« 何度だって立ち上がろう | トップページ | 先導者は男か女か総理大臣か »

2009年11月26日 (木)

鳩山一族の野望

友愛精神へのこだわりと母親からの莫大な政治資金注入とを考え合わせると、首相、というか、鳩山一族の意図が見えてきます。

鳩山さんはね、きっと「慈悲深い独裁者」になろうとしているんですよ。

彼は優しくてとっても「良い人」。

国民みんなが幸せに暮らすためにどうしたらいいのかを一生懸命考えた末、「独裁者になるしかない」、そう思い至ったのです。

鳩山一族は「理想」を実現するために、総力を挙げてバックアップして息子たちに民主党を設立させ、その後、自民党の凋落をうまく利用して国会での大量議席を獲得した民主党の党首鳩山由紀夫は総理大臣の椅子に座ることに成功しました。

鳩山総理は独裁的社会主義的慈悲深い政治で経済格差をなくし、国民に総中流の生活を味あわせ、満足させ、感謝させ、その様子を高みから眺めて「民は幸せのようだな。余は満足じゃ」と悦に入る。
それを夢見ているんですよ。
これを野望というのかどうかわかりませんが、とにかく鳩山家に代々伝わる壮大な計画だと思います。
そしてそれは国民の幸せを願う心からきているので、自らの言動への逡巡は微塵もありません。

誰かが王として君臨しなければ、貧富の差なんてなくならないと私も思っているので、独裁手法は良いんじゃないでしょうか。

ただし、その社会構造はすぐに崩壊することと、王族だけの金持ち生活という点を、国民が許容するかどうか、それが問題ですけど。

.
・・・・という冗談はさておき、世界で生き残るための経済成長戦略、さっさと手をつけてくださいね。鳩山さん何もしてないように見えるんですよね。
夫人同伴で歌舞伎に行ったり夫婦仲良くスーパーで買い物したり、そんな映像、失業者や倒産寸前の中小企業経営者の反発を買う以外の効果は得られないと思います。
.

     このままじゃ「もとの濁りの田沼恋しき」になっちまいますよ 人気ブログランキング
.
            

参考拙記事:「慈悲深い独裁者がいい・・・かな?」  

|

« 何度だって立ち上がろう | トップページ | 先導者は男か女か総理大臣か »

コメント

「慈悲深い」の言葉に私の記憶が反応してしまいました。

うる覚えですが、ナイチンゲールがビクトリア女王から「慈悲深い心に祝福あれ」ときざまれたダイヤのブローチを授与されたという話・・・。

鳩山さん病んでいるとも言えるこの世の中、なんとか健康にして下さい!
対症療法的な政策も多くて、もっと根幹治療が必要だと思うのですが・・・。
仕分けはちょっとした手術でしょうか・・・?

投稿: そよ風 | 2009年11月26日 (木) 18時44分

★そよ風さん、

慈悲深い心は人間社会のそこここに必要なものですが、一国をあずかるリーダーには時に冷徹とも見える勇猛果敢な決断力を期待しますね。特に今のような国難の時代には。
友愛とかいくら叫んでも国がつぶれちゃっては元も子もありませんからね。

>仕分けはちょっとした手術でしょうか・・・?<

例えるなら手術前の検査でしょうか?
多分にパフォーマンス的ではありますが、国民がこれほどまで予算のつけられ方に関心を持つことはなかったでしょうから、それだけでも革新的な意味があったと思います。国民レベルでああでもないこうでもないと議論しているわけですから。

>対症療法的な政策も多くて、もっと根幹治療が必要だと思うのですが・・・。<

それはそうなのですが、今緊急に手をつけなければいけないのはやはり景気対策ですよね。
小泉改革の時は「しばらくの痛みは我慢するから、とにかく根幹をやり直してくれ」という国民の思いがありましたが、デフレスパイラルが眼前という緊急事態で、公共事業を削ることに血眼になっている場合ではないということでしょうか。
まあこの事業仕分けも今日で終わるそうなので、これから鳩山さんのリーダーシップに期待しましょう。

投稿: robita | 2009年11月27日 (金) 10時22分

まあ鳩山さんも人間ですから大目に見ましょうよ。
日本経済はもう鳩山さんがどうこうしたってしょうがないと思います。それに長い間、日本は節約にばかりウエイトを置き過ぎているように見えます。そして世論はメディアに洗脳されているようにも思えます。節約はほどほどにして、そろそろ新しい市場を開拓すべきだと思います。特に新興国の中国やインドやブラジル、ロシアは狙い目だと思います。靖国問題などでお隣の中国との関係はこじれてしまいましたが・・・近隣国ほど仲が悪いですよね。

投稿: koichi | 2009年11月27日 (金) 15時20分

★koichiさん、

>まあ鳩山さんも人間ですから大目に見ましょうよ。<

いーや、総理大臣は人間の前に総理大臣です(笑) 
命賭けて国民を守らなきゃダメです(笑) 
倒れるまで全力を尽くさなきゃダメです(笑笑)

>節約はほどほどにして、そろそろ新しい市場を開拓すべきだと思います<

そうですね。加えて新産業の開発。
そっちのほうに力を入れるためにも「子供手当て」や「高校無料化」など見直すべきことはあると思うのですが、なんせ支持率の高い独裁政権だから国民の言うことを聞いてくれるかどうか。

>特に新興国の中国やインドやブラジル、ロシアは狙い目だと思います<

商売商売。

投稿: robita | 2009年11月28日 (土) 10時34分

鬼ですね(笑)

支持率が高いということは多くの国民が節約に賛成している証拠ですよね。少数派の意見は必然的に負けるので、今後の動向を見ているしかありません。メディアの強さ恐るべし。独裁政権かどうかはよく分かりませんが、E.Tに似ているのは確かですよね(笑)

海外に進出する企業をサポートする制度を強化して、儲かれるだけ儲かるようにすれば日本の景気は上がると思うんですけどね。

投稿: koichi | 2009年12月 1日 (火) 13時00分

★koichiさん、

>鬼ですね(笑)<

蓮舫さんほどじゃありませんけど(笑)

自民党の最後の首相たちが、マスコミと野党から意地悪をされ続けながら可哀想なくらい苦労していたのを思い起こせば、これぐらい言ってもちっともかまわないでしょう(笑)

>支持率が高いということは多くの国民が節約に賛成している証拠ですよね<

そうでもないんじゃないでしょうか。
マニフェストのすべてに賛成してるわけじゃないという国民も多いことですし、特に子供手当てなどは8割くらいの人がやめてくれって言ってるそうじゃありませんか。
民主党に全幅の信頼を置いているわけじゃなく、自民党よりはましだから、という理由の人が大半なんじゃないですか。
節約に力を入れすぎると景気も雇用も悪化するし、科学技術の予算を減らせば世界に遅れをとって結果的に国が衰退する、なんていうことは国民にはわかっているでしょう。
そういうことをわかっていながら、何が何でも事業削減とゴリ押しするならそれは独裁と言われても仕方ありません。
民主党には批判されるべき点がたくさんあるにもかかわらず、マスコミも国民もそれを強く言うことができないのは、元のままの自民党が戻ってくることへの警戒感ゆえだと思います。
自民党が生まれ変わるかあるいはいっそ分裂して再編のきっかけを作り、日本を元気にするための目の覚めるような計画を強いメッセージとして発する新党発足が、民主党の思い上がりを反省させる原動力となるのではないでしょうか。
個人的には、自民党の悪いところも民主党のヘンなところもわかっている「みんなの党」がもっと強くなってほしいなと思います。

