« 梅酒忌 | トップページ | 親心 »

2009年6月29日 (月)

ほかほかごはん

不景気を反映してか究極の節約ご飯「ねこまんま」が、大流行の由。
ご飯の上に色々なものを載せて食べるどんぶり物が安上がりでおいしそうだ。

卵、かつお節、ちりめんじゃこなどは昔からの定番だが、近頃の若い人はあらゆるものを試してバラエティを楽しんでいるようだ。

さきいかや柿ピーを散らした上にマヨネーズで味付けなんていうのも意外とおいしいという話だが、そういう「邪道」はさておいて、栄養バランスを考えた食材を載せるよう心がければ問題ないし、大量の米も消費することになるし、ねこまんまって今の日本にピッタリの食べ方じゃないかと思う。

たしかに、ご飯に焼き魚、青菜のおひたし、海苔、漬物、味噌汁など、質素でもきちんとそれぞれの器に盛り分けた食事の伝統を残すことはとても大事なことでおろそかにしてはならない。

でも時々ならば、朝食や昼食などにそういうどんぶり物もいいじゃないかと思う。

不景気でも、若い人は肉が好きでよく食べる。

ご飯より肉でお腹がいっぱいになるような食べ方をする人も多い。

しかし昔の日本人みたいにもっとお米をたくさん食べれば食糧自給率も上がる、という。

そのことも大事だが、お米をしっかりと食べてしっかりと働くためのエネルギー源として見直すことはもっと大きな意味があると思う。

ところで、米(炭水化物)は、消化に時間がかかるので、お米を主食とする日本人の腸は長く、それを納める胴体も長くなり、結果的に日本人は胴長短足なのである、という説が昔あった。
本当かどうか知らないが、今の若い人の体形が欧米人並みに格好良くなったのは、お米をあまり食べなくなったからなのだろうか。

しかし、と思うのである。
足が長いのは本当にカッコいいことなんだろうか。

昔、知人の女性が、「足の短い男の人が好きなの」と妙なことを言っていた。
彼女は華やかな業界で働く華やかな女性で、いつもパンツスーツを格好良く着こなしていた美人だった。

後に、彼女の恋人を垣間見たのだが、縄文人のような幅広の顔に、たしかに胴長短足、いかにも昔の日本人といった風貌の男性だった。

同性からも頼りにされる魅力的な男性ということだったから、彼女は彼の男気に惚れたのだろうと思う。

彼女の選択をカッコ良いと思った。

男は中身だ、などとありふれたことを言うつもりはないのだが(つもりか)、単に「足長」がなぜカッコ良いのか、不思議に思うことがある。

幕末期、紅毛碧眼の連中と何ら臆することなく堂々と対峙した小栗上野介や、誇り高い岩倉具視使節団のメンバーなど、きっと背が低く、足が短かったにちがいない。
そして、そのことを不恰好だなんて決めつける価値観はその頃の日本にはなかっただろう。
彼らの威風堂々たる態度は欧米人を唸らせた、と今に伝わる。

世界との交流が盛んになり、徐々に彼らの体躯の大きさとはったりが合わさった態度に圧倒されるようになったのだろうか。

それとも戦争に負けた時からのことだろうか。

足が短いことは恥ずかしいことになってしまった。

昭和30年代に石原裕次郎が出現して、背が高く足が長いことの価値の高さは決定的になった。

日本人が戦争に勝っていたら、足が長いことなんてそんなに価値はなかったかもしれない。

足が長くても頼りない男より、短くても堂々としてるほうが余程カッコ良いじゃないか。

男子高校生がズボンをずり下げてわざと足を短く見せたりするのは、日本男児の伝統的な体型に無意識の憧れがあるからじゃないだろうか、なんて思いたくなる。

・・・・しろうとの考えることはこの程度なのだが、何故足が長いのがカッコいいこととして定着してしまったのだろうか。

竹内久美子さんなら知ってるだろうか。

まあ、米を食べるとほんとうに胴長になるかどうかはさておいて、食糧自給率の問題として、エネルギー源の問題として、産業構造の問題として、そして政治を左右する問題として、米作は日本の国にとって重大な意味を持つ。

票田の呪縛が発生するずっと前から、日本の農家は米を大事に育て、日本人はそれをありがたくいただき、働くエネルギーとしてきた。

胴長短足でも腹の据わった日本人、我慢強い日本人、謙虚な日本人を育ててきたのは、もしかしたら米の文化そのものだったのかもしれないなあ、と思う。
.

     まずは米を腹いっぱい食べて日本人の底力を取り戻さねば 人気ブログランキング
.

|

« 梅酒忌 | トップページ | 親心 »

コメント

草食だと胴長になりやすいというのは聞いたことがあります。
僕はもう気にする年じゃなくなりましたけど、成長期の子どもがいる家庭とかだとちょっと気になる話かもしれないですね。

僕も今ではごはん大好きで、朝もごはんがいいと思ってますが、子どもの頃はパンに憧れてました。
団地とかの綺麗な家に住んでいる上品そうな女の子は朝にパンを食べてるイメージがあったんです。女の子はごはんに納豆かけて食べないだろうと思ってました。実際、給食で納豆が出たとき、女子はほとんど残してました。
あの当時の僕にはそういうイメージがありました。妹もやがて朝はパンがいいと言い出して、一時パン食になったことがあります。
結局、我が家はすぐにパンに飽きてごはんに戻りましたが、あのパンへの憧れというのは、欧米のスタイルへの憧れと同じだったんでしょうねえ。

でも、今、ショッピングモールを歩いてみると背が同じぐらいの夫婦が仲良く歩いてるのなんてよく見ます。男子高校生の平均身長も170cmでここ数年は伸びが止まっているみたいですし、年取ればスタイルなんてそんなものになるのかもしれないですね。

投稿: コウイチ | 2009年6月30日 (火) 01時57分

★コウイチさん、

>僕はもう気にする年じゃなくなりましたけど、成長期の子どもがいる家庭とかだとちょっと気になる話かもしれないですね。<

これはちゃんと検証してほしいですが、 検索でこんなご意見をみつけました。→「重箱の隅」 
体型を気にする気持ちはほんとうによくわかるけど、生き抜くには体力のほうがずっと大事だし・・・、難しい問題ですね。
米食でも胴長にはならない、という研究結果を出してくれさえすれば、一挙に解決なんですけど。

>給食で納豆が出たとき、女子はほとんど残してました。<

うちの家族はみんなよく食べるので、常備してあります。

>あのパンへの憧れというのは、欧米のスタイルへの憧れと同じだったんでしょうねえ。<

日本は、というか、どの後進国も同じでしょうが、「欧米への憧れ」が経済発展の原動力になっているので、伝統を守るというのは容易なことではありませんね。
日本人の体型も和服ならばとてもサマになるのに、今となっては和服を普段に着続けることは不可能です。
スピードと競争、つまり効率性が要求される社会では欧米の合理的生活スタイルを取り入れるしかありません。
スピードと競争にはあまり関わりのない分野ではなるべく日本的でいたいものだと思いますが、実際そんな使い分けなど現代の日本人にはもうできないだろうと思うくらい、みんなせかせかとせわしない。
だから私はよく思うのです。矛盾を解消したいなら色々な面で我慢するしかないだろうって。

>男子高校生の平均身長も170cmでここ数年は伸びが止まっているみたいですし<

そうなんですか。
でもそこまで伸びたんなら、あとは、ふくらはぎや腿の筋肉がしっかりと発達したふんどしの似合う高校生がもっと増えるといいですね。


投稿: robita | 2009年7月 1日 (水) 10時15分

「ほかほかごはん」のタイトルで、体格や足の長さの話題。
うーん、rovitaさんの思考回路なんですね。
我が家は、軒並み背が高く、178,177,168、165,164、といった具合です(余所の家の玄関の靴の小ささにびっくりします。笑)が、子供たちの配偶者は、みなカワイイタイプです。
よって、近頃の若い人は背が高い、という論調に、??なんです。外見で選択しないで、中身で選んでいるのでしょう。
曰く「背の低い人は、相手に背が高くあってほしいけれど、自分が背が高いと、自分の中に背が高いという遺伝子はあるわけだから、それほど執着しない」とのことです。
私たち夫婦は、高身長なんですがね。

タイトルの「ほかほかごはん」、私何物にも替えがたい、美味!と思うのです。そして、海鮮丼にできたら、何よりものご馳走です。
炭水化物ダイエットを試みたことがあるのですが、食べ物の中で、炭水化物がなんと必要不可欠か!という心情になりまして、即脱落しました。
だから「ほかほかごはん賛美者」でーす。ハイ。

投稿: 街中の案山子 | 2009年7月 1日 (水) 10時18分

★街中の案山子さん、

>「ほかほかごはん」のタイトルで、体格や足の長さの話題。
うーん、rovitaさんの思考回路なんですね。<

いやいや、私の思考回路というより、日本人の米摂取量が減ったのはいかなる理由か、との考察です。
豊かになって欧米の食材を好んで食べるようになったのか、米価が高くてたくさん食べられないからか、それとも、米食はスタイルが悪くなると信じているからか。
で、こんなにおいしくて力の源になるごはんを、もし、胴長になるからという理由で食べないのなら、それはいかにももったいない話ではないか、ということを言いたかったんですけどね。
上のコウイチさんへの返信で紹介した「重箱の隅」の記事にも、「若者の体力不足というのもこの点からきていて、いったん米食に戻る必要があるのかもしれませんね」と書いてあって、私はこの意見を推したいです。

>我が家は、軒並み背が高く、178,177,168、165,164、といった具合です<

この中で、案山子さんはどれなんでしょう?

>近頃の若い人は背が高い、という論調に、??なんです<

うちも背の高い家系で、遺伝の要素は多分にあると思うのですが、戦後日本人の平均身長は確かに伸びたのでしょうから、やはり生活スタイルによるものも大きいのかなと思います。
肉食や草食が身長や足の長さに影響するのかどうかはできればどなたかに真面目に研究していただきたいものです。
特に、身長というより、米食が原因で胴が長くなるのかどうかなんですが。
もし、ほんとうに胴が長くなるのだとしても、それがどうした、という価値観が広がって、足の長い男より体力のある男がモテるようになれば米食回帰に少しは貢献するんじゃないかなあ、なんて。

>炭水化物がなんと必要不可欠か!という心情になりまして、<

脳の働きにも関係するそうですね。

>だから「ほかほかごはん賛美者」でーす<

そう、ごはんはおいしくて栄養があります。みんなでごはんを食べましょう!

投稿: robita | 2009年7月 2日 (木) 10時56分

回答:164。内訳男2、女3。
足が長くなりたくて、ご飯を避けるって、知らなかった。
背が高くなりたくて、うどんを食べる(細長いから)っていう、笑える話は聞いたことあるけれど(うふふ)。
賛美者過ぎて、メタボ気味が難点。
最近は、つくづく食は本能的欲望だなと思います。
少々食べなくても、生きられるのに、食べたくなっちゃう、のだから。

投稿: 街中の案山子 | 2009年7月 2日 (木) 11時26分

★街中の案山子さん、

ご家族の中で案山子さんが一番小さくて、それでも164cmなんですね。

>賛美者過ぎて、メタボ気味が難点。<

ごはんって太らないんじゃないですか。
昔の日本人太ってなかったし。

>最近は、つくづく食は本能的欲望だなと思います。
少々食べなくても、生きられるのに、食べたくなっちゃう、のだから。<

そうですね。生きられるだけの最低限のものを食べていればいいのに、必要以上に食べちゃうんですよね。
昨日の産経新聞に曽野綾子さんが興味深いことを書いています。(「透明な歳月の光」)

50歳直前で失明の危機に見舞われ、執筆生活が不可能になるかもしれないとなった時に鬱になったそうです。
ずっと死ぬことばかり考えていたけれど、中東への旅行に熱心に誘われ、気が進まない中、出かけたそうです。交通事情の悪さで食事にありつけない日の夕暮れに曽野さんはある感動にとらえられました。
その数時間だけ死ぬことを忘れていられたというのです。
「私はいつ夕飯を食べられるだろうかということだけを考えていたのだ。それは『欠落』によって得た輝くような生の実感だった。」
「鬱には断食がいいだろう、と私は今でも思っている。」と曽野さんは書いています。
もちろん鬱の原因はいろいろあるので、一概には言えないけれど、「生きたい」という本能が呼び起こされるのは「空腹」「飢餓」を始めとするあらゆる生命の危機を経験する時なのですね。

投稿: robita | 2009年7月 2日 (木) 13時31分

 自分自身が経験していませんので実際にそうであったかどうかはよく解りませんが、敗戦によりこれまで信じていた価値観が崩壊し(皆が自信を失い)、西洋人風の風貌に価値判断の基準を求めたところから始まったのではないかと考えたことがあります。
 そう言う基準から鑑みると私などは胴長短足で肥満体質、目も一重で鼻も横に広く居座っており、とてもではないけれど「良い男」の類型に含まれる要素は全くありません。
 学生時代、自分の風貌にコンプレックスを感じたことはありましたが、いつしかどうしようもないことを考えるのが面倒になって、むしろこの風貌を「自分の特徴」だと考えられるようになったときから人生が大きく変わった様に思います。

 タレントで言うと松たか子さんなど、私の感覚では外観的には美人の範疇には含まれませんが、見ただけで伝わる精神の気高さや背筋の伸びた佇まいに畏敬を感じていますが、結局問題なのは外見ではなくて外見をコンプレックスと感じることに寄る精神の状態がにじみ出ることによって、印象が多く左右されるからなのでしょう。
 その点に於いて幕末や明治の先人達は、やはりカッコ良かったのでしょうね。

