« 民主主義で決まった | トップページ | 反骨と協力 »

2009年5月26日 (火)

信頼を得るには

10日ほど前に、私の記事がある人気ブログに紹介されて、今まで経験したことがないほどの膨大な量のアクセスがあり、沢山の方々が共感して応援クリックしてくださった結果、当ブログが人気ブログランキングの1ページ目に載りました。

しかし1週間が過ぎると、その投票分は消え、元の基礎得票分に戻りつつあります。いっとき、良い気分にさせていただきました。ありがとうございました。

ブログを始めたのが2004年7月2日だから、もう5年近くになります。
個人的な日々の軽い記録でなく、社会問題について主に書いているので、結構時間をとられ、もうやめようかと思ったことも何度もありました。

社会問題に対する提案や、次の世代へ是非言い残しておきたいことなど、この日本という国の良さを引き継いでいくために少しは貢献できるのではないかと、なるべく多くの人に読んでいただきたく、人気ブログランキングにも参加して、一生懸命書いてきました。

多くの人の支持を得る記事を書くのはなかなか難しいものですが、なるべく頑張って更新するつもりです。

ネットによって広がる共感は社会をより良く変え得る、そう思うから、多くの人がブログや掲示板を使って意見を述べることに熱心なのでしょう。

述べた意見は批判にさらされることもあります。

そのことによって、学習したり、考えを修正したり、あるいは信念ゆえ合意に至らなくても、他の考え方を尊重する、という態度を磨いて行くことが重要だと思います。

自分の考えと違うからといって、軽蔑の態度をあらわにすることは大人として最も慎まなければいけないことだと思います。

特にネット上ではそれを守らなければなりません。

現実の世界では、「なんでわからないんだ。ばか」などと言っても、まったく悪意が感じられないどころか、その言い方に親しみさえ覚えるようなシチュエーションは往々にしてあります。

バラエティ風政治討論番組などでもよく見られる光景です。

しかしながら、顔が見えない、知らない相手との対話においてはよくよく気をつけなければなりません。

軽い受け答えの中に、自分にも慎重さの欠けるところがないかどうか、自戒をしつつ文章を作成していきたいと思います。
.

   応援してくださるかた、いつも本当にありがとうございます 人気ブログランキング
.

|

« 民主主義で決まった | トップページ | 反骨と協力 »

コメント

初めまして。1年くらい前、たまたま「池田晶子」さんの検索で辿り着いてから、いつも読ませて頂いている者です。裁判員制度についての文章がとても素晴らしかったので、思わずコメントしてしまいました。

「賛成」と「反対」と「折衷案」しか存在しない民主主義社会で、robitaさんのような洞察はとても貴重だと思います。どこの新聞のどの有識者でも、このような視点から裁判員制度を論じたものは皆無でしょう。

私は、共感を求めたり意見を述べているブログは苦手なのですが、robitaさんのような方が書かれているブログは、自分が賢くなるために、欠かさず読むようにしています。これからも更新を楽しみにしています。人気ブログランキングのクリックも忘れないように頑張ります。

投稿: 某Y.ike | 2009年5月28日 (木) 01時01分

★某Y.ikeさん、

初めまして。
お褒めのお言葉ありがたく頂戴いたしました。
池田晶子さんの文章にめぐり合った時の感激は忘れられません。
「ここに私と同じ人がいた!」(笑)

かといって、著書を読んでいるわけでもないのですが。
池田さんの本は買ったんですよ。
でも、ところどころ目を通しただけで、そのまんまになっています。
たぶん、「存在の謎と、それに気づいている人がいる」という事実を知っただけで満足してしまって、もっと知ろうという若い情熱がもう私にないからかもしれません。

某Y.ikeさんのブログに行ってみました。
少し目を通させていただきましたが、深く、読みごたえのある記事ばかりですね。
「福岡飲酒運転事故」についての記事がずしんときました。
この裁判結果についての自分の知識や思考の底の浅さを思い知らされました。
いつか、このことについても書いてみたいと思いますが、その際に某Y.ikeさんの記事を引用させていただいてもよろしいでしょうか。

>人気ブログランキングのクリックも忘れないように頑張ります。<

心からありがとうございますとお礼を申し上げます。
私も、他のかたのブログを読んで共感するも、つい応援クリックをするのを忘れてしまうことがあります。
共感した記事を紹介させていただくことはよくあるのですが。
どうかこれからもよろしくお願いいたします。

投稿: robita | 2009年5月28日 (木) 13時32分

私も、
「池田さんの本は買ったんですよ。
でも、ところどころ目を通しただけで、そのまんまになっています。」
は同じです(笑)。
新聞の本の広告コピーが上手かったのか、即買いました。
でも、robitaさんと同じです。彼女のことが紙面にあると読むのですが、多分、ちょっと独特の方かな、というマイイメージです。

投稿: 街中の案山子 | 2009年5月28日 (木) 15時37分

★街中の案山子さん、

>多分、ちょっと独特の方かな、というマイイメージです。<

案山子さんのイメージはそうなんですね。
私はそうではなくて、同じものを共有している人です。
彼女の言うことに対して「わかる」と言う人と「さっぱりわからない」と言う人、真っ二つに分かれるそうです。
で、私は「わかる」ので、それだけで充分、と満足しちゃったんですね。
要するに「自分の存在の不思議」の思いを共有する人を発見した、それだけのことなんです。
彼女が社会問題などについて「私欲のないまっさらな人間の視点」で書くエッセイは、「ああつまんない」と思ってしまいます。
でも、これも私がちゃんと著作を読んでいないからかもしれません。
誤解は申し訳ないので、いつか落ち着いて読んでみようと思います。

投稿: robita | 2009年5月29日 (金) 09時19分

はじめまして。
記事を読ませていただきました。
世の中の様々な問題に,真摯に向き合っておられて,読み応えがありました。
貴重なブログだと思います。
これからも,是非,続けてください。

投稿: 西田瓜太郎 | 2009年5月30日 (土) 23時25分

こんばんは。
私は池田さんの言うことが「わかる」ので、嬉しくなってしまい、片っ端から読んでサイン会まで行ってしまいました。

>いつか、このことについても書いてみたいと思いますが、その際に某Y.ikeさんの記事を引用させていただいてもよろしいでしょうか。<

もちろん、この記事でも他の記事でも何でも構いません。光栄に思います。

投稿: 某Y.ike | 2009年5月31日 (日) 01時45分

★西田瓜太郎さん、

記事を紹介いただいて3日ぐらい、西田さんのブログからのアクセス数が膨大で、ランキング投票もずいぶんいただきました。ありがとうございました。
西田さんのブログの記事や集まるコメントから、天皇制に対する皆様の深い思索が伝わってまいります。

投稿: robita | 2009年6月 1日 (月) 08時58分

★某Y.ikeさん、

>サイン会まで行ってしまいました。<

美しい生池田さん(笑)にお会いになったんですね。

>もちろん、この記事でも他の記事でも何でも構いません<

ありがとうございます。
某Y.ikeさんの記事をいくつか読ませていただきまして、体系的技術的な司法判断以前の「人間としての感覚や哲学」について考えさせられました。
私などが文章で表現するには大変に難しい問題ですが、いつか書いてみたいです。

投稿: robita | 2009年6月 1日 (月) 09時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 信頼を得るには:

« 民主主義で決まった | トップページ | 反骨と協力 »