« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月26日 (月)

家族の食卓

定年後の延長雇用で2年を経て主人が退職しました。
3月いっぱいで40年近く勤めた会社を去りましたが、今まで積み上げてきた人脈やノウハウを生かして、知人の仕事のお手伝いをするため時々出かけます。
もう給料はありませんし、家にいる時間が多くなりました。

今までは見送っていた私が、見送られて出かけることもたびたびです。
お昼ごはんくらいは一人でなんとかなるものの、やはり夕飯の支度の時間までには帰らないといけないので、友人とのお喋りもあわただしく切り上げて帰路に着くことになります。

ノンフィクションライターの久田恵さんがこんな文を書いていました。→「自立に役立つ貧乏」 

【夕方、用事を終えたら、「すぐに帰らなければならない人」のほとんどの理由が「夫や子供の食事の支度」という事態は、どういうことなのだろうと思ってしまう。】

自立したキャリア・ウーマンの視点、というより今の時代に生きる人間として当然の考え方だろうと思いますし、まず子供の自立を妨げるほど世話を焼いちゃいけません。

ただ、女性の立場として言わせてもらえば、この『「身軽」とか「気軽」とか「自由」とかが至上の価値』、っていう考え方もひとつの「頭の固さ」のあらわれなんじゃないかなあって気がするんですよね。

女房の作ったものを食べたがる手のかかる夫をめんどくさいと思いつつ家路を急ぐ不自由さだって女性にとって意味のないことではないのです。

私が入院したり死んだりしていなくなったとしたら、それはそれで、男一匹、台所で悪戦苦闘する人生が始まるだけのこと。

そういう不自由さを年取ってから経験させるのは可哀想なんでしょうか。

いや、私はそうは思わない。

人はいくつになっても学べるし、だいたい、「困らないように」と用意周到になりすぎて文化が変質することのほうが問題ありじゃないか、と思うんですよね。

それが時代と共に起こる単なる微小な変化であるならば問題はないのですが、家族の良さまでも損なうものであるならばそんな身軽さはいらないと思います。

一番の近道や効率の良さや個人の自由を追求するあまり、父性や母性や子供らしさが失われることはないのでしょうか。

人は、グローバリズムや資本主義の問題点に対しては声高に批判し「人間の原点に戻れ」とか「カネだけで幸せになるのではない」などと盛んに言うくせに、良き家族の維持に要する「我慢」にはとんと無関心であるように思います。

そして、「家族の食事の支度のために楽しいお喋りを切り上げて帰るなんて気の毒」などと上から目線の物言いをするのです。

国の強さや豊かさがあってこそ、個人の幸せが成り立つのですから、国の運営はなるべく効率よく無駄なく為されなければなりませんし、うまく稼いで富を増やさなければならないのは言うまでもないことですが、人間が育まれる家族という単位はそんなに単純なものではありません。

「誰にも束縛されない自由」という価値もあるでしょうし、「奉仕することで誰かが喜んでくれる幸せ」という価値もあるのです。「家庭」は子どもが価値観を形成する場所なので、家族の形は重要な意味を持ちます。

「家庭」は、効率の良さだけで運営される場所ではなく、数々の難儀を経験してお父さんもお母さんも子どもたちも成長する場所であります。
たとえ諍いがあっても、揃って食卓を囲むことで回復し、そういったことの積み重ねが知らず知らずのうちに家族の絆となっているのではないでしょうか。

久田恵さんのご意見は「女が身軽で自由になれるこの形が一番いいのだ」という風に聞こえるのですが、そうだとしたらもう少し柔軟さが必要かなあと思います。

(タイトルの「自立に役立つ貧乏」というのは賛成ですけどね。貧乏は人を自立に駆り立てるはず)

.
   まだまだ書き足りないけれどこの辺で 
        よろしくお願いします  
人気ブログランキング 

.    

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2010年4月 2日 (金)

JAPA~~~N!

