« 報われる社会 | トップページ | 根深汁 »

2009年1月12日 (月)

今やるべきこと

産経新聞に時々載る「昭和正論座」を読むと、歴史は繰り返すものだとつくづく思う。

「昭和正論座」は、同紙上で今も連載の続く「正論」欄の35周年を記念し、「当時掲載された珠玉の論稿を再録」したものである。

1月4日の≪会田雄次「窮境を生かす日本人の力」≫(昭和50年1月4日)など、今の時代に置き換えても何の違和感もない。(いずれネット上に収録されると思います)

「日本人は窮地に陥った時こそ、底力を発揮して乗り越えてきた。目先のことにあわてず騒がず、知恵を振り絞ることが求められる」という論旨だ。

_____________

不況でみんな大変な思いをしているが、それでも、「不満ばかり並べるのでなく、今なにをするかが大事」「こういう時こそ仕込みの時」という声も多く聞かれる。

派遣労働で気ままな生活を送ってきた人たちにとっても、きっとこの事態は考える良いきっかけになっただろうと思う。

「気ままな生活」という表現に怒りを覚える人もいるかもしれないが、工場労働者でも、結構良い給料を取りながら賄い付きの寮に住んでいるので、貯蓄はできたはずだという指摘もある。解雇のその日から食べるのにも困るというのは、いかにも危機管理がなっていない、という他はない。

「何かあった時のために蓄えておく」、この大切さが身に沁みてわかったことだろう。その意味では、この危機は良い経験になったのではないか。

日比谷公園の派遣村に集まった「日雇い派遣」の人たちには貯蓄は無理であったろうから、この範疇ではないが。

人間は危機や不幸を経験して反省したり強くなったりするのだから、今のこの時期も、我慢しつつ、どんな手を打てばいいのか考えることが最も大事だと思われる。

それにしても、定額給付金はそんなに強硬に推し進めるほど効果的な経済対策なのだろうか。
国民の7~8割が反対しているものを政府がごり押ししようとしているのにはもちろんわけがあるのだろうが、これは「国民のほとんどが反対していても正しいことを信念をもって推し進める」という類の政策ではない。
自民党自身もやりたくないし、やってもさほど効果はないだろうことがわかっているのにやめるわけにいかない、そういうばかばかしいいきさつがある。
(まあ、「日本国のため、絶対に民主党に政権を渡すわけにいかない」、という強い信念のもと、連立維持のために歯を食いしばって頑張っているのかもしれないが)

国民自身は、個人としては給付金はほしい。私もお金はほしい。
しかし、「国のため」になるかというと、そんなことはないだろうから「個人的には欲しくてもこの給付はやめてほしい」と国民が言っているのである。7~8割の国民が。

なぜ支持率が落ちるようなことをわざわざするのだろうか。
「連立」のためにはこうするしかない、のだろうか。
民主党に政権が移ることを危惧しているのなら、もっと別のことを考えたほうがいいと思う。

.

          いつもありがとうございます →人気ブログランキング

.

|

« 報われる社会 | トップページ | 根深汁 »

コメント

-「気ままな生活」という表現に怒りを覚える人もいるかもしれない-
はい。私、怒りを覚える口です(苦笑)。
気ままじゃあ、ないのです。
多分、恋人を見つけるのにも、不利でしょう。
将来、家庭をもって、持家で暮らす、なんて、贅沢な想像でしかない、と思っているのではないでしょうか。
やっている仕事は、時間単位だから、寝たり、食べたり、そして少しの休息時間以外は、仕事。
例えば、弁当を作ったり、うどん粉をこねたり。こんな仕事は多くは深夜に派遣の人たちがやっているのです。
もっと、不自由でもいいから、深夜にそこまで働いてもらわなくてもいいのに…、そんな思いを時々持ちます。自分とは関係ない、と思われるかも知れませんが、便利に暮らしている今の生活が、思わぬところで派遣の低賃金労働によっているのです。

投稿: 街中の案山子 | 2009年1月14日 (水) 12時38分

★街中の案山子さん、

>便利に暮らしている今の生活が、思わぬところで派遣の低賃金労働によっているのです。<

派遣労働にかぎらないことですが、私たちの便利で豊かな生活が表にあまり出ない人々の努力によって支えられているということを私たちは想像しなければいけませんね。例えばこんなの→「幸せなあたたかさ」  今関係ないのでこれはこれで置いておきます。

「気ままな生活」というのは、根拠もなく書いたのではなく、実は我が家の長男が派遣労働者(工場労働)の友人から聞いている話です。
「自分たちは20万円ぐらいの月収がある。食事付の寮に住んでいるから、貯金はしようと思えばできる」ということです。でも稼いだ分趣味のこととか何とかに使ってしまうのでしょう。
不況下で正社員になれなくて仕方なく派遣労働をしている人が将来不安を覚えることについては良い政策に期待したいところですが、そのこととは別に私が言っているのは、解雇された途端、一文無しになってしまうのはおかしいでしょう、ということです。

投稿: robita | 2009年1月14日 (水) 13時38分

〈あなたは民主党の政策を知っていますか?〉

例えば…外国人参政権(在日朝鮮人などに参政権を与える)
⇒日本人にとって不利な法律ができる危険性がある、日本崩壊

・マスコミが伝えない麻生総理の実績
・定額給付金とは?
・派遣村の真実
・民主党の正体

詳しく知りたい方は、
「国民が知らない反日の実態」http://www35.atwiki.jp/kolia/まで

スペースお借りしました。

投稿: | 2009年1月17日 (土) 21時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今やるべきこと:

« 報われる社会 | トップページ | 根深汁 »