« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月16日 (月)

ギンガムチェック

テレビでなにげなく歌番組を見ていて、新曲「ギンガムチェック」を歌うAKB48に惹きつけられました。
今まで特に興味のなかった女の子グループですが、ちゃんと見てみると、なるほど、可愛い、明るい、元気がある、とびきりの美人揃いでもないので親しみが持てる、歌を聞いていると悩みを吹っ飛ばしてくれそう・・・・、魅力はそんなところにあるでしょうか。
同じ色合いのギンガムチェックでもそれぞれデザインの違う、スカート丈長めのドレスが愛らしくみんなとてもよく似合っていました。
テレビ画面はおもいきり明るくきらびやかで、躍動感にあふれます。
アイドルの華やかさの演出には大量の電力がいるんでしょうね。
でもきっと、こういうことに使う電気も無駄ではないのです。

大震災以来、それまで無尽蔵であるかのように思い込んで使い放題であった「電気」がどこから来るのかを知った日本人は手のひらを返したように原発憎しの大声をあげるようになりました。
毎日のようにメディアで見聞きするエネルギーについての討論番組では、識者たちが「反原発派」や「原発再稼動容認派」に分かれて議論を交わし続けます。

国民も「福島であんなことが起こったのに、まだ原発再稼動などと言う人の気がしれない」と怒る人と、「エネルギー不足で景気がますます落ち込む。日本人にそれを受け入れる覚悟はないはずだ」と警告する人に分かれます。

原子力を使わないとなると、新エネルギーの開発やそれらが軌道に乗るまでの長い期間、かなりの厳しい生活を強いられるのではないかと想像できますが、何が何でも原発反対の立場の人たちは「それでいいのだ」と達観しているようです。

例えば精神科医の香山リカさんや社会学者の宮台真司さんなどがしきりに訴えるのは、ライフスタイルの見直しや、人と人とがつながり合い助け合う社会の再構築、であったりします。

宮台さんは、「人が自殺するのは経済的問題なんかじゃない。誰とも、どこにもつながれずにいると、人は驚くほどあっさり死んでしまう」と言います。
同感です。人は貧困という理由だけでは死にません。

しかし、そうは言っても、社会の生産性が悪くなり、物的に貧しくなれば、人は心が豊かになって絆が強くなるはずだという理屈は通らないでしょう。

昔を知っている者として、ひとつ例をあげますと、子供の頃、一家にテレビは一台しかなくて、家族は一部屋に集まっていました。楽しいじゃないか、そう思うでしょう。
しかしチャンネル争いというものがあって、それぞれ見たいものが違うと諍いの原因になったりしました。それは多くの家庭で頻繁に起こりました。チャンネル争いに負けた父親が家族がテレビを見ている隣の部屋で自殺するなどという事件もありました。
自殺までいかなくても、あの頃から、家族のつながりに日本人は不自由を感じ始めたのです。地域のつながりも面倒になっていきました。

豊かさが増すにつれて、子供たちはそれぞれ部屋を与えられ、テレビやパソコンなども専用のものが買い与えられ、地域の人々とも距離を置くことによって、人間同士の摩擦は減り、社会は優しく快適になっていきました。エネルギーを沢山使うことでそれが可能になったのです。

エネルギー節約のために共通のことはなるべく一緒に行動する、ということはわずらわしさを我慢するということでもあります。

お一人暮らしであろう香山先生や、お子様方がまだ小さい宮台先生には想像しにくいことかもしれませんが、人が密着することのわずらわしさからやっと脱却できたこの豊かさを手放して、乏しい電気なりの生活をしようという日本人はほんとうはそんなにいないと思います。

人と人とのつながりは家族や隣近所だけでなくて別のところにも求める、という選択肢があってもいいんじゃないでしょうか。

家族や地域の連携が助け合いの精神を育むと信じる人、ネット上の付き合いを大事にする人、AKB48に熱中してつながり合う人、多様な選択肢は豊富なエネルギーの供給によって可能になると思います。

ライフスタイルの見直しだとか助け合い精神はもちろんとても大事ですが、それだけにすがるような停滞した年寄りくさい考えは果たして日本のためになるでしょうか。

「日本はもう終わっている。社会をうまく回すことを怠ってきたから」と宮台先生は言います。自分の意見が世の中に広がらない苛立ちをそういう言葉でぶつけているように見えます。

大丈夫、ことさら「人とのつながり」を訴えなくても、良識ある人々はトラブルを抱えながらも家族関係を維持する努力をしていますし、新しいかたちの地域活動にも熱心です。「日本社会は終わってる」だなんて希望を打ち砕くようなことを言って何か国のためになるんでしょうか。

若い人は、エネルギーをどんどん使って元気に遊び、仕事をしてほしいものです。

原発を使い続けるかどうかは、原子力発電所立地地域に住んでいない人間に意見を言う資格はないと思いますが、放射能の危険性については一応こんな考えは持っています。→ http://robita-48.cocolog-nifty.com/blog/2011/08/post-7463.html

原発ゼロにするなら、効率の良い新エネルギー源を得るために不断の努力が必要だと思います。
豊富なエネルギー資源が日本の排他的経済水域内に埋蔵されているそうですが、それを安定的に取り出すことができるようになるまで、電力不足の状態を作ってはなりませんから、いずれにしても、今すぐ原発をやめるわけにはいかないとは思います。

日本社会は終わってなんかいません。
社会学者が何を言おうが、そんな判断は他人によってなされるものでなく、生活者である自分自身が考えればいいのです。

希望は自分の意思の反映です。

.
    未来は明るく見える 人気blogランキング
.

関連記事 : 「もやしのヒゲ」 

          「悩み多き原発」  

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2012年7月12日 (木)

殴れ

長男が中学二年の時、クラスでいじめがあった。

担任の老教師は、ホームルームで、いじめた生徒たちを殴った。

「○○君ふっとんだ」と、長男はその時の様子を話した。

硬派の男子校であった。

殴られた生徒たちの親から抗議があったかどうかは知らない。

しかし、普段は温厚な老教師のその行動は「卑怯なことをするな」という戒めであり、殴られた生徒はそのことを身をもって思い知ったことだろう。

.
    弱い者いじめは卑怯なのだ 人気blogランキング

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 5日 (木)

神業

物質に質量を与える「ヒッグス粒子」なるものが発見されたそうです。
「物質に質量を与える」って、物質なんだから質量があるのは当たり前でしょう、と素人の私は思いますが、その当たり前のことにも理由があるんですね。

朝のテレビで、みのもんた氏が「ヒッグス粒子って我々の生活にどんな役に立つんですか」と質問していたけれど、このことは今までの理論の根拠となる大発見であって、役に立つというより、真理を究めようとする人類のいわば哲学的な到達点のようなものかもしれません。
発見した当事者たちにも、どんなことに実用化され得るのか皆目検討がつかないそうです。
「我々の実際の生活にどういう利益があるのか」と俗っぽい質問をすること自体、ナンセンスなのでしょう。

しかし、素人ながら閃いたのは、原子力制御、これ何とかならないでしょうかねえ。
質量を奪うとかなんとかして放射線を出さない物質に変えるとか、ヒッグス粒子をもっとぶつけて重くし、放射性物質が散乱しないようにするとか、ヒッグス粒子のバリヤーで暴走する原子炉の放射能を封じ込めるとかなんとか・・・・・アホか。

宇宙の創成に関わる「神の粒子」を人間が自在に操れるとは考えにくいですが。

.
         夢はでっかく 人気blogランキング

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »