« 無責任とは | トップページ | 首相はこうすれば良かった »

2008年9月 6日 (土)

ブチ切れた

当ブログでは、「惻隠の情」 から始まる昨年9月のいくつかの記事は、安倍さん擁護の論立てになっている。

そして、今回の福田さんの辞任に関しても、私は擁護論を唱える。

表面的な現象だけを見て、浅薄に好き勝手なことを言いたくないからだ。

この二つの事例を比べてみると、「唐突に辞任した」という点と、衆参ねじれの行き詰まりがそもそもの原因というところは共通しているが、首相の心理は大いに違っていると思う。

安倍さんの場合は、病気のまま続けることはかえって多大な迷惑をかける、とのぎりぎりの判断だったと思うが、福田さんの場合は、ある意味「ブチ切れた」とも言える。single40さんが、「首相は短気な性格だ」 と書かれたが、それは事実だろう。

でも、その後、晴々とした顔で、「ぜひ国民がわくわくするような、そしてエネルギーに満ち溢れた自民党を多くの皆様に見せてほしい、そのように思っております。私の総裁としての最後のお願いでございますけれども、この際徹底してやっていただきたい」と両院議員総会で挨拶し、その通り、自民党内が戦いに向けてアドレナリンが噴出し「いざ出陣じゃあ!」みたいな雰囲気になってきたのをみると(政治記者によると本当にそのような盛り上がりを見せているそうだ)、福田さんは、あれを言うために辞任したんじゃないかとさえ思えてくる。

たしかに自民党の支持率は上がり、民主党はかすんだ。

総理はあの後、ぶらさがり会見にも応じず、ひたすら自分の存在を消そうとしているようにも見える。

「それじゃあこうしてやる。見てろよ」と次の展開を用意してから「ブチ切れた」、そんなことだったんじゃないかなあ。

「そんな政界闘争は国民のことを考えていない証拠ではないか」という批判はちょっと待っていただきたい。
国民目線になろうにもなれなかった状況が続いていたのではなかったのか。

.

          いつもありがとうございます →人気ブログランキング

.

|

« 無責任とは | トップページ | 首相はこうすれば良かった »

コメント

ブログに記しておくことは、そのときの自分のスタンスを着少しでもあるから、振り返るときにも、役立ちますよね。
その時々の政権のあり方に文句をつける立場はとりたくない、というrovitaさんの見識には頷けるところがあります。
でも、私的には、安倍さんにしても、福田さんにしても、担ぎ上げるときのやり方が、いかにも、「彼を選んでおくと、まずまず無難」というか、あとからこちらの力も考慮してもらえる的な、体質だったように思えるのです。
そして、政治家家系育ちの彼らも、政治ってそんなものだ、親たちがやってきていたことを、踏襲すればやっていけるものだ、そういう身に着け方のように、見えてしまうのです。…まったく素人考えでしょうか。
ねじれ国会だから「今首相になるって貧乏くじじゃないですか」と、つい本音を口にする、直前まで自分が立候補するつもりでなかった福田さんを適任のリーダーだったとは思わない。次の総裁選任が群雄割拠の様相を帯びてきたこと、福田さんの辞任が保守党の自民党に、こんな場を提供したのだとしたら、これって功績かもしれません。

投稿: 街中の案山子 | 2008年9月 7日 (日) 09時02分

★街中の案山子さん、

案山子さんは「この人に総理大臣やってほしいなあ」という人いますか?

私は、思いつくどの人がなっても「挫折し、苦悩の表情で退陣する光景」がありありと浮かんでくるのです。

民主党の一部を陣営に引き込む、という工作活動を始めている人がいるなら、その人は何かをやる人かもしれません。

>直前まで自分が立候補するつもりでなかった福田さんを適任のリーダーだったとは思わない。<

歴代の首相には色々なタイプがいたと思います。
真面目にこつこつやるが根回しの苦手な人、汚いこともやるが大胆な荒技を仕掛けられる人、国民に熱っぽく訴えて高い支持率を維持し信念を通す人など、これらのリーダーのタイプがその時々の政治情勢社会情勢とマッチしていれば政治はうまくまわるのかもしれませんねえ。
福田さんは、こういう状況下で首相には適任ではなかったのかもしれません。というかNO.2の位置で価値ある人材なのでしょう。
請われて総裁選に立候補する時、貧乏くじではあるが「これを受けなければ政治家になった意味がない」と思ったそうです。
だからきっと政治家生命を賭けたのだと思います。

投稿: robita | 2008年9月 8日 (月) 09時03分

素人考えではありますが、私は福田さん辞任時の有力候補も、民主党の党首も、なってほしい人ではないのです。
だから、いましばらく魅力的ではないなー、と諦観しながら傍観、でした。常に国民選挙で1票入れる権利しか持っていませんが(笑)。
でも、ここにきて事情が変わって、まんざらでもないのだと、思い直しているのです。
勿論、自分などと比べるものではないのは、分っていますが、安倍さんも福田さんも、例えば子供時代、リーダー格タイプではなかったのではないでしょうか。大人しい構成員、真面目なひとりだったのでは…、なんて勝手に想像していました。後ろ盾があって、急に光りだしたタイプなのではないでしょうか。ちなみに、麻生さんは、お金持ちの坊ちゃんで、(ドラえもんの)スネ夫タイプで、いじめられっこだった、と本人がどこかで言っていました。
リーダー役が好きだからと言って、好人物とは限らないのは、当然です。でも、気質的に、常に人のこと、周りのことを考える癖、のようなものは、人の気質としてあるのではないかと、そう思うのです。
40年50年の人生を経てきて、リーダーとして適任だとされている人、いるような気がして、今度の総裁選、興味深いです。

投稿: 街中の案山子 | 2008年9月 8日 (月) 13時03分

★街中の案山子さん、

>安倍さんも福田さんも、例えば子供時代、リーダー格タイプではなかったのではないでしょうか。<

今日の記事にも書きましたが、こういうタイプの人が総理大臣になる時代なんだと思います。

>今度の総裁選、興味深いです。<

私もこんなに沢山の候補が名乗りを上げることを興味深く見ています。
と言いますのも、今の国会運営の困難の中、安倍、福田両首相の苦労をつぶさに見てきて、こんなに割りのあわぬ仕事に率先して就こうという議員がこんなにいるということはすごいことじゃないかと思うからです。
もちろん、売名行為ということもあるでしょう、あとで候補者が2・3人に収斂されていくまでの総裁選を盛り上げるためのパフォーマンスでもあるでしょうが。
福田さんが辞めたのは、福田さん自身に問題があるというより、自民党という組織の限界がそうさせている、と考えるほうが正しいと私は思っているので、そんな断末魔の状態にある自民党の総裁に名乗りを上げるのは、「最後の将軍」になる覚悟でもなければやらないでしょう。

たぶん麻生さんになる、という可能性が大らしいので、その時点で、構造改革路線の人たちが自民党を割って出て、新党を立ち上げるだろう、と週刊誌で読みました。
いよいよ維新が始まるのでしょうか。

投稿: robita | 2008年9月 9日 (火) 15時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブチ切れた:

« 無責任とは | トップページ | 首相はこうすれば良かった »