« 追悼 小松左京様 | トップページ | 親を安心させたい »

2011年8月26日 (金)

現実的な政治を

民主党代表選がどんぐりの背比べみたいで、鍵を握るのは小沢一郎で、被災者そっちのけの権力争いをやってるといって、「反小沢とか親小沢とかそんなものどっちでもいいですよ。とにかく国民の方を向いて政治をやってほしい!」とかテレビの(主に主婦目線の)コメンテーターなどが怒りまくるが、民主党だってまずは代表を決めなければならないし、誰を担ぐかによってそれぞれの議員の立場も決まるのだろうし、そのためには党内勢力の優勢劣勢を見極めることも必要だろうから、こういうゴタゴタは避けて通れないものなんじゃないだろうか。
いくら国民が「永田町の連中はいったい何やってんだ」と呆れようが、「政治をやる」ためには、まず強い政治家であらねばならない。そのためには地位も子分も確保しなければならない。権力闘争は必然ではないだろうか。

鳩山、菅と、情けない首相が続いたのは、いかなるいきさつで民主党はそんな代表を選んでしまったのか、「まさかここまで無能だとは思わなかった」だけなのか、そこのところをよーく考えてから、次の代表を選んでもらいたい。

ただ、そんな代表選以前の問題として、民主党が政権を担い続ける、というのはかなり無理がある。

右から左まで思想の幅が大きい人たちの寄せ集めだから、党内がまとまらないのは当然なのに、その事実をわけのわからない言葉で糊塗して「党内はまとまっているんです」と、なんとかつじつまあわせをしようとする。

つじつまなんか全然合っていない。挙党一致なんかできるわけないのだから、このまま民主党が政権についたままでは混乱と政治停滞はずっと続くに違いない。

震災復興だけでなく、今の日本は、取り組まなければならない問題が山積みだ。

課題を一歩でも二歩でも進めるための政権でなければならない。

それが民主党にできないからといって、自民党にできるわけでもない。なにしろ諸悪を生み出すその根源は自民党と官僚組織が作ってきた国の構造だというのだから。

ところで、民主党代表候補の中に、他より勇気のある人をみつけた。

馬淵澄夫氏である。

この人のことはよく知らないから、勇気なのかパフォーマンスなのか知恵者なのか大口たたきなのかは私には判断ができないが、少なくとも、原発に関する発言は現実的なのではないかと思った。

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/16819?page=4

原発に関しては使用済み核燃料の問題が深刻で、これを「再処理」という方法はもうあきらめて、中間貯蔵し、その始末を将来の技術革新に期待しよう、というのだ。
つまり放射能の半減期を高度な技術で短くできる可能性があるなら、その研究に力を入れようということだ。
その見通しによっては、原発の新規建設もありうる、と馬淵さんはテレ朝「モーニングバード」ではっきり言っていた。

日本国中が脱原発反原発に流れている時に、これは非常に勇気ある発言だと思う。

それを聞いて、「私たち主婦目線では馬淵さんはあり得ませんね。」とさっそくコメンテーターのモデル風主婦が「原発はとにかく何が何でもイヤ」の声を上げていた。
主婦目線で政治やって国つぶれなきゃいいが。

馬淵さんの言いたいことはわかる。
使用済み核燃料の始末をどうするかは我々が直面する現実問題だ。
それを解決できる方法が考えられるなら研究べきだし、そのことは放射能のコントロール、つまり原発事故が起きた時の速やかな対処法にもつながる。
それならば、今ある旧式の原発を徐々に廃炉にしながら、安全性の高まった新式原発の建設もありうると思う。

馬淵さんはまた、増税よりまずデフレ脱却、景気回復しなければと訴える。

ここら辺は「みんなの党」と一致すると思う。同じ方向で日本を立て直そうという考えの政治家が結集することはできないものか。

そうすれば公務員制度改革も大きな力となって動かすことができるのではないか。

増税は致し方のないことかもしれないが、まずは国が無駄をなくすべく改革を断行する姿勢を見せなければ、国民は税負担の覚悟を持てない。

政界再編が必要だ。

馬淵さんが首相にふさわしいかどうかわからない。時期尚早であるかもしれない。だから今は代表選に勝たなくてもいいと思う。

でも、日本再生への信念があるなら、ぜひとも、今のうちにどんどん意見を発信し、顔を売っておけばいい。

政治は、理想に向かって現実的なものであってほしい。

.
    本気の政治家を探しましょう 人気blogランキング

.    

|

« 追悼 小松左京様 | トップページ | 親を安心させたい »

コメント

>>ところで、民主党代表候補の中に、他より勇気のある人をみつけた。馬淵澄夫氏である。

彼のスペックではベンチプレス130kgが目をひきます。福島原子炉の建屋にも入って視察したとか。これなら首相に就任(いや、変身と言うべきか?)すると本物のアクション・ヒーローになれる??

ところで最近は間違いだらけのアクション・ヒーローからのコメントはありませんね。私、本当は彼のコメントが好きなんです。あれほど素直で美しい文章を書く人は、そんなにいません。だから彼に辛辣な言葉なんか、とても投げかけようとはおもいません。ただ、爆笑するだけです。

彼も再び戻ってくるんですかね。間違いだらけも突如として本物になることがあります。

本題に戻ると、どうも日本国民は本心ではヒーローより凡人の首相を期待しているように思えます。それを承知で選ばれたのが鳩山、菅両首相です。

投稿: Σ・亜歴 | 2011年8月28日 (日) 11時56分

★Σ・亜歴さん、

>福島原子炉の建屋にも入って視察したとか<

豪傑ですよね。

>ところで最近は間違いだらけのアクション・ヒーローからのコメントはありませんね。<

真魚さんのことですか。どうしておられるのでしょうね。

>どうも日本国民は本心ではヒーローより凡人の首相を期待しているように思えます。それを承知で選ばれたのが鳩山、菅両首相です。<

二人とも、凡人なのか、その域にも達していないのか・・・・。
無能でも少なくとも鳩山さんはいい人という印象はあるのですが、菅さんに関しては凡人どころか「得体が知れない」という感じしませんか?

北朝鮮の拉致実行犯と深い関係のある団体に多額のお金をつぎ込んでいた、というのが非常に胡散臭い。
ところが、このことは世間ではあまり大きく報じられませんよね。国家の大問題として問いたださなければならないでしょうに、不思議です。
産経新聞や櫻井よしこさんは厳しく追求していますけど。
             →「疑問を抱く菅首相の政治資金」 
こんなことをしていた怪しい人が総理大臣やってるなんてこれは相当おかしなことですよ。やはり単なる凡人ではないですね。

代表は評判の良い野田さんに決まりましたが、あの民主党では苦労するでしょうね。お気の毒です。

投稿: robita | 2011年8月30日 (火) 10時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/30899/41365326

この記事へのトラックバック一覧です: 現実的な政治を:

« 追悼 小松左京様 | トップページ | 親を安心させたい »