日本人は国際社会で存在感をアピールするのが苦手で、外交交渉やビジネスの場でもあまり力を発揮できないのは、色々理由があるだろうけど、世界共通語である英語を駆使できないとか、その前にそもそも「喋り」自体がうまくないということが原因の一つと言えるでしょう。

世界の表舞台ではたしかにぶざまで情けない面はあると思います。

しかしサブカルチャーの世界では日本はたいしたものだと思わされることが多々あります。

アキバとかアニメがどうのという話ではありません。

日本人の論理力と柔軟性とユーモアの精神がおおいに発揮される国際会議があるのです。

以前、北野たけしの「ここがヘンだよ日本人」というテレビ番組がありました。日本在住の外国人をスタジオに招いて日本批判をさせ議論する番組でした。あれを進化させたと思われる「世界サミットたけしJAPAN」を楽しく見ました。
(これは2回目で、初回は去年9月。捕鯨問題で自分勝手なオーストラリア人をぎゃふんと言わせた場面が印象に残っています)

お笑いタレントや評論家などが日本チームを組み、茶々を入れたり、真面目な論を展開したりします。

くだらない、と言うなかれ。

さまざまな国の人々が50人ほど出席するのですが、日本語での論戦なので、その点で日本人にとっての不利はありません。
それどころか、外国人の方々の日本語の能力は見上げたもので、彼らこそ日本語を駆使し日本語を楽しんで論理を展開します。

あまり上手でない人もいますが、言葉の羅列でもその一生懸命さで言いたいことは充分伝わります。

国際問題としてかなり重要な内容を扱っているにもかかわらず険悪なムードにならないのは、もちろん娯楽番組としての制作手腕や、やってる本人たちが専門家でなく気楽な素人だということもあるかと思います。

しかしそれだけではないでしょう。

これは類稀なる日本人のユーモアのセンスと日本語の面白さのなせるわざではないかと私は思うのです。

私はこんなテレビ番組を作れるのは日本だけではないかと思っていましたが、出席者の一人、アメリカ在住のコラムニスト町山智浩氏も「こんな番組外国には絶対ありません」とそのユニークさを語ります。

近年、日本語を難なく操る外国人が急増している、ように見えます。
日本語で表現することへのたまらない快感があるのではないかと私は思うのです。

日本語は面白い。
日本人は昔から言葉遊びが好きで、私たちは古くからの詩歌などに見られる日本独特の表現法を、現代感覚をもってしてもその巧みさに感心し、楽しく味わいます。
外国にももちろんあるでしょうが、日本語ほど豊富ではないのではないでしょうか(外国語を全部知っているわけではないですが)。

日本語という言語だけで、無限にクイズを作ることができるのも、単なるコミュニケーションツールでない文化としてのその豊かさによるものでしょう。

喋り言葉がまた面白い。
日本語の多様な変化は「日本語の乱れ」として顰蹙を買うこともありますが、外国人のかたがたはいち早くそれらを取り入れて面白おかしく使ってみる。まったく楽しくてしかたがない、といった風です。
「間」の妙味も日本語会話をさらに面白くしています。
かなりキツイ本音を言っても笑いが生まれ、険悪さは吹っ飛ぶ。しかもそのキツイ本音は、的を射ていると言っていいと思います。

そんな和気藹々とした討論を通して国の違いを認め合い、自国の言い分が絶対正しいと信じて疑わない頭の固い人々の心を溶かして行くのかもしれないとさえ思えるのです。

例えばこの番組で、中国チームが、日本人は中国人に対して閉鎖的だとしてそれを島国根性と責め立てた時は、各国の論客が日本擁護にまわり(というより、中国批判の火の手があちこちから上がり)、劣勢になった中国人は自国擁護に必死になるも、最後は世界のルールを守ることの大切さを納得させられた形になりました。それが大爆笑のうちになされました。

