« 君が代が嫌い | トップページ | アカデミー »

2010年8月26日 (木)

反体制なのだ左翼なのだ

私は学者ではなく、日本の近代史についてよくわからないけど、痛感するのは、こういうことを前置きに言わざるを得ないこの国の歴史教育のお粗末さだ。

なぜ「自分の国の近代史を知らない」などと言わなくちゃいけないのだ。

ちゃんと教えてほしかった。

日本の歴史をちゃんと教えてもらわなかったみなさん、お読みいただきたい。日本国民なら最低限の国の事情は知らないといけない。税金払ってるんだから。

  →産経新聞「正論」藤岡信勝 

百歩譲って、日本側からの都合の良い見方に過ぎない、とか、自己弁護に傾きすぎる、と感じたとしても、これでもかとばかりに長年にわたって謝り続けることがいったい得策なのかどうか、国際政治の常識に鑑みて考えたい。

少なくとも、日本の朝鮮併合は、欧米の植民地支配とはかなり性質の異なったものであったらしい。

もし藤岡氏の書いていることが嘘ならば、誰かが根拠をきちんと示して反論してほしい。

検索してみたけれど、きちんとした反論はないようだ。単なる冷笑や罵倒は見受けられるが、冷笑や罵倒だけでは全然説得力がない。

仙石由人官房長官主導の謝罪はいったいどういう政治的戦略に基づくものなのか。それは国益となるのか。
国益に結びつく戦略でなく、単なるおばちゃん的お愛想だとしたらあまりにひどい。

single40さんは反体制を謳う。→「支離滅裂とはこのこと」

私も言わせてもらおう、「私は、今や反体制派である。ああ、気持ちがいい(笑)」

.
     国家権力と断固闘う!(笑) →人気ブログランキング

.

|

« 君が代が嫌い | トップページ | アカデミー »

コメント

今こそ国家権力と闘おう・・・テナモンですね(笑)。

投稿: トトロ | 2010年8月26日 (木) 19時49分

★トトロさん、

与党だろうが野党だろうが、一つの国家としての共通基盤が前提にあるから政権交代があってもちっともおかしくないのですが、民主党の幹部というのはそれがわかってないんですね。
つまり国家を率いる資格がない、と言っても言い過ぎではないように思うのですが。

投稿: robita | 2010年8月27日 (金) 13時42分

robitaさんも反体制派になってしまいましたか(笑)

言うまでもありませんが、政治家が国家権力をもっているのは、我々国民が本来もっている権力を預けているからに過ぎません。いわば、代理人であります。
代理人が、雇用主たる国民の利益を考えもせず、代理人同士の仲間内で「なあなあ」ご機嫌とり発言をしたものが今回の世迷い言だと思います。
ついでにいえば、為替も経済対策も放置して、代表選挙に血道をあげる与党も、言うまでもなく代理人同士のボス争いをしているわけです。
こんな代理人はいりません。早くクビにしたいものです。

げに憎むべきは政権与党。私は、日に日に反国家権力の決意を新たにしておるのですなあ。

投稿: single40 | 2010年8月27日 (金) 20時14分

★single40さん、

>政治家が国家権力をもっているのは、我々国民が本来もっている権力を預けているからに過ぎません。いわば、代理人であります。<

仰る通りですね。
問題は、「我々国民が持っている権力」を自分の意志で代理人に預けるために、我々自身がその根拠となる歴史の真実や国際政治の常識を最低限知っているか、ということだと思うんです。

仙石や菅や鳩山各氏がどういう歴史観を持っているのか知っていて、民主党を政権につかせたのなら、それは預けたほうの責任になると思います。
彼らは武力で革命を起こしたのではないわけですから。
で、左翼に投票したわけではない真っ当な歴史観を持つ人々は、「反体制」にならざるを得ません。

それでも彼らの経済対策がしっかり進んでいるのなら、ま、いいか、ということにもなるでしょうが、そちらもできないのであれば、良いところがありません。
まさに最悪。

与党だろうが野党だろうが、国の歴史と外交政策は基本的なところで共有するものではないのでしょうか。
変な思想を持っている少数の人々が政権についている、という異常事態を国民は気づくべきだと思うのですよ。
(因みに、自民党内にも自虐史観の政治家はいますが、自民党政治の間はそれがさほど問題にならないほどの経済発展があったということでしょうか)

投稿: robita | 2010年8月29日 (日) 09時47分

歴史観については、まず世界史ありきです。その中での日本史なり各国史です。先の「NHK日本のこれから」で日韓の歴史認識論争がありましたが、韓国人が「日本人は歴史を知らない」と言う際の歴史とは何でしょうか?どうも自国史を
自分達の民族の視点で見た歴史に思えてなりません。

日韓論争は不思議なもので、両国関係に詳しくなればなるほど、世界史的な視点を欠いた感情的な議論に陥ってしまいます。日本人も韓国人も。

ところで、反体制というなら日本版ティー・パーティーでもやったらどうですか?ここは日本だ。出すのは思いっきり苦い抹茶がよいでしょう。そんなに格好良くなくてもよいのです。むしろ、その方が和の味わいがあるというのは、国旗や国歌と同じです。

投稿: Shah亜歴 | 2010年8月29日 (日) 17時40分

★Shah亜歴さん、

>歴史観については、まず世界史ありきです。その中での日本史なり各国史です<

仰る通りで、日本と韓国とで見解が違う、といってコップの中で議論するのは不毛だと思います。
今のところ、日本人はそれに気づいているけれど、あちらのほうがどうも、という気がします。
感情的にならないことが大事で、「韓国人というのは・・・」といった悪口もこちらの品位を落とすことになります。
西部邁さんは、世界史的に見た日本の行動を、戦後的価値観で批判することの愚かしさを述べた後、関係国に対しては「遺憾でありました」この一言を言えばいいだけのことだ、と書いています。私もそう思います。

今年の夏の暑さは格別で、これが9月いっぱい続くのかと思うと、果たして乗り切れるか年配者としては心配になってきます。
おいしい日本茶と和菓子をゆっくり楽しめるような気候に早くなってくれないかなと思います。

投稿: robita | 2010年8月31日 (火) 10時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 反体制なのだ左翼なのだ:

« 君が代が嫌い | トップページ | アカデミー »