« 脱皮 | トップページ | 空を見る »

2011年10月31日 (月)

永六輔その新世界

TBSラジオ「土曜ワイドラジオTOKYO」で、大橋巨泉のTPP参加反対の演説があまりに面白いのでつい聞きほれてしまいました。

「TPPなんて、環太平洋のほんの一部の国が参加してるだけで、インドネシアだってアルゼンチンだって入ってないんだよ。 いま参加しないと乗り遅れる、なんてことは全然心配しなくていいの。野球だって最初の一球は見送るでしょ」 (野球知らないので、「一球目は見送る」の意味がわかりませんが)

「日本はたった150年前まで鎖国してたんだよ。それでもちゃんと生きてた。内需拡大すればいいの」 (今の世界で鎖国して大多数の人が幸せになれるのかどうか。私のようなアナログ人間はどうにかやっていけると存じますが)

「今の70代以上の人は30万40万という年金もらってるでしょ。その人たちがどんどん消費すれば景気は良くなる」 (ハッピーリタイア組の消費も必要だけど、若い世代との年金格差にもっと真剣対応すべき)

「要するに世界が国単位で動かず、企業で動いてるんだよ」 (それは当然の成り行きでは?)

「外国に出て行かないと日本は置き去りにされる、なんて嘘っぱちなんだよ。不思議で仕方ないのは、推進派はそういう嘘をついてまで日本にTPP参加させて、いったい自分たちに何のメリットがあるのかということなんだよね」 (国の衰退を防ごうとしているんじゃないでしょうか)

「百歩譲ってTPPに参加するにしても、野田さんは『TPPに参加します。その代わり沖縄の基地はグァムに移転してもらいます』ぐらいの交渉をするべきなんだよ」 (意味不明)

字にするとヘンですけど、思わず納得してしまいそうなほど弁舌は巧みだったのです。

それでブログ検索してみると、同意している人も少数ですが見かけました。(だいたいこの番組を取り上げているブログ自体少ない)
あの番組のリスナーの大半を占めるお年寄りなど、簡単に「なるほどなるほど」と納得しちゃうんじゃないかなあ、と思いました。

この人はとんでもなくおめでたい人なのか、それとも、もし総理大臣にでもなれば、日本を立ち直らせてくれるものすごい知恵と勇気を持った人なのか、TPPの詳しい事情を知らない私には判断ができません。

.

    いつもありがとうございます →人気blogランキング

.

|

« 脱皮 | トップページ | 空を見る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 永六輔その新世界:

« 脱皮 | トップページ | 空を見る »