>海外に進出する企業をサポートする制度を強化して、儲かれるだけ儲かるようにすれば日本の景気は上がると思うんですけどね。<

民間事業をサポートして経済成長を促す、となるとやはり規制緩和推進ということになるんでしょうかね。

投稿: robita | 2009年12月 2日 (水) 11時19分

子供手当てってそんなに不人気なんですか?!知りませんでした。お子さんを抱えた世帯には人気だとおもっていたので。
いえ、ただ節約よりもっと良い方法が見つからないから、とりあえずのところ節約をしているだけだと思います。
僕は科学技術の予算削減には賛成ですよ。国がサポートせずとも企業が必要ならサポートするでしょうし、お金がなくてもあってもそれに関係なく、科学の進歩は研究者の能力によると思っていますので。それに、そういう技術の進歩は少し減少すべきだとも思います。少し速すぎます。先を行く人はどんどん先へ行き、後ろの人は追いつけなくなっています。
多くの国民がrobitaさんほどそう深く考えているとは思えませんが(笑)
まだ始まったところですからとりあえず様子見なのではないでしょうか。僕も事業仕分けが経済にどう影響していくそうかについてはよく分かりません。ただそろそろ節約という考えから離れて増税を視野に入れて政策を決定していくべきだと思います。今年の日本の債務は800兆円を超える見通しです。
僕は今のところですが、海賊対処法案に反対している共産党を応援しています。

>民間事業をサポートして経済成長を促す、となるとやはり規制緩和推進ということになるんでしょうかね。<

そんな感じです(^へ^)
中国を見習ってみるのもいいと思います。

投稿: koichi | 2009年12月 3日 (木) 12時04分

★koichiさん、

子供手当ては、子育て中の人やこれから子供を持とうという人には嬉しい支給であることは間違いないでしょうが、所得制限なしの一律支給では、ただのバラマキです。
そんなことに莫大なお金を使うより、景気回復のためには雇用をなんとかしたほうが早いのではないでしょうか。

>科学の進歩は研究者の能力によると思っていますので。それに、そういう技術の進歩は少し減少すべきだとも思います。少し速すぎます。先を行く人はどんどん先へ行き、後ろの人は追いつけなくなっています。<

資源のない日本は技術力で勝負するしかないとか、熾烈な競争に勝ってこそ日本の国力増強につながるとか、さんざん言われていますよね。
これまでもずっと日本の技術者研究者は他国に比べて格段に少ない予算で頑張ってきましたし、あまりに可哀想なので予算をもっとつけるべきだともずっと言われてきました。
それなのに反対の方向にいってしまうとはまことにもって残念です。
個々の事業に関しての重要性は私にはわかりませんが、新しい技術の開発のためにより多くの予算をつけるのは日本のような国では必須なのではないでしょうか。

それとも、他国に遅れをとってもいい、そんなに儲からなくてもいい、経済成長がなくてもいい、ということなら、日本国民が自らの行く末をよーく考えてそれを選択したらいいのです。
私はこれまでもたびたび書いてきましたが、「日本国民はいったいどうしたいのか。どうなりたいのか」ということを落ち着いてよーく考えるべきだと思います。

投稿: robita | 2009年12月 5日 (土) 10時13分

先日の朝日新聞の投稿の川柳欄に
「億万の子供手当を総理受け」
という句がありました。

評者のコメントは
「銀の匙」

うーーん。
それでもこの国は平安。
彼のネクタイがイヤに上等に見えるのは、僻みでしょうか。笑

投稿: 街中の案山子 | 2009年12月 8日 (火) 16時10分

★街中の案山子さん、

>それでもこの国は平安<

見方によって、平安とも言えるし、混乱の極みとも言えるし(笑)

>彼のネクタイがイヤに上等に見えるのは、僻みでしょうか。笑<

私は個人的にはとてつもない金持ちがいていいと思ってるし、贅沢品を身につけて庶民の憧れを募らせてほしいし、文化の牽引役にもなってほしいと思っています。
今のところ生きるか死ぬかの生活苦状態でないからそう思えるのかもしれませんが、瀬戸際状態の人々にとっては、綺麗事しか言わない首相のセレブ生活は反感の対象になるでしょうね。

鳩山政権は、「国民のみなさまの生活」一辺倒になってしまって、成長戦略が欠如していると言われます。
中長期的な成長戦略がなければ国のお金をどう配分するかのめどが立たないし、若者も希望を持つことができません。
知識階級で結構な収入を得ながら(つまり「勝ち組」)、「経済成長はもうしなくていいじゃないか」「あるものを分け合うのがいい」「お金がなくても地域の温かさでカバーする」とかの意見を言う人がいます。
そういう人たちは「お金はそこそこでいいから精神的な幸福を得るよう価値観を変えるべきだ」みたいなことを主張しますが、欺瞞以外の何ものでもない。
とはいえ、こういう経済破綻寸前状態の時はとりあえず社会主義的政策が有効なのかもしれませんね。つまり、金持ちから召し上げる、という。
首相、贈与税とっととお払いなさい(笑)

投稿: robita | 2009年12月11日 (金) 11時24分

「お金はそこそこでいいから精神的な幸福を得るよう価値観を変えるべきだ」みたいなことを主張しますが、欺瞞以外の何ものでもない。
    ↑
欺瞞?ですか。

そう言いながら、お金を追いかける人が欺瞞なのであって、「   」を実践している人を、そう呼ぶのは、当たっていないのではないですか。
欺瞞ではなく、律儀な、そういう人知っていますので。

投稿: 街中の案山子 | 2009年12月11日 (金) 15時29分

★街中の案山子さん、

>そう言いながら、お金を追いかける人が欺瞞なのであって<

そう書いたつもりなのですが。

「お金を追いかける」と「お金を稼ぐ」は印象が違うと思いますが、どちらにしろ、高収入を得ている、ということは生活が安定し余裕があるということです。
その高収入が、どんなことに使われるのか、どのくらいが投資に、あるいは貯蓄にまわるのか知りませんが、いずれにしても幸福な生活の土台となっているのはたしかなことです。
お金を稼ぐことは悪いことではありません。この人たちは努力し、それだけの働きをして高収入を得るに至ったと思います。
ならば、彼らが言うべきはむしろ「努力し工夫すればお金が手に入る」という力強い励ましなのではありませんか。
「幸せはお金では買えない」などというわかりきった普遍的な道徳を、高収入を得て豊かな暮らしを享受している人々が何を意図してわざわざ口にするのか私は疑念を抱かざるを得ません。
貧しくても幸せに暮らす術はあるし、実行している人もいるし、私もそうありたいと思います。それは人間としてとても美しい。
お金がなくても幸せを感じられるようにみんなが価値観を構築すればこの世は愛に満ち平和にもなるでしょう。
クリスマスにふさわしい気持ちの持ちようではありませんか。 
2年前に「クリスマス・カロル」という記事を書きました。
森永卓郎さんのこういう言葉やクリスマスカロルの物語は、時折発せられるべき感動的なメッセージであり、癒しや反省の材料としてとても価値あるものです。
でも、社会構造を根本から変える意図のもとで、件の知識階級の人たちが「貧しくても幸せな社会を」と提言するならば、やはり現実的ではないし、私は欺瞞と感じてしまいます。
欺瞞という言葉に抵抗感があるなら、「才能のない人や貧乏な人たちへの高みからの慰めの言葉」と言い換えてもいいのです。

「そこそこの生活で満足する」というのは経済の停滞を意味すると思います。
そもそも欲望(さらなる生活の向上や新しいものへの憧れ)こそが経済成長の原動力ではないのでしょうか。
「格差さえなければ良い」とか「あるものを分け合う」というのは社会主義思想に他ならず、その方法ならとっくに人間には合わないということがわかっています。
欲のない律儀な人ばかりでは経済発展はないでしょう。それは国の衰退を意味します。
欲望やエネルギーの爆発、わくわくするような高揚感は不可欠です。
昨今は「高揚感」はあたかも悪いことのようにむしろ抑圧されているように思います。
変革期なのだから、もっと自由にもっと高揚して、傷つくことを恐れず何でも挑戦すればいい、若い人は特に。
私はそんなふうに思うのですけど。

(これ大事なことだと思うので、コメントに賛同くださる方がいらっしゃいましたら、どうかクリックお願いします → ブログランキング  )


投稿: robita | 2009年12月14日 (月) 10時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鳩山一族の野望:

« 何度だって立ち上がろう | トップページ | 先導者は男か女か総理大臣か »