« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月16日 (火)

不自由な自由

最近、異なる二つの書物の中で、同じ言い回しに出合った。

一つはノンフィクション作家松田美智子による婚活体験レポート。
61歳で離婚歴のある彼女は、残りの人生を共に過ごす相手を探すため、週刊誌上で伴侶の公開募集をした。体験レポートではあるが、実験ではなく本気だそうである。
しかし現実にお見合いしてみると、一人として心を動かされる男性がいないどころか、非常識な輩ばかりでまともと言える人にさえめぐり合わない。
困惑した彼女は、そのレポート記事についての感想を送ってくれた読者の女性たちと連絡をとって、婚活情報収集をしてみることにした。

彼女たちも同様に婚活に励んできたのだが、やはり相手の男性との考え方のあまりの違いに失望し、伴侶探しをあきらめかけているのが実情のようだ。

その中の一人がこう言う;
「とにかく、日本の男は若いバカ女が好きなんですね」

____________________________________

二つ目は、「結婚相手は抽選で」という小説の中。
こっちは、男のほうからのしみじみとした告白で、「結局僕は、そういった真面目な女性よりも、きゃぴきゃぴした馬鹿女が好きなんだってことに初めて気づいたんですよ」

___________________________________.

まあ、「男は若い女にばかり目がいく」といったこの手の言葉はよく耳にするといえばそうなのだけれど、それに続くのは決まって「けしからん。男はバカだ」という女性たちの憤激ではないだろうか。

しかし、「好みのタイプ」は変えられるものなのだろうか。

人の好みは強制されるものではないから、どんな女を好きになろうと自由なのだ。

女たちがいくら「そんな男を軽蔑する」と睨みつけようが、好みは好みなのだからしかたがない。

男たちの好みに合わせていたらこの世はバカ女ばかりになってしまうじゃないかと危機を訴えても、好みを無理やり変えさせることはできない。

それは女のほうからしても同じだ、と言えなくもないが、そこには同列に論じることができない決定的な男女の違いというものがあるとは思う。

「日本の男は」とわざわざ限定するからには、外国の男は「若いバカ女」に興味はなく、教養ある自立した大人の女に惹かれるということなのか。

たしかにそういう例は見聞きするし、日本の男だってそういう例はある。

しかし、大多数の男の本音はどこも同じではないのかなと想像する。

もちろん、ほんとうの本音を言えば、教養があって、自立していて、優しくて、可愛くて、美しくて、若ければ、そういう女が一番良いに決まっているけれど、優先順位からすれば「若いバカ女」になってしまうのだ。

例えば、頭の良さそうな自立した女、蓮舫大臣より、木下優樹菜ちゃんや里田まいちゃんのほうが心が休まる、という男子がいたとしても誰がそれを責めらりょうか。

男性の女性観を変えたいのなら、洗脳教育しかないだろうと思う。

結婚相手は誰かに説得されて決めるものではなく、自分好みの人を自由に選びたい、と思う一方で、間違いのない、しっかりした相手を選ぶよう洗脳教育の必要性も感じたり。人は自由になると不自由になる。

.
    育て方とか教育の問題ではないと思いますが 
                      →人気ブログランキング
                  

| | コメント (14) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »