« 学習できたかね? | トップページ | 空がきれいだ »

2009年12月30日 (水)

皆様良いお年を

作家の渡辺淳一が、週刊新潮連載エッセイ「あとの祭り」で、内閣府の世論調査の質問の仕方を批判している。

先日、内閣府で発表した、世論調査の結果が話題になっている。
「結婚しても必ずしも子どもをもつ必要はないか」との質問に、「賛成」と「どちらかといえば賛成」を合わせて、調査開始以来最高の42.8%に達した、というのである。】

「しかし、子どもはモノではない、必要か必要でないかで持つものではない、男女が愛し合って自然の成り行きで誕生するものである」として、渡辺氏は「この『必要はないか』という問いかけ自体愚かである」と書く。「愚問に流されるな」と仰るのである。

でも、私は愚問だとは思わない。
だって、これは、この国の生活レベルや安全を守るために、国民がより多くの子どもの誕生をどれだけ重要視しているかの意識調査なのではないだろうか。
つまり、自分たちが子どもを産まなければ国の衰退につながるということであり、結局、それは自分たち自身の生活に跳ね返ってくるという社会の構造にどれだけ国民が自覚的であるかという調査だと思うのである。

国の存亡に関わるからこそ、政府は「必要か必要でないか」を聞いているのであり、それは正しい質問の仕方だと私は思う。

政治や経済を論ずる評論家からは、渡辺氏のような情緒に偏った意見は出てこないだろう。

__________

ところで、子育てへのサポートを謳った「子ども手当て」だが、とてつもない大金をつぎ込む割に、残念ながらあまり効果は出ないのではないかと私は思う。

もちろん、この金を当てにして子どもを産む人もいるだろうし、家計が助かると喜ぶ人もいるだろう。
でも、出生率は微かに上がるぐらいのことはあるかもしれないが、出産ラッシュにつながるとは思えないし、余裕ができてお金を使うようになるとも思えない。
将来の不安から溜め込むだけになってしまうのではないだろうか。果たして生活支援とか景気対策としての効果を発揮するだろうか。
だいいち、財政が心配だ。

生活サポートにあまりお金をつぎ込むより、失業や就職難で働けない人が大量に生まれていることが問題なのだから、雇用を生み出すことが最重要じゃないかと私などは思うのだが。

子どもを増やすことも大事、子育て支援も大事だが、それ以前に、今目の前にある雇用問題を優先的になんとかしたほうがいいのではないかと思う。

お金をバラまいて景気を良くしようとするんじゃなくて、雇用を増やして税収につなげたり、自分で稼いだ金でものを買う喜びを持たせたりするほうが先なんじゃないだろうか。

__________

昨日、テレビ朝日で池上彰氏解説の「学べるニュース スペシャル」を見た。
テレビタレントたちが発する素朴な質問に池上氏がわかりやすく説明するという番組だ。
最後のほうで、「先進国でデフレ危機に陥っているのは日本だけ」という話になった時、お笑い芸人の土田 晃之が「じゃあ、日本人みんなでお正月に100万円使いましょう、ということにすればデフレは解消されるんですか」と言うと、池上氏は「その通りです。お正月だけじゃなく、貯めこまずお金を使うようにすればデフレは改善されます」と答え、なぜ余裕のある人もお金を遣わないかというと、「それは日本人の気質」ではないかと言った。
つまり、日本では金持ちに対する「ずるい」という感情が強く、お金を使いにくい空気があるというのである。
豪邸に住んで、いいものを着ていいものを食べている人たちに向けられる視線の冷たさが金持ちを萎縮させている、ということだ。
同じことを評論家竹村健一氏も「だいたいやねえ、日本人ちゅうのはやねえ」と昔から盛んに言っていた。

外国では金持ちの生活ぶりを見て「羨ましい。自分も頑張ってああなりたい」と欲望を膨らませるのだが、日本では妬みや不公平感から金持ちを自分たちのほうに引きずり下ろそうとする。みんながみんなそうではないが概してそういう傾向の違いがあるということのようだ。

外食をほとんどしない私も、高級なお店でランチを楽しむ主婦たちを「良いご身分だねえ」などと昔は思っていたものだが、そんなケチくさい視線は国を衰退させるだけだ。

庶民にお金をバラまいてもあまり使わない可能性が高いので、金持ちにお金を使わせる環境整備について考えたほうが早いかもしれない。金持ち優遇だ!なんていう社会主義的根性は、とりあえず胸にしまうのがいい。

こんな時に、「もう経済成長はしなくていい」とか「経済成長がなくても幸せを感じる社会の構築を」とか力説する学者先生がたは、国力というものをいったいどう考えておられるのだろうか。

景気には「人の気持ち」が大きく関わる。
それを考えれば何もかも政治のせいにはできないはずだ。

国民が今持つべき感情は、嫉妬ではなく、寛容の心であり、何でもやってみようという挑戦の心であると思う。

そして政府としては、雇用につながる経済成長戦略と金持ちに金を使わせる作戦、この二つを重点的にやればよかったんじゃないでしょうか。
.

   つれづれなる年末に考えてみました 人気ブログランキング

.

|

« 学習できたかね? | トップページ | 空がきれいだ »

コメント

そうそう。節約は美徳の訓に親しみすぎて、遣うのが下手ですよね。
マスコミもこぞって、値下がりのニュースを流すし、新聞の旅行広告も、悲鳴が聞こえてくるような価格設定をしています。
じゃ、このお正月、高級食材を買おうかしら、と張り切って買い物に行っても、ランク一つ下でもいいか、と反応してしまう案山子です。アハハ。
良いお年を。

投稿: 街中の案山子 | 2009年12月31日 (木) 08時09分

先日テレビで30代前半の男性の未婚率が50パーセント、一生独身で過ごす男性が17パーセントと聞いてびっくりしました!

義兄2人が50代で独身です。また夫と私の甥二人も30代後半で医師、教師でありながら独身です。
先日上の義兄(58歳)が病気で入院したのですが、夫とつくづく人間やっぱり結婚して子どもを作らなければだめだねと話しました。全てのことを兄弟でお世話しました。

命のリレーは自分も走り切るにはきちんと子どもに襷を渡さなくてはと思います。そして国を存続、繁栄させていくためにも・・・。ひとり息子にはなんとしてでも結婚してもらって絶対この手に孫を抱くぞ~!!


私は読書ノートを作っているのですが、お金の使い方に関してこんなことをメモしていました。

「ぜいたくしない、節約しない、たまにばっと使う!」

私は何かがんばった時、自分にご褒美として何かをばっと買います。ひとりこっそり美味しい店でランチもします。
自分に投資をすることも覚えました。金品だけでなく心の栄養となることをどんどんやること。


今年ロビタさんに出会えてラッキーでした。私も年相応にいろんなことを知らなくては学ばなければという気持ちになりました。
地元新聞のコラムに「年を重ねるということは、この世のことをいかに多く知ったか、できたかを語る権利を有することではない。むしろ、この年まで生きて、いかに知らないことが多いかを自覚することではないかと思う。」とあり、ドキッとしました。

ロビタさんのブログを覗いて常に自分に問題提起しながら分からないことはどんどん学習していきたいと思っています。

ロビタさん今年はお世話になりました。良いお年をお迎えください。

投稿: そよ風 | 2009年12月31日 (木) 20時01分

私も先日のテレビみました。
我が家の近所にお子さんが5人いる家があります。お金持ちじゃないんですが、子供が大好きなんです。おばあちゃんが子育てを手伝っています。みんな凄くたくましく、良い子です。子供手当てが全額支給されたら・・・ちょっと羨ましいです( ̄ー ̄)ニヤリ
ちなみにその家のお母さん、もとヤンキーだそうです。でもとってもやさしい人です。子育てって頭でするんじゃなくてハートでするんだな~って思いました。
ロビタさん、来年も頑張って下さい。とっても頼りにしています。良いお年をお迎え下さい。

投稿: hana | 2009年12月31日 (木) 23時25分

robitaさん、

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

新年早々、暗い話で恐縮ですが、まず「金持ち(だけが)がお金をどおーんと使う」ということよりも、「みなさんみんなが、それなりにお金を使う」方が経済効果は高いです。まあ、そんなことは当たり前のことで、それができないから、「金持ち(だけが)がお金をどおーんと使う」の方に期待しているんじゃないのと言われるかもしれませんが。方向として、「金持ち(だけが)がお金をどおーんと使う」ではなく、「みなさんみんなが、それなりにお金を使う」でなくてはならないと思います。昭和30年代だって、そうでしたね。「金持ち(だけが)がお金をどおーんと使う」というのは、状況的に無理があります。「みなさんみんなが、それなりにお金を使う」。それだけでいいんです。それだけで、大きな経済効果が生まれるんです。

だだし、今の経済はグローバル化していますから、例えば、少子化対策で国からもらったお金で、子供のおもちゃを買いました、としても、そのおもちゃはメイド・イン・チャイナですので、そのお金は中国の企業の利益になりました、ということになります。だから、少子化対策でお金が出るのはよろしくないということを言っているのではなく、ようするに経済はそういうもんなんです、ということです。

で、そういうもんなんですということで考えた場合、今年、2010年は中国が日本を抜いて世界第二位の経済国になります。東アジアで「ひとつの大きな経済圏」が今生まれつつあります(まあ、もうあるわけなんですけど)。そうなると、どうなるのかというと、例えば、人件費が中国と韓国と台湾と日本で「同じ」にならざるえないわけです。具体的にどうなのかというと、中国では人件費がそれなりに上がり、日本では人件費はさらに下がる、ということです。そうしないと、「売れない」わけですから、そうせざる得ない。あるいは、企業は日本から出て行って、中国、韓国、台湾などへ行って、そこで現地の人を雇う。つまり、日本人の雇用にはなりません。

じゃどうしたらいいのかといいますと、極端なことを言えば、中国にもできない「もの」を世界のマーケットで売るということです。中国にもできないんですから、値段はこっちのいい値で売れますね。robitaさんの言う国力で言うのならば、国際競争力のある「製品」を生み出すことが必要なんです。

だだし、ですね。ここで、ただし、がつきます。国際競争力のある「製品」を生み出すことができる企業なり人材なりは、ごく少数であって、大多数は「そうじゃない」わけです。この「そうじゃない」ところをどうするのか。この部分について、国力というものをいったいどう考えているのかと言ってもしかたがないですな。構造的に「中国の勝ち」になってしまっているわけですから。もちろん、江戸時代の日本のように鎖国をすれば、なんとでもなりますが。

僕は、この「そうじゃない」部分で、福祉でなんとかするのではなく、低い生活コストで暮らすことができる社会になることが必要なのだと思います。経済のグローバル化は、悪いことばかりではなくて、実はこれを可能にします。上記で、「人件費が中国と韓国と台湾と日本で「同じ」になる」と書きましたが、これはまた生活コストが、中国と韓国と台湾と日本で「同じ」になる、ということも意味しています。つまり、生活コストは、中国で上がり、日本では下がる、ということです。そう簡単に、すぐにはなりませんが。

つまりまあ、robitaさんの言う国力云々というのは、一部の国際競争力のある企業なり、人材なりに頑張って頂き、そうじゃない大多数は、中国、韓国、台湾、シンガポールといった国々と「ひとつ」になって、安く暮らせる世の中にしましょう、とワタシは思います。

少子化対策だって、今の状態でお金を渡すだけでいいわけはないんです。子育てって、10年、20年先まで続きます。今、コレコレのお金を渡しますではないんです。あるいは、日本の将来の国力がドウコウということではないです。この国が、明るく、楽しく、安く暮らせる世の中になってくれれば、それでいいんです。それだけなんです。そうなれば、自然にでも子供は増えてきます。

投稿: 真魚 | 2010年1月 1日 (金) 23時33分

★街中の案山子さん、

>じゃ、このお正月、高級食材を買おうかしら、と張り切って買い物に行っても、ランク一つ下でもいいか、と反応してしまう案山子です。アハハ。<

そうなんです。私もいつもそんな感じ。貧乏性といいますか(笑)
デフレはこのまま進むと恐ろしいことになるそうですから、なんとか脱却しないとね。
お互いに良い年でありますよう。

