« にほひぬるかな | トップページ | 「本日、未熟者」 »

2011年2月25日 (金)

寄り道・回り道

今の時代、若者は寄り道ができない。

世界を放浪して帰ってきても、そんな寄り道などしたらちゃんとした職業につけなくなる、なんて心配がそれほど深刻ではなかった時代があったような気がする。1970年代だ。

私はその頃の雇用事情を詳しく知らないから、現代と比べてなんとなく「そうだったような気がする」と思うだけなのだろうか。

小田実の「何でも見てやろう」に触発されたということだが、バックパッカーの流行というものがあって、特に目的も定めず、世界を貧乏旅行する若者たちが増えたという話をよく聞いた。

大人たちは「何のスキルも身につけず、勝手気ままにフラフラしている。将来を考えているのか」と批判していたのではないだろうか。よく覚えていないが。

あの頃そういうことをして人生の道草を食って一生を棒に振った人々がどのくらいの割合でいるのかわからないし、そういう寄り道をする若者が増えるとこの世の中に悪影響が及ぶのかどうかもわからない。

果たして、若者のモラトリアムは社会の劣化をもたらすのか。

最近、沢木耕太郎の「深夜特急」を読んだ。
会社をやめてしばらく自由業をしていた著者が26歳になってアジア放浪の旅に出た時の旅行記だ。

ずいぶん古い本だがとても面白く、躍動や倦怠がごちゃまぜになった若い精神を感じることができる。
さしたる目的もなく将来のことなど考えずに放浪する時期というのは本当はとても大切なことじゃないかと思えてくる。

しかし今の時代、作家にでもなろうかという才能のある人間以外、そういうことはとてもできにくいし、大学3年にもなればもう、人生を決める就職活動に着手しなければ手遅れになるらしい。
道草など食ってる暇はない。
ここで決めなければ、一生がだいなしになるのだ、そういう強迫を受けながら、学業そっちのけで就職活動に専念する。

将来の安泰のために、とにかくなるべく大きな企業に就職し、万全を期すのだ、と。

.
こういう学生の志向は何もこういう不況の時代だからではないとは思う。

昔からそれが大勢を占めていた。

いつの時代も人は安全を確保するために考え行動する。

それは間違ってはいない。

親が「ちゃんと将来を考えて地道な職業につきなさい」とアドバイスするのも至極当然のことだ。いつの時代も大人たちは若者が横道にそれて不幸になることのないように教え導いてきたのだ。

.
しかし、若者が冒険をしなくなったと言われる今の時代、良いもの悪いものひっくるめて何かをもたらす寄り道を少し長い目で見てやる度量が、この社会に必要かもしれないなと思う。

何も世界旅行などしなくても、国内でも、そして狭い地域の中ででも、さまざまなチャレンジはできる。

何でも見てやろう、色々な人と知り合おう、色々な経験をしてみよう、そのように若者に勧められる大人でありたいし、それが許される社会にもなってほしいものだ。

寄り道して20代を過ぎた若者を引き受けるのはたしかに企業にとっては効率が悪いだろう。

新卒のまっさらな若者を一から教育し、会社運営のノウハウや企業人としての知識やふるまいをなるべく早く身につけさせ、機動力を高めることが会社発展の原動力となるのなら、余計な経験をした人間は厄介者でしかないのかもしれない。

しかし、
寄り道し、たくましさを身につけた若者が職につきやすい社会制度。
寄り道しても、真面目に努力すれば道が閉ざされない環境。

そういうことを、私たちは考えたほうがいいのではないだろうかと思う。

.
昔、若者があとさき考えず旅に出ることができたのは、経済発展に勢いがあったからだ、というならば、若者の成長のためには経済発展は不可欠、と言える。

.
   
  「安全」「万全」とはいったい何でしょう 人気ブログランキング

.

|

« にほひぬるかな | トップページ | 「本日、未熟者」 »

コメント

バブル崩壊→就職氷河期→実感なき景気拡大→リーマンショックと見続けてきた結果、ここ20年の日本は「一度ドロップアウトするとどうにもならなくなる社会」だと、今の若者は肌で感じているのではないでしょうか。

年長者が「今時の若い者は…」とお決まりのフレーズを吐くのも結構ですが、この20年の間に社会人となった若い世代に、正しく時代を渡すことに失敗した年長者の責任ってどうよ?と常々思う次第です。

投稿: かせっち | 2011年2月25日 (金) 22時50分

★かせっちさん、

なにか怒っておられます?

>年長者が「今時の若い者は…」とお決まりのフレーズを吐くのも結構ですが、この20年の間に社会人となった若い世代に、正しく時代を渡すことに失敗した年長者の責任ってどうよ?<

「今時の若い者は…」とお決まりのフレーズを吐いてはいないので、「どうよ?」と言われましても・・・。

投稿: robita | 2011年2月26日 (土) 10時12分

>>新卒のまっさらな若者を一から教育し、会社運営のノウハウや企業人としての知識やふるまいをなるべく早く身につけさせ、機動力を高めることが会社発展の原動力となるのなら、余計な経験をした人間は厄介者でしかないのかもしれない。

どうせなら、こうした考え方しかできない企業は全て潰れてしまえばいいんです。その代わりに営利でも非営利でも、社会に対して自分が何かをしたいという人物が積極的に支援される社会が良いのです。

大体、そんなにまっさらな若者が欲しければ、そんな企業は大卒なんかやめて中卒や高卒を採用すれば良いのでは?60年代はこうした若者が「金の卵」でした。

社会のためには、しっかりと勉強し、様々な体験をした人が評価される仕組みが必要です。漫然と就活だけをした若者など大卒を名乗るのもおこがましい。企業が大学教育を破滅させるのは、まさに公害です。

投稿: Σ・亜歴 | 2011年2月26日 (土) 19時15分

誤解を与えてしまったようですみません。「年長者」はrobitaさんではなく、失われた20年の時代に社会の中核を占めた世代全体に向けた表現です。

最近「若者の○○離れ」という言葉がメディアに踊り、それに対して年長者が自分の若い頃と比べて上で、例のフレーズを吐くというシーンをよく見かけます。そんな年長者の姿勢に対して、若者をそんな状況に追い込むような時代を作った年長者達に何の責任もないのか、と思っているのです。

例えば「2007年問題」という言葉がありましたね。団塊の世代の大量退職で企業の人員が不足するということで、実際この頃はバブル期並みの新卒採用が行われました。でもこのロジックが正しいとすると、団塊の世代の大量退職がなければこの時期の新卒の大量採用も起きなかったことになります。

更に言えばこの時期以前、即ち就職氷河期の世代は団塊の世代が企業に居座ったおかげで、新卒採用されなかった、ということもできます。そして興味深いことに、就職氷河期の世代は団塊ジュニア世代に当たります。ということは以下のように言うことができます。

「団塊の世代は会社人生の残りの10年を自分の子供の世代を踏み台にして逃げ切った。」

社会はその時代に生きている人だけのものではありません。社会を持続可能のものにするために、年長者は次の世代に時代を渡す義務があります。しかし2007年問題という言葉が示すところは、失われた20年において、日本の年長者は次の世代に時代を渡すことに失敗した、ということです。

これが私の怒りの源泉であり、年長者に足を掛けた自分に対する戒めでもあります。

投稿: かせっち | 2011年2月26日 (土) 19時50分

★Σ・亜歴さん、

>社会のためには、しっかりと勉強し、様々な体験をした人が評価される仕組みが必要です。<

たぶん、企業もそうしたいのはやまやまなのでしょうが、優秀な人材を他社に取られる前に確保したいのでしょうし、矛盾を抱えながらリクルートしているのでしょうね。

「深夜特急」に、「旅の途中で、26.7歳ぐらいのアメリカ人とよく遭遇したけど、そういう連中の中には、国に帰ったら大学に入り直して、また企業に勤めるつもりだというのがいた」などと書いてあります。
これは1970年代の事情なのですが、当然今も変わりはないのでしょうね。

日本ではそれは無理だというなら、せめて大学では4年間しっかり勉強させるような仕組みになってほしいものです。卒業証書がなければ就職活動ができないようにする、というやり方はそんなに難しいことなのでしょうか。

>大体、そんなにまっさらな若者が欲しければ、そんな企業は大卒なんかやめて中卒や高卒を採用すれば良いのでは?60年代はこうした若者が「金の卵」でした。<

そうですねえ。いまや、猫も杓子も大学に行きたがり、結局勉強もしないまま高校レベルの学力でサラリーマンになるって、ほんとおかしいですよね。
大学以外の選択肢を教育の場でもっと指導して、専門技術を修得する学校にもっと注目が集まるようにできないものでしょうか。
結局、背広姿でオフィスで働く、というのが若い人の目標になってしまっている、というか、親がそう願っているらしいですけど。

投稿: robita | 2011年2月28日 (月) 10時18分

★かせっちさん、

よく団塊世代が「会社にしがみつく」と言われますが、私はそれがどういうことなのかよくわからないのです。
「しがみつくのをやめろ」というのは、定年まで会社に居座るな、ということですか。「居座らない」ということならすでに多くの人がやっていることではないのでしょうか。
うちの主人の会社の例でしかわかりませんが、同僚は50代のうちから長年勤めた会社をやめて子会社に移ったり、起業したり、まったく別の職種に転職したりする人が多かったです。
しがみつこうにもしがみつけない事態なのではないですか。私の知るかぎり、団塊世代を含む中高年の人々は自らの身の処し方についてかなり頑張って考えていると思います。

明治維新で武士階級が自ら既得権益を手放したのも、私心を捨てた潔さのあらわれであったと思いますが、一方で、世の中の動きに反発し、それまでの身分に恋々と執着するあさましい人々もいました。(もちろんこれは生活の困窮による不満なので気の毒といえば気の毒ですが)
団塊世代にも色々な人がいるのではないですか。
ある世代をひとくくりにして「こいつらのせいだ」と糾弾するのは正しいやりかただとは思えません。

(ついでに言えば、「団塊のやつらは学生運動で社会をめちゃくちゃにしたあげく、何食わぬ顔で就職した」というのも若い人の思い込みです。
あの頃の大学進学率は12・3%。さらにその中で活動をやって暴れたのはさあどれくらいでしょう。一握りの大学生をもって全体を語るのはどうかと思います)

「いつまでも社会に居座るな」というのは、50代から引退して年金生活に入れ、ということでしょうか。

この年代の人たちが働かなくなるのは社会の損失ではないのでしょうか。

それよりたいへんなのは年金なので、できるだけ働いて支給を遅らせたほうがいいんじゃないでしょうか。支給を受ける前に死んでしまっても、それはそれでいいんじゃないでしょうか。私はそう思いますけど。
年金支給年齢引き上げに私は賛成ですが、これのどこが問題なのか私にはわからないので、それに反対する人たちの理由を聞いてみたいと思います。
もちろん、経済成長をさせて、引退者が心置きなくお金を使って楽しめる社会にしよう、というならそれも大いに賛成ですけど。

すみません。私世の中のしくみよくわかっていないのでこういう単純なことしか書けませんけど、かせっちさんに雇用や年金のことわかりやすく教えていただきたいと思います。


投稿: robita | 2011年2月28日 (月) 10時45分

現実問題としてあの時期に企業の門前払いを食らった団塊ジュニアは多かったはずです。彼らは企業に入れなかったことで、企業で若いうちに身につけるスキルを得る手段を失い、それが再就職を阻む原因にもなっています。

言うなればあの時期、年長者は自分が生み出したバブルのツケを払うために、子供の世代に対し「間引き」と「口減らし」をしたんですよ。それが巡り巡って、今になって年金世代を支える現役世代の減少として跳ね返っているんです。

とはいえ、「あの時、団塊の世代は会社を去るべきだった」とは殺生というもので、あの時やるべきだったのは、年長世代の給与を下げ、その分を新卒採用の原資とする…即ち「世代間のワークシェアリング」です。

それは企業だけに押し付けるのではなく、バブルを助長した銀行の融資枠拡大、バブルをハードクラッシュさせた政府の法人税減税も合わせて行い、企業、銀行、政府の三方一両損で団塊ジュニアを救うべきでした。

それがバブルを生み、バブルに踊り、バブルを潰した世代の落とし前の付け方であり、次の世代に時代を渡すための年長者の責任だったと思うのですが、年長者が自分のバブルの落とし前をつけた様子はありません。

それどころか、聞こえてくるのは若者に対する悪罵ばかり。このような発言を聞くにつけ、彼らを年金で支える義理がどこにあるのか、彼らを支える年金の資金を就職氷河期に散った同世代やその下の世代に回すべきなのではないか、と思ってならないのです。

団塊の世代を一括りにして批判するのがいけないのならば、若者だって一括りにして批判されるいわれはありません。それを「今の若者は…」などと安易に若者を痛罵する年長者の姿勢に私は我慢がならないのです。

※手前味噌ご容赦
http://kyo-yota-blog.seesaa.net/article/182593181.html

投稿: かせっち | 2011年2月28日 (月) 20時47分

★かせっちさん、

>あの時やるべきだったのは、年長世代の給与を下げ、その分を新卒採用の原資とする…即ち「世代間のワークシェアリング」です。<

これはやりました。給料はずいぶん下がりました。
ほとんどの国民がバブル崩壊で相当のダメージを受けたのではなかったでしょうか。
下げ方が少ない。もっと大幅に給料を下げるべきだったということですか。
住宅ローンや金のかかる中高生の子供たちを抱え、ぎりぎりの生活を余儀なくされた、という家庭も多かったのではないですか。

新卒の採用ができなかったので、年代のアンバランスは予想されていたそうですが、その分、数年後にかなりの数の中途採用をしたそうです。ロストジェネレーションにとってのチャンスはなかったとは言えません。
これは主人の会社の例ですが、どこの会社もそれぞれさまざまな事情を抱えて経営判断をしているのでしょうから、「年長者を守るためにロストジェネレーションが生まれた」などという単純な構図ではないのではないでしょうか。
バブル景気を作った責任はあると思いますが、あれを誰かが止められたのだろうか、と思います。子育て中の我が家の生活は何も変わりませんでしたが、みんな浮かれてましたよねえ。

ただ、これからは、年金受給年齢を引き上げるということを考えなければならないと思います。
団塊世代は死ぬまでにもうひと頑張りしなければなりません、社会のため。

>聞こえてくるのは若者に対する悪罵ばかり<

私はそういうこと言いませんので、ここで怒らないで、そういうことを言っている人のところへ行って怒ってください。感情的にならないで上手に抗議してくださいね

ただし、人類の変化というものがあるのは事実です。
文明が進んで環境が改善されれば人間が軟弱になるのは当然の成り行きです。
かせっちさんが現在おいくつなのかわかりませんが、何年か後、年長者になられた時、きっと「自分の若い時とずいぶん違うなあ」と思われるのではないでしょうか。

投稿: robita | 2011年3月 1日 (火) 10時50分

【広告掲載お願い】GMOとくとくBB [A8.net]


サイト運営者様

突然のご連絡大変失礼いたします。

成果報酬型広告の[A8.net]を運営しております、
ファンコミュニケーションズの野村と申します。

この度は、貴サイトを拝見させていただきまして、
是非ご掲載いただきたいプログラムがあり、ご連絡を差し上げました。
以下のプログラム掲載は可能でしょうか?
詳細を記載させていただきますので、是非ご検討下さい。

---------------------------------------------------------------------
≪広告主名≫
 GMOインターネット株式会社「東証一部上場企業」
≪プログラム名≫
 GMOインターネット株式会社【GMOとくとくBB】申込募集プログラム(09-0916)
≪成果報酬≫
 1クリックにつき1円
 「フレッツ光」「フレッツ・ADSL」対応接続サービス新規入会1件1500円
 「イー・アクセスADSL」対応接続サービス新規入会1件1500円
≪案件URL≫
 http://gmobb.jp/
≪リスティング≫
 リスティングでの出稿は禁止となります。

        ▼▼プログラム詳細下記URLから▼▼
http://www.a8.net/cgi-bin/a8/recommend/recom.cgi?rid=s00000000018021
---------------------------------------------------------------------

他社ASP様経由で掲載中でしたら、弊社経由へ貼りかえをお願いいたします。
弊社経由への貼りかえについては、広告主様の意向ですので宜しくお願いいたします。

お手数おかけいたしますが、掲載が完了いたしましたら
メールでかまいませんのでご一報いただけますと幸いです。

今後とも[A8.net]を宜しくお願いいたします。


投稿: F@N 野村和宏 | 2011年3月 4日 (金) 12時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 寄り道・回り道:

« にほひぬるかな | トップページ | 「本日、未熟者」 »