« 若者が勝った | トップページ | 革命を起こすのは »

2011年12月26日 (月)

おースザンヌ

24日の夕方、おばさん仲間4人でみなとみらいのクリスマスキャンドルを見に行った。ま、クリスマス的光の祭典ならどこでも良かったのだけど。
ものすごい人出だった。
日本丸の停泊しているあたりから赤レンガ倉庫まで行列状態で、そのほとんどがカップルであった。

若い男性の68%が彼女がいなくて、女性も50数%が彼氏がいないんだって。そうすると残りの3割4割の人がここに集まってるってこと? でもデートスポットはここだけじゃないでしょ。相手がみつからないと言いながら恋人同士けっこう多いじゃないの。全部が恋仲というんじゃなくて友だち同士とか、にわかカップルってこと?

まあそんな話をしたわけだ。

お見合いの習慣がなくなって男も女も伴侶探しに苦労しているということはさんざん書いてきたけれど、問題は「相手を探す」という作業が、もう昔の価値観に基づくものではなくなったということだ。

年頃になればそれなりの縁談が舞い込んで適当な相手と結婚するのが当たり前だった時代では既にない。

世の中の色々なことが変わるのと同じで、結婚形態も大きく変わるのは仕方がない。誰にも止められない。

結婚とか家族の形成に関してはどんなに時代が変わっても、変わってはいけないのではないかと思い続けてきた私も、これは自然の成り行きなのだと悟った。

震災があって、家族の絆だとか結婚の重要性を人々が再認識するようになった、なんて言われているけれど、相手選びの手続きに関してはもう昔のようにはいかない。

カップルはどんどん成立しにくくなっている。

.
以前、TBSラジオ「デイキャッチ」で、こんなやりとりがあった。
タレントのスザンヌの結婚報道に関して、司会の荒川強啓とコメンテーターのジャーナリスト井上トシユキのこんな会話だ。
井上氏は独身で結婚願望があるらしい。

井上「僕は合コンじゃなくて、『知人の紹介』がいいですね」

荒川「じゃ、舞さん(サブキャスターの女性)、誰か紹介してあげたら」

舞 「あら、独身の女性たくさんいますよ」

井上「でも僕、(女性と)何を話していいかわからないんです」

荒川氏は、そんなことない、話上手ですよ、と持ち上げるが、井上氏はしきりに「僕、ほんとにつまらないですよ」と言い続ける。
お酒飲むとどうなるの、と聞くと、喋ることは喋るけど、その内容は女性受けしないということらしい。

女性が喜ぶ話ってどういうのか知らないけれど、こういう男性って多いんだろうなあ、と思う。

やっぱりあれか、男性として魅かれる男であれば、難しい話だってなんだって女は喜んで耳を傾けるということなのか。

.
芸能レポーターの報告によるとスザンヌの相手は野球選手で女癖があまりよくないらしい。それで周りはあの男はやめろ、と忠告していたということだが、「好き」という気持ちはどうしようもないらしく、結婚してしまったということだ。

中島みゆきの「空と君のあいだに」の歌詞が頭に浮かぶ。

  君の心がわかる とたやすく誓える男に
  なぜ女はついてゆくのだろう そして泣くのだろう

あとで泣くのがわかっていても好きな男についていくのが女の幸せなんだろう。
誠実だが面白くない男と結婚して子供を産んで家族を育てることより。

そんな時代なんだ。

収入が少ないから結婚できないというのは、景気が良くなればなんとかなるけれど、女性が社会進出し、お見合いがなくなった時代には、そもそも相手がみつからないのである。

.
     ありがとうございます 人気blogランキング

.
  (というか、前と同じようなこと書いてます → http://robita-48.cocolog-nifty.com/blog/2008/01/post_3691.html )

  

|

« 若者が勝った | トップページ | 革命を起こすのは »

コメント

はじめまして。いつも楽しく読んでます。
でもね、見合いに参加する男の人って
一度も女性とお付き合いしたことなくて、
ちょっとストーカー化するような男性もいるみたいです。
真面目なのはいいですけど、
あんまり真面目すぎて思い込みが激しい人も
女性は怖いだろうなーというのが印象です。
もちろん一部の方ですが、見合いがさかんだった昔と
ちがってやはり変わった方も多いらしいです。
スザンヌの相手は私も大反対ですが、
多くの女性は女性と2~3人は付き合ったことがあって、
顔は普通で、そこそこ真面目で周りともそれなりに上手くやれて・・・
って人を望んでしまうんですよね。
そういう方となると、収入が低くても売れ残ってはいないという気がします。
収入が低くても高くても空気が読めない男性は
売れ残ってるのが多い。
たとえ真面目でも空気読めない男性は嫌なんだと思います。
私もそうですが^^;
真面目なのも大事ですが、EQとかも現代女性は
重視してますね。周りも含めて。
初めてなのに長々とごめんなさい。

投稿: aiko | 2012年1月27日 (金) 15時12分

★aikoさん

はじめまして。お読みいただきありがとうございます。

>見合いに参加する男の人って<

仰るように最近はやりの商業的婚活パーティーは昔の「お見合い」と違いますからねえ。

>多くの女性は女性と2~3人は付き合ったことがあって、
顔は普通で、そこそこ真面目で周りともそれなりに上手くやれて・・・
って人を望んでしまうんですよね。<

それは当然のことで、高望みでもなんでもないと思いますが、そのレベルの男性さえ非常に少なくなってしまったということなんでしょうか。

でも、そういう人がいないわけじゃなく、良い人ほど積極的でないというか、ここはやっぱりおせっかいおばさんの出番かとも思うのですが、やっぱりのらりくらりとかわされてしまうんですね。
おせっかいの度合いを上げるしかないかな(^▽^;)

>EQとかも現代女性は
重視してますね。<

そうですね。それさえあれば収入が低くてもなんとかやっていけそう・・・・ってほんとにそうならいいんですけど・・・・(⌒-⌒)

また来てくださいねー

投稿: robita | 2012年1月28日 (土) 10時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/30899/43516738

この記事へのトラックバック一覧です: おースザンヌ:

« 若者が勝った | トップページ | 革命を起こすのは »