投稿: robita | 2010年1月 2日 (土) 10時54分

★そよ風さん、

そう、独身の男性、多いんですよねえ。独身の女性も多いんですけど。かといって適当にくっつけるわけにもいかないし・・・。ほんとに困った困った。
昔だったら、男女ともに年頃になったら、見合い写真が自然に行き交っていましたし、「良さそうな人」っていう感じで結婚してましたねえ。少なくとも私の世代ぐらいまではそんな感じでした。
今は自分で「この人」と納得できる人を自分で探さなければなりませんものねえ。
私もカップル成立のために何かできないものかと思ってはいるのですが、なかなか難しいことです。

>「ぜいたくしない、節約しない、たまにばっと使う!」<

そういうのいいですね。賛成!

>今年ロビタさんに出会えてラッキーでした。私も年相応にいろんなことを知らなくては学ばなければという気持ちになりました<

ありがとうございます。ブログやってて良かったなと思います

>むしろ、この年まで生きて、いかに知らないことが多いかを自覚することではないかと思う<

私も日々それを感じています。興味のあることにばかり関心がいってはいけないな、と。

>ロビタさん今年はお世話になりました。良いお年をお迎えください<

こちらこそ温かいコメントをたくさんありがとうございました。良い年でありますよう。

投稿: robita | 2010年1月 2日 (土) 10時56分

★hanaさん、

ヤンキーだった人が沢山子どもを産んで良い家庭を築いている、っていうの、テレビなんかではよく見ますね。
こういう人たち、子ども大好きなんですよね。
子どもがいて楽しい、というのが一番大事なことなんですが、子どもを必要としない人も増えているのでどうしようもないですね。「子どもを好きになれ!」なんていうのは無理がありますし。
だからせめて、あともう少しお金があれば子どもをぜひ産みたい、という人と、結婚して子供を持ちたいが貧しくて所帯を持てない、という人に目を向けることが必要になってきます。それは所得を増やすこと、つまり景気浮揚にほかなりません。
もうひとつ、結婚相手が見つからないという人、ここも重要視しなければならないと思います。私も結婚できない女だったので他人事ではありません。
とはいえ、うちにも年頃の息子や娘がいるのでそっちをまずなんとかしないと
お互い頑張って良い年にしましょう。

投稿: robita | 2010年1月 2日 (土) 11時00分

★真魚さん、

新しい年、いかがお過ごしですか。
こちらこそよろしくおねがいします。

>「みなさんみんなが、それなりにお金を使う」。それだけでいいんです。それだけで、大きな経済効果が生まれるんです。<

それはその通りだと思いますよ。
それに加えてお金持ちも気兼ねなくお金を使ったらいいんじゃないでしょうか。

>国力というものをいったいどう考えているのかと言ってもしかたがないですな<

国力って、お金持ちになることじゃないんですか。
良い製品を沢山作ってみんなに買ってもらってお金を儲けることだと思います。
企業によって得意不得意があるのは当然なので、力のある企業にはどんどん外で稼いでもらって国全体で金回りが良くなる、それでいいのではないでしょうか。

>この国が、明るく、楽しく、安く暮らせる世の中になってくれれば、それでいいんです。それだけなんです。そうなれば、自然にでも子供は増えてきます。<

まったく異論なし。明るく、楽しく、安く暮らせる世の中になってくれれば、結婚も出産も今より増えるでしょう。子ども手当てなるものをバラまくよりずっと効果的だと思います。(ただし、今の時代の人たちが結婚も出産もしない傾向にあるのは別の理由が大きいので、昔のようにみんなが普通に結婚したり子供を2.3人持ったりということはないでしょうが。それでも生活が安定すれば結婚も出産もたとえわずかでも増えるでしょう。)

で、ここで、問題なのですが、真魚さんは、「それだけなんです」と仰るその「単純なこと」が具体策となって実行されない理由は何だと思いますか。それを聞きたい。
簡単なことなら早く実行すればいいじゃないですか。

中国と良好な関係になって商売に励めばいいのだが、反中国の気分がそれを阻んでいるということでしょうか。

中国って、東アジアを「人民元の海」にしようと、着々と計画を進めているそうです。鳩山さんの夢見る東アジア共同体構想は、中国にとっては自国通貨「元」を基軸とする経済圏構築にとってまことに都合の良い考え方です。それは円の価値がなくなることを意味し、そうなったら国力もへったくれもなくなるのではありませんか。
経済的に中国の傘下に入るということは軍事防衛力の面においても中国に飲み込まれるということではないのでしょうか。
それでもいいじゃないか。楽しく暮らせて子どもも増えるんだったらそれでいいじゃないか、というのであれば、まあいいですけど。

何年後かに、「中国帝国主義打倒!中国の基地反対!中国は出て行け!」なんていつか見たような光景が繰り広げられたりして。
アメリカの傘下にあっても「円」はずっと信用があったのを考えると、全然違う関係だろうとは思いますが。

投稿: robita | 2010年1月 2日 (土) 11時03分

昨日2日のNHK討論会でも東アジア共同体の話が出ましたが、識者の方々は基本的なことを理解していないようです。中国が日本やオーストラリアのような民主国家と同じ共同体に入るのはロシアがEUやNATOに入ることと同じであると。

以前にもコメントとTBしたようにロシアはback to the Old Soviet Unionとでも言うべきカルト・ナショナリズムの渦中にあります。中国も同様です。

確かにグローバル化は進んでいますが、冷戦直後の「歴史からの休暇」は終わって主権国家の役割が再び強まっています。

ともかく昨今の日本人はしきりに中韓と言いますが、実際には中寒の方がはるかにcriticalです。えっ?寒国ってどこかって?それはもう、文字通り、あの国ですよ。日本のお隣でもあるあのばかデカイ国です。

同じ先進国として日本人もアメリカ人やヨーロッパ人の世界認識に追いつかないといけませんね。

投稿: Shah亜歴 | 2010年1月 2日 (土) 21時13分

★Shah亜歴さん、

TBありがとうございました。
NHKドラマ「坂の上の雲」など見てますと、明治の政治家や軍人がいかに国の防衛と発展のために必死の外交努力をしていたかわかりますね。近代化して間もない日本の健気な姿に心打たれます。
そんな必死さがなくなり「みんなで仲良くしよう」と思い始めることが、野心も活力も豪胆な精神も失わせてしまうだなんて、人間ってほんと矛盾に満ちた生き物ですね。

投稿: robita | 2010年1月12日 (火) 11時33分

robitaさん、

明るく、楽しく、安く暮らせる世の中になるにはどうしたらいいか。いろいろな観点からいろいろ言えますけど、身近なことで、カンタンに言えば、みんなが、みんな、そう思うようになればいいんです。それだけです。それだけなんです。問題なのは、こんな「それだけなんです」のことなんですが、やるとなるとものすごくヤヤコシイということです。

これからの世界の市場の主要都市は、アメリカやヨーロッパではなく、大連や香港や広州や上海、シンガポール、インドなどになります。世界の共通語は、英語だけでなく中国語も必要になります、そんな世界になります。しかし、そうなると日本だって、アジアの国なんですから、これは有利ですよ。これまで、ニューヨークで会議がってなった場合、行くだけでも丸1日以上は潰れるし、時差があるから、体力的にもたいへんじゃないですか、それが北京だと、仕事をして日帰りできちゃいます。これは有利ですよ。新幹線で東京から大阪へ行きましたという時間で、成田から北京へ行けちゃうんですよ。つまり、「おおさか」も「ぺきん」も「しゃんはい」も「そうる」も「同じ」なんです。

ところが、これを「おなじ」と思わない、思えない思考というのがあるんですね。ここです、ここ。
中国はどうも信用できない。日本は中国に「支配」されるんじゃないか。中国はアジアを「支配」しようと着々と準備をしている、などなど。

例えば、中国の映画や韓国のテレビの人たちは、他のアジアの国々のマーケットに積極的に進出し、とにかく売り上げを伸ばそう、いい作品(商品)を作ろうと、しゃにむに頑張っているのに対して、一方、今の日本人は、他のアジア諸国に対して無関心と感情的な距離感をもっていて、結局なにもしない姿を見る時、もはや勝負はついたなと思います。

投稿: 真魚 | 2010年1月16日 (土) 12時41分

★真魚さん、

考えてみれば、日本と中国はもうとっくに経済の面でお互い切っても切れない関係なんですよね。
多くの日本人が北京にも上海にも、それどころか、聞いたこともないような内陸部の田舎町にも進出して商売に励んでいるようです。
そういうリポートを見聞きするたびに、日本人は中国人に負けず劣らず金儲けに貪欲なんだなあと思います。
日本にも中国の人は大勢住み、その数も増大し、観光客もどんどん増えてるようです。政府も観光立国としての日本の戦略を推し進めると言ってます。
日本と中国はお互い儲け話では良い関係なんじゃないでしょうか。
そういうことと、東アジア共同体構想はまったく別のことだと思うんです。
こんな心配はしなくて良い(→ http://sankei.jp.msn.com/economy/finance/090927/fnc0909270843001-n1.htm )中国を警戒する必要などない、という確かな展望があるならそれで良いとは思うんですが。

>結局なにもしない姿<

そうでしょうかねえ。
やる気のない人も多いけど、やる気のある人も多いのでは?
ピンチをチャンスと受け止めて、今も虎視眈々と機会を伺ったり、実際に行動している人は少なくないのではないでしょうか。


>もはや勝負はついたなと思います<

真魚さんのような若い世代が早々と戦意喪失しちゃあだめですよ。
気分が萎えたら国も人もだめになります。
日本人の底知れぬパワーを信じましょうよ、というか、私たち自身そのパワーとならなきゃ!

投稿: robita | 2010年1月17日 (日) 17時45分

中国について言うならば、これまでとは違う二重の性質を持つ大国が出てくることが要注意です。確かにGDPの総額では日本を抜いて2位になるかも知れませんが、他方で膨大な人口のために一人当りではかなり低くなります。

これは非常に厄介なことで、中国は自国の都合によって大国意識をごり押しするかと思えば、ある時には途上国としての配慮を求めるようになります。先のCOPなど良い例です。こうなると大国の責務は果たさずに、自国の国益を世界にごり押しする恐れがあります。

中国経済の発展はすごいのですが、高速鉄道に象徴されるようにそれも日本や欧米の技術を使ってのものです。自前の新幹線を開発した日本の高度成長とは大違いです。そもそも増長する大国意識に見合うだけの世界ビジョンが中国にあるのでしょうか?欧米は長い年月をかけて世界の運営方針を研究してきています。

中国と宥和するにせよ対決するにせよ、この二重の性質をしっかり考慮する必要があります。

「坂の上の雲」は本当に良いドラマです。欧米とアジアの狭間で日本の行く末を模索する明治の先人達と比べると、昨今の永田町と霞ヶ関の政治意識は本当に貧困です。それを克服するには日本国民が気合いを込めて我がブロググローバル・アメリカン政論を注視することです。

ともかく、中国の二重の性質には、日本は欧米先進国の一員として対処すべきと私は考えています。昨今の日本での議論は中国に追い抜かれる恐れと悲哀ばかり。レベルが低すぎます。

投稿: Shah亜歴 | 2010年1月29日 (金) 12時56分

★Shah亜歴さん、

先日、中国研究家の中島嶺雄さんが「友好から遠い中国の脅威拡散」と題して新聞で論じていましたが、次のような文が端的に中国を表していると思います。

【今日の世界で中国を軍事的に攻略しようとする国などないのに、ひとり中国のみが軍事的膨張を続けている。経済成長に伴う甚大な環境破壊を地球規模でもたらし、人権や報道の自由を抑圧しネット情報を検閲して「脅威の拡散」を意に介しない巨大国家が我が国の目の前に存在しているのである。】

中国との友好を強調しつつ経済面で利用し合うのはおおいに結構なことだと私も思っていますが、鳩山さんの言う友愛の精神で国際社会の厳しさをかわすのは難しいんでしょうね。

投稿: robita | 2010年2月 1日 (月) 10時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 皆様良いお年を:

« 学習できたかね? | トップページ | 空がきれいだ »