« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月28日 (水)

妬まず欲張らず

鳩山総理大臣の所信表明演説を聞きました。

とにかく長かった。議場でじっと座って聞いている人々にとっては難行苦行だったのではないでしょうか。

もう少しコンパクトにまとめられなかったものか。

あれもやりたいこれもやりたい、という意気込みゆえなのでしょうが、「冗長」の印象は免れないし、語られた二つのエピソードも感傷的で、首相の人柄を表すものだとは思いますが、弟の鳩山邦夫氏が評したように乙女チックでわざとらしい。私は全然心を動かされませんでした。

まあ、それはともかく、私は、みんなが幸せな友愛社会、大賛成です。

大賛成だけれども、それを実現するための長く辛い道のりを、鳩山演説に感激した人たちは本当に覚悟しているんでしょうか。

まず、地域社会や家庭の健全化や再構築が不可欠となりますが、これは政治でどうにかなるものではありません。

国民はまず、自らを律する気持ちを持たなければならない。
ある種のストイシズムが求められると考えます。

それはどうしてかというと、人は金があるから思いやりの心が生まれるのではなく、たとえ貧しくても愛をもって幸せになるべきなのが人間だからです。
・・・・と鳩山さんも演説の中で仰っています。

それがどういうことを意味するかというと;
ある程度の収入があれば(節約に努めながら慎ましく暮らせるだけの最低限の収入さえあれば)、幸せになれるもなれないも、全て自分の心が決めることだ、ということに他なりません。
みんなが思いやりの心で助け合い、支え合い、愛し合えば、お金などなくても幸せになれる。ぜいたくを言ってはいけない、欲望は抑えなければならない、という戒めであります。
もうそんなに欲ばるな。自分に少しでも余裕があれば、たとえ税金を多く取られても、それが貧しい人に分配されるのならば満足という度量の大きい人間になれ。という人道の勧めであります。

これはまことに正しい。共生のためには人間はこうでなくてはなりません。

鳩山さんは、「経済のしくみを変えるのだ」「人間のための経済に転換するのだ」と言っています。
「もうそんなに大きな経済成長がなくてもいい」ということ、つまり経済の量ではなく中身だと言っているのだと思います。

非常に正しい。

この方向に持っていくには、まず政治が着手しなければいけないこともありますし、同時に国民も心を入れ替えなければなりません。

政治は今すぐにでも新しい産業創出に取り掛からなければいけませんし、国民もうわついた生活に決別しなければなりません。

その新しい経済構造への変革には相当な覚悟が必要になると思われます。

国民は欲望を抑えることに耐えられるでしょうか。

しかもその過程で、日本だけ世界経済の中で沈んでしまう時期があるかもしれない。だって世界はとにもかくにも景気回復と経済成長を目指しているのだから。

法政大学の田中優子教授は江戸時代に思いを馳せ、このような記事を書かれます。 →≪【ちょっと江戸まで】法政大学教授・田中優子 今こそ「縮小の時代」を≫  

首都大学の宮台真司教授なども「もう経済は成長しなくていい」と仰います。→「頓痴気」  

私は61年生きてきましたから、人間の欲望は留まるところを知らないのを観察してきたつもりです。

人間は昔からずうっと欲望をふくらませながら発展してきました。

小泉・竹中のせいで世の中に欲望が満ち溢れたなんて言い方をする人がいますが、そういうことではないと思います。

たしかに、このたびの世界経済危機は、金融工学を駆使して複雑な金融商品を編み出した人々、それに乗って儲けようとした欲望の突出した人々による失敗だと思います。
でも、ほとんどの人はそのトバッチリを受けただけで、ごく普通の欲望を持っていただけだと思います。

人間はごく普通の欲望は誰でも持っているものだと思います。

資金があれば少しでも増やしたい。これだけの生活ができるようになったので更にこういうことを目指したい。また、自分が努力して得たお金や時間を見も知らない人に分け与えるのはいやだ。
普通の人が持っている欲望というのは、そういうごく普通の希望や所有欲だと思います。それは時代につれ、発展していきます。

江戸時代の縮小経済の良さというのもわからないではないですが、今の時代にそれができない決定的な理由は、自由と民主主義なのではないでしょうか。

江戸時代には「分相応」という価値観がありました。厳然たる身分社会で、それぞれの分をわきまえていた。

今のように情報もなかった。

だから、与えられた環境に順応して生きていくしかなかったでしょうし、自分たちが縛られているという自覚すらなかったのではないでしょうか。

身分制度が社会のバランスをとっていたと思います。

しかし日本人が国際社会に漕ぎ出し、情報を得、西欧型民主主義を手に入れてから、欲望は加速し続けてきました。

さらに個人の自由が至高の価値だと信じられるようになった戦後は人々はさまざまな垣根を越えてさらに飛び回るようになりました。

個人主義には無論、良い面と悪い面があります。

江戸時代がのんびりしていて良かった、という憧れの気持ちは充分わかりますが、時代精神や人々の気持ちというものが決定的に違う。これだけは確かです。

私個人は、田中教授の言う「縮小社会には、それに合った技術や循環システムや仕事がある」ということ、つまり新しい産業とその雇用の創出には大賛成です。

鳩山首相も同じ考えでしょう。

しかし、そのために最も必要なのが「教育」であり、「自律心」と「痛みに耐える我慢強さ」なのですが、鳩山演説にはそれが一言もありませんでした。

思うのですが、日本の貧困率が高いといえども、やっぱり日本人は楽をしているのではないでしょうか。
困っているのかそうでもないのか、なんだか人としての姿勢がとてもちぐはぐな感じがするのです。

子供たちを見ればわかります。
テレビゲームや携帯電話に時間を浪費し、繁華街をうろつき、余った時間を塾で過ごして穴埋めする。
で、貧困家庭では塾に行かせるカネがない、などと言う。
なんかすごくヘンじゃないですか。

鳩山さんや田中教授や宮台教授は、「経済の成長でなく、生き方で幸福感を感じなければいけない」と力説なさいます。

そりゃあそうですよ。みなさんお金に困ってないし、鳩山さんの奥様なんかブランド品をいくらでも買えるし、いろいろな揉め事も易々とお金で解決できるし、余裕があるから「友愛」という美しい言葉をノンキに連発できるんですよ・・・・・あ、いけない、金持ちへの妬みがつい出てしまった。こういう汚い心がいけないんですよね。こういう邪心を抑え込んで、分相応に、自分のやるべきことを粛々とやり、助け合いながらつましく暮らす、それが友愛社会なのでした。
そうです。理想は実現するためにあるんです。

日本人が、鳩山首相の言う価値観を共有し理想を実現するための方法はただひとつ、「教育」です。

鳩山独裁政治でぜひそれをやっていただきたい。独裁政権ならではの強権を発揮して。

所信表明演説だけで国民が心を入れ替えるとはとても思えませんから。

.
      江戸時代的価値観は日教組には受け入れられるんでしょうか 人気ブログランキング
.

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2009年10月23日 (金)

「日本らしい対応」

「アメリカの言いなりになるな」「アメリカに対してもっと毅然とした対応を」と望む国民がおり、新政権の鳩山首相は「アメリカと対等な関係を築く」と宣言します。

アメリカの横暴とか言いなりとか、何か日本が損害をこうむってるかのように言う人がいるけれど、それは日本自身が日本の国益の為に選択してることだと日米同盟の重要性を説く人たちは言うし、私も何度も書いてきました。
それでも、ひたすらアメリカ憎しの念にとりつかれている人々の耳には入らず、新首相が「対等の関係」と口にしただけで、それがどういうことを意味するのかということに考えが及ばず、無邪気に喝采を送ります。

「日本自身が選択してきたことだ」と、アメリカ人のほうから指摘されようものなら、「勝手なことを言うアメリカめ!」と、さらに憎悪の念は増幅するようです。
産経新聞≪正論「日米関係への鳩山政権の誤解」≫に怒る人もいます。  

しかし、アメリカだって慈善事業やってるわけじゃありませんから、自国の利益のための(狡猾さを含む)対日本政策であり、裏取引などしながらこれまでお互いにとって最良の道を歩んできたわけです。

実はアメリカよりもっと傲慢で狡猾でお話にならないのは中国やロシアであり、これらの国にこそ日本は言いなりになりカネは取られ放題、それでも毅然とモノが言えず我慢をし続けているんですよね。

それに比べたらアメリカは話ができるだけまだましなんじゃないですかねえ。

「自民党が対等に話をしてこなかったのを、民主党がやると言ってるんだ」と息巻く人もいますが、白日の下でのアメリカとの「対等な議論」は本当に可能なんでしょうか。
対等になり得ないからこそ、密約なんて事態も起こるんじゃないでしょうか。

でも、民主党も「対等にやる!」と意気込んでいることですから、やる前から文句を言わないで期待をして見ていきたいと思います。

.
   「言いなり」にも「裏取引」にもそれなりの理由がある 人気ブログランキング
.
            

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月21日 (水)

妻をめとらば

内田樹さんの記事です。→「配偶者の条件」

なんたる屁理屈!と笑い飛ばすも、次の瞬間「そうだよねえ。正論だ」と納得するのです。

条件に合致する配偶者選びは間違っていて、収入が低くても、ブサイクでも、「たった一人の自分だけの人」を探すのが一番良いのだと、結局はそういうことになりますか。

「そういう人を探すのが一番難しいのよ」と、はるか昔、花嫁修業中におばさまがたに言われましたっけ。

.         屁理屈か正論か →人気ブログランキング       

.               

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年10月19日 (月)

いつかきっと

出先で週刊誌をパラパラめくっていたら、「微妙なタイミングの雅子さま、甘え上手の紀子さま」というタイトルの記事があってざっと目を通しました。

婚家が嫁に何を求めているのかを敏感に感じ取って気に入られる紀子さまと、タイミングの悪さに気付かず私的な日程を入れてしまう要領の悪い雅子さま、とまあ、だいたいそんな描き方だったと思います。

一平民の経験と比べては恐れ多いのですが、結婚した当時の自分を思い出しました。

要領はなはだ悪く、お世辞がうまく言えず、気の利かないことといったら天下一品の私は、婚家にとってはさぞかし「不出来な嫁」だったことでしょう。

男子は一人だけなので、他の嫁と比較されるというようなことはありませんでしたが、「どれだけ気が利くかが女の価値」みたいな価値観を持つ婚家では、頭の回転の良い義母も義妹もめまぐるしく立ち働き、ことごとくタイミングをはずしてしまう要領の悪い私は居心地はなはだ悪く、先を越されてしまう度に「今やろうと思ったのにぃ」と何度思ったことでしょう。

合理的で自由な家庭で育った私は、おそらく「こんなことも知らないのか」と思われ続けたことでしょうし、反対に、本当に大事なことより形式を言い募る義母や義妹に深く傷つけられ、心中に修羅を抱えたこともあります。
気を利かすこともお世辞を言うことも「嫁」に求められる資質だとは思いますが、人間そんなことばかりじゃつまらない、という批判精神も多少はありました。
まあそれもこれも価値観の違いからくるものでしょうし、誤解も多分にあったと思います。

しかし、真心で訴えれば夫は理解してくれましたし、夫さえわかってくれれば私はどんなことでも耐えることができると思っていましたので、同居もしていなかったし、普段は忘れることができました。

今となっては、長い間に婚家もさまざまなことを経験し、人間の価値や幸福は気を利かすことやお世辞上手だけでは決まらないということがわかってきたと思いますし、私もむずかゆくならない程度に年寄りを喜ばせることができるようになりました。

.

自由闊達に育ってこられた雅子さまが日本で一番の旧家に嫁がれたことには想像を絶する軋轢と苦悩があったことでしょう。

もちろん雅子さまも相当の覚悟を決めて皇室に入られたことでしょうが、そこには既にいかにも皇室好みの完璧な紀子さまの存在があり、皇族の妃としてのお立場をしっかりと確立なさっていて、比較されることも多々あったでしょう。
マスコミ報道もひどかった。
お子様にもなかなか恵まれなかった。
男子をもうけることもできなかった。

一市民の私のように「言いたい人には言わせておけばいいのよ」なんて態度は絶対に許されない特別の立場であれば、ご病気になるのは無理もないと思いますし、割り切ることができないのだから、ご病気が長引くのも当然と思います。

でも私は思うのですが、やはり、ご病気を治すのが先決なので、どうか国民もマスコミも思いやりの心をもって妃殿下を見守るようにしていただきたい。

妃殿下におかれては皇太子殿下と愛子さまとの家族の幸せをしっかりと確立なさることです。
ご実家やお友だちとの交流が心の安定につながるなら何も後ろめたくお感じになることはありません。
土台がしっかりすれば、その後のことは自然についてくると思います。
公務のためには死ね、なんてそんな時代じゃないんです、もう。

いずれの時か、全てのことには意味がある、と思える日が来るでしょう。

.
               みんながんばれ →人気ブログランキング
.

≪関連記事≫
    「はじける笑顔」 
    「沈黙と忍耐」  

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009年10月10日 (土)

めんどくさい女

男の人って、元々そういう性質を持っているのか、ちまちまと節約するのが不得意です。

不況の折柄、お小遣いをやりくりする、というようなことはやらざるを得なくて、昼食代、飲み代、その他種々の購入などは自制に努めているかもしれませんが、家の中のこまごまとした事柄、例えば電気水道ガスなどについては割合大雑把です。

もっとも、本当に困っている人は、そういうことにも細かく気を遣っているかもしれません。
しかし、そういう男たちも少し生活に余裕が出てくると、おそらく細かい節約はしなくなるでしょう。

ところが、女性というのはだいたいにおいて、余裕があろうがなかろうが細かい節約をするものです。

久田恵さんのエッセイです。→【家族がいてもいなくても】 「出しっぱなしにめまいが」 

うんうん、同感。「私一人だったらもっと効率よく節約できるのに」。細かく節約に努めて、浮いたお金でどーんと楽しむほうが利巧。妻はそう考えます。

「男が私の足を引っ張るのよ。男ってどうしてこういうことがわからないのかしら」

.
妻たちの不満は、夫が小さな節約に協力してくれないことだけではありません。

夫と旅行しても全然面白くない、と言って、妻は気の置けない女友達と出かけるほうを好む傾向があります。

一緒に出かけても夫はぜんぜん空気が読めなくて、こちらが気を遣うばかりで全然楽しくない、と妻たちは言います。

同感同感。

例えば、以前「大人の社会科見学」に娘も交えて3人で行った時のことなんですが、最後の東京タワー見学が終わってツアー解散し、タワーの外の道路に出るなり、夫は手を挙げてタクシーをとめてしまいました。「これで渋谷まで出たほうが早いんだよ」とせっかちに自分だけで決めてしまうのです。

夜の7時を過ぎていましたのでライトアップされた東京タワーが夜空に美しく映え、「あれをバックにして写真撮りたかったのに」と娘は小声で不満を私に洩らしました。

なんか、余韻を楽しむってことをしないというのか、夫と出かけるとこんなことになるのはしょっちゅうで、私はもうある程度慣れましたけど、娘は憤慨します。

夫は自分勝手だ。空気が読めない。会話ができない。趣味もなくてつまらない。趣味があっても自分だけのもので一緒に楽しめない。

夫は妻の気持ちをわかってくれない。

よくわかる。

わかるけど、それじゃあ、夫が心を入れ替え、妻の望みどおりに気を遣うようになり、「これでいいだろうか。これで妻は満足するだろうか」と、常に妻の顔色を窺うように行動してくれれば妻は満足するのだろうか、と言えば、そんなことはないのではないかと思います。

「ああもう、そんなに卑屈になることじゃなくってぇ、要するに少し気を遣ってくれればいいのよ。それぐらいできるでしょ」、妻はそう思うでしょう。

でも、たぶん、それもこれも、「女だからこそ」の発想なのです。

「もう少し気を遣って」というのは、「私のように(女のように)なってくれ」、と要求することに他ならないのではないでしょうか。

「女のメンタリティを持ってくれ」というのは、考えてみるとなんと傲慢な要求でしょう。

要するに、みんなが女になれば世の中はうまくいく、そのような主張に思えるのです。

しかしその傲慢さは、今となっては「傲慢」でもなんでもなく、この男女共同参画社会では、後戻りできないほどに当たり前の現象になってしまい、男性特有のメンタリティを堅持することがだんだんと難しくなってきています。

男だけのものだった遊びの領域に女もずかずか入り込むようになってからは、男のルールで、というわけにもいかなくなり、「男の文化」も廃れてまいります。
.

昔、「金曜日の妻たちへ」という大ヒットテレビドラマがありました。
女子校時代からの4人の仲良しグループがそれぞれの家庭を持ったあとも近所に住み、週末にメンバーの家に集まっては飲んだり喋ったり「家族ぐるみのつきあい」を楽しむ、という設定でした。
欧米的というのでしょうか、こんなライフスタイルを私も「なんて素敵なんでしょう」と思ったものです。
みんなで集えば共通の話題で盛り上がり、女性だけが台所で奮闘ということもなく、立ち働くのは男女平等。男女同権。

しかし、男は本心ではこういう付き合いがとてもめんどくさいのではないか。もちろん、そういうのを楽しむ人もいるでしょうが、「妻が喜ぶなら」と、実はちょっと無理をして付き合っている夫も多いのではないかと思います。

この頃、「めんどくさい女」に疲れる男が多いという話を聞きます。

「めんどくさい女」というのは、「自分で何もしないで人に頼ってばかりの世話のやける女」ではなく、その反対で、活動的で趣味も多く、それを男にも付き合わせる女のことだそうです。

つまり、「私と同じようにやりなさいよ」というめんどくさい女。

節約に心がけてとか、もっと気を遣ってとか、一緒に趣味を楽しみましょうとか、地域活動やりましょうとか、そういった奨励の数々は家庭のためにも社会のためにも男性自身のためにもなることではあるのですが、そして、しばらく男はその注文通りやってきたのですが、ここにきて、疲れがどっと出てきたんじゃないでしょうかねえ。

こういうことが晩婚化非婚化の原因の一つでもあるような気がします。

注文の多い女と一緒に暮らすくらいならいっそのこと一人のほうが気楽、なんて。

だけれども、流れを元に戻すことなどできません。

女が我慢して、男のやりたいようにさせるなんて、そんな非民主的なことできますものか。

社会の要求に抗いきれず滅びていく文化なんて珍しくありません。

男の文化だって滅びていくんです。女の介在を許さぬ男の世界、光り輝いていたあの数々の男の文化だって。

.
もちろん、不況や世界的資源の枯渇などを考えれば、男も女もなく節約に励まなければならないし、家庭や社会の調和のためには男にも細やかな気遣いが求められます。仕事も遊びも男女共同参画社会。
だけど、男がみんな女性にならってそれらを忠実に実行するようになると、男というもの、根底から変わっていくんじゃないでしょうかねえ。すでに変化は始まっているとは思いますが。
.

「こんなに涼しいのになんでエアコンつけるのよ」「ティッシュを一度にシュッシュッ何枚も出さないで」「そんな無駄なもの買って。もったいないでしょ」「なんで人の話聞かないの」「テレビばっかり見てないで」「もっとご近所づきあいしないと」「そんなにせかせか歩かなくたって。急ぐ旅じゃあるまいし」「そっちじゃなくてこっち」「あれじゃなくてこれ」「ああしなさいこうしなさい」
要望や指図を羅列すればこんな口うるさい女房によって、男はうんざりするか、女性化するか、思い通りの男に変貌するのか。
いやいや、口うるさいのは妻の専売特許で、大昔から男たちはそれを容認し、それでもなお一家の稼ぎ頭として一応は君臨していたに違いない。

「ま、男はしっかり稼いできてくれりゃあそれでいいんじゃない」。
知的かつ進歩的な女性諸君が聞いたら卒倒しそうな思想で、数々の文句を洗い流す。それも案外悪くないか。いや、もしかしたら幸せの真髄かも。こういうの「昔風の妻」っていうんだろうかねえ。

そんなこんなで夫婦やっとります。

.
             それでも女は長生きする  →人気ブログランキング
.

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2009年10月 4日 (日)

いいとき悪いとき

中曽根元総理大臣が、時折テレビに出演して、思い出話など交えながら今の政治をあれこれ論評なさいます。今朝も「サンデープロジェクト」でご意見を述べられていました。
引退後もあちこちから声がかかり、毎日忙しくてお昼ご飯を食べる時間もない、と仰います。

大変ためになる良いことを仰っているのだと思いますが、中曽根さんが政治の中核を担っていた頃の日本って、黙っていても景気が良くて、政治家にとって今と比べるとはるかにやりやすかったんじゃないでしょうか。
財政も景気も雇用も何もかも危機的な状況にある今の時代、幸せだった時代の総理大臣が「ご意見番」と称してご託宣を並べるのって、アドバイスとしてはほとんど意味がないような気がするんですよね。
なにかしら別の意味や効果はあるのかもしれませんが。

91歳でまだまだ忙しいと、ご機嫌麗しい長老のお姿を眺めながら、先日の選挙の直前に産経新聞に掲載されたスマップの新曲の広告の文面を思い出しました。

.
≪みんな、いいときはいいんです。でも、うまくいかなくなると、誰かのせいにしたくなる。
よく考えてみると、だから、景気のいいときの首相はいまだに人気があって、悪いときの首相は人気がイマイチ、なのかもしれません。

たしかに、政治家にもいろいろな人がいますが、みんな、日本をよくしたい!と頑張っているんだろうと思います。
なかなかうまくいかないことも、裏目に出てしまうこともあるでしょう。

自分たちで選んだ人なのですから、ちょっと大目に見て、応援することも必要なのかな、とも思うんです。
正直、みんなで足の引っ張り合いばかりしているようで、少しうんざりしてしまうところもありますが・・・。

とはいえ、人のせいにしてしまうのはカンタンです。でも、実際に自分でやるとなったら、これはタイヘン。

そう考えると、いま選挙の最後の頑張りで声を枯らしている政治家を見かけたら、みんな頑張れ!という気持ちにもなってしまいます。

・・・・・・・以下略≫

「そっと きゅっと」という新曲の広告だということですが、新聞の2面を使ったその前半の文面が政治家へのエールになっているのは何なんでしょう。

でも、頷けます。

民主党も、こんなひどい状況の時に政権を担当することになってさぞかし大変なことと思いますが、日本のために頑張ってください。

.
         与党って・・・・辛いでしょ? →人気ブログランキング

.

       

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年10月 2日 (金)

経済のまわし方

シニアクラブのバス旅行で、八ヶ岳山麓の三分一湧水身曾岐神社サントリー白州蒸溜所に行ってきました。

雨が少々降っていましたが、森林の美しさはこういう気候のほうが際立つそうで、たしかに薄暗くしっとりとした木立の中の湧水や神社やウィスキー工場のたたずまいはまさに静謐の世界。湿った落ち葉を踏みしめながらの散策は大変に気持ちの良いものでした。

人間は誰でもたまに山や森や川といった自然に触れたがるものだと思いますが、中高年は特に喜びます。
それが健康志向と結びついて、最近の山歩きブームにもつながっているのでしょう。

ここで唐突に八ッ場ダムの話なんですが、「せっかくダム湖を観光の目玉にしようと思っていたのに」というのが、移転した住民たちの希望だった、と聞きます。

私は思うのですが、ダム湖ってそんなに見に行きたいものなんでしょうか。

あのあたりは渓谷が美しいそうですね。トレッキングコースなど整備して、中高年を呼び寄せる作戦はどうでしょうか。
自然の中を歩くことは、それだけで心が洗われる思いがします。
パトロール要員としてレンジャーを配備すれば、高齢者や女性の一人歩きでも安心です。(これは私の妹のアイデア)

加えて、清潔な和風コテージに温泉とおいしい山菜料理などあればもう最高。

先週、テレビ東京「土曜スペシャル 秋の絶景ハイキング」で、奥鬼怒川や京都美山のハイキングコース紹介を見ていて、その風景や素朴な宿泊施設が魅力的で、妹と「八ッ場ダム問題もこういう風な切り替えにできないものかしらねえ」と話していたのです。

こんなこと誰でも思いつくことで、それでも何か難しい問題があって(採算が合わないとか)できないことなんでしょうか。

これがだめでも、みんなで知恵を出し合えば、何か良い考えが浮かび上がってくるんじゃないでしょうか。

ダムが必要か必要でないかは私にはわかりませんが、必要というなら何故必要なのか、必要でないなら何故作るのか、それをよーく考えてから「こういう道もあるじゃないか」という結論が導き出されることを切に願います。

人間は色々なことを思いつきます。みんなで一生懸命考えれば採算の取れるいいものが生み出されるんじゃないでしょうか。

.
           山歩きと温泉とお料理、中高年ねらい撃ち →人気ブログランキング

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »