« 昔ばなし | トップページ | 田母神効果 »

2009年3月31日 (火)

キャラクターが気に食わない

久しぶりに 無党派さんの記事を読んで、私たち国民は政府与党がどんな対策を打っているのかもっと冷静にみつめるべきだなと思った。

たぶん、麻生さんを支持しない国民の多くは、「あの人が嫌い」程度の気持ちしかないんじゃないだろうか。

私自身も、天下り問題に消極的だったり、ポリシーのない定額給付金問題やらで、麻生さんに不信感を持っていたのだが、そういったこと以前の「あのキャラクターが嫌い」というのが大きいような気がする。

今は何より国内景気対策が優先されるべきなのだろう。そのためには、古い体質に逆戻りしつつあるように見えることにも少し猶予の気持ちが必要なのかもしれない。

嫌いな人でも、経済を立て直す実力のある人なら、支持したほうが国のためになる。

「好き嫌い」で政治家を選ぶこともあるけれど、貧乏が続けば、好きな人でもずっと好きでいられるかどうかわからない。

恋愛や結婚に似てるかもしれない。 ・・・・ちがうか(笑)

.

                 いつもありがとうございます →人気ブログランキング

.

           

|

« 昔ばなし | トップページ | 田母神効果 »

コメント

「目くじらを立てる」ような話なのですが。
昨日の麻生首相のぶら下がり記者会見で。
(4月上旬のミサイル打ち上げ関連で)北朝鮮への経済対策をお考えですかとの質問に対して。

麻生首相:まだ打ち上げがあったわけではないでしょ。そんなことは打ち上げが実際にあってから考えること。やってもいないときに考えるのは時期早々…、のような返答でした。

うーん、「打ち上げしないように、警告」の意味でのメッセージってこともあるのになー、と思いました。あまり刺激してはいけないからと熟慮しての対応って感じではないのです。
麻生さん、記者の質問に、今度はうまく切り返したぞ!
記者にやり込められてたまるか!
そんな風に察せられるのです。
あんまり、イジメられてばかりいると、目の前の人との対決になってしまい、多くの視聴者に対する見解の発表じゃなくなっている。なんだかねー、です。

そして、もう一つ。
テレビを見ているといろんな国のトップのリーダーとしての意見発表に接するのですが、麻生首相の会見って、ときには目が泳いでいるように見えたりします。
話の中身を伝えることより、差しさわりなく会見を終えることに重点があるように…、勘ぐりすぎ、目くじら立てすぎ、かしら。
麻生さんを責める気はありません。
麻生政権をよしとしている自民党の現状を憂うるものです。

投稿: 街中の案山子 | 2009年3月31日 (火) 15時54分

★街中の案山子さん、

私、案山子さんと同じような感想を持っています。
>今度はうまく切り返したぞ!記者にやり込められてたまるか!<  
そうそう、そんなことにばかり気を使ってる感じがします。
首相の貫禄がないんですね。「いたずらっぽい、少年のような」というのとは全然違って、なんだか「小物」感まるだし。私の知るかぎり歴代総理でこんな軽い人物はいませんでした。ちょっと言いすぎかな。
こういう感想持つのは、私たちが女性だからでしょうかねえ。
ただ、景気対策が的を射たものであるならば、その足を引っ張ってはならないと思いますし、野党のほうも、日本のためになることなら協力し、反対ならきちんと対案を出して国民に選ばせてほしいですよね。

ついでに言うと、千葉県知事に選ばれた森田健作さんも、軽い感じがしてならないのです。やたらに威勢ばかり良くて、首相や都知事に面会した時の大仰な挨拶の仕方がわざとらしくてイヤ。
麻生さんも森田さんも「自己アピール」の道具として政治を利用してないでしょうね。心配になります。そりゃあ、男の人は、大なり小なり名誉欲というものがあって当然とは思いますが、「自分」の部分があまりに肥大してしまうと良い仕事はできないと思います。

投稿: robita | 2009年4月 1日 (水) 15時38分


森田知事、千葉県にはこの人しか居なかったのでしょうか?
騒がしいパフォーマンスは昭和の青春ドラマ内だけにしてもらいたいですね。他県の事ゆえあまり口出しはしたくはないですけど、あまりにもナサケナイ話なので・・・・。
都知事や大阪の橋下知事等々と比べるにはあまりにも桁違いだと思いますよ。


ダガシカシ、野党連合の支持者を打ち破った功績は大いに評価します・・・それが唯一の功績とならないように、これからの仕事に期待するしかないですね(笑)。

投稿: トトロ | 2009年4月 8日 (水) 12時18分

★トトロさん、

>都知事や大阪の橋下知事等々と比べるにはあまりにも桁違いだと思いますよ<

そうですねえ。この二人には、なにはともあれ、嫌われたって構わないんだ、というような、意志の力がありますね。高い支持率の後ろ盾はありますが。
橋下さんは、「テレビカメラの前では人格が変わる」と言われるくらいパフォーマンスの派手な人ですが、森田健作さんのように嬉しくてはしゃいでいるのではなく、戦略としてやっていると思います。
森田さんにはあまり期待はしないですけど、かといって、森田さんに投票しなかった人々が「それみたことか」と言いたいがために、失敗を期待するような風潮にならないようにしてほしいです。
県の立ち直りは日本にとっても良いことですものね。

投稿: robita | 2009年4月 9日 (木) 13時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/30899/28891830

この記事へのトラックバック一覧です: キャラクターが気に食わない:

« 昔ばなし | トップページ | 田母神効果 »