« 保守と左翼 | トップページ | オリンピックが終わった »

2012年8月10日 (金)

救国内閣

前記事にどじょうさんからコメントをいただきました。
みんなの党や維新の会といった新しい政治グループについて書いてみます。

________________

社会保障と税の一体改革関連法案が成立した後に解散・総選挙を行って国民の信を問うということで三党で話はついたそうですが、解散の時期をめぐってまた揉めているようです。
それぞれ党利党略や個人的な思惑もあって、さあ、総選挙はいつごろになるんでしょうねえ。

総選挙では自民党が大勝して再び自民党政権になるんでしょうか。

自民党は政権を取り戻せば今度こそうまくやってくれるのでしょうか。

長年の政官業癒着の利権構造からくる税金の無駄遣いを反省し、自民党は今度こそ、効率の良い国家運営をしてくれるのでしょうか。

よく言われるのは、民主党もだめだが、かといって自民党に戻れば元の木阿弥だ、ということですね。

民主も自民もだめなら、第3極たる新党に期待できるかというと、それも不安。

結局どうしたらいいかというと、やっぱり自民党に望みをかけるしかなくて、党内の古くさい政治家を除いたまともな改革派に期待するということになりそうですが、自民党が政権をとって、果たしてそういう人たちが本当に活躍できるんでしょうか。

自民党や民主党の中には、官僚と協力して財政再建やデフレ脱却という最も重要な問題に真剣に取り組もうという意欲も能力もある政治家が少なからずいると思います。
しかし、自民党に政権が移ったところで、彼らが活躍できるのでしょうか。自民党は、利権にどっぷりつかっていた妖怪のような古参議員がなおも権力を振るう構造から脱却できていないのではないでしょうか。

私は橋下氏やみんなの党を支持していますが、それは彼らが政権をとればうまくやってくれる、と思っているからではありません。

維新の会やみんなの党が単独で政権をとってもうまくいくはずがなく、経験豊かな自民党は政権運営には欠くことのできない存在だと思います。

利用すべきは橋下氏やみんなの党の「守旧派への反発力」であって、彼らのエネルギーが自民党の改革派を後押しできるのではないでしょうか。
あるいは政界再編の際の触媒のような役割を担ってくれるのではないでしょうか。

総選挙では自民党は勝つ可能性が高いでしょうが、政界再編が起きるかもしれません。起きたほうがいいです。

私は前記事のコメントで「渡辺喜美を信用していいかどうかわからない」と書きましたが、お調子者に見えるところが好みに合わないだけで、考えてみると、どうしても体質を変えられない自民党に見切りをつけてたった一人で飛び出したその行動力はたいしたもんだと思います。

古きよき自民党政権に恋焦がれるあまり、維新の会やみんなの党といった小さいながらも勢いのある新党を邪魔者としか見ず、批判ばかりする人は、自民党政治やそれにそっくりにならざるを得ない民主党政治を温存して、いったい日本に未来があるのかを考えてみたらいいと思います。

みんなの党が消費増税に反対する理由は、デフレ下での危険性と、増税だけでは焼け石に水ということと、国の資産はまだある、ということのようですが、デフレ下の増税や増税による財政再建ということについては多くの経済学者も疑問を持っていますし、「増税はいずれ必要だが今ではない」というのは特にヘンな主張ではないでしょう。

増税の時期については、景気の動向を見極めて、という但し書きがあるそうなので、自民党が政権を取ったらよーく話し合って決めたらいいと思います。
共産党や社民党などの特殊なグループを除いて、みんなそんなに考え方が違うわけではないのですから。

.
  自民党はもう悪い所はなくなったというなら任せてもいいんですが
                              →人気blogランキング

.

|

« 保守と左翼 | トップページ | オリンピックが終わった »

コメント

俺は自民に政権をとってもらいたくないですね。
おっしゃる様に変わらないと思います。
だったら違う党にとってもらいたいです。
谷垣は主観ですが政権奪回ばかりの気持ちばかりが目立ちます。
あんなに力を込めて批判ばかりしているのをみると心底しらけます。
今の状況は自民がつくった訳です。
棚にあげてなんであんなに批判出来るか疑問ばかり。

今の自民が昔の反省をして運営はそれはしてもらいたいですが、今の谷垣をみていてとてもそんな風になるとは思えません。
協力する姿勢が全くみえないからです。
一人いきまいているだけな印象ですょ。
ただ みんなの党には期待してます。
ただ おっしゃる様に みんなの党だけじゃ難しいのは そうかもしれませんね。
そぅだから自民と手を組んで革命的にというのはいい考えですね。
それも一生懸命取り組んでいる人と革命的には、そうですよね。

あと野田総理の消費増税は反対だけど 姿勢はぶれなくて印象は悪くないですがどう考えますか?

だけど消費をあげても付け焼き刃にしか過ぎないのは 素人の自分でも感じますょ。
待ったなしなのはわかるんだけど。

投稿: たろ | 2012年8月10日 (金) 17時55分

★たろさん

コメントありがとうございます。

>あんなに力を込めて批判ばかりしているのをみると心底しらけます<

そうですね。批判したり政権奪取に懸命になるのが野党の仕事だから、とよく言われますが、こういう国難の時はそんな仕事はさておいて、これからどういう政治をするべきか党内で固め、与党に協力するところは協力し速やかに事を進めてほしいですね。
谷垣さんはそういう気持ちがないわけではないでしょうけど、党内の突き上げもあって、やむを得ない態度なのかもしれませんね。

>あと野田総理の消費増税は反対だけど 姿勢はぶれなくて印象は悪くないですがどう考えますか?<

そう、野田さんは印象は悪くないです。真面目で一生懸命やってるところが好感持てます。
いろいろ批判されていますが、問題の難しさや党内事情などで、あれがせいいっぱい、というところでしょうか。
日本の国のためを心底思うのだったら、党内融和より、党を更に割ってでも信念に従って決めるべきことを決める度胸を持ってほしい、と思っていましたが、なんとか一体改革法案が通りました。これから細部の詰めをやっていくんだそうです。あとは民主党ボロボロになってもいいからという覚悟で、解散総選挙できるかどうか。

>だけど消費をあげても付け焼き刃にしか過ぎないのは 素人の自分でも感じますょ。<

景気の悪い時に増税してさらに悪化し、しかも税収は焼け石に水、なんてことになったら最悪ですね。

投稿: robita | 2012年8月10日 (金) 23時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 救国内閣:

« 保守と左翼 | トップページ | オリンピックが終わった »