« 根深汁 | トップページ | ちょいと江戸まで »

2009年1月21日 (水)

鼓舞

先日、ラジオで宮台真司教授が「オバマさんは、閣僚にそれぞれの分野での最高の人材を揃えている。これほどの選りすぐりの専門家で固めれば、失敗してもオバマさん自身が悪いということにはならない。素晴らしい采配ですね」と褒め称えていた。
なんだか変だなあ。
ひとりで責任を負わないためにそういう閣僚人事を行ったという風に聞こえるのだけど。

オバマさんは「アメリカの抱える諸問題を乗り越えるのは容易なことではない。短期間ではできない。アメリカ国民が心を一つにして立ち向かわなければならない」というようなことも言う。そしてその言葉にアメリカ人は熱狂する。

ケネディ大統領もそうだった。「あなたがた国民が国のために何ができるかを考えてほしい」と国民の協力を求め、国民は興奮して支持した。

日本では「国民も努力してほしい」なんて首相が言おうものなら、「責任を国民に転嫁するのか」なんて反発がくるんじゃないだろうか。

おおそうだ。小泉さんがいた。「みんなで頑張ろう。痛みに耐えよう」と言ってくれたものだ。国民は大いに支持した。

結局、「だまって俺についてこい」がいいとか「みんなで頑張ろう」がいいとかの問題でなく、リーダーの言葉からどれほどの熱意が感じられるかという問題なのかな。

経済政策なんて、どういうことをしても、好転するか悪化するか、それは人の気持ちに左右されるものだから、絶対的なものではなく、やはり、「頑張ろう」と、たとえ言葉でだけでも鼓舞することは良いことなのかもしれない。

行政経験のないオバマに大統領が務まるのか、とか、オバマは演出に長けた詐欺師だ、などという意見も少なからず聞こえてくるが、熱意が感じられるだけでもいいんじゃないか、と思えてきた。

人間は、理想を語るべき時には語らなくてはいけない。熱っぽく語られる未来の展望にしばし酔いしれるのもありだろう。醒める時には醒めるものだ。

何はともあれ、日本も景気回復しなければ雇用問題も改善されないので、世界中に影響力のあるアメリカにできるだけ早く立ち直ってほしいものだ。

みんなでオバマ大統領を応援しようではありませんか。

.

       いつもありがとうございます →人気ブログランキング

.

|

« 根深汁 | トップページ | ちょいと江戸まで »

コメント

>>オバマさんは、閣僚にそれぞれの分野での最高の人材を揃えている。これほどの選りすぐりの専門家で固めれば、失敗してもオバマさん自身が悪いということにはならない。素晴らしい采配ですね<<

誰が大統領や首相であれ、こんなことは絶対にありません。最期に責任を持って判断を下すのは行政部の最高責任者です。そもそも優秀な人材をそろえるのはどの国のどの政権でも当然のごとく行なっています。

最高指導者が政策のどの分野にも精通しているということはあり得ません。オバマ大統領の当選には金融危機という幸運がありました。主要争点がテロとの戦いなら、まずマケイン氏に勝てなかったでしょう。人には得意・不得意があります。

指導者の力量が問われるのは、自分よりできる人物の意見をしっかりと咀嚼しながら、かつスタッフの間の意見の違いを調整しないといけません。そのうえで、自らの信念を持って最終決断を下さいないといけません。

英国エコノミスト誌もジョン・ボルトン元国連大使もこのことを強調していました。TBを送ります。

宮台教授にはきつく抗議した方が良いですよ。リスナーをなめるなと。そうしないと高名(あるいはタレント化した)先生方は出鱈目ばかり言います。

投稿: Shah亜歴 | 2009年1月22日 (木) 21時54分

宮台さんで思い出しました。
彼は以前、こういうことを言っています。
日本に今もしなんかあったら、僕は日本の首相よりクリントンさんを頼りたい…、という台詞。
その時の日本の首相誰だったかなー?森さん?

日本がアメリカの州の一つだったら、領土と人口、経済力の大きさからいって、相当数の選挙人が割り当てられるから、…、なんて類の話もついていたようだけれど…。

彼、着ぐるみを着て映っていたり、女学生のセーラー服姿が趣味とか、飛んでる知識人でしたから。

それにしても、日本の首相、トホホ。

投稿: 街中の案山子 | 2009年1月23日 (金) 15時10分

ああ、世界一の借金王なんて自称していた小渕首相だった。

投稿: 街中の案山子 | 2009年1月23日 (金) 16時45分

★Sha亜歴さん、

>最期に責任を持って判断を下すのは行政部の最高責任者です <

そうですよね。
国民一人ひとりに責任があるとし、国民に協力を求めるオバマさんの姿勢は間違っていないとは思いますが、為政者の頭としての責任は閣僚に分散されるものではないですね。
ラジオ局にきつく抗議するようなことでもないとは思いますが。

投稿: robita | 2009年1月23日 (金) 17時45分

★街中の案山子さん、

私はよく宮台さんの話を書きますが、ラジオで聞いてると、なんかヘンだなあと思うことが多いもので。
もちろん、良いこと、同意できることもたくさん仰いますが。

>僕は日本の首相よりクリントンさんを頼りたい<

あの人は民主党贔屓なんですよ。で、ブッシュが大嫌いなの。

>彼、着ぐるみを着て映っていたり、女学生のセーラー服姿が趣味とか、飛んでる知識人でしたから。<

結婚してずいぶん落ち着かれましたね。

>それにしても、日本の首相、トホホ。<

私も麻生さんのやっていることが良いのか悪いのかわからないのですが(評価している人もいます)、麻生さんというより、自民党自体トホホなんじゃないかと。なんで割れないのかなあと思います。
離党した渡辺喜美さんのことを、独り相撲扱いする人もいますが、ポリシーがはっきりしているだけ良いんじゃないかと私は思うのですけどね。

>世界一の借金王なんて自称していた小渕首相だった<

森さんもそうでしたね。


投稿: robita | 2009年1月23日 (金) 17時50分

Kaku-san,

オバマは演出に長けた詐欺師です!

アメリカの大統領なのでサポートはします。でも政策には失敗して欲しいです。と、言うか失敗しているように思えます。

これほどハネムーンが短い大統領は初めてでは?

娘は4月から幼稚園。なぜかお受験成功しちゃったので大学までエレベーターになりそうです。娘が大きくなった時に誇れるアメリカが残ってれば良いのですが。

MikeRossTky

投稿: MikeRossTky | 2009年2月 6日 (金) 23時12分

★Mikeさん、

私はkaku-sanではないのですが、
選挙戦の頃、すでにオバマへの熱狂は懸念されていましたね。今も大統領職の難しさが連日報道されます。
でもまだ支持率は高いですね。

お嬢様合格おめでとうございます。
入園式楽しみですね。桜は咲いているでしょうか。

投稿: robita | 2009年2月 7日 (土) 13時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鼓舞:

» 本当にチェンジしたのはアメリカでなくオバマ氏である [グローバル・アメリカン政論]
バラク・オバマ次期大統領は彼の政権の人事配置を殆ど完了している。これは尋常ならぬ [続きを読む]

受信: 2009年1月22日 (木) 21時58分

« 根深汁 | トップページ | ちょいと江戸まで »