PS.
 普段話し言葉に使っているきたない「三河弁」も私にとってはコンプレックスではなく、妻を口説くときにはこの特徴ある外観とドロドロの三河弁を最大の武器として闘いました。

投稿: 山本大成 | 2009年7月11日 (土) 09時39分

ご飯のお茶漬けで薦められるのはオリーブ・オイルに醤油をかけたもの。緑茶の苦味によく合います。また、生卵をかける際の違和感をオリーブ油で消せます。

まさに私のハンドル・ネーム通りの食べ方。ただ、もしかすると小豆島の人達はこうした食べ方をしているかも知れません。

ところで、何かこの記事を読むと逆に短い脚にコンプレックスがあるんじゃないかと思えますが、そんなに短いんですか、robitaさん?

まず長いのと短いのはどちらが良いか?

1.脚の長い人は腰が高い分、確かに重心が上がって踏ん張りの安定感に欠けます。そうした欠点を補うためか、メジャー・リーグの大柄な打者には腰を落として構える選手が多いです。逆に短い脚の人が必要時に伸ばすのは不可能です。大は小を兼ねる。だから長い方が良いのです。

2.長い脚は跳躍や走行にも有利。バッタのように長い脚なら他人があくせく歩いたり走ったりするところを一っ跳びなんてこともできます。素晴らしい!

しかし、ここに落とし穴が。長い脚と強靭な大腿筋でジャンプしても、そんなに高く遠くへ跳んでも人間の体で着地の衝撃に耐えられるのか?長い脚の一っ跳びは格好良いです。しかし着地で大怪我したり死んだりではどうしようもありません。

ちなみにピューマがジャンプすると長い後ろ足と尾が伸びて本当に格好良いです。そしてピューマの体は高く遠くへ跳んだ衝撃を吸収できます。

悲しいかな、人間はバッタでもキリギリスでもピューマでもありません。際限なく長い脚を持っても活用できないのです。う~ん、何だか私も柳田理科雄になってきた。

3.そこで最後は和の結論。
戦国時代の日本に脚が長すぎる武将と短すぎる武将がいました。長い方は美濃の国主、斉藤義龍。あまりに長い脚で馬にまたがっても地面についてしまったとか。他方で短いのは今川義元。あまりに短い脚なので馬にまたがれなかったとか。

二人とも織田信長に滅ぼされました。ただ、両将が本当にこれほど極端な長足、短足だったか定かではありません。

もう結論が見えました。脚は長すぎもせず、短すぎもしない適正なのが最も良いのです。どんなに格好良く見えても着地能力を超えるような長い脚は無駄です。我々は人間です。バッタやキリギリスではありません。

ところで、そんなに脚が短いんですかrobitaさん。でも歩けますよね。走れますよね。10cmでも前に跳べますよね。それならイモムシのように短くはありません。適正な長さです。

人として適正な長さに収まるなら、優越感も劣等感も必要ないと思います。

最後ながら母上様のご冥福を願っています。

投稿: Shah亜歴 | 2009年7月11日 (土) 19時17分

★山本大成さん、

容姿の優れた人もたしかに魅力的ですが、女性としては、それ以上に「人物」に惹かれるんですよね。当たり前の話ですが。

>問題なのは外見ではなくて外見をコンプレックスと感じることに寄る精神の状態がにじみ出ることによって、印象が多く左右されるからなのでしょう。<

そうなんです。顔やスタイルじゃなくて、雰囲気というのかな、目つきや仕草に嫌味がないこと、それが大事です。

>妻を口説くときにはこの特徴ある外観とドロドロの三河弁を最大の武器として闘いました。<

それは面白いですね。
私は子供の時、神戸から東京に引っ越してきて、関西弁が恥ずかしく、外では絶対に使いませんでした。
でも大人になったら関西弁のほうがずっと面白いことに気がついて平気で使うようになり、気がついてみると、テレビなど、関西弁に席巻されているじゃありませんか。
コテコテ関西弁芸人のほうがモテるんですよね。

投稿: robita | 2009年7月13日 (月) 13時38分

★Shah亜歴さん、

robitaの足が短いかどうかはどうでもよろしいのよ。
足の長さでなく精神の爽やかさが良い男の条件じゃないでしょうか。

>最後ながら母上様のご冥福を願っています。<

ありがとうございます。

投稿: robita | 2009年7月13日 (月) 13時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ほかほかごはん:

« 梅酒忌 | トップページ | 親心 »