« 領土なんかいらない | トップページ | もう遅いのか »

2010年9月28日 (火)

若さが変革を可能にする

民主党、よくやった、というべきか。
憲法9条を盲信してきた結果がこれだ、ということを今回の尖閣諸島問題によって日本人は学習した。
領海侵犯の中国人を逮捕拘留するという、自民党でもやらなかった強硬策によって、中国の理不尽さがあらわになったのだ。

護憲派の人々が今回のことをどうコメントするのか知りたくて、TBS「サンデーモーニング」をちょっと見てみたところ、カメラマン浅井慎平、法政大学教授田中優子らの「9条死守平和主義者」たちが、ナショナリズムの危険性について語っていた。
「中国と日本のナショナリズムが加熱しぶつかり合うと、こういうことになる」と言わんばかりで、あたかも日本にも非があるような言い方に、今回のような問題が起きた時に左翼知識人というのはこういう詭弁で切り抜けるのかと思った。9条信奉というのはまさに宗教だ。

しかし、この事件が起こって本当に良かった。
起こらなかったことからは学習できないからだ。

もし、こういうことを見越して日本が憲法9条を改正し、軍備を整え、日米安保体制を強化し、米軍との合同演習など尖閣列島海域で定期的に行い、国境の守りを万全にしておけば、中国は手を出してこなかっただろう。
そのかわり、9条信者たちは、「安保反対」「9条を取り戻せ」「東シナ海を平和の海に」とかなんとかのスローガンを掲げて、「日本の軍国主義化」を糾弾し続けていたことと思う。

「起こったこと」から人は学ぶのだ。

長い間、何が日本を弱腰にさせていたのか、それを理解することで、今までの政府の苦労がよくわかる。
憲法9条は日本を守ってくれないどころか、つけこまれる原因になっている。

漁船の船長を拘留期限前に帰してしまったことを当初は「弱腰」と思ったものの、その後の中国の態度がエスカレートしていくさまを見ると、逮捕拘留だけで充分インパクトがあったと思える。船長を帰そうが帰すまいが同じことだっただろう。

このたびのことは、どういう国家体制であれば毅然とした態度をとれるのか、日本人が考える機会を与えてくれたまことに意義のある騒動である。

.
  若さゆえの民主党の先走りとはいえ 人気ブログランキング

.

|

« 領土なんかいらない | トップページ | もう遅いのか »

コメント

はじめまして。
同じ専業主婦として女性として同じような考え方の方がいらっしゃってすごく嬉しいし、文章力があって尊敬します。
過去のエントリーも少し読ませてもらいました。
世間一般的に女性は政治に無関心の方が多く、そうじゃない場合は左寄りの方ばかりなんですよね(私の周りはそうなんです、福祉活動をしているせいなのか・・)。
自民の体たらくや政権能力のない民主が政権を取ってしまうようなことになるのは国民の責任でもあると思うのですが。でも、今回の尖閣のことで少しは分かったでしょうか、まだまだ自分の身に危険が及ぶまでは分からないでしょうか。
またお邪魔します。

投稿: sun | 2010年9月28日 (火) 10時51分

★sunさん、

初めまして。

>世間一般的に女性は政治に無関心の方が多く、そうじゃない場合は左寄りの方ばかりなんですよね(私の周りはそうなんです、福祉活動をしているせいなのか・・)<

そうなんですよね。
私も生協に入っている時はそんな感じでした。生協自体が左翼的ですから。

>まだまだ自分の身に危険が及ぶまでは分からないでしょうか。<

日本人は、かつて北朝鮮の拉致が明らかになった時、少し目覚めました。
そして今回のことで、もっと目覚めたと思います。
だけど仰るように、自分自身が損をするとか危険に直面するとかしないと、やっぱりノンキなままなのかもしれないなあと思います。
でも、もしかするとそれでもいいのかもしれませんね。
何かあっても粛々と受け止めるだけの覚悟ができているのかもしれません。
ぜひまたお越しください。

投稿: robita | 2010年9月29日 (水) 09時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 若さが変革を可能にする:

« 領土なんかいらない | トップページ | もう遅いのか »