« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月19日 (火)

悩み多き原発

皆さんはエネルギーのことをどう考えていますか?

この大震災を境にして、「今まで電気を使いすぎた。これからは経済が縮小してもいいから、質素な生活に慣れるようにしよう」と思った人も多いと思います。

それとも、「経済が縮小しては幸福を得られない。発電力は今までと同じくらいに保たなければいけない」と思いますか?

人間は大きく分けて、こういう二つの考えに分かれると思います。

で、どちらか多いほうの考えによって国の方針が決まります。

日本は経済発展を目標に後者の考え方で長年やってきました。
けれども、ここ何年かで世界的な経済破綻を経験して「資本主義の行き詰まり」が盛んに言われるようになり、そしてこのたびの大災害でエネルギー危機が現実のものとなり、国の存亡にも関わる重大局面に、「国の構造の根本的改革」と「ライフスタイルの見直し」を迫られることとなりました。

今、日本ではその「ライフスタイルの見直し」への機運が高まっていると思います。アメリカ的な価値観によるものでなく、ヨーロッパ、とくに北欧の国々のような形態をモデルにするべきだ、とか、伝統的な日本人の価値観を取り戻すべきだ、などという以前からの主張をなおいっそう強める人もいます。

でも、口先だけでないなら、具体的なその生活を思い描いてみたことはあるでしょうか。

享楽的で、限りなく便利な生活を当たり前のものとして享受してきた日本人が、その水準をほんの少しだけでも下げることはできるのか、そういうことを想像してみることは必要だと思います。

.
以前、女優米倉涼子のドイツ探訪の旅をテレビで見たことがあります。

ドイツは資源リサイクルによって環境を守ることに挙国一致で取り組み、ゴミを出さない、手仕事に励む、子どもは森の中で遊ぶ、自動車より自転車と徒歩、自然エネルギーの推進(何食わぬ顔で原発の電気を他国から買っているようですが)、そういった手段・生活を徹底することによって環境保護につとめ、人間らしい生活を目指しているそうです。

象徴的なのは、「私は毎日地球のことを考えています」という少女の言葉でした。

子供までが、地球を汚さないよう、リサイクルやエネルギーの節約に頭がいっぱいの様子。 毎日地球のことを考えているんだそうです(!)

おそらくドイツでは、子供の頃からそういう教育が徹底しているものと思われます。

当然そうしなければならないでしょう。 こういう国づくりをする、と決めたなら、子どもの頃からその方針に従って教育を徹底するしかないのです。ここのところを「個人の自由」などというやっかいなもので邪魔をするわけにいかないのです。

ドイツでは地方によって取り組み方も違うし、進捗状況にも差がありますが、それぞれの地域がエコ生活を推進しやすいように国の法律が整備されています。

民主主義に基づき、日本でそのような方針が定まったとします。

しかし日本人は本当にそれを望むのだろうか?

たとえば、定年後、空気の良い田園で農業でもやりながらのんびりと暮らしたい、などと思って移住はしたものの、やはり刺激のある都会生活が懐かしくなるなんてことはよくあることです。

また、日本では親たちは子供を森の中で遊ばせることができるだろうか?
子どもを森の中で遊ばせたいならそうすればいいものを、若い夫婦が子どもを連れて田舎に移住するという決心はなかなかできるものではないでしょう。

結局、親が不便な生活、寂しい生活、単調な生活を好まないからじゃないでしょうか。

ヨーロッパのように、田舎でもいろいろ整備されて快適でオシャレで仕事があるなら住んでもいいということなのでしょうか?

前述の米倉涼子はドイツ人の意識の高さに驚き、「日本での生活スタイルを反省します」みたいなことを言っていましたが、日本に帰ってきて生活スタイルを変えることができたでしょうか?

自然エネルギーに移行するにしても、それをドイツのように安定供給のめどがつくまでいったい何年かかることか。その何年かを日本人は我慢して生活することができるのでしょうか?

.
私は、これは「できる」と思います。できるんじゃないですか?そういう人が多いのであればできる理屈になります。

そういう方針を力強く国民に呼びかけるリーダーが出現し、それに賛同する国民が過半数を占めれば、もともと忍耐には定評のあるわが国民でありますから、できるのではないでしょうか。

日本人はその意思さえあれば選択できるんです。

未曾有の大災害を経験したこの機会に、それを選択しない道理がありましょうか。

.
我慢して我慢して努力して努力した末に我々は、ドイツのような、あるいは古き良き時代の日本のような、素晴らしい国を作りあげるのです。

そして、穏やかで麗しい日々が続いたあと、やがて再び欲望は徐々に増大し、競争が激しくなり、享楽的になり、破綻し、反省し、その繰り返しを延々と続けながら、すべての人類が芸術と哲学に生きる存在として高みに上って行くのか行かないのかそれは私にはわかりません。

.
ところで、そんな先のことはさておき、速やかでダイナミックな復興のためには大量のエネルギーが必要なのに、頼みの原子力が使えないとなると、化石燃料の再考しかありません。

二酸化炭素25%削減なんて言っちゃった人もいたけど、ここはいさぎよく世界に頭を下げて、あれを撤回したほうがいいのではないでしょうか。

または、本当にもう原発はやめるのか、安全性を幾重にも重ねることでそれに頼ることはできないのか、感情的な反原発に陥らず、国民みんなで考えることが必要だと思います。

日本が早く復興しなければ、世界経済に与える負の影響は大きいんじゃないでしょうか。

.
   いつもありがとうございます →人気ブログランキング

.

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2011年4月16日 (土)

老いの志

一年前から総勢60人ほどの会員を抱えるシニアクラブの役員を務めている。

シニアクラブとは、まあ昔でいう「老人クラブ」ではあるが、皆さんお元気で若々しい。

会のイベントの企画、運営もてきぱきとこなされる。
私はその中でも若年なのだが、やはり社会の一線で活躍されてきた方々は実行力があるし、視野、視座が違うなあと感心するばかりだ。

私がこの会に入ったのは、おじいさんおばあさんの仲間入りをしてゲートボールでも始めようかと思ったわけではなく、地域コミュニティの絆をもっと強くすることはできないか、これからの日本を担う若い世代を何らかの形で支援することはできないか、という高邁な(笑)志があったからである。
一人じゃ何もできない。まずは地域の人を知ること。そういうことが土台になる、と考えたからである。

入ってみたら、特に役員の皆さんは、私以上にそういう気持ちが強いことがわかった。

もちろん、友達がほしい、老人仲間で楽しくやりたいというかたがたも大歓迎だし、家に引きこもらず、人と交流することが高齢者にとって大切なのは言うまでもない。

      .
役員の中には、地域の高齢者の交流ばかりでなく、「学校との連携を密にし、子どもたちを地域で見守ろう。地域全体の絆を深めよう」という、これからの活動の指針ともなる希望を語る人もおり、心強いかぎりである。

人生の終盤を迎えようという人たちがこのように高い志を持ち、実行していくということにどれほどのエネルギーを要するものか想像もつかないが、私はそういう人たちのリーダーシップのもと、できることは何でもさせていただこうと思っている。

ここには、政府への不満に終始し、国に何かしてもらうことしか考えていない年寄りはいない。

人間はいくつになっても志というものを忘れてはいけないのだなあと思う。

それでなければただの「役に立たない老人」になってしまう。

役に立たない老人とは、体が動かなくなり何かしたくてもできなくなった人のことではない。

元気なくせに自分では何もせず、あれはいやだこれはいやだ、あれしてくれこれしてくれ、と不満や要求ばかり口にする老人のことだ。

先般の統一地方選挙の際、候補者事務所でボランティアで「電話かけ」をしていた知人に聞いた話だが、「私は後期高齢者と言われている年齢の者なんだけどね、あんたのとこは後期高齢者にいったい何をしてくれるんだ」などと威勢よく詰め寄る元気な老人が結構いたようだ。

こういう老人が多いと国も大変だよねえ。

.
     いつもありがとうございます 人気ブログランキング

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 6日 (水)

お花見しよっ

悲しくても辛くても桜は変わらず咲く。

被災地の復興のためには、自粛ではなく、経済活動が停滞しないよう、お金を使うこと、とりわけ被災地の物品を買うことが必要だ、とほとんどの人が認識している。少なくとも私の周りでは皆そのように言う。

被災した人たちの気持ちにならなければ、と神妙な顔でただ祈るのでは能がない。「能がある」やりかたとは実質的な支援だ。

youtubeで「自粛が続くと二次被害になります。どうかお花見をしてください」と訴える岩手の酒造会社「南部美人」が話題になっている。
同県の酒造会社「月の輪酒造店」「あさ開」も同様の投稿をしているようだ。

茨城沖で獲れた魚が放射能漏れの影響で水揚げ拒否や値下がりの被害を受けているというのだが、立派なヒラメがテレビ画面に映し出されていた。
おいしそうだ。平目のお刺身は高いので普段あまり食べられない。
毎日続けて食べなければ問題ないなら、どんどん出荷してほしい。

買います。値段下げなくても買います。食べます。

今朝、近所のイトーヨーカドーの広告チラシには、福島の純米酒「奥の松」、岩手本醸造生貯蔵「あさ開」が載せられていた。

平目のお刺身(エンガワ付き)で、東北のお酒、飲もう。今日は花見酒。

.
    元気出そう、ニッポン  人気ブログランキング

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 4日 (月)

「民難」って・・・

昨日のテレビ朝日「サンデーフロントライン」で、政治学者の姜尚中さんが被災地入りをし、レポートを行っていた。

≪これは、上から目線の「国難」などではなく、「民難」というとらえ方を私はしたいと思います≫と言いながら、現地の被災者の何人かに話を聞いては一人ひとりに深刻な表情や声音で反応していた。

被災者の一人ひとりに直接話を聞くというのは、各マスコミの記者やレポーターが震災のすぐ後から危険をかえりみず現地入りをし、盛んにやっていたことだと思う。私はたくさん読んだしたくさん聞いた。
今ごろ彼がわざわざ出向いて、「私だけが知っている」というつもりなのかどうか「国難ではなく民難だ」などと妙なことをテレビでアナウンスする意味が何かあるのだろうか。

これほど多くの国民のひとりひとりがとてつもない困難に直面しているから「国難」というのであって、それを「上から目線」とはいったいどう勘違いしているのだろうか。

「国家」対「国民」という骨の髄までしみこんだイデオロギーはどうにも変わらないらしい。

国家によって民衆が虐げられている日本、という錯覚から抜け出せないのは、若かりし頃の革命への憧れの残滓の作用にちがいない。

この人を乗せて局の車で被災地まで運んだのはガソリンの無駄遣いだったのだろうなあ。

わたしだけが正しい、わたしだけが愛情深い、わたしだけが民の心を知っている。そういう独善的な匂いがぷんぷんするので、私はあの手の人が苦手である。

昼食の用意をするために途中からテレビを離れたので、その後、姜さんがスタジオで何か意味のあることを言ったのかどうか、もし私の誤解であったら、後で謝ることにする。

_______

お昼を食べながら見たのが、フジテレビ「ウチくる?!」

今日のゲストはお笑い芸人の間寛平で、息子の慎平氏が子どもの頃の親父の思い出を語る。

「お姉ちゃんの学校でいじめがあるっていう話を聞いて、親父すぐに学校に行くんですよ。
そのクラスに昼休みに乗り込んで、いじめとるヤツに向かって、『コラッ、いじめたらあかんやろ。今度いじめたら、お前の家の玄関の前でウ○コしたるぞ』って。
自分の子どもがいじめられてるわけやないのにそういうことするんです」

上から目線の恫喝でなく、子どもが思わず素直になってしまいそうな叱り方。

寛平氏の真の優しさと男気に感動する。

.

    いつも本当にありがとうございます 人気ブログランキング

.

| | コメント (16) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »