なんだかアクセルとブレーキを同時に踏んでいるのではないかという不安にかられてきます。

なぜ、二酸化炭素排出を意識する必要があるのでしょうか?明かりを消すと電気代が減る。その分、貯金や他の物を消費することができる。これで良いのでは?二酸化炭素と言う言い訳は必要なのでしょうか?
私は二酸化炭素による温暖化は微々たる物だと思っています。自然の力が温暖化をひきおこしていて、人間は自然に同調するだけでよいと思っています。地球は炭素の塊のようなものです。二酸化炭素は公害ではなく、自然な物質です。

人間が自然を無視して対応に動くと、経済が壊れ、物価が上昇して問題が起きます。今の社会ですね。もっと素直に現実を受け止めて、経済的効率を高める事を個々に行えば、自然と新しいエネルギーは開発され、流通手段も作られ、社会はより良い環境を得る事が出来ると思います。

MikeRossTky

投稿: | 2008年8月 5日 (火) 07時36分

★Mikeさん、

>今有る電気の流通システムでは電気を貯める事ができません。<

電気は余れば捨てられているそうですね。

>誰も、高いコストのエネルギーを無理して使うことはしないでしょう<

ちょうど今朝のNHKで、京セラと三洋電機が太陽光発電システムに力を入れ始めたというニュースをやっていました。
政府がやるべきことはこういうものが普及しやすくなるようにすることなんですね。

>地球は炭素の塊のようなものです。二酸化炭素は公害ではなく、自然な物質です。<

私もそのように理解しているのです。
地球に存在する物質の割合がそんなに大きく変わるとは思えず、産業革命からたかだか200年くらいの人間の活動が、この大きな惑星の物質の組成を大きく変えるほどに影響しているのだろうか、という素朴な疑問も持っています。

ただ、(局地的な汚染は別問題でしょうが) 中国の汚れた空気が日本を直撃するのはとても迷惑ですけどね。
それから、暑さ寒さを少しも我慢しない人たち(特にアメリカ人)には、もっと自然環境に対応する体を作らないと、環境でなく、人体という内なる方向から滅びが始まるかもしれませんよ、と忠告したい。


>私は二酸化炭素による温暖化は微々たる物だと思っています<

昨日から武田邦彦教授の「環境問題はなぜウソがまかり通るのか 2」を読み始めたのですが、すごく面白いです。
・海面水位の上昇はIPCC(地球温暖化研究の国際機関)の資料に基づいて計算すると、30年でわずか11センチ。日々や季節の潮位の変化に比べてあまりに小さい。
・温暖化を心配する人たちはこのまま二酸化炭素を排出し続けると地球は100年後にどうなっているか、と盛んに言うが、一方で、石油はあと30年で枯渇するとも言う。
 30年で石油がなくなるのなら、石油による100年後の二酸化炭素排出量は心配する必要がないではないか。
・京都会議で決まったことはほとんど意味がない。バカを見たのは日本だけだ。

まだ少ししか読んでいませんが、これだけのことがわかりました。

私が一番言いたいことは、豊かで便利な生活をあきらめる気などないであろう人間が、「人間の活動が地球を壊す」として活動を制限しようとする矛盾に気がつかなければいけない、ということです。

いずれにしても、安価なエネルギーの開発には大いに力を入れていただきたいです。

投稿: robita | 2008年8月 5日 (火) 10時22分

突然のご連絡失礼いたします。
『“My”アフィリエイト』 と申します。
私どもはNTTコミュニケーションズが運営するアフィリエイトサービスです。
http://www.my-affiliate.com/

ブログランキンAグのカテゴリー上位サイトとして幸か不幸か専業主婦ブログ様を拝見しまして、
是非ともご紹介差し上げたい広告主様がおりご連絡させていただいております。
成果報酬内容の詳細や、提携方法等ご案内差し上げたく存じますので、
よろしければ以下メールアドレスまでご返信くださいませ。

affiliate-p@ntt.com

以上 よろしくお願いいたします。

投稿: NTTコミュニケーションズ | 2008年8月 6日 (水) 17時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エネルギー革命はなぜ起こらないの:

« 巨象に立ち向かう | トップページ | 63年経った »