« 親心 | トップページ | 祖国の危急存亡の時 »

2009年7月15日 (水)

人生という作品

少子化の最大の原因は非婚だそうだ。
相手がみつからないケースもさることながら、恋人がいても結婚に臆病になることがあるという。

ほんとうにこの人でいいのか。
幻滅したらどうしよう。
後悔したらどうしよう。
結婚後に本当に好きな人が現れたらどうしよう。

だから、後悔しないように、選りに選って、この人ならば、と見定めた人を探そう。

そうやって探しているうちに年月が過ぎ行く。

幻滅しない結婚なんてあるだろうか。

幻滅しても後悔しても、それでも覚悟を決めて継続するのが結婚というものだろうに。

その事態を恐れて萎縮する。

無理もない。たいていの恋愛ドラマは男女が美しく結ばれて最高潮のところで終わってしまうのだから。

フジテレビ「ボクらの時代」で、女優樹木希林の娘の内田也哉子がこんなことを言っていた。

「私も離婚を考えたことはあったけれど、母がこんなことを言ってくれた。『青が嫌になったからって、今度は黄色にしようなんて、結婚ってそんなもんじゃない』」

樹木希林は、夫の内田裕也からどんなに離婚を求められても絶対に応じなかったという。
老年期に入った夫妻は一緒にこそ住んではいないけれど、相変わらず夫婦という関係を継続し、時々一緒に旅行したりするそうである。どちらかが倒れるようなことがあれば、きっと助け合うことだろう。

数週あとの「ボクらの時代」で、俳優梅宮辰夫一家が出ていた。

娘の梅宮アンナは子供一人を産んだ後に離婚し、一家はおじいちゃん夫婦と娘と孫の4人で「水入らずの生活」を楽しんでいるようだ。

梅宮アンナは離婚した理由として、「夫婦仲の悪さは子供に影響する。私は娘のために離婚した。娘がいなかったら離婚しなかったかもしれない」というようなことを言っていた。

「仲が悪いのに、うまくいってるように見せかけるなんて、そんな仮面夫婦みたいなことしたくない」と彼女は言う。

仮面夫婦ねぇ・・・・・・。

仮面夫婦じゃなくて夫婦仮面じゃなかろうか。

修羅場を乗り越えるために仮面が必要であり、添い遂げるために仮面が必要なんだがね。

私の理解では、大抵の夫婦は何回か修羅場を経験しながら年月を重ねていると思う。

「こんな男らしくない人だと思わなかった」「こんな卑怯な人だとは思わなかった」「ああもういやだ」「この人がいなければどんなに楽か」

程度の差こそあれ、大抵の妻はそんな気持ちを持ちつつ、我慢し、あきらめ、「子供のため」と覚悟を決めて、その都度乗り越える。(夫はあんまりそういうことは思わないらしいが)

そんなもんよ。

こんなこと言うと、若い人は余計に結婚を恐れるかもしれない。

独りのほうがずっと楽だ、と思うにちがいない。

でも、乗り越えることさえできれば、「安定」や「幸福」の部分のほうがずっと大きいのが結婚だ。

.

                 冒険もまた良き哉  →人気ブログランキング

.

|

« 親心 | トップページ | 祖国の危急存亡の時 »

コメント

こんにちは。
はじめまして。眠兎(みんと)といいます。

結婚はどこかのタイミングで「エイヤッ」と
不安な感情を飛び越えてしまわなくては
できないものかも知れませんね。
冷静に考えてするものでは無いような気がしますw

ただ、今は経済的な理由で結婚どころか、
親からの独立さえままならない人も多いようで、
大変な時代になってしまったと感じます。

樹木希林さんの言葉はかっこいいですね。

しかし私の周りを見ていると、
離婚の理由って大抵がセックスレスです。
それって話し合いで解決できるものじゃないし、
夫婦を続けていても結局お互いが
不幸になるだけじゃないかと思います。

私は少子化の原因もセックスレスじゃないかと
思っているんですが。
どうなのでしょうね。

投稿: 眠兎 | 2009年7月19日 (日) 20時32分

★眠兎さん、

はじめまして。コメントありがとうございます。

>冷静に考えてするものでは無いような気がします<

冷静に考えなければいけないし、考えすぎても踏み込めないし。
ただ「大好き。いつも一緒にいたい」という感情があれば、熟慮もなく結婚することはあると思いますが、付き合いの長いカップルで、それぞれのライフスタイルを確立してたりすると、いろいろ考えてしまうでしょうね。

>ただ、今は経済的な理由で結婚どころか、
親からの独立さえままならない人も多いようで、
大変な時代になってしまったと感じます。<

そうですね。
愛さえあればお金なんて、という時代ではないですものね。

>離婚の理由って大抵がセックスレスです<

セックスレスの理由が問題ですね。
相手がすごく嫌いでそうなったならば、離婚しかないこともあるかもしれませんが、生理的(物理的)な問題であるならば、離婚したところで、他の人ともうまくいくわけがないですから、縁を大事にして家族愛を育むのが良いのではないでしょうか。

>私は少子化の原因もセックスレスじゃないかと
思っているんですが。<

それもあるでしょうね。
こんな記事も → 「38℃」   「男性消滅」   


投稿: robita | 2009年7月20日 (月) 09時50分

★眠兎さん、

あ、そうか。セックスレスで離婚って、どちらか一方が求めているのに相手が応じてくれないから不満が募るっていうことですよね。
嫌いでないのにそうなる場合は、やっぱり「治療」しかないのでしょうか。

投稿: | 2009年7月20日 (月) 09時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人生という作品:

« 親心 | トップページ | 祖国の危急存亡の時 »