« 何に投資したいですか | トップページ | 祖国 »

2012年8月22日 (水)

内田樹の研究室

内田樹さんのこの文章(「領土問題は終わらない」)は一見なかなか「大人」の考え方のようですが、私にはどうしてもそう思えないのです。
すごく長いので後半部分(ステークホルダーの話なので重要ではありますが)はとりあえず読まなくてもいいと思います。中華思想について述べている前半の部分だけを取り上げます。

内田氏は、≪現代日本では、政治家もメディアも、「自分とは違う考え方をする人間」の思考を理解しようとしない≫と言います。
たしかに「自分とは違う考え方をする人間」の思考を理解することは必要ですし、多くの国民もコメンテーターも政治家もそれは承知していると思います。意見を聞いていればそんなことはわかります。

でも内田氏の抜けている点は、自分のその意見が「日本人は考え方の違う人間を理解すべき、だが、中国人はそれをしなくても良い」という意味であることに気づいていないところです。
いかにも日本人らしい謙虚な考えですね。自分たち日本人は反省すべきだが、中国人はその必要がない、と言っているに等しいのではないでしょうか。

中国人は宇宙人でしょうか。同じ地球に住む人類ではないですか。

商売をするにしても外交交渉をするにしても、同じ土俵に乗ってもらわなくては困るのです。

それを国際常識とか国際的合意とかというのではないでしょうか。

「考え方の違う国を理解し、それなりの対応の仕方がある」という内田氏の言い方は、もっともらしくはあるし、それぞれの国の文化・習慣・価値観は、これからもお互い理解し合わなければならないことだと思います。
しかし領土に関しての非常識を「理解すべき」とはいったいどういうことでしょうか。

内田氏は立派な学者で、私は知識も乏しく頭の回転も悪い一介の主婦に過ぎません。こんな人間にもっとわかりやすくそこのところを説明していただけないでしょうか。

日本は中国の異質さを理解していたからこそ、それなりの対応をし、よくよく我慢もしてきたのだと思います。

しかし、中国は国際社会の一員です。
自分たちの非常識を改めるべき、と理解しなければいけないのは中国のほうではないでしょうか。

もし、中国はその特異で傲慢な考えのまま変わらなくていいと言うのであれば、中国とはいっさい付き合いをしないほうが無難ではないですか。
いや、中国だけでなく、厄介なアメリカやロシアとも関係を絶ち、中国抜きの大東亜共栄圏を構築するしか日本がプライドをもって生きる道はないように思います。
もしかしたら、内田先生はそういうお考えですか。それならそれで一つの方法として傾聴に値すると思います。

≪「強く出ないと相手になめられるから、弱腰になるな」というような中学生的交渉術を声高に言い立てる人間は「相手は自分と同じだ」と思っているからそう言うのである。≫

考えの足りない一部の人間を取り上げ、あたかもそれが日本人の代表であるかのように嘆くんですね。
日本人はそんなに愚かでしょうか。

日本の国旗を燃やしたり、気に食わない政治家の人形を作って踏みつけたり、日本料理店や日本大使館を襲撃したり、日本製の車を破壊したり、そういう愚かな行動をする国民は中国の一部だとしても、そこまで過激な行動をするほどに国民を洗脳教育している国はそのままでかまわないが、その考えを理解すべきは日本人のほうだと仰るのですか。

先生は繰り返し「相手に理があると言っているのではない」と仰いますが、「理がある」と言っているのと同じことではないですか。

私は他国の国旗を燃やさない日本人を誇りに思います。

.
 私は怒っている。 
 内田氏によれば私は頭が悪いから怒っている 
人気blogランキング

.

|

« 何に投資したいですか | トップページ | 祖国 »

コメント

お久しぶりです。

さて今回の件ですが、日本の外交は「物わかりが良すぎる」のかもしれませんね。相手の事情を分析できる能力を持ち、かつ、相手の苦境を慮る思慮深さも持っている。そしてこちらが相手に配慮すれば相手も同じように配慮してくれるという能天気なまでの楽観がある。

でもね、外交なんてものは本来「物わかりの悪い」ものなんですね。例え相手国の事情や苦境を理解していも、それをおくびにも出さずに「何?お前の国の事情なんか知るか、ボケ」という所から交渉は始まるもんなんです、本来は。それをやらないから、日本の外交は弱腰だ、と言われるんですね。

頭が良すぎて心やさしい将棋指しが、相手の手筋を読み切った上に、相手が勝つように悪手を指しているようなものでしょうかね。

投稿: かせっち | 2012年8月22日 (水) 19時23分

★かせっちさん

お久しぶりです。

>こちらが相手に配慮すれば相手も同じように配慮してくれるという能天気なまでの楽観がある<

街頭インタビューなどでは、「お互いもっと冷静になって相手の立場も慮って外交をやってほしい」なんていうのが結構ありますね。
一般国民はそんな風でも仕方がないと思いますが、プロの政治家はプロらしく立ち回ってほしいと思いますね。

>頭が良すぎて心やさしい将棋指しが、相手の手筋を読み切った上に、相手が勝つように悪手を指しているようなものでしょうかね。<

まあ、なんといいますか、中国のようにはふるまいたくないし、かといって、あれを相手にどう交渉すればうまくいくのか想像もできませんし、優しい者が最後には勝つ、というなまやさしいことでもないでしょうし・・・。困りましたねえ。

投稿: robita | 2012年8月22日 (水) 23時11分

こんにちは。私は個人の資質とは無関係に国と言う物は純粋に「利」を求めるものだと思います。国同士の関係とは互いの利の食い合いであり、利害の一致は存在しても国際社会の正義などは幻想だと思っています。国民にとって良い政府とは国民の利を保証する政府であります。
中国や韓国の指導者は国民に対して利益を保証せねばならず、特に国内に14億を超える人口を擁する中国が拡張するのも当然と考えます。
日本は粛々と国内法によって違反者を処罰すればよいのであり、国際裁判所に提訴し、国内の防衛力を強化し、不法に滞在する外国人を退去させ、国の利益に反する団体を処罰すればいいのであります。国民に利益をもたらさず多大の出費を強いて近隣反日国家にカネをばら撒く政府を倒し、憲法を改正し、普通の国力に見合う軍事力を持ち、利害の一致する米国と対等の防衛協力を結べば、中国政府は方針を変えざるを得ないのではないかと思います。
私たちはこの怒りを忘れてはならず、しかし、外国人個人に矛先を向けず、「冷静に」日本国政府に意思表示を続ける必要があります。

投稿: 小坂 | 2012年8月24日 (金) 07時14分

★小坂さん

>国と言う物は純粋に「利」を求めるもの<

仰る通りですね。言わば「利益集団」。

>中国や韓国の指導者は国民に対して利益を保証せねばならず、特に国内に14億を超える人口を擁する中国が拡張するのも当然と考えます。<

中国韓国の国民は洗脳教育によって「なぜ日本がそのように主張するのか、その根拠は」と考えることをしない頭の構造になってしまっていますが、政府首脳や専門家は当然、領土に関する歴史的事実や経緯は知っているはずで、その上で力ずくで奪おうとします。
(北方領土も力ずくで盗られてしまいました)
で、それが世界の現実だから仕方がないと諦めていては、日本のように「理」を大事にする「真っ当な」国はどんどん弱体化することになってしまいます。だからこそ、私は世界はひとつになってちゃんとした国際司法制度を整えるべきだと思っています。

それをどうやって実現させるかというと、まずは日本が「強い国」になって国際社会で力強い発言ができるようにならなくてはいけません。
まあ、こういうことについては随分と未来の話になるので「世界はひとつ」になることについてはとりあえず置いておいて(笑)

まず「憲法9条を世界に広めれば世界は平和になる」などという考えがいかにおめでたいかを国民が知ることからすべては始まると思います。

近年、国民もだんだんそういうことがわかってきたと思いますが、なにしろ、「左翼政権」が日本を統治している状態ですから、まずは、これをなんとか変えなければなりません。
まさに小坂さんの仰る通りに事を運ぶべきだと思います。

>「冷静に」日本国政府に意思表示を続ける必要があります。<

今度の国政選挙では、「憲法改正」を争点にすべきですね。
立候補者は、そのことについてどう考えるのか、はっきり意見を言わなければなりません。
独立国の政治家として国民の利益を守る気があるのかどうかを私たち国民もしっかり確認してから投票しましょう。


投稿: robita | 2012年8月24日 (金) 10時41分

内田先生のリンク先の文章を拝読しましたが、たしかに「中華思想を日本人は理解すべきだ」は(支那人は理解してなくていい)という意味にも取れますね(笑)
ただ、この文章の底意をみれば、その理由は明らかです。つまり「支那が、中華思想と国際法の違いを理解する」ことになれば、相手はつまり「お利口さん」になるわけで、交渉相手としてはさらに厄介になることが考えられるわけです。
陸奥宗光などは、その違いを理解していたから、領土拡張において有利に立ち回れた。つまり、相手と自分の違いを理解することは、決して「相手の理が正しい」ではなくて、「その違いを利用して、自分に有利に物事を運ぶ」ことに目的があります。
ひらたくいえば「相手はバカなほうがいい」のであります。そのほうが、扱いやすい。これは、合気道の原理と同じですね。
相手の動きを読める力量があれば、その相手の動きを利用して相手をくじく。読めなければ、単純に「力比べ」をするだけです。「相手を理解する」ことが「力」である、というのは、いかにも内田先生らしい「力の論理」じゃないかな?と思いますよ(笑)

正直にいえば、すでに支那は、日本が「力比べ」を挑むべき相手ではありません。相手は世界一の経済大国を狙う位置にいますし、日本は第三位ですが、少子高齢化と構造改革に失敗してますので、これからさらに国際競争力は下がる。かなりの世界が「支那は異質」といいますが、だから支那の影響力が低下することなどないでしょう。支那経済が破綻すれば別ですが、そうなれば、世界同時恐慌です。「取扱い注意」なのは仕方がないが、幸い、相手はかなり馬鹿なので、やりようはあるだろう、そういうふうに私には読めます。

で、韓国相手には、、、相手にも力がないので「解決しない」「いやな感じがずーっと続くだけ」なのです。まあ、それも、韓国という国は存在し続けられる、という前提があってのことと思いますけれどもね(苦笑)
「じゃあ、力比べをやっちゃえばいいじゃん」という考えに対して、後半のステークホルダー論「こわいアメさんが出てくるからまずい」につながっている。

ま、正直なところ、韓国相手の外交交渉は、その後のロシア、支那相手に比べれば楽なものですので、日本としては良い「練習相手」じゃないかな、というのが私の勝手な私見です。

投稿: single40 | 2012年8月24日 (金) 11時48分

robitaさん、

「中国人は宇宙人でしょうか。同じ地球に住む人類ではないですか。」

と言われましても、

中国人は「中華文化圏の住人である」以外の何物でもなく、「人類」という概念はありません。中華文化にあるのは「中国人」(どんな民族でも中華文化のもとに服するのならば「中国人」です)と「中華文化のもとに服さない人々」いわゆる「夷」しかありません。

「商売をするにしても外交交渉をするにしても、同じ土俵に乗ってもらわなくては困るのです。」
と言われましても、

中国にそんな気はサラサラないのでしょう。

「それを国際常識とか国際的合意とかというのではないでしょうか。」

と言われましても、

そんなことを言っているのは、日本ぐらいなのではないでしょうか。アメリカも自分たちの都合で国際常識とか国際的合意をいいように作り替えます。ちなみに、この「作り替える」というのは正しい行為で、そもそも国際常識とか国際的合意というものは「作る」ものなのです。この「作る」ことができないのが小国日本です。

「しかし、中国は国際社会の一員です。
自分たちの非常識を改めるべき、と理解しなければいけないのは中国のほうではないでしょうか。」

と言われましても、

中国はそんなことはまったく、これっぽっちも思っていないでしょう。中国がルールを決める、中国がルールを作る、のです。覇権国というのはそういうものなのです。アメリカが作ったのならばまだしも、中国のルールなんて、危なっかしくて使えるかいと思われるかもしれませんし、事実そうですが、覇権国中国は本気でそう思っています。

領土問題で、「毅然とした態度をとる!」「断固とした処置をとる!」(「強く出ないと相手になめられるから、弱腰になるな」)という対応が一番いけません。「毅然とした態度をとる!」「断固とした処置をとる!」というのは、つまり「ここ(尖閣諸島)はオレ(日本)のものだ!!」と大声で言うということです。これが間違っています。

えーなんで、当然のことじゃん、と思われるかもしれませんが、アジア的な領土概念は違います。「ここ(尖閣諸島)はオレ(日本)のものだ!!」と日本が大声で言うから、中国も立場上、対抗せざる得なくなるのです。

「ここ(尖閣諸島)は日本の領土か中国の領土か、はっきりしていません(けど、とりあえず日本が実効支配しています)」としていれば、中国は尖閣諸島が日本に実効支配されていようが、いまいが、まったく気にしません。事実、これで日中はこれまでやってきたわけですから。日本人が、大声でここはオレの土地だ!と言い始めたのは最近です。

じゃあ、尖閣諸島に中国の人が無断で入ってきたらどうするんですかと言えば、当然のことながら処罰しなくてはなりません。何度も言いますが「ここ(尖閣諸島)は日本の領土か中国の領土か、はっきりしていません(けど、とりあえず日本が実効支配しています)」のですから。

中国との領土問題で必要なのは毅然とした態度ではなく、こうした鵺のような曖昧な力です。

尖閣諸島がどこの国の領土なのかはっきりしなくても、なにも困らないではないですか。日中双方において領土問題は終わりません。また、終わらせるべきものでもありません。

投稿: 真魚 | 2012年8月24日 (金) 12時26分

★single40さん

>ひらたくいえば「相手はバカなほうがいい」のであります。そのほうが、扱いやすい。<

本当にそんなにうまくいくと思います?
人民はともかく、共産党政府はただのバカじゃないんじゃないですか?
自分たちの理不尽を充分に承知の上で戦略を立ててるんでしょうから、たとえ今、陸奥宗光を連れてきたとしても・・・、どうでしょう?

>相手の動きを読める力量があれば、その相手の動きを利用して相手をくじく<

非常に高度な外交戦略が求められますね。
今の政権じゃ無理でしょう。自民党にだって難しいでしょう。
内田先生は憂い顔に「外務省の一隅か、議事堂の一隅に、黙ってそういう仕事をしている人がいると私は信じたいと思う。」と仰っていますが、日本はインテリジェンス機能が弱いから外交が弱いんだと言われますよね。そういう分野からなんとかしないとだめなのかな。

>ま、正直なところ、韓国相手の外交交渉は、その後のロシア、支那相手に比べれば楽なものですので、日本としては良い「練習相手」じゃないかな、というのが私の勝手な私見です。<

優秀な外務官僚を沢山育て、且つ練習しないといけませんね。
いっそのこと、合気道の達人内田樹先生に外務大臣やっていただきたいものです。何か案があるならば。

投稿: robita | 2012年8月24日 (金) 14時50分

★真魚さん

お久しぶりです。

>アメリカが作ったのならばまだしも、中国のルールなんて、危なっかしくて使えるかい<

いやまったくその通り。

>「ここ(尖閣諸島)はオレ(日本)のものだ!!」と日本が大声で言うから、中国も立場上、対抗せざる得なくなるのです。<

まあ、その順序(日本の行為と中国の行為)は逆なんですけどね。
日本の地方議員たちが魚釣島に上陸して国旗を翻しましたよね。あれはしないでほしかったですね。中国と同レベルになってしまいます。
でもその他は、≪「ここ(尖閣諸島)はオレ(日本)のものだ!!」と日本が大声で言う≫みたいな、中国人のような態度はとっていませんね。ネットではどうか知りませんけど。

>アジア的な領土概念は違います<

これ、未来に向けて変わっていかざるを得ないと思います。いつまでも「アジア的な領土概念」とか「中華思想」をそのままにしておくわけにはいかないと思います。
いつか世界合意ができます。その時に向けて今から言うべきことは言っていこうと思います。その時私は生きていないでしょうが。

>日本人が、大声でここはオレの土地だ!と言い始めたのは最近です。<

日本人、そういう中国人みたいなアホな態度ですか?大声出してます?
どうも真魚さんの言い方には日本人に対する悪意が感じられるなァ(笑)
日本人が関心がなかったのは、領土に関する教育を受けていなかったせいも大いにあると思います。→ 「日本って本当に長いんだ」  

>尖閣諸島がどこの国の領土なのかはっきりしなくても、なにも困らないではないですか。<

そうですか?
いちいち警察が出動しなくてはいけないから費用がかかります。
漁民が漁ができません。
資源開発ができません。まあ、ここの資源はいらないというならいいんですけど。
中国は軍事戦略上どうしても尖閣が欲しいので、はっきりしないと本当に取りにくるんじゃないですか。

>日中双方において領土問題は終わりません。また、終わらせるべきものでもありません。<

これは短期的(20年とか30年とか)な方策としてよくわかりますよ。
決着をつけるべき、と言っているのでなく、現在の状態のように中国がグイグイのして来るのを、今までよりは抑制することはできるんじゃないでしょうか。

投稿: robita | 2012年8月24日 (金) 15時11分

私は他国の国旗を燃やさない日本人を誇りに思います。


素敵な言葉ですね。


野田総理の緊急記者外見で、最後に言ってほしかったですね。

投稿: ゆったり | 2012年8月25日 (土) 05時39分

★ゆったりさん

>野田総理の緊急記者外見で、最後に言ってほしかったですね<

そうですね。
外交的にはどうなのかよくわかりませんが、国民の気持ちとしては、そういう意味のことをチクリと付け加えてほしかったと私も思います。

投稿: robita | 2012年8月25日 (土) 10時18分

そこまで中国に関心を持つなら、こちらのイベントに参加はいかがですか?

9・11にイスラム関係ですが、テロではなくウイグル問題です。私も参加します。

投稿: Σ・亜歴 | 2012年8月31日 (金) 12時19分

★Σ・亜歴さん

>そこまで中国に関心を持つなら<

そこまで中国に関心を持ってるというわけではないんですが、国土に無関心な日本人にもどかしさを感じます。
自分の土地を隣家の住人が盗ろうとすれば必死に阻止するんでしょうにねえ。

>ウイグル問題<

ウイグルの人々は頑張ってほしいですね。応援しています。
9・11はすみません、行けません。
このイベントはΣ・亜歴さんが企画したものですか?

投稿: robita | 2012年8月31日 (金) 23時53分

イベント自体は私の友人が毎月主催しているものです。今回のゲストを呼んだのは私です。

投稿: Σ・亜歴 | 2012年9月 1日 (土) 15時01分

★Σ・亜歴さん

ブログだけでなく、実際に活動もなさってるんですね。
頑張ってください。
私は書くだけで、誰かが立ち上げた活動に便乗させてもらうくらいのことしかできませんが、行ける時は行きたいと思いますので、また声をかけてください。

投稿: robita | 2012年9月 2日 (日) 10時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 内田樹の研究室:

« 何に投資したいですか | トップページ | 祖国 »