« 38℃ | トップページ | 映画は一人で »

2009年2月25日 (水)

歯車の一つだって

去年、こんな記事書きました。→「見ろよ青い空白い雲」 

若者が将来不安に陥るのは、今の不況では仕方がないかもしれませんが、悲観ばかりしていても気分は好転しないので、発想転換してみましょうか。

今、末息子が就職活動中です。まだ3年生なので本格活動に入ってはいませんが、背広着て就職相談会なんかに出かけています。

自分がどんな仕事をやりたいのかはっきり固まっていないのでしょう、いまひとつどう踏み込んでいいかわからない状態のようです。

「自分がどういう仕事に就いてどのような自分になりたいのかはっきりしないのなら、『自分』は取り合えず置いといて、いっそのこと国のために働いてやろうか、と思ってしまうのも一つの手かもしれないね」と息子に言ったことがあります。

「国のためというのは政治家や役人になることばかりでなく、小さな会社で、特に自分に合ったことでなくても、やりたいことでなくても、そこに勤めてその会社を発展させるために働く。そうすることがひいては国のためになるんだ、と考えることができれば、立派な志だと思う。そしてそれは結果的には自分の利益となるんじゃないの」と。

その時、息子は何を思ったか突然、「クレヨンしんちゃん オトナ帝国の逆襲」の話を始めました。

このアニメーション映画は私も感動した覚えがあるのですが、息子が内容を話すのを聞いて、「そうか、息子は私が言ったことと映画のこの部分に共通点を見たのだ」と思いました。

しんちゃんの父親ヒロシの回想シーンはぐっときます。

≪ひたすら会社のため、家族のために働いた。そこには「自分」はなかった。
 でも、そのことが自分を自立させ、幸せをもたらしてくれた。≫

以前、評論家山田五郎が「自分探し文化のせいで(社会が)こんなになっちゃったんじゃないかと思うんですよね」と言っていたことがあります。
豊かになれば自分探しをしたくもなりましょうが、それでは世の中うまくまわらなくなるんでしょうね。

一昨日の産経新聞「ウェブ立志篇」(梅田望夫)には共感しました。私が息子に告げたこととは少し違うけれども、悲観論を吹っ飛ばすような力強いアドバイスだと思います。

パブリックに徹してみるのも、恵まれた先進国に育った若者の特権と考えたら、ちょっとばかり未来が楽しく見えてくるかもしれません。

.

             いつもありがとうございます →人気ブログランキング

.   

|

« 38℃ | トップページ | 映画は一人で »

コメント

梅田望夫さんの、若者へのメッセージ、すがすがしいですね。
「ウェブ進化論」(?)だったか、茂木健一郎さんとの対談の新書本で、巻末に、それぞれ母校(彼は慶応義塾)の若者に講演した内容が掲載されているのですが、聞き手として会場にいる若者だったら、さぞワクワクするだろうな、と思ったものです。
私は、その場の聴衆でもなく、年をとりすぎているし、聡明でもないので、羨望のまなざしを送るだけですが…(笑)。
せめて、現在の若者の足を引っ張らないで、背中を押す役割をすべきですね。

投稿: 街中の案山子 | 2009年2月26日 (木) 11時56分

★街中の案山子さん、
 
梅田さんの「予測不能な未来楽しめる強さを」、素晴らしいメッセージですよね。
案山子さん、きちんと読んでくださるので貼り付け甲斐があります(笑)

>母校(彼は慶応義塾)の若者に講演した内容が掲載されているのですが<

そうですか。その部分だけでも是非読んでみたいです。

>せめて、現在の若者の足を引っ張らないで、背中を押す役割をすべきですね。<

そうですね。とりあえず私は自分の子供に対してできることを考えていきたいと思います。もちろんその中には「放っておく」という手も含まれていますが。

投稿: robita | 2009年3月 1日 (日) 12時56分

はじめまして。幸と申します。どうぞ、よろしくお願いします。

実は、コメントするのは慣れていなくてドキドキしています。
ブログ自体も、あまり読んだことがありません。こんなに素敵なブログが存在していたのですね☆

私も(結婚当初から)専業主婦をしています。
まわりでは、結構珍しいです^^;

主人は今まさに、しんちゃんの父親ヒロシです。
私より10歳年上なので、42歳です。
その彼がこの間、なにげない会話の中でふと、「働くってこういうことなんだって、やっとわかった。」と言いました。
妻の私には、彼が置かれている状況がわかるので、その言葉はとっても深く聞こえました。
42歳でやっと?ではなく、42歳の彼だからこそ、言えた言葉なのだと思いました。

かつて、サッカーの中田選手(当時)が、しきりに自分のため自分のためと言っていましたが、私にはどうしても、彼が幸せには見えませんでした。
当時、世間ではスーパースターでしたが。

私の主人が今、幸せなのかどうかは判りませんが、少なくとも私からは輝いて見えます。
私たち親子にとっては、スーパースターです(^^)

投稿: 幸 | 2009年3月 6日 (金) 01時16分

★幸さん、

はじめまして。
素敵なコメントどうもありがとうございます。

>かつて、サッカーの中田選手(当時)が、しきりに自分のため自分のためと言っていましたが、私にはどうしても、彼が幸せには見えませんでした。<

いやー、そう言われればそうですね。
現役時代の中田選手は、サッカーファンでもない私にも素晴らしい人材のように見えました。
サッカーは言うまでもなく、頭も良くて勉強もできた、語学も堪能、外見もカッコ良くて女性にももてる、もう非の打ち所のない才能あふれる人でした。
それでも自分探しの旅人になって以来、世間の評価が変わってきて、何か精彩を欠いているという印象を私も持ちました。

>42歳でやっと?ではなく、42歳の彼だからこそ、言えた言葉なのだと思いました。<

仰る通りだと思います。
自己実現というのは、それ自体を目的化すべきものではないんですね。
分相応に小さな共同体の中で責任を果たすこと、あるいは分不相応に壮大な夢を描いたとしても、それは自分のためというより、もっと大きな共同体のための仕事だと考えればそれほど悩まなくても済むんじゃないかと思います。
そういう意気込みが結果的に自分自身に自立の精神と幸せをもたらす、とヒロシも梅田望夫さんも教えてくれているんじゃないでしょうか。

可愛い奥さまの賞賛の眼差しに、旦那さまもますますパワーアップなさることでしょう。
お幸せに。


投稿: robita | 2009年3月 6日 (金) 10時24分

自分探しにも様々な形態があると思います。サッカー引退後の中田英寿やバックパッカーの若者のように世界を放浪するのはその一つに過ぎないでしょう。

>>>しんちゃんの父親ヒロシの回想シーンはぐっときます。≪ひたすら会社のため、家族のために働いた。そこには「自分」はなかった。でも、そのことが自分を自立させ、幸せをもたらしてくれた。≫

これも自分探しの一つだと思います。しんちゃんの父親だって、独身時代は自分の夢や野心と会社でのつまらない仕事のギャップに悩んだかも知れません。家族を持ち、自分なりに考えた末の結論だったのでは?あるいは考える余裕もなく、ただ我武者羅に働いた末の結論なのかも知れません。

世の中にはもっと凄い自分探しもあります。チャールズ・ダーウィンは一切の職に就くことなく、ただひたすら生命の研究に打ち込みました。貴族で地代収入があり、妻も資産家だったからできたことです。あの進化論はこうして生まれました。

人生色々、自分探しも色々です。願わくば全ての人がその人にあった自分探しをできる社会を作れるとよいのですが。ただ、完全なオタクでは自分探しになりません。どんな形でも他人様や外部世界と関わらないと自分は発見できません。

ともかく息子さんも納得のゆく自分が発見できると良いですね。

何?頑張ったけど見つからない?その時にはご心配なく。名医を紹介しましょう。手術後には超人的な頭脳と体力で思いは何でもかなえて・・・・。少しコワい世界です。

投稿: Shah亜歴 | 2009年3月22日 (日) 12時35分

★Shah亜歴さん、

>人生色々、自分探しも色々です<

そうですね。

>どんな形でも他人様や外部世界と関わらないと自分は発見できません。<

そうですね。これが一番大事だと思います。

>ともかく息子さんも納得のゆく自分が発見できると良いですね。<

ありがとうございます。
今の若者は「自由」な分、かえって気の毒だなと思うこともあります。
早くから情熱をもって極めたいことが見つかったり、才能に抜きん出ている人はそれほど多くはなく、ほとんどの人が、若いうちからこれというものを見つけるわけでなく、「自由なんだから、さあ、自分でみつけなさい」と励まされても困る。
だから、真面目な子ほど、就職試験の際の「志望動機」に真剣に悩んだりするんだろうなあと思います。

投稿: robita | 2009年3月23日 (月) 11時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 歯車の一つだって:

« 38℃ | トップページ | 映画は一人で »