政府間の外交交渉は水面下の行動も含め真剣勝負でそれこそ命をかけて行われるのでしょうが、実は案外、庶民レベルでの相互理解が国を動かすのかもしれないのです。

この会議で議題にすれば、シーシェパードの問題などたちどころに解決してしまうのではないかと思います。

スウェーデンチームのプレゼンも興味深いものでした。この討論では、「日本の魅力」が浮き彫りになったと思います。

スウェーデンを始めとする北欧の国々は、福祉の充実した幸福度の高い国だということになっています。

税金は日本に比べて恐ろしく高いのですが、きめ細かいサービスが受けられるので国民に不満はないそうです。

ライフスタイルは質素倹約、古い家を自分でリフォームしながら家族で快適な暮らしを営む。まわりは豊かな自然がいっぱいでそれで充分満足だと言います。

教育、医療、介護にもお金があまりかからず、お父さんは早く家に帰り、家事や子育て、休日は日曜大工を楽しみます。

そんな様子が映される中、たけしがぽつりとつぶやく。

「スウェーデン行ったことあるんだけどさ、遊ぶところがあまりなくて活気がないんだよね」

老後は安心なので貯金はしない。しかし税金が高いので外食やショッピングにお金を使わない。日本のような歓楽街がない。

私は前に「北欧などの福祉国家は失礼ながら国自体が老人ホームのようではないか」と書いたことがありますが、若者がわくわくしたりエネルギーを爆発させたくなるような場所がないのは、健全なようで不健全ではないでしょうか。

人間は整いすぎた清潔な環境にそんなに長く身を置けるものでしょうか。(参考「歌舞伎町とか九龍城とか」) 
不満や不幸があるからこそ人間の行動のモチベーションは上がるというのに、最初からほどほどの幸福が与えられ、まるで「飼われている」ような状態が本当に「人間らしい」のでしょうか。

もちろん、スウェーデン人自身が「私たちは幸せ」と言っているのだから、それはそれで結構なことなのですが、それは無知の幸せかもしれないなと思います。

ひとたび外に出れば多種多様な文化が雑多に混在する躍動感あふれる世界が広がっています。
スウェーデン人は自由に使えるお金をあまり持っていないので、海外旅行にもあまり出かけないのでしょう。そういえば、日本にも外国人はすごく増えてきたのに北欧の人はあまり見かけません。

番組では、スウェーデン人が「我々のシステムがベストだ」と強調し、日本にも同じようにするよう要請していましたが、やがてその他の外国人たちの意見に押されてしまいます。

曰く、「税金が高いのでスウェーデンの金持ちや会社は、国外に拠点を移す。あなた方がそうだ」とスウェーデンチームを指差します。
「そんなにスウェーデンが理想郷ならなぜ国に帰らないのですか。日本で働いて日本の恩恵を受けながら、日本にスウェーデン方式を押し付けるのは間違っている」

彼らは「スウェーデンの制度は怠け者を生み出す」と言います。

かといって、生存競争弱肉強食がすべてを決めるというものでもなく、要するに福祉と自由競争とのバランスが重要だということになります。
考えてみれば日本などはそのバランスがどこの国よりもうまく取れていて、人間社会として理想に近いとも言える、と私には思えます。

なのに、日本人は自国を卑下し、日本はダメだ、と決めつけ、幸福度ランキングを自ら最下位に押し下げてしまうのです。

「日本はヨーロッパ型の社会を目指すべきだ」と主張する人もいますが、いったい、ヨーロッパ社会はそんなに理想的なのでしょうか。
どこを見てそう言っているのでしょうか。私はヨーロッパ事情を知らないので教えてほしい。
まさか観光で訪れたヨーロッパの国々の片田舎を見て「人々がのんびりして幸せそうだ」みたいなことでないとは思いますが、それらの国々が抱える深刻な問題や本当にヨーロッパ型経済が日本に合うのかどうかきちんと研究してから、日本がそれを取り入れるべきかどうか考えたらいいと思います。

日本を尊敬し、日本が大好きと言って日本に住みたがる外国人がこんなにいるのです。お笑いサミットの外国人たちは日本暮らしがとても快適そうです。

日本人はもっと自信を持っていいと思います。

この豊かな言語と日本的お笑い感覚で日本的民衆会議を盛り上げていけば、世界は平和になるとは言いませんが、世界の国々のシステムの利点や欠陥を知り、自らを省み、少しだけエゴを引っ込めようかと思い始める人が増えます。というより、こういう場でこそ、日本の魅力は浮き彫りになり、日本人自身がそれを認識して幸福度を上げることができるのではないかと思います。

世界でも稀な柔軟性とユーモア感覚を持つ日本は日本語民衆会議で旗振り役を担えます。

まさに値千金の笑いと和を生み出す、という意味で日本は黄金の国なのです。

.
   こういう会議を心置きなく開くためにも
   日本経済の活性化は必要ですね
  
                               →人気ブログランキング

.
                     

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »